カテゴリ:日々の暮らし*フランス( 127 )

獣医学校のミュージアム◆by ロン@フランス

チョコとマロン!ケーキおいしそうだね~!マドレーヌもいいね~!クッキーが付くと、いっそう食べたくなるね!

また、アンちゃんの後、かなり時間が経ってしまいましたが~!
ロンからは、獣医学校内にあるミュージアム(Le musée Fragonard)の話です。

フランスには、4つの獣医学校がありますが、
そのうちの一つはパリです。(正確には、パリ近郊ですが。。)

行き方は、パリの8番メトロでcréteil方面に乗って、
école vétérinaire de maison alfort下車で、行けます。

この学校は、1766年のルイ15世の時代につくられ、その敷地内に、ミュージアムがあります。
d0227344_21112367.jpg
この日は、9月のヨーロッパ文化遺産の日だったので、無料かつ、学校の生徒さんのガイドつきでした。
門を入ったところで、集合かな?という雰囲気があったので、適当に待っていたら、本当に来た!笑
d0227344_21151552.jpg
外から校舎を見ながら、色々説明してもらいましたが、薬の原料?にもなる植物も植えてありました。
d0227344_21164873.jpg
敷地内にあるミュージアムは、獣医学校らしい、動物の心臓とか、腸とか、奇形の動物のはく製とかもありました。
d0227344_21155808.jpg
d0227344_21154418.jpg
d0227344_21161669.jpg
かつての学長、フラゴナールの作った標本で、人体と馬のバージョンもあります。
人体と馬のバージョンは、たぶん、一番有名な標本ですが、写真がブレたので、載せていませんが、
このミュージアムのサイトに載っています!
d0227344_21184573.jpg
この敷地内には、ミュージアムの他にも、動物のクリニックが、入っています。
確か、24時間オープンで、事故にあった野生動物や、鳩やネズミまでも運ばれてくることがあるそうです。
それでも、大歓迎・・なんだそうです。

ミュージアムの開館時間は、サイト↓にのっているので、確認してから、行った方が良いと思います!

それでは、また!

by ロン@フランス



[PR]
by bayswater92 | 2018-12-04 00:19 | 日々の暮らし*フランス | Trackback | Comments(2)

ジャポニズム ルーヴル美術館◆by ロン@フランス

おお、街並みも可愛いけど、博物館、いいね〜!
ロンも、いつか行ってみたい〜!と、思うところが、トルコにたくさんあるわ!

ロンは、博物館と美術館と水族館が,大好きなのですが!
前から、チェックしていた、ルーヴル美術館での香取慎吾氏の展示に行って来ました!
d0227344_05304649.jpg
この日は、展示の開催2日目だったのですが、広い空間だったので、
よく観れました。
この衣装、ステキ!と、思いながら写真を撮ったけれど、後から、なんとなく、
ぱっと見が、Desigual?
d0227344_05350571.jpg
香取慎吾氏とコラボで色んなアーティストが、絡んでいるので、
絵だけではなく、こんな洋服もあって、楽しい〜!と、思いました!

d0227344_05403001.jpg
マネキンの後ろにある、ドーム型、スゴく気になって、中を覗いたら、
入れました〜!笑
チャックで繋がっていて、おもしろ〜い!
これは、建築家の方とのコラボだった。
d0227344_05400679.jpg
たぶん、この絵が、一番人気?!
⬇︎
d0227344_05473251.jpg
でも、ロンは、こっちの絵が好みでした!
⬇︎
d0227344_05501562.jpg
落書きみたいで、可愛い感じの絵が多かったけれど、基本は、明るい感じで、
観ていてフフフと、なりました。でも、ちょっと暗めだったり、ピエロの
絵は、少し悲しい感じがしたような気がしたのは、ロンだけでしょうか?!

