人気ブログランキング |

タグ:ミュージアム・城・教会・モスク ( 101 ) タグの人気記事

Pavillon Henri IV パヴィヨン・アンリ4世◆by ロン@フランス

クッキー缶の中身が、美しいわ~!形もきれいだし、味も絶対おいしそう~!
好きな味を作れるから..と、自分で作ってしまうアンちゃんは、
いっつも驚かせてくれるよね!
絶対に真似できないわ、こんなたくさんの種類は、作れないし、無理よ~夢よ~!笑

ところで、
いつか行こう、いつか行こう・・と、
思っていたレストラン「Pavillon Henri IV」へようやく行って来ました~!
d0227344_02411119.jpg

なぜ、行きそびれていたのか?と、言うと、
サンジェルマン・アン・レイのお城の近くあるからでした。
パリから遠くもなく、近くもなく…という場所で。。笑

サンジェルマン アン レイ駅から行くと、ちょうど、このお城の裏側です。
d0227344_06512145.jpg
ロンは、パリから電車で行ってきました。
Chateletの駅から、RER A1線で、終点、St Germain en laye 行きに乗り、
約30分。

駅降りて、地上に見えるお城の庭の門をくぐって、お城を右手に直進。
たぶん、100mとか、200m?ぐらい先かな。。
お城に沿って直進して行くと、シャトーホテルの入り口があります。

お城の右の車道からも行けます。普通の道路なだけです。
d0227344_02423787.jpg
⬆︎このアングルは、お城の庭を通って行くときです。
アーケード門の上の方に書いてありますが、ここで、ルイ14世が生まれました。

レストランは、このシャトーホテルの中です。
アンリ4世の時代は、かなり大きな立派なお城でした。
このシャトーホテルの一部分、赤いレンガの建物のみ、
当時の建物として残っています。↓
(レストランのバルコニーへ出ると、全体がよく見えます。
が、今、手元に今写真がないのです〜!)

このホテルの左側は、絶景です。ラ デファンスが、良く見えるのです。
が、やっぱり、その写真も手元になく…。笑
でも、レストランの窓から見える景色は、ほぼ同じ!です。
d0227344_06322940.jpg
さて、レストランへ。
フランス料理です。

レストラン内の写真を撮るのをすっかり忘れてしまいましたが、広々したところです。
椅子も、ロンが好きな肘掛け椅子。
窓際だったので、晴天だったこの日は、かなり遠くまで見渡せました。
d0227344_03125166.jpg
平日のランチに行ったので、
前菜+メイン+デザートが、35ユーロで食べられるメニューが、ありました。

前菜は、アボカドのムース。見た目より、がっつりの量!
上に乗っているサラダをスプーンで、どうやって食べようか?と、悩んだけど、
アボカドの部分をすくって食べているうちに、
アボカドとサラダを混ぜることによって、スプーンで食べられることに気が付いた!笑
d0227344_03133416.jpg
メインは、お魚とライス。なんとなく、エビチリのソースのようなものが、
ぷりぷりの白身魚に和えてあった感じ。の味。笑
d0227344_03140296.jpg
デザートは、赤いフルーツが、ゴロゴロ入った、のスープ。
イチゴ、ブラックベリー、フランボワーズ、さくらんぼ、などたくさん入っていて、
その上にシャーベットも!
d0227344_05242213.jpg
この日は、お友達が、お誕生日で、デザートの後に、
マカロンにロウソクが乗ってきた!
d0227344_05263514.jpg
お食事は、おいしかったし、景色も最高~!台風じゃなくって良かった・・。笑
それに、サービス係の人に手を挙げたら、一発でテーブルに来てくれた。
さすが、シャトーホテル!と、思ったのでした。

この日のメニュー、お友達には、たっぷりだったようで、デザートが食べきれず、
ロンが、スープスプーン2杯ぐらいお手伝いしました。笑

レストランの歴史が、日本語でありました。

by ロン@フランス

by bayswater92 | 2019-05-20 15:15 | 食*フランス | Trackback | Comments(0)

