タグ:パリ ( 82 ) タグの人気記事

斬新なアイデア?!◆ by ロン@フランス


アンちゃんのつくった、ティーポットのカバーは、ティーコージーって、言うのね~!Σ( ̄□ ̄|||)
知らなかったわ!笑
フェルトのも可愛い~、編み物になると、さらに雰囲気が暖かく、ポットも温かそうな感じが増すね~!
お茶をよく飲むアンちゃん家ならでは!のグッズだね!

ここ数年前から、感じていることなのですが、フランスで生活していて、「あら、面白い~。」と、関心することが、
ときどきあります。
2つ例を挙げると。。

1つは、パリ郊外、VELIZY2のショッピングセンターにあった、自動販売機。
d0227344_01012715.jpg
KUSMI TEA・クスミティーの自動販売機!
お高い紅茶が、自動販売機で買えるって、斬新で便利だけど、どうなのよ?と、いう感じ?!
d0227344_01020122.jpg
でも、もちろん、クレジットカード払いのみ!
売る側にとっては、人件費削減になるんだろうだけど、買う側からすると、接客サービスなくて、値段が高いのに自販機?!と、
思ってしまった。。

2つ目は、BOCOという、お店。
パリのオペラガルニエの近くへ行きますが、わりと他の場所にも出来ています。

ミシュランの星付きレストランシェフなどなど、スターシェフといわれている料理人や、パティシエが、提案したメニューが、
瓶に入って売られているお店。
安くないけど、高くない・・と、いう感じ?
彼らのお食事をレストランで頂くと、きっと高価だし!?
その場で食べるのであれば、セリフサービスで、瓶をレジに持って行くと、電子レンジで温めてくれます。
d0227344_07373486.jpg
星付きレストランは、入るだけでも躊躇しそうですが、bocoは、一人でも入りやすいお店です。
d0227344_07440900.jpg
そして、荷物も気にならないようなら、瓶の入れ物は、お持ち帰りが出来ます。
ロンも、行けば。持って帰っています。笑

味ですが、見た目より、ずっと美味しいです!
d0227344_07434512.jpg
スターシェフの味をほんの何ユーロかで、食べられるのは、お得な気もしますが、
スターシェフとは、知らずに食べたら、これだけで、こんなに高いの?!と、思ってしまうかも?!

でも、やはり、おススメです~!

by ロン@フランス


[PR]
by bayswater92 | 2018-03-05 07:59 | 食*フランス | Trackback | Comments(6)

YSL イヴ・サンローラン ミュージアム◆by ロン@フランス


アンちゃんの食事やデザートは、相変わらずおいしそうだし、何と言っても、アフリカのビーチは、最高にキレイなんだね〜!いつも、アンちゃん's ダンナさんは、いいとこ見つけて行くよね〜!

ロンは、日本からお友達が来た時に、誘ってもらった美術館へ行ってきました。
サンローランの美術館が出来たことは、知っていたのですが、いつか行こう…と、思いつつも行っていなかったので、ちょうどいい機会!
d0227344_23481672.jpg
火曜日の朝一番で、予約もせずに行ったら、予約していない人の列がすごいことに!
開館5分前で、1時間の待ち時間でした!
オープンしてからだいぶ経っているので、並んでいるとは全く予想しておらず。
たぶん、月曜日が休館日だから、火曜の朝は、混むのかも?と、話していました。

結局、出直して、インターネット予約をすることに!
(1枚につき1ユーロ手数料が、かかりますが)
別の日の朝一番のチケットを買ってのリベンジでした!が、
なんと、金曜日の朝は、予約無しの人も少なく…。
予約済みと当日券の列は、同じくらいで、互いに10人ぐらいしかいませんでした!
ガク〜ッ!
d0227344_23485095.jpg
ロンが、思わず、カワイイ!と、思ったスカートのデッサン。
d0227344_23492592.jpg
このデッサンが洋服になったら、リボンで出来た花がたくさん付いたスカートに!
d0227344_23494594.jpg
マネキンの置き方が、ファッションショーっぽくって!
さすが、ディスプレーも凝ってます!
d0227344_23521542.jpg
マリアージュのコーナーも、ありました。
d0227344_23505384.jpg
仕事場を再現している部屋も。
d0227344_23525603.jpg
本棚には、日本の本もいくつかありました。
d0227344_23535334.jpg
d0227344_23543716.jpg
ミュージアムの大きさが、広すぎず、なかなか良かったです!
ロンは、お土産屋さんで、「イヴ・サンローランへの手紙」という、
日本語バージョンの本を買いました。
普通、本の値段は、日本円の本の値段x2ぐらいは、当然なのに、なぜか、ユーロになっても、日本の金額とあまり変わらず…。なので、コレ買いました!笑

