人気ブログランキング |

大英博物館・British museum マンガ展①萩尾望都氏編◆byロン@フランス

アンちゃんのパンナコッタ、寒天なんだ?!驚いた!
なぜなら、パンナコッタ大好きなの〜!!コーヒーゼリーも好き!
寒天って、スゴイんだね!

ところで、
久し振りに、ロンドンへ行って来ました!

「日本国外で過去最大の日本マンガの原画展示」が、目的です!

会場は、ブリティッシュミュージアム!👍
d0227344_01342539.jpg
数ヶ月前に開催ニュースを知ったときに、
ユーロスター料金を検索すると、出発時間によっては、なんと片道、39ユーロではないですか!
帰りも同じように安いチケットを選ぶと、往復でも78ユーロ!
今までは、安くても片道、100ユーロぐらいだったというのに!
過去最安値だったので、即決!169.png

5/23(木)から8/26(月)までの期間限定。
このマンガ展は、別料金です。

ネットでチケット予約をすると、時間を選ぶことになるのですが、
ロンは、朝一の10時に!
はりきって来ました~!

大英博物館の常設は、無料なので、入館する前に、お友達と待ち合わせ場所を決めて、観覧することにしました。
と、いうのも、ロンは、マンガの展示に時間がかかるはず!と、思ったので。笑
逆にお友達は、博物館に来たこともなかった・・と、いうので、常設も見たい・・と、いう感じ。

さて、
日本からたくさんの原画が、来ていますが、まずは、ロンのお目当ての
萩尾望都・MOTO HAGIO 氏 の原画です。

会場のほぼど真ん中に、萩尾氏のエリアを発見!
ガラス張りの中に、原画が!
写真の右側です。

ちなみに、左側は、こなみかなた氏の「チーズスイートホームルーム」。
この猫マンガ、フランスでは「Chi」と、いうタイトルで有名です。

萩尾望都氏の「ポーの一族」は、残念ながら、まだ、フランス語版が、出ておらず!
(「トーマの心臓」とかは、出ているのに・・・。)
イギリスでの英語版は、今年の6月に「The Poe Clan」のタイトルで、出るようです。
すでに、アマゾンに載っていました。
d0227344_01362061.jpg
会場は、天井も壁も思いっきり、使った展示で、上を見上げれば、
下にはその漫画の原画が、あることも分かります。

見えにくいですが、天井の月刊フラワーズの表紙になった、
エドガーとアランのイラストの隣には、
宝塚バージョンのポスターもありました。

漫画を良く知らない人は、漫画がどうやって出来ているのか分かるし、
4つの出版社の編集側の話も、耳にイヤホンをあてると、日本語で聞けるようになっていました。

出版社によって、話している人が漫画の編集長だったり、会長だったり、話す代表の選び方に
なんとなく会社の背景が見える感じが面白かったです。

さて、ガラスの中には、萩尾望都 氏 のプロフィール紹介、
d0227344_01352028.jpg
原画は、見やすいように45度ぐらいの高さに起こしてあります。
d0227344_01381178.jpg
日本と違って、じーっと見入る人がそんなにいなかったので、
なんだか、とても見やすい。
壁には、目線の位置に、同じものが印刷されて、展示してありました。
d0227344_01385886.jpg
原画と印刷後の違いも理解出来ると同時に、ここは、チラ見だけでいいや〜。
と、いう人には親切な展示でもあるかと思います。笑

「ポーの一族」についての簡単な説明もありました。
d0227344_01370342.jpg
d0227344_01454402.jpg
さらに、違う場所にも萩尾氏の原画がありました!
「柳の木」です。
d0227344_22355476.jpg
1頁につき、2コマの漫画です。
主人公の女性がずっと同じ場所にいるけれど、
周りの様子だけが、変わりながら、最後に、なぜ、そこにずっと居たのか?
が、解って、ジーンとする物語です。

d0227344_01404461.jpg

この漫画の原作が、全ページ来ていました。
最後の方に少しだけセリフがあるだけなので、日本語が読めなくても、
殆ど理解できるるはずです。
d0227344_01440430.jpg
面白いのは、違う漫画家と、何気にコラボになっていることでした。
例えば、萩尾氏の「柳の木」の真下は、「ちはやふる」。
なぜに、同じカテゴリー?なのか、脇にテーマが書いてあったけれど、忘れてしまいましたが・・。
d0227344_01464836.jpg
他にもスポ根は、スポ根マンガで、コラボ。
ボーイズは、ボーイズどうしでコラボになっていました。
この辺のことについては、また、他の日に〜。

ところで、
このマンガ会場を観覧するのに、いったいどのくらいの時間が、かかったのか?!と、いうと、
ロンは、大の漫画好きなので、隅々まで見た結果、
約3時間!+マンガのお土産コーナーで、1時間!=4時間!
かかりました。

ただし、特にマンガが好きっていうわけではないけど、
松本零士氏が、好き。という一緒に行ったお友達は、
50分が限界だと言っていました。笑
たぶん、本当は、30~40分あれば良いぐらいだったのかも?!
でも、その後は、常設の展示へ行って、エジプトのミイラとか見てきたそうで、
彼女なりに充実した大英博物館だったようです!良かった~!