パリの古地図 ◆ by ロン@フランス

アンちゃんの1人ご飯は、いつも美味しそうだわ〜!アンちゃんの写真見ちゃうと、ロンの1人ご飯って…、ご飯とは、言えないな…。笑

ところで、ちょっと前に、パリのセーヌ川沿いに立ち並ぶ、野外古本屋(ブキニスト)の
前を歩いていた時、ふと、欲しくなってしまった古地図を買いました!
d0227344_19285547.jpg
お土産用に印刷されているものだと思いますが、なかなか、よく出来ていて楽しい!
地図左上に「1564年のパリ」と、ありますが、この頃は、ルネッサンス時代。
1559年に死去した、フランス国王アンリ2世とカトリーヌ・ド・メディシスの息子達が、次々とフランス国王になる時代です。

地図をズームアップしてみると、現在との違いが見えて、とても面白いです。

例えば、現在のルーヴル美術館は、この頃、国王のパリの宮廷だったのですが、そのお城があります。⬇︎ 「Le Louvre」と、書いてあります。
d0227344_19464273.jpg
パリの発祥地であるシテ島と繋ぐ橋には、家々が並んでいて、
まるでイタリアのフィレンツェにあるヴェッキオ橋ようです!⬇︎
d0227344_20012579.jpg
現在は、跡形がほぼない、牢獄として知られているバスチーユ。⬇︎
d0227344_20134948.jpg
ズームアップすると、キリがないので、この辺にしておきます〜。
今とは全然違うけれど、道の名前もほとんど変わっていないので、
とても、楽しく眺めていたのでした。笑

by ロン@フランス






by bayswater92 | 2019-03-10 20:28 | 旅*フランス国内 | Trackback | Comments(4)

Les Mentchikoffs・メンチコフ◆by ロン@フランス

アンちゃんのクッキー、すごく可愛い💕
絶対に貰ったら嬉しいー!箱に入れるときの、センスが、すごいイイわ!
和カフェも、いいなぁ〜!

ロンは、、、
世界遺産である、シャルトル大聖堂へ行ってきました!
そのレポについては、前に行った時の⬆︎を、見て下さい。

今回は、ここの名物のメンチコフというお菓子について〜!
お菓子というか、チョコレートの部類に入ると思います!
d0227344_02035466.jpg
メンチコフという名前がアルザスっぽくて、
ナゼ?!と、妙に気になったので、調べてみたら、
ロシア人の政治家の名前から取ったようです。
1893年に生まれたお菓子です。

シャルトルの街を歩いていると、あちらこちらで、販売しているので、
どこでも、見つかります。
d0227344_02102424.jpg
ロンは、日曜日にシャルトルへ行ったので、お店が休みのところが多く、開いていたのは、パン屋さん…。笑
でも、パン屋さんでも、売っていました!
お店によって、形や値段も違う感じでしたが、なんとなく、美味しそうなパン屋を選びました。

d0227344_02184442.jpg
白い部分は、さくさくのメレンゲで、中身は、プラリネチョコレートです。
一口サイズなのですが、フランス人が好きそーな、味です!笑
値段は、上の11個入りで、8ユーロ代でした。

このチョコレート、ロンは知らなかったのですが、チョコ好きな日本から来たお友達が知っていたので、初めて買ってみました!
これは、嬉しい発見でした〜!

そうそう、
昔は、白いメレンゲの部分は、薄緑色だったそうですよ〜。

by ロン@フランス





by bayswater92 | 2019-02-04 02:28 | 食*フランス | Trackback | Comments(4)

獣医学校のミュージアム◆by ロン@フランス

チョコとマロン!ケーキおいしそうだね~!マドレーヌもいいね~!クッキーが付くと、いっそう食べたくなるね!

また、アンちゃんの後、かなり時間が経ってしまいましたが~!
ロンからは、獣医学校内にあるミュージアム(Le musée Fragonard)の話です。

フランスには、4つの獣医学校がありますが、
そのうちの一つはパリです。(正確には、パリ近郊ですが。。)