お友達は、イヴサンローランが、大好きだったようで、来れて喜んでいました!
しかも、来る前に、ラデュレで朝食してきたようで、期間限定滞在ならでは!
の、パリを満喫していました〜!

by ロン@フランス


[PR]
by bayswater92 | 2018-02-22 01:20 | お気に入り*フランス | Trackback | Comments(4)

ガレット・デ・ロワ 2018② ◆ by ロン@フランス

アンちゃんの市松模様のケーキは、美し~い!
切った瞬間、感激したんじゃなかろうか?!こんな風につくるのね~!お食事もおいしそうよ!

ロンは、ガレットの食べ比べを未だに続行中です!
今年のテーマは、フランジパン以外!ということに決めて、

★pâtisserie sadaharu aoki・パティスリーアオキ
d0227344_06315610.jpg
まん丸きれいで、模様が細かい!
d0227344_06322358.jpg
切り口もキレイ~!
抹茶味です!ほんのり~な、抹茶味のつけ方が、本当にお上手!抹茶が初めてのフランス人にも大丈夫そうです!
フランジパンに抹茶が混ざっている感じだと思います~。

王冠は、子供用?と思うぐらいにちっさ!
でも、ロン犬にピッタリのサイズ~!
d0227344_06361252.jpg
★Pasquie pomme
d0227344_06335659.jpg
スーパーに売っているメーカーのガレットです。賞味期限があと1週間!と、いうときに50%引きだったので、買ってみました!
保存剤も入っているだろうし、砂糖も多そう!と、思ったのでした。
d0227344_06343235.jpg
とりあえず、リンゴがジャムのような甘さで、食べる前にオーブンで焼いたのに、
パイ生地も残念な感じで、パクパク食べれません~!笑
でも、パディントンとコラボだったので、王冠とフェーヴは、オッケー!
王冠は、ロン犬には、少々大きすぎましたが・・・!
d0227344_06363470.jpg
★Dominique Saibron・ドミニク サブロン(セブロン)
d0227344_06345909.jpg
毎年3つの味が存在する、ここのガレット。
フランジパン(フランジパーヌ)と、ピスタシュ(ピスタチオ)の他に、3つ目は、毎年変わります!
d0227344_06352832.jpg
今年は、フランジパンにフュイセック(ドライフルーツ)入りでした~。
どんな感じかな~と、思ったけれど、これは、なかなか いける!
ドライフルーツのおかげで、さらに食べやすい味になっていました。

この中で一番美味しかったのは、パティスリーアオキの!
d0227344_06365162.jpg
フェーヴは・・、
パティスリーアオキが、自社の抹茶のケーキのフェーヴ。かわいい!
パディントンのは、印刷されているだけ~。
ドミニクのは、変なボトル~!

と、いうわけでした。
もう、ガレットが終わってしまっているところもありますが、
食べれるだけ食べておかなきゃ~!

by ロン@フランス





[PR]
by bayswater92 | 2018-01-30 08:00 | 食*フランス | Trackback | Comments(8)

パリのガレット・デ・ロワ 2018 ◆ by ロン@フランス

アンちゃんのお皿は、ちゃんとワンプレートの食事が出来るように、底が平らで、パステルカラーなところが、かわいい!
肉まんがすごく可愛く見えるのも、お皿の威力よね~!

ところで、
2018年の1月に入ると、ロンの恒例行事、ガレット・デ・ロワの食べ比べが、また、始まりました~!
もともと、パイ生地を使ったケーキが大好きなので、知らないうちに、このガレットの食べ比べが始まったのが、きっかけです。

今日は、3つのガレット・デ・ロワ。。。

今年は、ベーシックなフランジパンでは、なく・・チョコ系や、プラリネ系を狙いました!

★Jean-Paul Hévin・ジャンポール エヴァン
d0227344_15204126.jpg
実は、これ、お一人さま用の小さいガレットです。
夕方、お店に寄ったからか、大きいフェーヴ入りガレットが、売り切れていたのでした!
でも、味見はしなくては!
d0227344_15250928.jpg
切ってみると、やはり、パイ生地の上段が、チョコ生地で出来ていました。
中には、ピスタチオのフランジパンにチョコチップ入りです。
フランジパンの味を楽しみつつ、ときどきチョコ味!これは、子供も大人も美味しい!と、思えるガレットだと思いました~!