ロン的には、香取氏には、腕時計を作ってもらいたいな〜と、なんとなく思った展示だったのでした!

by ロン@フランス




[PR]
by bayswater92 | 2018-09-25 06:03 | 日々の暮らし*フランス | Trackback | Comments(4)

ジャポニズム 松竹大歌舞伎 ◆ by ロン @フランス


アンちゃんの行った、洞窟は、入口の高さがスゴイ低くて、怖い〜!
でも、ワイルドな感じと、水の透明度が、神秘的で、行ってみたくなる〜!

ロンは、大自然とは、真逆の都会、パリの夕暮れへ〜。

歌舞伎を観に行くために、トロカデロへ向かいました。
ついでだったので、トロカデロのメトロ出て、すぐのシャイヨー宮殿から、
久々のエッフェル塔。

d0227344_18030477.jpg
今年は、日仏友好160周年記念で、日本に関する催しが、目白押しです。
"Japonisme 2018"
その中の一つ、ロンが選んだのは、先ず、歌舞伎!
d0227344_18052385.jpg
「娘が1度ぐらいは観ておきたいかも〜。」と、ここ2年ぐらい言っていたので、
これは、行かねば!と。
d0227344_18023542.jpg
中に入って、娘は、歌舞伎の会話が分かるか怪しかったので、
身分証明書と引き換えに、フランス語のオーディオガイドを借りました。

d0227344_18033696.jpg

でも、結局は、観ているときガイドのせいで、舞台を観る集中力を
奪われ、気が散ったらしく、途中からイヤホンを外して観ていました。


休憩に入ったとき、食事などが出来るフロアに出たら、目の前が、エッフェル塔で、
次々と色が、変わって行く、ライトアップ!
d0227344_18060512.jpg
よく見ると、実は、ジャポニスムが、テーマになっていた?!
それに、気がついたのは、娘で、シャイヨー劇場内から見えるエッフェル塔は、
d0227344_18082094.jpg
d0227344_18070086.jpg
なんとなく、「東京タワー」を、思わせたり、

d0227344_18075148.jpg
えー、なんだろう〜?と、
考えているうちに色が変わってしまう物もあれば、

d0227344_18063469.jpg
あ、富士山!
d0227344_18072772.jpg
その他に、北斎の海の絵とかも、出てきました。

外から見たかったな〜!と、思いながらも、この日、歌舞伎が終わったとき、
すでに、23時を過ぎていたので、これにて、退散。

この後、メトロの6番線に乗って、エッフェル塔を横から見たのですが、
横からは、同じライトアップが、見れないことを知りました!笑
(ロンの言う横とは、シャイヨーから見て、右側の側面です。。。)

そして、さらに、後から知りましたが、このライトアップは、
2日間限定のこの日が、最終日だったと知りました!

遅くても、外から、見ていけばよかった〜!と、後悔。
残念なことをしてしまった!

ところで、娘の初歌舞伎、
思ったよりも分かる言葉もあったし、楽しかった!と、言いつつ、
最後の方は、見どころなのに、寝ちゃった!と。笑

ロンは、もちろん、満足です!
ただ、どこで、拍手をしたらいいのか?!って、歌舞伎は、決まりごとあったかな〜?
とか、観ながら考えちゃった。笑

まだ、まだ、続くジャポニズム、楽しみです!

by ロン@フランス








[PR]
by bayswater92 | 2018-09-15 19:25 | 日々の暮らし*フランス | Trackback | Comments(4)

インテリアをロマンティック(cosy)に◆by ロン@フランス

アンちゃんのクッキー缶を貰ったお友達は、ラッキーだわ〜!
相変わらず、美味しそう!&かわいい!!