行き方は、パリの8番メトロでcréteil方面に乗って、
école vétérinaire de maison alfort下車で、行けます。

この学校は、1766年のルイ15世の時代につくられ、その敷地内に、ミュージアムがあります。
d0227344_21112367.jpg
この日は、9月のヨーロッパ文化遺産の日だったので、無料かつ、学校の生徒さんのガイドつきでした。
門を入ったところで、集合かな?という雰囲気があったので、適当に待っていたら、本当に来た!笑
d0227344_21151552.jpg
外から校舎を見ながら、色々説明してもらいましたが、薬の原料?にもなる植物も植えてありました。
d0227344_21164873.jpg
敷地内にあるミュージアムは、獣医学校らしい、動物の心臓とか、腸とか、奇形の動物のはく製とかもありました。
d0227344_21155808.jpg
d0227344_21154418.jpg
d0227344_21161669.jpg
かつての学長、フラゴナールの作った標本で、人体と馬のバージョンもあります。
人体と馬のバージョンは、たぶん、一番有名な標本ですが、写真がブレたので、載せていませんが、
このミュージアムのサイトに載っています!
d0227344_21184573.jpg
この敷地内には、ミュージアムの他にも、動物のクリニックが、入っています。
確か、24時間オープンで、事故にあった野生動物や、鳩やネズミまでも運ばれてくることがあるそうです。
それでも、大歓迎・・なんだそうです。

ミュージアムの開館時間は、サイト↓にのっているので、確認してから、行った方が良いと思います!

それでは、また!

by ロン@フランス



by bayswater92 | 2018-12-04 00:19 | 日々の暮らし*フランス | Trackback | Comments(2)

パリ市庁舎・Hôtel de Ville ◆ by ロン@フランス



アンちゃんのクッキー、ハロウィン!カワイイわ〜!他のもの全部かわいいけれど、
やっぱり、季節ネタなオバケとか、この時期に見ると、新鮮だわ!

ロンは、ひと月前の話になります。。。
毎年、Journées européennes du patrimoins ・ヨーロッパ文化遺産の日 に、
普段は、予約しないと入れないパリ市庁舎の見学へ行ってきました!
今年は、9月15・16日でした。

d0227344_00563583.jpg
普段、何となくパリ市庁舎の見学へ行きたかったときに、予約状況を確認したら、
2-3ヶ月先しか予約が取れないと、知って、ガッカリ…。
予約がいらない文化遺産の日に行こう!と、決めていたのです。

この日は、日曜日でした。
どこも、だいたい土日の2日間にかけてオープンしています。
ところによっては、土曜日だけ…と、いうところもあります。

いつもは有料のミュージアムも無料で入れたりするのですが、それよりも!
ロンは、通常入れない所へ行くのがお気に入りなのです!
たとえば、個人所有になっている歴史あるお城とか…古い建物や学校です。

と、いうわけで、話を戻しますが、
当日、10分も並ばずに市庁舎の中へ入れました!

中庭から見える階段は、まるで、ロワールのブロワ城のようだった…。

d0227344_02523701.jpg
人も多かったのですが、普通に写真を撮りながら見学したら、
2時間以上かかりました!
それだけ、広いのです!

たとえば、
議会が開かれる場所も市庁舎内にあるのですが、、立派です!
⬇︎議長や市長のほうに向かっている席を撮っています。
d0227344_00590511.jpg
d0227344_03294745.jpg

図書室は、入るだけで、嬉しくなります。(本が並んでいることが、好きだから。)
パリの歴史とか、、の本のコーナーがありましたが、他にも色々あると思います。
一般公開もされているようです。いつか、ゆっくり来てみたいです。
d0227344_00583166.jpg
パリ市庁舎1番のゴージャスな広間は、やはり、
ここではないでしょうか?!⬇︎

d0227344_01090081.jpg
d0227344_03405953.jpg

⬇︎パリ市長の部屋は、家族の写真とかあったりして、
ぱっと見、ゴチャっと感がありましたが、部屋があまりにも広いので、
デスク周辺だけに目が行ってしまった…と、いうだけだと思います。笑

d0227344_00573604.jpg
廊下には、歴代の知事の名前と紋章のステンドグラスがありました。


d0227344_03310103.jpg
d0227344_03493444.jpg

長い廊下もあります。
d0227344_06262613.jpg

市庁舎からは、シテ島のノートルダム寺院の横側が見えました!

d0227344_01145041.jpg
その他にも、市庁舎が昔、使っていたドアの取っ手の展示や、ロビーに飾るような
大きなボリュームのフラワーアレンジメントのデモンストレーションなど、色々
やっていました!

楽しかったです!
いつも見学できない場所を見ると、満足度が違います!