Pierre Hermé・ピエール エルメ
d0227344_15332954.jpg
ガレットの表面が、パリッパリ!
キャラメリゼになっている感じでした。
d0227344_15375442.jpg
切った瞬間から、やっぱり、さすが!と、いうか、こだわりが感じられるのが、
切りやすい&切った後も切り口が美しい~!
中のプラリネチョコ?が、きれ~にピタ~っと真ん中に入っています!
味は、もちろん美味しい!のですが、ロンには、ちょっと甘いかな・・。
d0227344_15424108.jpg
しかし、個人的に残念なのが、フェーヴ。↑
オシャレなパリジャンには、いいのかな?・・と、思いながらも、なんじゃこれ?と、思ったのがロンの感想です。
なんか、かわいくな~い!
指輪みたいだけど、指にはめられないし、グルグル巻きになっているので、間に入ったフランジパンが、洗ってもなかなか取れない!
なんといっても、子供がこれを見たら、どう思うのだろう???
ま、大人向きなんだろうけど・・。

しかしながら、王冠は、やっぱり、一番個性あふれる素敵なデザインで、切り絵のよう~!
d0227344_15494024.jpg
★Arnaud Larher・アルノー・ラエール
d0227344_15521755.jpg
箱のままで、すみません・・。
国の職人章をもっているパティシエを狙って、サンジェルマン界隈のお店に行ったのですが、
ピエールマルコリーニのすぐそばにお店が!ってことは、期待大?!
ワクワクが高まってきて、うちで食べてみたら・・。
d0227344_16423824.jpg
これは、かなり、美味しい~!というのが、感想。
ジャンポールエヴァンや、ピエールエルメは、もうレベルが違うので、美味しいのが当たり前!と、思って食べているので、
感動は少なく・・。逆にあまり(ロンが)知らないパティシエで、美味しかったりすると、感激してしまう・・。
でも!後から知りましたが、すでに、お店が東京に存在していたのですね!
恐るべし、日本~!

ところで、フェーヴですが、ガレットの中には入っておらず、
別の小さい箱におまけのようになっていました。
d0227344_01411814.jpg

お店の人が、自分で入れて下さい・・とのことで。
それはそれで、気が利いているのかも?
子供や、お年寄りが誤って飲み込む心配もないし・・。

フェーブのカタチは、ブリオッシュ?かな~?
まーまー可愛いです~!
他には、どんなのがあるんだろうか・・。と、思いましたが、お店で聞いてくればよかった~!

と、いうわけで、今日は、この辺で~。

by ロン@フランス







[PR]
by bayswater92 | 2018-01-18 23:59 | 食*フランス | Trackback | Comments(6)

「 bûche de Noël ビュッシュ(ブッシュ)・ド・ノエル」2017年◆ by ロン@フランス

アンちゃんのモチーフ編みは、季節の恒例行事になってきたね~!
色が暖かく見えて、やさしい感じに出来上がったね!
次回は家の中で着れるポンチョバージョン作ってほしいな~!

さて、クリスマス・・いえいえ、ノエル!も、無事に終わり、ほっと一息。
毎年のことながら、デブデブ週間突入しました!

そして、
今年もビュッシュ買いました~!

例えば、、

パティスリーアオキさんのビュッシュ、「Japon・ジャポン」。
d0227344_22044600.jpg
これだけは、実物は見ずに、24日引き渡し予約!
お友達家族のおうちで、クリスマスパーティーがあるためで。
ゆずプラリネ、マロンなどなど、他にもありましたが、
そこの息子君の一人が、イチゴ大好きだったから、迷わずイチゴに!

チョコレートまみれのフランスにいると、
いちごのショートケーキっぽいものって、たまーに食べたくなるし~。
d0227344_22061059.jpg
横にくっついているチョコレートさえも美味しい!
さすが、青木さん~!(←って、知り合いでもなく、まったくの他人ですが。。笑)
d0227344_22150825.jpg
ちなみに、この横にくっついているチョコは、街のパン屋&パティスリーで買うと、
ほとんど美味しくない!のです。なぜか、チョコの部分だけが!
逆にこのチョコ部分が、美味しいパン屋&パティスリーなら、ガトーに気合い入れている証拠です!
ガトー自体も美味しいはず!