最近、ヴェルサイユ宮殿へ行きました。(と、前回触れましたが…)
フランスへ来てから、軽く20回は、行っているのではないか?!と、思います。

そこで!ヴェルサイユ宮殿には、とても及びませんが、少しでもアパートの
内装をちょっとヴェルサイユを夢見て、ロマンティックにしていこう!と、思って、デコり始めました〜。

先ずは、ソファー。
ヴェルサイユ宮殿で、見た素敵なソファーの1つは、これ⬇︎
d0227344_06540857.jpg
パリの狭いアパートには、クリッククラックという種類の、ソファーベッドが、
機能的で、良いのですが、これがねぇ…ロマンティック系が全くない!!のです。

あった!と、思って値段を確認すると、ベッドにもならないのに、
軽く1600ユーロから5000ユーロ!Σ(・□・;)
ムリ無理〜な、お値段で。。。

そんなこんなで、配置の場所を考え、2人座れる手頃な値段のソファーを見つけました。
⬇︎ 残念ながら、ベッドには、なりませんが。。。笑
d0227344_06565004.jpg
ヴェルサイユ宮殿のソファーと比べると、かなり地味で、普通です。笑
色が、ピンクっぽく見えますが、実際は、クリーム色です。

そして、電気。
ヴェルサイユ宮殿では、かなり豪華なものから、程よい感じの物を見ました。
お手本にしたかった電気はこちら。⬇︎
d0227344_07040806.jpg
雰囲気をマネ。した。笑 ⬇︎

d0227344_07111453.jpg

まだ、ドアノブなどは、そのままにしておき、そのうち取り替えるかな。。
ちなみに、ヴェルサイユの窓の取っ手?は、とっても素敵だった〜!⬇︎

d0227344_07235490.jpg
⬇︎これは、イニシャルが、入っているので、明らかに「ルイフィリップ」の時代!
d0227344_07225056.jpg

かなり影響されまくっていますが、色々、内装を変えていくのは、楽しいですね〜!
まだまだ、どんどん、変えていけるといいな…と、願っています!

by ロン@フランス












[PR]
by bayswater92 | 2018-08-05 08:00 | 日々の暮らし*フランス | Trackback | Comments(2)

バカロレアのオプション◆by ロン@フランス

アンちゃんのクッキーに顔の表情が入ると、さらに可愛くなったね~!スプーンくん?が、いちばん好みだよ~!

5月の下旬から、高校3年生の娘のバカロレア入試(Bac)が、チラホラ始まりました!
(バカロレアは、高校卒業資格と大学入学資格が一緒になっているものです。)

フランスの母の日(5月の第4日曜日)直前にも試験がありました。

そんな忙しい娘に代わって、夫が母の日に買って来てくれたケーキ。↓ありがたく頂きました。笑
d0227344_23144675.jpg
先ずは、オプションBacです。
娘はオプションを2つ取りました。

それは、自分の受けるBac(普通のBacは、理数系、経済社会系、文系に分かれています。それ以外にも職業系、技術系もあります。)に
点数を加算できる選択科目なのです!
ただし、20点満点中11点以上ゲットしなければ、プラスにはならないけれど、万が一、半分の10点以下なら0点。なので、マイナスにされることはないです。

第1オプションは、
音楽のバカロレア(オプションミュージック)でした。

第1オプションの点数は、x2ポイント。
10点以上が加算対象なので、15点だったら、5点x2で、10点ゲットです。

音楽は、20点満点中、スピーチとリスニングと実技があり。。

意外にも実技は、7点満点だけで、自分の楽器を約5分弾きます。

曲は、なんでも良いけど、難しい曲や、今の自分のレベルの曲を弾いて失敗するより、

少し下のレベルの曲を完璧に弾いたほうがいいらしい。


スピーチとリスニングは、合わせて13点満点で、

テーマは3つあって、どれが当たるかは、当日にならないと分からない・・。

ちなみに曲も分かっているそうな。


今年のテーマは、オペラと、ジャズと、なんだったか?・・っていっていました。(忘れました・・。笑)


毎年内容が、変わるらしく、Bacのあるその年の9月には、何を勉強すれば良いのかが、発表されるということ。

なので、今年の題材は、2018年の9月に発表になっていた・・ということです。


どんな問題なのか?

