名産お菓子の巻 *トルコ・フランス・スイス生活情報*

こんにちは、Bayswatersです。
今回はなんと1年ぶり(!)の合同企画、トルコ、フランス、スイス、それぞれの国の名産お菓子のご紹介です。
ご希望の方には産地直送〜!!は無理ですが、ちょっとしたトリビアに。☆


*スイス編*

まず、スイスからはメルヴェイユ<Merveilles>というお菓子のご紹介。

薄い揚げ菓子に粉砂糖がかけてあるというシンプルなお菓子で、スイスでカーニヴァル(謝肉祭)の時期に食べられます。レント(四旬節)というイースター前の46日間、キリストの受難を思いながら肉や卵、乳製品、油などを断って祈りを捧げる時期があり、カーニヴァルとはその前の数日間食べて騒ごうという習わしだそう。

ただ、通常店頭に並ぶのは1月に入ってかららしいので、この時期はその伝統的なお菓子は見つかりませんでした・・・。でも、それと似たお菓子発見〜。
d0227344_18313564.jpg
Merveilles d’automne<秋のメルヴェイユ>という商品。
紅葉をあしらったパッケージに入ってMigrosに売られていました。見た目は塩せんべいみたいなんだけど、味は薄甘で美味しい!!薄くて軽い感じがするのでドンドンいけちゃいます。でも揚げてあるから、カロリーはあるんでしょうけどねぇ。この写真を撮ってから、1パック全部一人で食べきってしまいました・・・。(後悔)


d0227344_4434853.jpgで、カーニヴァルの時期に売られる、本来の形はこちら。
20cm位の直径でヒラヒラと波打って繊細な感じ。
形を崩すのはちょっともったいないけど、
パリパリと割って食べます。
画像、こちらからお借りしました。
http://www.bdlp.org/fiche.asp?no=216&base=SU&boite=1

*ちなみに、フランスにも同じ名前のカーニヴァルの時期に食べる揚げ菓子があるのですが、また全然違うものです。

というわけで、ジュンからはスイスのお菓子、メルヴェイユ<Merveilles>のご紹介でした。

参考サイト
http://www.myswiss.jp/jp.cfm/home/mailmagazine/24/fasnacht/

byジュン@フランス(スイス)



*フランス編*

フランスからは、元祖マカロンのプティマカロン<Les Petits Macarons de Joyeuse>という、お菓子と、バチュ<Battu>という、ふわふわお菓子の2点。

プティマカロン<Les Petits Macarons de Joyeuse>は、Joyeuse・ジョワイユーズという、
アルデシュ県(ローヌアルプ地方)のお菓子で、1581年から歴史があり、今もその味がここに!
由来は、フランス国王、アンリ2世と結婚した、イタリア出身のカトリーヌドメディシスが、
フランスのとあるパーティで、紹介したことが、始まりだったそう。
d0227344_412387.jpg

このマカロンはイタリアが発祥で、今現在の真ん中にクリームなど入ったカラフルなマカロンへと、アレンジしたのが、フランスっていうことらしい・・。
と、プティマカロンのメーカー販売員さんが、よ~く説明してくれました!笑
現在のマカロンが、「サクッふわっ」な、食感なら、これは、「ガリガリッ」っていう感じ。
中に、何も入っていないアーモンド味のメレンゲのお菓子で、シンプルだけど、コーヒーや、紅茶に良く合うので、好き~。

d0227344_45642.jpg
もう一つは、バチュ<Battu>。
買ったパン屋さんの場所が、ソム県だったので、そこのかな~と、調べてみると、もう少し大きい範囲で、ピカルディ地方(フランス北部)のお菓子らしい。
見た目は、クグロフのようで、ブリオッシュとシフォンケーキのちょうど真ん中のふわふわ度?!
味は、バターと卵たっぷりで、口の中でとろける~。
感激するけど、2切れ食べたら、もういらない・・・な。笑
ふわふわなのに、濃厚だから!
しかし、「一度は、食べてみたほうが、いいよ!」と、オススメしたい品です!