この大きさだと7人では、少し小さいかも?と、思って、ノエルのパネトーネも買いました。
d0227344_22215545.jpg
これもまた、ドライフルーツもいい感じで、ちりばめられていて、美味しかったです~!
やっぱり、チョコが美味しいことも、中がまったくパサパサしていないところも、good~!
スーパーで売っているパネトーネは、パサパサして美味しくないものが、多いけれど、パティスリーで買うと、
ほぼ、間違いなく美味しい!です。

イタリア人のお友達も、パサパサのは、まずい!だから、それしか食べたことない人は、パネトーネを不味い!と、思っている、残念だ!本当は美味しいパネトーネもたくさんあるのに!と、力説していたのを思い出します~。

ところ変わって、その日の夜、夫の実家へ持って行くために買ったのは、

Theveninのビュッシュ。
チョコ系です。ロワイヤルなんとか・・という名前だったような?
d0227344_22425797.jpg
両端には、マカロンの一片がくっついていました。
切るとき、柔らかすぎで、難しかったので、少し冷凍した方が、きれいな切り口になったかも?!
d0227344_22390793.jpg
美味しかったけれど、ロンには、甘くて、食べ終わるのが難しかった!
しかし、義理の両親、夫、娘も美味しい!ペロリ~!と、食べてしまっていた!

ついでに、焼き菓子系のケーキ(ケーク)も買ってみたり・・。
d0227344_22373662.jpg
これは、しっかりしていて、日持ちするので、便利!
上にドラジェが砕かれ、ちりばめられていました。
d0227344_22382317.jpg
それから、
セバスチャン・ゴダール氏のプラリネのビュッシュ!
d0227344_22454507.jpg
たまたま、お店の前を通りかかったとき、覗いてみたら、なんだか好みの形だったので、
ふらふら~と、お店に入ったら、味まで好みのプラリネ発見!
これは、即決で買いました。笑
d0227344_22462845.jpg
脇にくっついているチョコ↑は、青木さんのほうが、美味しかった~!
d0227344_22474743.jpg
でもでも、ビュッシュの味は、期待を裏切らず!
3人X2回で、あっという間に、食べ終わってしまいました~!怖ッ

ところで、一つ気になることがあって、ここは、毎回ちゃっちいビニール(たぶん、自然にやさしく、エコで燃えるバック)に品物を入れてくれるのですが・・。そのビニールがペラペラで、スーパーの量り売りの野菜をいれるようなビニールで・・。
贈り物用に買った立派な菓子箱が、それに入れられてしまうと、なんだか安っぽくなってしまうので、
紙袋はないのですか?と、聞いてみたら、0.80ユーロであります。と。
なんだ、あるんじゃ~ん!と、発見!
でも、あの値段で、有料の紙袋か・・と、思うと、なんとなく、商品に最初から0.80ユーロ足して、紙袋に入れたほうがいいのに~とか、
思った。。。あのビニールで、だいぶ、お客さんを逃しているんじゃ?!と、大きなお世話かもしれないけど、思ってしまった。

さて、最後に、
去年買ったアイスバージョンのビュッシュを、今年は2つ買って、
家族が全員集まる日、実家へ持っていきました。
実家でのパーティーでは、必ずアイスバージョンのビュッシュなのです!
d0227344_22345182.jpg
前菜が弟夫婦、メインが姉夫婦、デザートがロン夫婦の担当だったので。。。
この他に手作りビュッシュもあったのですが、すっかり、写真を取り忘れました!Σ( ̄□ ̄|||)

普通に、日本風ロールケーキで、生クリームとキウイフルーツのみ!
と、いう、究極のシンプルさ!が、あっという間に完売しました~!笑

というわけで、今度は、お正月に向けての用意ですね!
忙しくなりますが、体調を崩さないように、年末年始を迎えましょ~うネ!

by ロン@フランス













[PR]
by bayswater92 | 2017-12-26 23:55 | 食*フランス | Trackback | Comments(4)

オペラ座バレエ学校のデモンストレーション ◆ by ロン@フランス

栗やら、蒸しパンやら、魅力的なものをどんどん作っていく。アンちゃんは、スゴイと、思う~!
ロンは、この時期は特に、せわしいので、何も作る気なし!(笑)