と、聞いてみたところ、


テーマが発表になってから勉強した中で・・。

例えば、スピーチで、あなたは、オペラの..について!と、当日決まると、オペラの演目のうちの1幕の音楽について、まず、説明、

作曲者とか、曲を作ったきっかけとかetc、。


そして、その日に新しく聞かされる(リスニング)曲と、そのオペラと比べて説明することも求められるそう・・。

でも、それは、比較的、簡単とのことです。

前者は、1人で歌ってるけど、後者は、グループで歌っているとか、

曲の速さとか、何の楽器使ってるとかを言えばいいらしい・・。


しかし、手っ取り早く、

家の近くにコンセルバトワールがあり、オプションミュージックのクラスがあるなら、そこへ入るのをおススメします。

と、いうのも、コンセルバトワールで、それについて勉強してくれるので、かなり勉強の負担が減るはずです。

娘もそのおかげで、要領もわかっていたし、先生が試験の練習もしてくれたようです。


この後、小学生の家庭教師のバイトへ行った娘は、手土産を頂いてきました!

ラマダン中のお宅なのですが、モロッコとアルジェリアのお菓子だそうです。

はちみつ味で、おいし~い、のです!

d0227344_23561832.jpg
さて、次の日は、日本語のオプションで、
第3言語のLV3として、受験してきました。

これは、オプション2として、受験するので、加算される点数は、x1になるようです。
例えば、20点満点中、16点とれれば、6点の加算です。やはり、10点以下は0点です。

もちろん、この日本語をオプション1にしていたら、点数は、x2の計算になります。

LV3の日本語は、筆記はなく、スピーチがメインで、読みが少しでしょうか。
なので、日本語をペラペラ話すけれど、筆記をやってこなかった娘には、ちょうどいいかな?と、思いました。
読みの部分は、試験官から、「この漢字は、なんと読むかわかりますか?」と、聞かれることがあるとか・・。

それ以外は、4つの決まっていたテーマについて、あらかじめ考えて文章(作文というか・・テキスト)を作っておき、当日、その中の一つを試験官が選び、それについて話すことになります。

毎年テーマは同じようで、今年もこれ↓でした。

1.espace et echanges(交流)
2.mythes et heros(伝説)
3.lieux et formes du pouvoir(権力)
4.idee de progres(進歩)

試験は、一人30分です。
最初の10分は、スピーチの準備のために紙にメモする時間で、残りの10分間は、一人でスピーチします。
スピーチしている10分間は、試験官は、言葉をかけてはいけないことになっています。
最後の10分は、試験官からの質問があるので、そのやりとりです。

オプションは、本当に色々あるようで、聞いてみると人それぞれでしたが、テニスだったり、水泳だったり、スポーツもあれば、
美術もあったり、外国語だったり、試験時間もまちまちで、テニスは2時間とか、聞きました!
色々あるのですね~!


試験の日の朝食は、心が和らぐパンケーキにすることにしました!笑

パンケーキの出来上がりは、見た目が少々しょぼいけれど、、
カナダのお土産のメープルシロップと、普通の(ちがうメーカーの)値段の2倍するバターがあるので、味は最高~!笑
d0227344_01313608.jpg
というわけで、6月18日から25日までのBacが、終わると、結果は、7月5日です。
どうかな~どうかな~と、思いながらあっという間に夏休みになりそうな気がしてきました~!

by ロン@フランス











[PR]
by bayswater92 | 2018-06-06 06:13 | 日々の暮らし*フランス | Trackback | Comments(1)

Pâque:パック(イースター)の準備◆by ロン@フランス

お誕生日のケーキが、年々豪華になっているような気がするんだけど、やっぱり、アンちゃんが作っている!っていうところが、なんたってポイント高いわ!お母さんの手作り以上にステキなケーキは、あり得な〜い!と、思う!