フランスのロンからは、プティマカロン&バチュのご紹介でした~。

Les Petits Macarons de Joyeuse
http://maisoncharaix.com/fr/

by ロン@フランス



*トルコ編*

トルコのアンからは、Leblebi<レブレビ>を紹介したいと思います。
このレブレビはアンカラから北東に約250km行ったところにあるCorum<チョルム>という街の名産お菓子なんですが、先日チョルムのお土産にこのレブレビを頂いて、それがとっても可愛かったのですよー。
d0227344_23533437.jpg
こんなお菓子なんです。可愛いでしょ~?そもそも、レブレビとは何ぞや?レブレビはひよこ豆を炒ったお菓子なんです。基本はこの炒ったものなんだけど、上の写真のように、カラフルなチョコでコーティングされたものや、ちょっと金平糖みたいなお砂糖コーティングなんかも人気で可愛いです。特に子供が大好きかも。
ちなみにこのレブレビ、トルコだったらどこでも売っています。スーパーの量り売りでもあるし、予め袋に入ってるのもあり。基本の炒っただけのものが一番出回ってるかもですが。

d0227344_23573842.jpg←これが、基本の炒っただけのレブレビ。
このレブレビ、香ばしくて、噛むとちょっとサクッとした食感。軽いです。なので結構ポリポリと食べてしまうかも。
チョココーティングやお砂糖コーティングのレブレビも、パクパクと食べちゃうね。。ナッツが入ったものより軽いしね。
他にも、もうちょっと種類があって、辛いものなんかも・・。
それはあんまり興味がなかったので、今回はカワイイ系のご紹介でした。

また、ちょっと前の流行として(?)このレブレビをGazozっていうスプライトのような炭酸飲料に入れて飲んだりもしてたそうです。レブレビがGazozの味になって美味しいとか・・。今度やってみようかな!

ということで、アンからはトルコのチョルムという街の名産レブレビのご紹介でした。

by アン@トルコ



今回の合同は、各国の名産、伝統お菓子のご紹介でした。
知っておいても悪くないお菓子情報、旅行に来たときに、また旅行のお土産に、最適かもですね。


by Bayswaters

[PR]
by bayswater92 | 2014-10-30 05:48 | 3カ国(土・仏・瑞)生活情報 | Trackback | Comments(18)
トラックバックURL : https://bayswaters.exblog.jp/tb/21253871
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by akdeniz_tk at 2014-10-30 06:46
こんばんは。
どの国のお菓子もおいしそうですねぇ~。
メルヴェイユとバチュは食べたコトがないので、
覚えておいて、チャンスがあれば、試してみたいと思います。
レブレビといえば・・・。最近、新しいスタッフの子が入ってのだけど、
まだ慣れなくって意思の疎通がきちんと取れません。
早くleb demeden leblebiyi anlaって思っているトコです。
Commented by M at 2014-10-30 08:41 x
わぁ!3カ国の郷土菓子が楽しいですね!

ジュンさん!
メルヴェイユ、食べたこと無いけどスイスの友達が前に教えてくれて、知ってました!
美味しそうですね!
秋のメルヴェイユってお洒落な名前!
ミグロに売ってるんですね。
この時期のスイスに行ったらミグロで買ってみよう!

ロンさん!
今フランスは、Toussaintトゥッサンのヴァカンスですね。
私、マカロンパリジャンよりこの地方でよく見るアーモンドマカロンの方が好きなんですよ!
美味しいですね!
ピカルディ地方の郷土菓子!美味しそう!
Battuバチュっていうんですね。
クグロフに似ていますね!

アンさん!
レブレビ、これ美味しそう!
豆菓子大好きなんですよ!
ひよこ豆を炒ってショコラをコーティングなんて美味しいに決まってますね!
トルココーヒーと一緒につまみたいです!
Commented by s_helga at 2014-10-30 10:29
来たっ!久々の合同企画!と思ったらもう1年も経ってるの?!まーじぃーーっ?!速っ!