と、言いつつ・・。
お友達に誘われて、初めてオペラ座バレエ学校の公開レッスンを見に行きました。
d0227344_05234176.jpg
ネットでは、すでにチケットが売り切れていたらしいのですが、公演5日前に直接窓口に行ってみたら、席がありました~。
安い席で、決していい場所ではありませんが、12ユーロだったので、良し!です。

オペラ座が舞台になった、アニメ映画、「バレリーナ」を数か月前に見たので、中へ入るのが、なんとなくワクワク~!
入って正面にある階段も、この映画の最後の方で出てきますが、ライバルと対決して、この階段を上から下までジャーンプ!するんですよね~。
d0227344_06200894.jpg
この12ユーロの席ですが、、、。
こんな感じに舞台が見えているので、左半分が見えない・・。笑
だから、ネットで売っていないのかも?!
d0227344_07181055.jpg
入り口で配られていた、プログラム↓。

12月10日の午前中の中高生ぐらいの小さい子たちの部に行きました。
バレエの他にもコンテンポラリーや、バロックもあって、ミュージカルも習うっていうことを初めて知りました!
バレエだけ習うっていうことでは、なかったのですね~。ほ~。

d0227344_07213111.jpg

5分間休憩~!と、言っていたときに客席を出て、ちょっと建物の写真撮影などもしました。
実際、15分ぐらい休憩があったような感じです。笑
d0227344_08194060.jpg
フラフラ写真を撮りに・・。
d0227344_08252351.jpg
オペラ座を見学だけするより、バレエの舞台鑑賞つきで、12ユーロは、お得でした!
d0227344_08324678.jpg
この日、友達の一人が、パンフレットを買ったのですが、表紙が素敵で~!
d0227344_08345720.jpg
先生たちが、生徒を注意したり、失敗したとき、あらら・・と、思ってしまったり、
なんだか思っていたより、楽しめたし、かわいかったです。
テクニックもロンには到底できないものを、簡単そうにこなしていました。スゴすぎる!

それにしても、子供なのに、女の子のお姫様ぶりや、男の子の王子っぷりは、さすがです!
しかも、王子達、子供なのに、足長い~!

まだ、今週末も来週末もやっているので、もう一度見に行けたら、行きたいな~と、思ったのでした!

by ロン@フランス












[PR]
by bayswater92 | 2017-12-15 08:48 | お気に入り*フランス | Trackback | Comments(8)

Pierre Hermé・ピエールエルメの菓子パン(ヴィエノワズリー)◆by ロン@フランス

アンちゃんのスイートポテト、どれもおいしそう!おにぎりバージョンは、食べたことがないから味見したいなぁ!
ロンもリンゴより洋ナシが入ったタルトが、好き~!トルコ仕様のカボチャも食べてみたいわ!

つい最近のことですが、パリのサンジェルマンデプレへ向かいました。
プレゼント用にチョコレート買いたかったのです~!
まだ朝の10時40分ぐらいだったのですが、ピエールエルメが開いているかも?!と、思って、向かったら開いていました~!
このとき、チョコレートを買ったついでに、朝だからまだパンあるかも?と、ちらっと棚を見たら、あった~!

今まで、ずっと気になっていたピエールエルメの菓子パンをついに買う時が来ました!笑

たぶん、菓子パンの中では、目玉商品なのでは?と、思っているクロワッサン。
だけど、普通のクロワッサンではなく、イスパハン!パンの中にしっかり、あの味入っていました!
d0227344_08004133.jpg
d0227344_08024582.jpg


もう一つのクロワッサンは、商品名をよく見ていなかったので、謎です・・。
たぶん、リンゴだと思われます。↓
d0227344_08083166.jpg
d0227344_08113400.jpg
ここのヴィエノワズリーで、ロンが一番感激したのは、クロワッサンではなく、実は、
パン・オ・ショコラ!
表面にピスタチオが付いていますが、中にもピスタチオ味+がっつりチョコレート!
あまりにも美味しすぎた・・・。笑
d0227344_08163052.jpg
d0227344_08171101.jpg

クグロフも発見!
まわりにお砂糖がついていて、なんとなく揚げドーナッツっぽい・・。と、
思ったのは、ロンだけでしょうか?!
見えにくいのですが、プリプリの白レーズンが入っていました。
d0227344_08184586.jpg
d0227344_08195365.jpg
最後にブリオッシュ。
中のクリームが酸っぱ甘くて、美味しい~!
パッション系か?と、思ったけれど、娘は、レモンでしょ~?と。どっちだろ~?!笑
d0227344_08243007.jpg
d0227344_08250109.jpg