と、いうわけで、マンガ好きは、時間がかかってしまう展示でしたが、
行って良かった~と、思いました~。

by ロン@フランス

萩尾望都氏についての過去のブログ記事

萩尾望都先生のワークショップ パリ<感想編>

萩尾望都氏&ヤマザキマリ氏 in パリ2012




by bayswater92 | 2019-05-30 17:51 | 旅*外国 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://bayswaters.exblog.jp/tb/27619934
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by M at 2019-05-31 13:54 x
大英博物館のマンガ展!
ヨーロッパでは史上最大級のマンガ展だそうで、
北海道新聞で大きく記事なっていましたよ!
しかも大英博物館で展示されるとは!凄い事ですよね。

観に行って来たのですね!
しかもユーロスターの料金は安い!良かったですね。
萩尾氏の原画はいいですね。
見応え充分だったのですね。素晴らしい!

私はこの前、仕事休んで北海道立旭川美術館へ行きました。
チェコのアルフォンス・ミュシャ展を観てきました。
フランスのビスキュイ・ルフェーヴル・ウティール LUのポスターや
ショコラ・イデアルのポスターなど、フランスの商品のポスターがずらり!
テアトルのポスターも素晴らしかった!椿姫のやつは美しかった!

Commented by bayswater92 at 2019-05-31 23:20
★Mさん、
ニュースになっていましたか!一般的にも知られている漫画の原稿が、
たくさんあったからでしょうね~。
マンガを読んでいなくても、知っている原画がたくさんあるはずです!
もちろん、ロンは、ほとんど読んでいますが・・。笑

ユーロスターの料金には驚きで!
一年に一度ぐらいの割合でロンドンへ行くのだけど、予約は、出発3か月以上前だったと思います。
古巣のロンドンだったので、余計に楽しめました!

Mさんは、アルフォンス・ミュシャ展でだったのですね~!
稚内から旭川って、近そうでいて、けっこう遠いですよね?!
展示品は、パリに来たものと同じもあったのかもしれないですね~?!
ロンは、ミュシャ展を見てから、アールヌーヴォーが、どんなものなのかが、やっと、わかるようになりました!あはは、、。
LUのポスターかわいいですよね~!サラベルナールの椿姫?!
お互いに、充実の展示に行っていたって、ことですね~!うふふ。
Commented by M at 2019-06-01 14:49 x
そうなんです!稚内から旭川まで車で4時間かかります!
最北はどこに行くにも時間がかかります!
どうせなら飛行機で東京に行く方が近いです。2時間だしね!
そう!サラ・ベルナールの椿姫ですよ。よくご存知ですね!
Commented by bayswater92 at 2019-06-04 06:44
★Mさん、
4時間!!それは、遠いですね!
飛行機で東京へ行く方が近いなんて、驚き!です!
よく考えたら、ロン家も車でモンペリエへ行く時は、途中止まりながら、12時間ぐらいかけて行くので、12時間あれば、飛行機で直行に乗れば、パリー東京行けちゃうなーとか、思ったことがあります。
サラベルナールの椿姫でしたか〜!ミュシャが作ったサラベルナールの宣伝って、結構あったような?!と、思ったのです。パリでロンがミュシャ展行ったのも、実は、そんなに前ではないのですよね〜。
Commented by stellalove124 at 2019-06-05 05:08
ロンさん。
先月ロンドンに行った時に大英博物館に寄り、その漫画展の大きな垂れ幕を見ました。
日程が合わず残念だったけど、こうしてブログでレポートして下さってありがとう。ふむふむと楽しんで拝見しました。
Commented by arare719 at 2019-06-07 21:45
おぉぉ〜、知らなかった漫画展!それも大英博物館なんて凄すぎる。
日本の漫画、江戸時代の浮世絵の価値かも。
行きたかったです…ってムリ笑。
これだけのボリュームで、見やすいオシャレな展示。
日本も、もうちょい頑張って欲しい。

4時間 ⁈ 足がガクガクになりそうだけど、大満足な充実感ってなかなか
味わえないものですよ〜。
今日上野のクルムト展行ったのだけど、急ぎ足で見て回って2時間以上
かかった。カブリつきで見てると4時間じゃ絶対に足りないと思う。
チェーザレ様やミゲル氏なんぞが天井からぶら下がってたら…もう発狂。

「ポーの一族」、確か高校ぐらいに噂になっていて、当時「ベルばら」や「愛と誠」とは一線異なった作風だったこと覚えています。半年前から
漫画ではない長編に凝っていて、それが終わったら「ポーの一族」取り掛かろうかと思います。あ〜、また寝不足の日々がやってくる☆
Commented by bayswater92 at 2019-06-10 01:51
★すねーるさん、
こんにちは~、ありがとうございます!
すねーるさんもロンドン行かれていたのですね~、マンガ展は、作品が充実していて、とても良かったです!すねーるさんが、行かれたときは、まだ始まっていなかったのでしょうか・・。また、次回もマンガ展の話になりそうです。笑
Commented by bayswater92 at 2019-06-10 02:15
★arareさん、
そうなのです~、大英博物館!日本の漫画の原点となったと言われている絵からの展示で、マンガの読み方から、描き方の説明もあって、なかなか良かったです!ボリュームは、すごいし、見せ方もとても工夫が凝らしてありました!日本のようにマンガは右から読む・・という当たり前のことをまだ知らない世代もへ~って、思う展示に。笑