ところで〜!
あれこれしているうちに、もう、パック!
昨日の晩、夫が、わが家のトラディショナルである、
パテ・ド・パック を焼き上げました!
d0227344_14251104.jpg
食べるのは、4/1の朝。
ロワールの白ワイン、ソービニョンと一緒に頂きます!
(で、ロンは、今まさに、当日。夫が起きてくるのを待っている状態なので、
とりあえず、コーヒー飲んでいます。笑)

今年は、パック用チョコレートの買い物さえ行けなかったので、通りがかりに、
パティスリーアオキさんへ…。

やはり、思った通り、鶏の形のチョコレートなどありましたが、た、高いっ!
似た感じのものが、スーパーで安く売っていることを知っていると、どーも、手を出す勇気がなくって。。。((>人<;)
大人ならともかく、子供達にあげるのに、味の違いを見分けられるわけでもないし。。。笑

で、考えた末、買ったのがコレです。
d0227344_14400102.jpg
チョコでコーティングされているチョコマカロン2つと、チョコのサブレ、チョコのフロランタンを、小分け袋に入れてもらいました。

が、しかし、何となく、マジメ過ぎて、子供のパックっぽくないな…と、思い、
もう一つさらに、袋に入れてみようか???と。。。
日本の100均で、買ってあった、鳥の絵がある袋にギュッと、入れ。笑
d0227344_15021477.jpg
まーこんなもんか?
ちょっとは、パックっぽくなった気がします。
と、勝手に納得して、さらに、アオキさんの手提げ袋にせっせと入れ、4袋作りました。

毎年、義理両親にも卵のチョコを買うのですが、
こちらも、今回は、アオキさんの所で。
蓋が磁石で閉まるかんじで、宝石箱っぽくて、ステキ〜!と、思ったけど、
d0227344_15081834.jpg
コレは、フランス人には、小さすぎなんじゃ??と、後から悩む…。
が、時間もないし…。量より質!だ。
と、自分に言い聞かせ…。笑

d0227344_15122802.jpg
抹茶と柚子のチョコレートにしました。(お見せするために開けちゃいました・・。笑)
これなら、その辺に売っていないし、義理の両親は、二人とも緑茶好きで、義理母は、
馬路村の柚子ジャムが大好きなので、いいか?と。

と、いうわけで、今年は、集まる家族も少ないので、準備はコレだけ。
今日の午後、実家へ向かって、パックのお祝いです。

それでは、良い週末をお過ごし下さいませ〜!

by ロン@フランス

過去のパック関連記事↓
もう、だいぶ昔の記事もあって、懐かしいです~。









[PR]
by bayswater92 | 2018-04-01 15:53 | 日々の暮らし*フランス | Trackback | Comments(6)

ガラクタ屋のクリスマスセール ◆ by ロン@フランス

アンちゃんのイスタンブル記は、とうとう終わってしまったのね~!それにしても、朝のお茶が素敵すぎ!他のお食事も、小魚に目が~!
パクパク行けちゃう魚だって聞いたら、さらに、食べたくなったわ!

ロンですが、1時間も隙間時間が、出来てしまったとき、ふらりとガラクタ屋さんへ入ってしまいました。
ちょうど、クリスマスのデコレーション販売の日だったらしく、開店前に人だかりが!
目でザッと数えただけでも、40人はスタンバっていました。
開店直後は、走っていく人までいて・・。かなり、驚き!

ロンは、いるものないし~。
とか、思いつつゆっくり入るも・・?!

なぜか、買っちゃったニセのツリー。
d0227344_19000680.jpg
30cmぐらいの大きさです。
お値段は、4ユーロ。
むむむ。安いのか高いのか、分からない・・。笑
でも、チャリティーが、絡んでいたので、まあいいか・・と、いうことにしました。

なぜに、これに惹かれたのか?と、いうと・・。
飾り(オーナメント)の部分!
太鼓の中に天使(アンジュ・エンジェル)が~!
d0227344_19084072.jpg
こういう、小細工に弱くって・・。笑
太鼓の高さ3cmぐらいで、松ぼっくりと同じぐらいの大きさです。