いやはや、どれもこれも美味しかったです!さすが、エルメ氏!
でも、一番の発見は、買った次の日の朝食べても、サクサク感が、全部残っていたこと!
普通にパン屋さんで買ったクロワッサンなどは、当日の夜には、ふにゃっと、してしまうのに・・。
やっぱり、お砂糖のコーティングのおかげだろうか?
お値段は、マカロン一つ買うより菓子パン一つのほうが、安かったと思う・・。

ほっぺた落ちる、豪華な朝食を頂きました!笑

ロンが行った、サンジェルマンデプレのPierre Herméのお店↓

PARIS 6e - BONAPARTE

72 rue Bonaparte

75006 Paris

01 43 54 47 77


by ロン@フランス


メール&ピエールエルメのレシピ本







[PR]
by bayswater92 | 2017-11-08 08:49 | 食*フランス | Trackback | Comments(8)

フランス国立図書館「Richelieu・リシュリュー館」◆ by ロン@フランス

Selimiye Camii<セリミエ・ジャーミィ>、本当に美しいね~!外から見るとシンプルなのに、中入ったら、感動しそうだわ!
写真見ると、余計に行きたくなる場所だね~!

ところで、ここ数年、気になっていた図書館があったのですが、ようやく行く機会が到来~!内装を見たかったのです!

その日は、たまたま木曜日の午後でした。
ホームページに、木曜日と、土曜日は、ガイドつきの見学が、出来るとあったので、行ってみることに。

セキュリティーチェックを通って、中へ行くも、ネットで予約が必要だったようで、ガイド付きは、満員だけど
「ここ地上階と、3階は、見ていいですよ」とのことでした。

ちょうど地上階が、見たかった、メインのフロアーだったのですが!
思っていたよりは、小さいイメージ?でも、広々した感じが、やっぱり良かった!
d0227344_23280027.jpg
ドームの周りに本がたくさん並んで、いました。
d0227344_23304074.jpg
ここで、勉強したら、、はかどりそうです!笑
d0227344_23310065.jpg

エレベーターで3階へ行くと、↓展示物が少しあり、博物館っぽくなっていましたが、日本の能のお面?っぽいのもありました。
たぶん、壁には本棚があったんだろうな~と、いう名残もありました。
d0227344_23292479.jpg
ビクトール・ユーゴーのリュイ・ブラースの登場人物像もいました。
d0227344_23285601.jpg
このスペースにある図書室が、また、素晴らしい~、と、思いましたが、やはり入ることは出来ず・・。ガラス張りの外から写真してみました。大きかったり、小さい古そうな本が沢山ありました。
たぶん、見学ツアー参加していたら入れるのかも?
d0227344_23282576.jpg
今回は、どこも入れなかったので、あっという間に見れてしまいましたが、なかなか、楽しかったです。(タダでしたから。笑)
それにしても画像が、いまいちで残念~、いつかツアーに参加して、きれいな写真を撮りたいですね~。
と、思った日でした~。

場所は、ガルニエ宮オペラ座と、ルーブル美術館にも近いので、アクセスは簡単です。

リシュリュー館
58, rue de Richelieu
75002 Paris

by ロン@フランス








[PR]
by bayswater92 | 2017-10-28 00:08 | 日々の暮らし*フランス | Trackback | Comments(8)

王妃マルゴに関係ある場所を巡るパリ③ ◆ by ロン@フランス

ケーキがかわいいカフェ巡りも、いいね~!アンちゃんのおススメ、オズスットっていうところ、行ってみたいな~。
落ち着く感じのカフェっていいよね~!

ロンは、先日、マレ地区へ行ったので、ついでに「王妃マルゴ」関連の建物を見物してきました!

Théâtre du Châtelet・シャトレ劇場から、セーヌ川沿いに Hôtel de Ville・オテル・ド・ヴィルへ向かって歩き、
さらに、セーヌ川沿いを直進してしばらくすると、
左側に、この日のターゲット、hôtel des archevêques de sens・サンス館が、見えます。
d0227344_06522033.jpg
もとは、聖職者たちの館だったサンス館は、

1605年にアンリ4世が、元妻のマルゴ(マルグリッド・ド・ヴァロワ)の住まいとして用意してくれた場所です。
そのとき、マルゴは、52歳。(元夫のアンリ4世は、すでに、マリー・ド・メディシスと再婚しています。)
ここに、彼女が住んでいた時期は、短く、1606年には、ここを去っています。