この展示を端から見ていたら、簡単に時間が過ぎていき・・しかも、立ち読みしても良いコーナーがあって、ロンは、そこで30分ぐらい立ち読みしてしまいました。笑
東京でのクリムト展は、混んでいそうですね・・。急ぎ足で2時間以上っていうのもすごい!じっくり見たら、本当に4時間では、無理そうですね。

そうそう、大英博物館にチェーザレ様は、残念ながら、いらっしゃいませんでした~!セレクションした方が、どうもマニアックな気がします。もちろん、それなりに人気の原画はあったけれど、
「え~!なんで、これ?」っていう、大英博物館どころか、日本でもほとんど知っている人がいないんじゃ?!っていう作品もあったり。。

ポーの一族は、昔読んでも、今読んでも、面白くて、最近、続編が出て、宝塚化もされたんですよ~。基本的に、萩尾氏の漫画は、大人になってから読んでも面白いのが、ポイントです。長編終わったら、是非読んでみて下さい~!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


ロンドン・ベイズウォーターで出会った元スタントンスクール生のアンとロン、そしてジュンの3人が発信するトルコ、フランス、スイスの生活情報、日々の暮らし。*コメント大歓迎!お気軽に♪


by Bayswaters

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新の記事

8年ぶりのロンドン<Kens..
at 2019-07-18 03:02
8年ぶりのロンドン<V&A>..
at 2019-07-11 03:42
ロンドンのホテルが ?!◆b..
at 2019-07-06 07:12
8年ぶりのロンドン<映画ロケ..
at 2019-06-29 04:00
ファンタスティックビーストの..
at 2019-06-23 23:58

カテゴリ

プロフィール
トルコ・フランス生活情報
3カ国(土・仏・瑞)生活情報
食*トルコ
食*フランス
食*スイス
お気に入り*トルコ
お気に入り*フランス
お気に入り*スイス
日々の暮らし*トルコ
日々の暮らし*フランス
日々の暮らし*スイス
日々の暮らし*フランス・スイス
旅*トルコ国内
旅*フランス国内
旅*スイス国内
旅*外国
里帰りニッポン
座談会

タグ

(515)
(467)
(380)
(222)
(188)
(104)
(99)
(96)
(90)
(84)
(72)
(72)
(71)
(66)
(60)
(41)
(40)
(37)
(36)
(23)

最新のコメント

また、また、素敵な界隈を..
by M at 09:05
◆junoさんへ。 ..
by bayswater92 at 04:51
◆Mさんへ。 V&..
by bayswater92 at 04:41
んもう、素敵すぎる!!!..
by juno at 03:00
わぁ、素敵なミュージアム..
by M at 09:02
★Mさん、 今回は、パ..
by bayswater92 at 15:44
★Mさん、 ありがと〜..
by bayswater92 at 15:31
ロンドンで素敵なホテルに..
by M at 11:09
◆iomloveさんへ。..
by bayswater92 at 04:24
◆Mさんへ。 やっ..
by bayswater92 at 04:11

以前の記事

2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
more...

検索

フォロー中のブログ

ろんどんらいふ
*Happy Tea T...
お茶の時間にしましょうか...
トルコ子育て生活
ヤマザキマリ・Seque...
黒パグ CHAPPYの成...
Lush Life
a&kashの時間。
うひひなまいにち
lotus pond 上...
cafe de ke*
ぶどう畑ぐらし。
kaorainne日記
ミニろんどんらいふ
がびあーの家の毎日
アクデニズ。
London Scene
ビーズ・フェルト刺繍Pi...
ドキx2 わくx2 @ ...
un_voyage♪♪
北欧暮らしラボ***北欧...
FReeTraveLer
ねこ旅また旅
die Elfen im...
サンフランシスコ食堂 
Kuechennachr...
風と花を紡いで
イタリア夫に作るご飯 
Photolog fro...
カスタムニットfeel ...
Sweets and B...
フェルタート(R)・オフ...
Cache-Cache+
ふらんすさんぽ
~East meets ...
FREE TRAVELER
リタイア夫と空の旅、海の...
ぷくぷ日記
たのしむラボ  ***楽...
kaorainne日記Ⅱ
がびあーの家の毎日2
some day

外部リンク

ファン

bayswater92

素材お借りしています。


A.SLASH


mytaste.jp

**当ブログに掲載されてるお店情報等は、記事掲載時時点のものです。**

**当ブログは、PC版用に写真等の編集をしております。**

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
おうちごはん

画像一覧