その後、ふらりと店内の陶器コーナーを見ていたら・・。
あら、ボンボニエール・・。
d0227344_19203343.jpg
裏を見たら・・。
2ユーロ!
嘘か誠か、リモージュ焼きとある。
d0227344_19253881.jpg
この刻印には、どこのリモージュ焼きなのか、書いてないので、よく分かりませんが・・。
こんな感じの表示の物は、よくお土産屋さんで、売っていたりするので、たぶん、もともと高価では、ないと思うのだけど、
さすがに、2ユーロなら、いいっか!と、思ってお買い上げしてきました。
ちなみに、わりと高価なリモージュだと、どこの釜・・というか、会社の名前や刻印が入っています。

ボンボニエールは、ドラジェとかのお菓子を入れる物で、たぶん、包みにくるまっていない物を入れることが、多いと思います。
日本では、金平糖入れにもなっているようですが・・。(と、いうことを皇居のボンボニエール展に行ってから知った!)

d0227344_19392931.jpg
とりあえず、このボンボニエールは、洗わなきゃ!笑
裏側の汚れは、もっぱら、フランス版、消しゴムスポンジ(Mr propreのマジックゴム)で。笑
きれいに落ちるんですよね~。
日本人はともかく、意外にも、消しゴムスポンジを知らないフランス人って、多い気がします。
便利なのに~。

by ロン@フランス



[PR]
by bayswater92 | 2017-11-29 21:14 | 日々の暮らし*フランス | Trackback | Comments(4)

bodum:ボダムのcalendrier de l'avent:アドベントカレンダー◆by ロン@フランス

うわっ、青空がキレイなイスタンブルだね〜!
トルコらしい景色からヨーロッパっぽい景色もありつつ、オシャレな感じもあって、魅力がスゴイね!!!

数日前に、パリのオペラ通りをお友達と歩いている時に、目に入ったアドベントカレンダーが、ありました。
そのお店は、コーヒーや紅茶のグッズが売っているボダム。
フランスのメーカーではなく、デンマークのメーカーだったのです〜。
(と、数年前に知った!笑)

もともと、好きだったメーカーだったこともあり、買ってしまった、アドベントカレンダー。お店の人曰く、もう6年前から、この時期は、アドベントカレンダーが、あると言っていました。

で、気になる袋は、デカッ!笑
d0227344_23300420.jpg
そして、確認のために、念のため、24個入っているかチェック!笑

ロンにとって、大勝負な、129ユーロする、アドベントカレンダーをお買い上げ!
今まで、こんなに高いアドベントカレンダーは、買ったことがありません!
さすがに、この値段でどんな物が入っているかも分からないのに、夫婦のお財布からは、出せません!笑

と、いうことで、
My財布から…、出すことにしました。あはは。

実は、これ、大きな手提げ袋に入っていて、手で持って帰って来ましたが、重さを測ったら、9.4kg ありました、どうりで重かった!と、家で、驚き!笑

気になる中身ですが。。。
お店の人に聞いてみたら、「リストがあるので、あげます。」と!
そこには、かなり詳しい明細が、書いてありました。
やはり、いらない物も入っています!笑
d0227344_23423892.jpg
リストに赤字で書いてありますが、中身を普通に計算すると、440.80ユーロ分の
品物が、入っているそうです。

なんとなく、日本でいう、福袋な、感覚?!

と、いうわけで、12月1日になったら、1番を開け始めますが、リストに鍋敷きって、書いてあるので、中身のデザインだけ、楽しみーに!笑

これを見た、娘は、家庭教師のバイト代で、自分もアドベントカレンダー買う!
と、言っておりました。笑

さ、今から、一昨日解禁になった、ボジョレーヌーボー買いに、行ってきま〜す!

by ロン@フランス





[PR]
by bayswater92 | 2017-11-19 00:07 | 日々の暮らし*フランス | Trackback | Comments(6)

フランス国立図書館「Richelieu・リシュリュー館」◆ by ロン@フランス

Selimiye Camii<セリミエ・ジャーミィ>、本当に美しいね~!外から見るとシンプルなのに、中入ったら、感動しそうだわ!
写真見ると、余計に行きたくなる場所だね~!