理由は、マルゴに捨てられたの元愛人ヴェルモンが、次の愛人サンジュリアンに嫉妬して殺害し、それに怒ったマルゴの願いを受け入れた
アンリ4世の命令で、ヴェルモンは、サンス館の前で、首をはねられたから・・。もうそこには、いたくなかった・・と、いうことらしい。

今では、当時使っていた部屋などは、もうないそうですが、
建物正面から入ると、まずは、中庭になります。
d0227344_06560301.jpg
中庭の奥には、↑展示会場の入口がありました。覗いてみましたが、観覧は無料でした!
写真は、ありませんが、中庭左側には・・、違う入口があり、中に入って、階段をあがります。
d0227344_06551381.jpg

そこは現在、Bibliothèque forney・フォルネイ図書館 になっていて、産業や芸術が中心の本がそろっています。
(なので、それ以外の分野の本は、置いていない・・ので、パリの図書館へ行くときは、ターゲットを絞ってどの図書館へ
行くか決めと逆に便利です。)

d0227344_06544039.jpg
ところで、サンス館の裏側に庭があります。
建物の外をぐるっと回われば、入れます。
天気の良いランチタイムには、ベンチでサンドイッチを食べている人がほとんどです!
ロンも、その中の一人でした。笑
d0227344_16474580.jpg
マレ地区の散策や観光して疲れたときに、美味しいパン屋さんや、パティスリーで何か買って、
食べながら休憩するのには、ちょうど良いところです。

と、いうわけで、マルゴが少し滞在していたサンス館なのでした。

サンス館/フォルネイ図書館の

場所 1 rue de figuier ,paris 4 e
メトロ pont marie か st poul (pont marieの方が分かりやすいと、思います。)

そうそう、サンス館の前の通り、rue de figuierは、1605年にマルゴが、馬車で通りやすくするためにイチジクの木を切り倒した
ことから、この名前が付いたと言われています。


by ロン@フランス










[PR]
by bayswater92 | 2017-06-13 18:27 | 旅*フランス国内 | Trackback | Comments(6)

ガレット・デ・ロワ 2017 ◆ by ロン@フランス

アンちゃんの刺繍、かわい~い!色もデザインもいいね!チクチク小さいもの出来るって、ほんと羨ましい~!

ガレットの季節がやってきました!が、今年は、買う機会も、食べる機会ももうなくて!
あせって、ちょろっと買ったものを写真に収めました。

有名なパティスリーや、有名パン屋で、買いたかったものもたくさんあるのですが、
これは、スーパー、カールフールのガレット!
タルトタタン風(中がリンゴ)です。って箱に書いてありました。
d0227344_1733998.jpg

しかし、切る前に写真!を、忘れてしまいました・・。笑

ロン夫の実家にいたのですが、彼らは、温めて食べる派なので、
タルト型にのせてオーブンで180度、10分程度入れました。

なぜ、カールフール?!と、思いがちですが・・。中のフェーヴが、ポイントで~!
娘がハリポタシリーズが好きで、最近出た映画、ファンタスティックビーストのフェーヴだったので、ここのにしようよ!と、懇願されました。泣笑
d0227344_1714493.jpg

もう一つ、メジャーな、フランジパン(フランジパーヌ)のアーモンド味も買ったのですが、
これは、食べた後に写真していないことに気が付き!笑
パイ生地は、薄目ですが、アーモンド味は、ソフトで、子供でもパクパクいける感じです。
フェーヴは、これ。↓
d0227344_17201350.jpg

ロンは、毎年恒例のドミニクで、買いたかったものの、何気にPaul・ポールの前を通ったら、
袋と、フェーブの見本に「かわい~!」と、心奪われてしまい・・。買ってしまった!
d0227344_17274751.jpg

ガレットは、持ち帰ったときに少々つぶれてしまって・・。泣
d0227344_17294714.jpg

これも、フランジパンです。食べやすい、アーモンド味だけど、やっぱり、パイ生地が、もう一声!パリパリ感に欠けてしまっているような・・。
d0227344_17311090.jpg

フェーヴは、やっぱり可愛かった・・。ポールは、フェーヴが、毎年かわいい!
d0227344_17331185.jpg

今年のロンは、行き当たりばったりで、ガレットエを買っているのですが、たまには、こういうのも
楽しいです。笑
で、やはり、行き当たりばったりで、メゾンドショコラのガレットに目が!!!
d0227344_17353781.jpg