実は、ここへ行く前日の土曜日は、別の場所へ行っています。
でも、それは、また、次回に〜!

by ロン@フランス






by bayswater92 | 2018-10-30 06:53 | お気に入り*フランス | Trackback | Comments(4)

アルフォンス・ミュシャ展 ◆ by ロン@フランス


アンちゃんの桃のアールグレイマリネ!素敵〜!アールグレイと桃って、確かに合いそう!チョコとアールグレイっていうのは、食べたことがあるけど、桃!食べてみたいなぁ〜!

ところで、
パリのリュクサンブール公園内にある、
Musée du Luxembourg・リュクサンブール美術館へ行ってきました!

d0227344_15413656.jpg
今、公開中なのが、アルフォンス ミュシャなので、絶対行かなきゃ〜!
と、思ってちょっと前に行って来ました。
ミュシャは、この人です。⬇︎

d0227344_15404837.jpg
フランスでパズルになっていたり、Tシャツにプリントがあったりして、知っていた程度だったのですが、ガイドさん付きで、観覧したので、かなり満足!良かったです!

ミュシャが、ポップアーティストとして、一躍有名になったのは、フランス人女優のサラ・ベルナールの舞台ポスターを作ったことが、始まりだったそうですが、それ以降は、彼が、ポスターを作れば、商品も爆発的に売れたそうです!

これは⬇︎サラ・ベルナールとは、別ものですが、ロンのお気に入りの一つ、
タイトル「四季」の中の「秋」です。
たぶん、「夏」が、1番有名です。

d0227344_15483856.jpg
今まで、普通にイラストだと思っていたのですが、実は、リトグラフです。
と、ガイドさんが言っていて、ビックリしました。

d0227344_15431667.jpg
d0227344_15475708.jpg
香水のパッケージ?というのか?シールの部分も
⬇︎
d0227344_15452608.jpg
アクセサリーにまで!
⬇︎
d0227344_15424381.jpg
ビスキュイの缶も!
このお菓子のメーカーは、ミュシャのポスターによって、
メーカー名「Lefévre-Utile」から今の「LU」という表示になったとか。
⬇︎
d0227344_15472316.jpg
お土産屋さんで、パンフレットというか、作品集を買いました。
色んな言語の短い解説付きです。
もしかしたら、日本でも売っていたのかな?!
他の言語と一緒に日本語表記もありました!
縦長でちょっと大きい版なのですが、作品が丸々1ページ使って印刷されているので、
見やすくて正解でした〜!
d0227344_16000485.jpg

ロゼのスパークリングワインなんかも、買っちゃったりして〜!笑

d0227344_15513084.jpg
味は普通に美味しかったです。笑
ラベルを剥がしてとっておこうと思っていたのに、
飲んでカラになったボトルは、次の日さっさと棄てられていた…。(T ^ T)

作品集は、やっぱり買っておいて良かった!
何度見ても良いですー。


by ロン@フランス







by bayswater92 | 2018-10-19 05:54 | お気に入り*フランス | Trackback | Comments(6)

2018夏・コンヤ方面へ小旅行⑤<Silleへ。> ◆ by アン@トルコ

わー、ロンちゃん、慎吾ちゃんの個展に行ってきたのね~。すごい、私も見てみたかったな~。いろんな才能がある人だよね。うんうん、腕時計ってなんとなくわかる気がするわ!


さて、アンからは、コンヤ方面旅行記最終章です。
夏のお天気が良かった頃の旅行、なんだか遠い昔のようです。アンカラは既に冬の入り口・・。笑

コンヤでメヴラーナ博物館を見学した後は、コンヤの中心から車で15分くらい行ったところにあるSille<シッレ>という小さな町に行ってきました。
d0227344_04562314.jpg
小さな川が流れるカワイイ町です。
d0227344_04564014.jpg

この町の見所は、ずばり、古い教会。さっそく行ってみましょう!
d0227344_04565228.jpg
「アヤ・エレニア教会(博物館)」
外観はこんな感じ。結構綺麗に保たれてるけど、建築は327年!!
何回も修復されてるであろう中はとても綺麗でした。
d0227344_04570077.jpg
d0227344_04571496.jpg
古いオルガンが置かれていたり、壁や天井に描かれてる絵は色も綺麗。
イスラームでは偶像崇拝が禁止されてるからか、
顔のない絵もちらほら・・。
どういう経緯で顔なしの絵があるのか調べなかったけど・・。スミマセン(滝汗)
327年に建てられたとは思えないほど、とても綺麗な教会でした。