ところで、ここ数年、気になっていた図書館があったのですが、ようやく行く機会が到来~!内装を見たかったのです!

その日は、たまたま木曜日の午後でした。
ホームページに、木曜日と、土曜日は、ガイドつきの見学が、出来るとあったので、行ってみることに。

セキュリティーチェックを通って、中へ行くも、ネットで予約が必要だったようで、ガイド付きは、満員だけど
「ここ地上階と、3階は、見ていいですよ」とのことでした。

ちょうど地上階が、見たかった、メインのフロアーだったのですが!
思っていたよりは、小さいイメージ?でも、広々した感じが、やっぱり良かった!
d0227344_23280027.jpg
ドームの周りに本がたくさん並んで、いました。
d0227344_23304074.jpg
ここで、勉強したら、、はかどりそうです!笑
d0227344_23310065.jpg

エレベーターで3階へ行くと、↓展示物が少しあり、博物館っぽくなっていましたが、日本の能のお面?っぽいのもありました。
たぶん、壁には本棚があったんだろうな~と、いう名残もありました。
d0227344_23292479.jpg
ビクトール・ユーゴーのリュイ・ブラースの登場人物像もいました。
d0227344_23285601.jpg
このスペースにある図書室が、また、素晴らしい~、と、思いましたが、やはり入ることは出来ず・・。ガラス張りの外から写真してみました。大きかったり、小さい古そうな本が沢山ありました。
たぶん、見学ツアー参加していたら入れるのかも?
d0227344_23282576.jpg
今回は、どこも入れなかったので、あっという間に見れてしまいましたが、なかなか、楽しかったです。(タダでしたから。笑)
それにしても画像が、いまいちで残念~、いつかツアーに参加して、きれいな写真を撮りたいですね~。
と、思った日でした~。

場所は、ガルニエ宮オペラ座と、ルーブル美術館にも近いので、アクセスは簡単です。

リシュリュー館
58, rue de Richelieu
75002 Paris

by ロン@フランス








[PR]
by bayswater92 | 2017-10-28 00:08 | 日々の暮らし*フランス | Trackback | Comments(8)

ソルドが始まり、、、◆ by ロン@フランス




アンちゃんの豪華な食事は、惚れ惚れするね〜。
でも、何気に作るのが面倒である、小麦粉物が多いっていうのが、スゴイよ!

ロンは、水曜日から始まったソルドを、横目で見て、時間に追われていましたが、
とうとう、お店一軒と、デパートのプランタンに行く機会を作りました。

というのも、やっぱり、親戚にお祝いを買わなきゃ!と、思っていたので。
ひとつ目のお店は、DPAM。
娘が小さかった時は、かなり、お世話になったお店です。
ここで、見つけたのは、足つきパンタロン。
d0227344_07551410.jpg

ベスト付きの足つきパンタロンは、上を脱ぐと、何気にもっとかわいい!


d0227344_07530295.jpg
思わず、買ってしまったけれど、これじゃ、便利でも、何か物足りなさが…。
そこで、プランタンへ急いで、子供服売り場へ!
ここでも、懐かしいブランドが、たくさんありました。が、やっぱり、
フランスっぽいものが、いいかな〜と、思って、jacadi・ジャカデイへ!