この日、雨が降っていて、朝の10時過ぎに買い、一日中これを持って、出かけていて、家に戻ったのが、18時。食べたのは21時頃。
なのに、なのに、パイ生地が、パリパリ~!!!
d0227344_1739829.jpg

もちろん、中はチョコクリームだったので、オーブンにも入れられないし・・。と、心配していたのに大丈夫。カリカリ、パリパリしながら、おいしく頂きました。
が、しかし、フェーヴが・・。
d0227344_1740295.jpg

可愛くない・・・。笑
娘には、ちょっとチョコの味もビターだったぽく。大人向けのガレットな感じがしました。
もちろん、ロンには、ちょうどよく!
チョコの味もしっかりしていて、食べやすく美味しかったですよ~!

どれが美味しいかは、本当に好みによって・・ですね~!

by ロン@フランス
[PR]
by bayswater92 | 2017-01-15 18:02 | 食*フランス | Trackback | Comments(10)


ロンドン・ベイズウォーターで出会った元スタントンスクール生のアンとロン、そしてジュンの3人が発信するトルコ、フランス、スイスの生活情報、日々の暮らし。*コメント大歓迎!お気軽に♪


by Bayswaters

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

最新の記事

Yoğurtlu Kek<ヨ..
at 2018-04-17 05:17
フランスの美しいお城 DVD..
at 2018-04-12 23:32
クッキー缶。 ◆ by アン..
at 2018-04-06 04:44
Pâque:パック(イースタ..
at 2018-04-01 15:53
2018・誕生日ケーキ2つ。..
at 2018-03-26 04:18

カテゴリ

プロフィール
トルコ・フランス生活情報
3カ国(土・仏・瑞)生活情報
食*トルコ
食*フランス
食*スイス
お気に入り*トルコ
お気に入り*フランス
お気に入り*スイス
日々の暮らし*トルコ
日々の暮らし*フランス
日々の暮らし*スイス
日々の暮らし*フランス・スイス
旅*トルコ国内
旅*フランス国内
旅*スイス国内
旅*外国
里帰りニッポン
座談会

タグ

(475)
(431)
(352)
(222)
(172)
(89)
(89)
(88)
(82)
(78)
(69)
(66)
(66)
(62)
(56)
(41)
(39)
(34)
(34)
(23)

最新のコメント

★kashさん、 こん..
by bayswater92 at 05:26
★arareさん、 辞..
by bayswater92 at 05:19
◆Mさんへ。 今、..
by bayswater92 at 00:40
◆Mさんへ。 久々..
by bayswater92 at 00:16
◆ハイジさんへ。 ..
by bayswater92 at 00:10
牛乳屋さんのトラック、可..
by M at 09:28
わぁ、このまえに言ってた..
by M at 07:19
こんにちは(o^^o) ..
by heididayo at 06:55
◆francanaさんへ..
by bayswater92 at 04:32
アンさんが作られたのです..
by francana at 19:52

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...

検索

フォロー中のブログ

ろんどんらいふ
*Happy Tea T...
お茶の時間にしましょうか...
トルコ子育て生活
ヤマザキマリ・Seque...
黒パグ CHAPPYの成...
Lush Life
a&kashの時間。
うひひなまいにち
lotus pond 上...
cafe de ke*
ぶどう畑ぐらし。
kaorainne日記
ミニろんどんらいふ
がびあーの家の毎日
アクデニズ。
パリからのバレエ便り
London Scene
ビーズ・フェルト刺繍Pi...
ドキx2 わくx2 @ ...
un_voyage♪♪
北欧暮らしラボ
FReeTraveLer
ねこ旅また旅
die Elfen im...
サンフランシスコ食堂 
Kuechennachr...
風と花を紡いで
イタリア夫に作るご飯 
Photolog fro...
カスタムニットBy* s...
Sweets and B...
フェルタート™・オフフー...
Cache-Cache+
ふらんすさんぽ
~East meets ...
FREE TRAVELER
リタイア夫と空の旅、海の...
ぷくぷ日記
たのしむラボ  ***楽...
kaorainne日記Ⅱ
がびあーの家の毎日2
some day

外部リンク

ファン

bayswater92

↓メールはこちら


素材お借りしています。


A.SLASH


mytaste.jp

**当ブログに掲載されてるお店情報等は、記事掲載時時点のものです。**

**当ブログは、PC版用に写真等の編集をしております。**

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
おうちごはん

画像一覧