教会を見学した後は、チャイバフチェ(オープンエアのカフェ)でトルコチャイをすすり、
ちょっとぶらぶらと町見学。
この町の家は石の家です。
d0227344_04572724.jpg
かわいいね。
d0227344_04573745.jpg
石畳に、花々もいい感じ。
d0227344_04574560.jpg
カフェの入り口もたくさんの花。窓辺もカワイイ。

私たちが行った時は、あんまり人もいなくて、静かで、こんなカワイイ静かな町でのんびり茶をすするのもいいものだ、と思いました。もっと見所もあるのかもしれないけど、この辺にして。。

そして帰路につきました。
一泊という短い旅だったけど、リフレッシュするには充分な旅でした。

役に立たない地図↓
d0227344_04575342.jpg

この旅のお土産~。
d0227344_04580065.jpg
オーガニックの無花果、マグネット2つ、
コンヤは飴が有名だけど、飴と一緒にチョコも売ってるので、
飴よりついついドラジェに目が行って・・購入。笑

と、こんな夏のコンヤ旅でした!
一泊なのに5回に分けて長々と書いてきましたが、
読んでいただき、ありがとうございました。
この旅インデックス↓

by アン@トルコ



by bayswater92 | 2018-09-30 05:33 | 旅*トルコ国内 | Trackback | Comments(6)

ジャポニズム ルーヴル美術館◆by ロン@フランス

おお、街並みも可愛いけど、博物館、いいね〜!
ロンも、いつか行ってみたい〜!と、思うところが、トルコにたくさんあるわ!

ロンは、博物館と美術館と水族館が,大好きなのですが!
前から、チェックしていた、ルーヴル美術館での香取慎吾氏の展示に行って来ました!
d0227344_05304649.jpg
この日は、展示の開催2日目だったのですが、広い空間だったので、
よく観れました。
この衣装、ステキ!と、思いながら写真を撮ったけれど、後から、なんとなく、
ぱっと見が、Desigual?
d0227344_05350571.jpg
香取慎吾氏とコラボで色んなアーティストが、絡んでいるので、
絵だけではなく、こんな洋服もあって、楽しい〜!と、思いました!

d0227344_05403001.jpg
マネキンの後ろにある、ドーム型、スゴく気になって、中を覗いたら、
入れました〜!笑
チャックで繋がっていて、おもしろ〜い!
これは、建築家の方とのコラボだった。
d0227344_05400679.jpg
たぶん、この絵が、一番人気?!
⬇︎
d0227344_05473251.jpg
でも、ロンは、こっちの絵が好みでした!
⬇︎
d0227344_05501562.jpg
落書きみたいで、可愛い感じの絵が多かったけれど、基本は、明るい感じで、
観ていてフフフと、なりました。でも、ちょっと暗めだったり、ピエロの
絵は、少し悲しい感じがしたような気がしたのは、ロンだけでしょうか?!

ロン的には、香取氏には、腕時計を作ってもらいたいな〜と、なんとなく思った展示だったのでした!

by ロン@フランス




by bayswater92 | 2018-09-25 06:03 | 日々の暮らし*フランス | Trackback | Comments(4)

2018夏・コンヤ方面へ小旅行④<Konya・メヴラーナ博物館> ◆ by アン@トルコ

パリで行われてるジャポニズムのイベント、いいな。歌舞伎は私も見たいな~。パリで見る歌舞伎も特別な感じでいいね。それにしてもエッフェル塔、綺麗だね~!


さて、アンからはコンヤ方面旅行の続きです。
前回の洞窟をあとに、一路、次の目的地Konya<コンヤ>を目指します。
コンヤに着いたのは、もう夜な時間でした。
ホテルに荷物を置いて、ご飯を求め外に出ました。
d0227344_03373940.jpg
コンヤの観光の中心地、メヴラーナ博物館前の広場です。ライトアップされていて綺麗♪
ご飯を求めてちょっとうろうろしちゃいましたが、
時間が時間だっただけに、観光客相手のお店に落ち着いて・・。
d0227344_03375167.jpg
頂いたのは、コンヤ名物のタンドールケバブというもの。
お肉をタンドールで焼くんだよね。
メヴラーナ博物館前の広場そばのお店だったので、
味はそんなに期待してなかったんだけど、
これがーーー、お肉がめちゃ柔らかくて美味しい♪
おかわりしちゃいました。笑