やっぱり、あった〜、フランスっぽい洋服が!
今すぐ着られるサイズを買いました。
普通は、すぐ着られなくなっちゃうから…と、言って、
3歳ぐらいの洋服を選びますが、ロンは、その逆です。笑
⬇︎これは、6ヶ月ののサイズで、⬆︎が、9ヶ月用です。
d0227344_07522721.jpg
実は、アンサンブルだったので、小さなカワイイキュロットまで、
入っていました。
小さめのベビー服は、あげる人も少ないかな?と、思って、そうしています。笑
.
d0227344_07533908.jpg
と、いうわけで、ダッシュで、ソルド!と、思ったけれど、結局、子供服見て、
終わってしまったのでした。(;゜0゜)

by ロン@フランス







[PR]
by bayswater92 | 2017-07-01 08:20 | 日々の暮らし*フランス | Trackback | Comments(6)


ロンドン・ベイズウォーターで出会った元スタントンスクール生のアンとロン、そしてジュンの3人が発信するトルコ、フランス、スイスの生活情報、日々の暮らし。*コメント大歓迎!お気軽に♪


by Bayswaters

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新の記事

帰省日記2018*冬<タピオ..
at 2018-12-11 10:13
獣医学校のミュージアム◆by..
at 2018-12-04 00:19
マロンとリンゴで秋色スイーツ..
at 2018-11-21 02:25
Etretat:/ エト..
at 2018-11-15 06:27
Erikでお菓子。 ◆ by..
at 2018-11-04 01:53

カテゴリ

プロフィール
トルコ・フランス生活情報
3カ国(土・仏・瑞)生活情報
食*トルコ
食*フランス
食*スイス
お気に入り*トルコ
お気に入り*フランス
お気に入り*スイス
日々の暮らし*トルコ
日々の暮らし*フランス
日々の暮らし*スイス
日々の暮らし*フランス・スイス
旅*トルコ国内
旅*フランス国内
旅*スイス国内
旅*外国
里帰りニッポン
座談会

タグ

(496)
(450)
(367)
(222)
(179)
(98)
(92)
(92)
(88)
(82)
(71)
(67)
(67)
(66)
(58)
(41)
(40)
(36)
(34)
(23)

最新のコメント

★Mさん、 こんにちは..
by bayswater92 at 00:20
獣医学校を解放して見学さ..
by M at 08:31
★arareさん、 サ..
by bayswater92 at 19:44
★Mさん、 ノルマンデ..
by bayswater92 at 19:22
外苑前のサラダバーで、ノ..
by arare719 at 14:45
わぁ、素敵な写真に風景!..
by M at 06:12
★arareさん、 パ..
by bayswater92 at 06:49
パリ市庁舎のこのゴージャ..
by arare719 at 11:37
★Mさん、 そうなので..
by bayswater92 at 19:42
パリ市庁舎、こんな風なん..
by M at 09:07

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
more...

検索

フォロー中のブログ

ろんどんらいふ
*Happy Tea T...
お茶の時間にしましょうか...
トルコ子育て生活
ヤマザキマリ・Seque...
黒パグ CHAPPYの成...
Lush Life
a&kashの時間。
うひひなまいにち
lotus pond 上...
cafe de ke*
ぶどう畑ぐらし。
kaorainne日記
ミニろんどんらいふ
がびあーの家の毎日
アクデニズ。
London Scene
ビーズ・フェルト刺繍Pi...
ドキx2 わくx2 @ ...
un_voyage♪♪
北欧暮らしラボ
FReeTraveLer
ねこ旅また旅
die Elfen im...
サンフランシスコ食堂 
Kuechennachr...
風と花を紡いで
イタリア夫に作るご飯 
Photolog fro...
カスタムニットfeel ...
Sweets and B...
フェルタート(R)・オフ...
Cache-Cache+
ふらんすさんぽ
~East meets ...
FREE TRAVELER
リタイア夫と空の旅、海の...
ぷくぷ日記
たのしむラボ  ***楽...
kaorainne日記Ⅱ
がびあーの家の毎日2
some day

外部リンク

ファン

bayswater92

素材お借りしています。


A.SLASH


mytaste.jp

**当ブログに掲載されてるお店情報等は、記事掲載時時点のものです。**

**当ブログは、PC版用に写真等の編集をしております。**

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
おうちごはん

画像一覧