この日は早朝家を出てからずっと観光して疲れていたので、
ごはんが済んだらさっさとホテルに戻りました。メヴラーナ博物館見学は翌朝です。

d0227344_03380308.jpg
朝のメヴラーナ博物館前の広場。
お天気もいいし、ゴミとかも落ちてないし、清々しい~。

d0227344_03380918.jpg
メヴラーナ博物館。
イスラーム神秘主義詩人・ルーミーの霊廟です。
d0227344_03382333.jpg
あいにく霊廟のほうは工事中で見学できなかったのだけど、
その他もろもろは見学できました。
d0227344_03384691.jpg
上を見上げると美しいしシャンデリアたち・・。
こういうの好きで、すぐ写真撮っちゃう。笑
(あんまり博物館とか関係ない。汗)
d0227344_03385422.jpg
展示されてたクルアーン。ポケットサイズよりもっとちっちゃい!
15世紀のもの、って書いてあるね。
d0227344_03390244.jpg
壁にドン!と書かれてたアラビックカリグラフィー。
こういうのも好き。<どーでも情報。笑

他にも、当時の生活風景を再現した部屋とか、衣装などの展示もあります。
一通り見て、メヴラーナ博物館の見学は終わり~。
コンヤの観光地だけあって、ここは観光客が多かったです。
トルコ人も普通に観光に来てたけど、あとは中国人観光客がやっぱり多いね。


コンヤの街並み。この街はトラムも走ってたりして、こういう雰囲気好きだな~。
d0227344_03391199.jpg

メヴラーナ博物館から程近いところにあるモスク。興味津々で覗いてみました!笑
d0227344_03391805.jpg
Aziziye Camii<アズィズィイェ・ジャーミィ>
1876年築。スルタン、アブドゥルアズィズが母親の助けを借りて完成させたモスクだそうです。
d0227344_03392630.jpg
中は日当たりがよくて、明るい。そしてやっぱり美しいね。


と、こんな感じで、メヴラーナとモスクの見学を終えて、
お昼にまたタンドールケバブを食べて。。笑

役に立たない地図↓
d0227344_03393844.jpg

さ、このあとは、最後の目的地に向かいます。
続く・・。


by アン@トルコ



by bayswater92 | 2018-09-20 04:20 | 旅*トルコ国内 | Trackback

2018夏・コンヤ方面へ小旅行①<Eşrefoğlu Camii> ◆ by アン@トルコ

今回もアンからの投稿になります。
夏の旅行のことをアップしたいと思います。いつもより更新がマメになる予定(笑)ですが、よかったらお付き合いくださいね♪
(日本で多忙を極めてるロンちゃんのアップはフランスに戻り次第になると思うので、しばしお待ちを・・)


さて、子供たちの学校の夏休みが3ヶ月もあるというのに、今年の夏の家族旅行は1泊という小旅行になってしまいました。行き先はアンカラからもそんなに遠くないKonya<コンヤ>方面です。早朝に家を出て、目指すはコンヤから西へ70kmくらい行ったところにあるBeyşehir<ベイシェヒル>という街です。ベイシェヒル湖畔にあるEşrefoğlu Camii<エシュレフオウル・ジャーミィ>という古いモスクを見に行ってきました。
d0227344_05544379.jpg
内装が木製で古さを感じる美しいモスクです。1299年に出来たそう。

木の装飾が美しい。
d0227344_05545782.jpg
天井。
色も着いてるのね・・。

d0227344_05562290.jpg
天窓があったり。

d0227344_05560714.jpg
柱に天井。
ミスマッチに思えるけどステンドグラスも素敵です。
っていうか、ミスマッチじゃないね。


ミフラーブ(メッカの方向を示す窪み)。
d0227344_05563956.jpg
ターコイズブルーが鮮やかで美しい・・。

一般的なドームがあるモスクとはまた違ったタイプのモスクです。内装が装飾も素敵な木だったり。天窓もあって、小さなステンドグラスもちょこっとあったり、光の取り具合が美しいな、とも思いました。そして、ミフラーブとカーペットはターコイズブルー。ベイシェヒルには、このモスクを見に観光客が来るそうです。って私たちもだけど・・。笑

d0227344_05565586.jpg
正面の入り口上方。
とてもお天気が良くて、青空に映えるね。


d0227344_05571355.jpg
モスクのすぐ脇にあるベイシェヒル湖。水の色が美しいではないか!!


ということで!ブランチはこの湖で取れた魚を頂くことにしました。
d0227344_05572425.jpg
じゃーん。大きな魚!2種類の魚を頂いたけど、名前はわかりません~。。丸ごとフライだけど、とっても美味しかったです。


役に立たないであろう地図ww↓
d0227344_05574228.jpg

ベイシェヒルはこの辺で、次の目的地に向かいます~。
続く・・。

by アン@トルコ




by bayswater92 | 2018-08-26 06:16 | 旅*トルコ国内 | Trackback


ロンドン・ベイズウォーターで出会った元スタントンスクール生のアンとロン、そしてジュンの3人が発信するトルコ、フランス、スイスの生活情報、日々の暮らし。*コメント大歓迎!お気軽に♪


by Bayswaters

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新の記事

Pavillon Henr..
at 2019-05-20 15:15
クッキー缶いろいろ。 ◆ b..
at 2019-05-14 06:23
マレ地区で、ピカソ美術館&メ..
at 2019-05-09 02:20
第2回、刺繍の会。 ◆ by..
at 2019-05-01 05:36
パリで1番古い家のレストラン..
at 2019-04-26 07:58

カテゴリ

プロフィール
トルコ・フランス生活情報
3カ国(土・仏・瑞)生活情報
食*トルコ
食*フランス
食*スイス
お気に入り*トルコ
お気に入り*フランス
お気に入り*スイス
日々の暮らし*トルコ
日々の暮らし*フランス
日々の暮らし*スイス
日々の暮らし*フランス・スイス
旅*トルコ国内
旅*フランス国内
旅*スイス国内
旅*外国
里帰りニッポン
座談会

タグ

(509)
(463)
(378)
(222)
(186)
(101)
(99)
(95)
(90)
(84)
(71)
(71)
(69)
(66)
(60)
(41)
(40)
(37)
(36)
(23)

最新のコメント

マレ地区って、最近新しい..
by arare719 at 22:48
ネバーエンディングの夢の..
by arare719 at 22:24
◆Mさんへ。 わー..
by bayswater92 at 05:26
どれもこれも!全部が可愛..
by M at 13:55
★Mさん、 ピカソ美術..
by bayswater92 at 18:55
ピカソ美術館!大好きでよ..
by M at 06:38
★arareさん、 こ..
by bayswater92 at 00:27
★Mさん、3時のおやつの..
by bayswater92 at 05:53
◆Yukochanさんへ..
by bayswater92 at 03:24
◆Mさんへ。 第2..
by bayswater92 at 03:19

以前の記事

2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
more...

検索

フォロー中のブログ

ろんどんらいふ
*Happy Tea T...
お茶の時間にしましょうか...
トルコ子育て生活
ヤマザキマリ・Seque...
黒パグ CHAPPYの成...
Lush Life
a&kashの時間。
うひひなまいにち
lotus pond 上...
cafe de ke*
ぶどう畑ぐらし。
kaorainne日記
ミニろんどんらいふ
がびあーの家の毎日
アクデニズ。
London Scene
ビーズ・フェルト刺繍Pi...
ドキx2 わくx2 @ ...
un_voyage♪♪
北欧暮らしラボ***北欧...
FReeTraveLer
ねこ旅また旅
die Elfen im...
サンフランシスコ食堂 
Kuechennachr...
風と花を紡いで
イタリア夫に作るご飯 
Photolog fro...
カスタムニットfeel ...
Sweets and B...
フェルタート(R)・オフ...
Cache-Cache+
ふらんすさんぽ
~East meets ...
FREE TRAVELER
リタイア夫と空の旅、海の...
ぷくぷ日記
たのしむラボ  ***楽...
kaorainne日記Ⅱ
がびあーの家の毎日2
some day

外部リンク

ファン

bayswater92

素材お借りしています。


A.SLASH


mytaste.jp

**当ブログに掲載されてるお店情報等は、記事掲載時時点のものです。**

**当ブログは、PC版用に写真等の編集をしております。**

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
おうちごはん

画像一覧