スイスの薄甘お煎餅、絶対好きだわ〜。日本人にも受け入れ易そう。カージヴァルの時期に売られるのと味は一緒ですか?しかし、1人で1パック食べちゃうって、超危険なお菓子っ!!
フランスのプティマカロン、見た目全然マカロンじゃない!ガリガリそうだし。カントゥッチのメレンゲで軽くしたバージョン?みたい。イタリアから伝わったって聞いて妙に納得(←知った風。笑)フランスが“あの”マカロンに変身させたと聞いてまた納得。フランス人って何でもお洒落に変身させるなぁ。そして商売上手っ!
感激するけど2切れでもういらないバチュ、めっちゃ心惹かれるわ!
そしてトルコ!まさかの豆菓子!トルコ料理って日本人にも馴染み易いもの多いと思うけど、お菓子までこんなのがあるのね!うちの子供達、かりぽりガルバンゾーが大好きで私が作らないと自分で作って食べるくらいなんだけど、オリーブオイルと塩と胡椒で絡めるの。煎っただけの基本のレブレビも好きそう。豆って味付け無くてそのもの自体に味あるもんね。近所のトルコ料理屋のシェフが帰省する時に砂糖衣のかって来て売ってくれないかな〜。
Commented by miyabiflower at 2014-10-30 19:48
かわいくておいしそうですね。
ひよこ豆、ピーナツみたいな感じなのでしょうか?
お砂糖の方は京都の五色豆みたいに見えますね。
食べだしたら止まらなくなりそうな、
でも甘いから止まるかしら などと思ってみたり・・・。
楽しいお菓子、日本では売っていないのでしょうねぇ・・・。
Commented by bayswater92 at 2014-10-31 04:18
☆akdenizさん
こんばんは!
3カ国の名産お菓子集めてみました!
トルコからはレブレビにしました。お店、新しい従業員さん入ったんですね~。 早く慣れてくれるといいですね。レブレビの諺?知らなかった^^; テキパキと動いてくれたら助かりますよね。
メルヴェイユは、ジュンちゃん曰く、これはスイスのお菓子一押しです(かなり個人的意見)!! 機会があったら、是非。♪ ってことです。
バチュは、 ロンちゃん曰く、お腹が空いた時が、食べどきかも?!それ以外の時は、一口食べたら満足しちゃうので、ごっそり余る可能性が…。笑 だそうですよ。
私もいつか試してみたいです~!
アンはじめ、ジュン、ロンより。
Commented by bayswater92 at 2014-10-31 07:04
☆Mさん
メルヴェイユ、、ご存じだったんですね!!
秋のメルヴェイユは今年初めて食べたんですが、
味は同じでもやっぱりカーニヴァル用の方が気分的に美味しいかなぁ。
なんとなく塩せんべいを想像してしまふ・・・。
どちらにしろ、もし秋から2月くらいにかけてスイスにお越しの際は、
メルヴェイユを是非お試しくださいませ~。   ジュン

はい、また、ヴァカンスですー!笑
アーモンドマカロン、けっこう色々なところで、見かけますよね!
こっちのほうが、好き?!ほほう、通ですね~!
このマカロンは、中もカリカリなので、好きだけど、同じ形でも、メーカーによっては、
中が、グニャってなっているものは、苦手なので、コレお気に入りです!いいですよね!
バチュは、ふわふわなのに、味はしっかりバター!っていう感じが・・。
これは、とっても、美味しい!・・・けど、何気に胃にドッシリくるかも?!笑
クグロフに似ているけれど、型は、ちょっと違うみたい・・。
クグロフより、細長いような?気がするなぁ。
ロン

豆菓子美味しいですよね~。
特にこのレブレビはいろんな種類があって、目でも舌でも楽しめる感じです。
今回お土産にこの3種類もらったんだけど、やっぱりチョココーティングが
一番早くなくなっちゃいました。
炒った豆なのでサクッと軽く、ちょっとしたお茶請けにもいいですね。
アン
Commented by uhihihihi at 2014-10-31 07:05
どれも、日本ではあんまり知られていないお菓子だね~!
スイスのパリパリせんべいっぽい甘いお菓子が気になります。
トルコのは お豆のお菓子 色がカラフルでかわいいなぁ。
フランスのは さすが!!!という感じですわー。
スイーツの国ですもんね。
どれもメモしておかなくちゃ!
Commented by bayswater92 at 2014-10-31 07:23
☆helgaさん

スイスの薄甘お煎餅、うけた。☆
味はカーニヴァルと同じ味ですよ~。
でも、何となく大きいのをパリパリ割って食べる方が雰囲気があるかな。
しかし、どっちも美味しくて食べ出したら止まらないので、
危険なお菓子なことは間違いなし。   ジュン

カントゥッチのメレンゲで軽くしたバージョン・・・それも、なかなか鋭い!
でも、どっちかといえば、現代のマカロンの皮の中のアーモンドがもっと大きい粒で、
硬いだけ・・みたいな感じかも~?!
イタリアから、たくさんアイデアもらって、色んなお菓子がフランスに入ってきていたけど、
いったいどれだけのフランス人が、「実は、オリジナルは、イタリア」って、ことを知っているのだろうか~?!とか、
考えちゃったわ・・。(←知った風。笑)マネっこ。
「感激するけど2切れでもういらないバチュ」バターが、どれだけ入っているのか、怖くてレシピ検索できない・・。はっはは・・・。
ロン

そうそう、まさかの豆菓子!日本にも甘納豆とかでん六豆とかいろいろあるもんね~。やっぱり味覚が似てるのかな・・?
双子っちが好きなガルバンゾー、茹でて塩胡椒・オリーブオイルなの?
レブレビ、塩っぱくもなく、甘くもなく、豆!だけど美味しいよ。
砂糖衣、子供は絶対好きだと思う!見た目もカワイイし、何気に頼んじゃう!?ww
アン
Commented by bonbonniere0826 at 2014-10-31 09:07
3役揃い踏み^^の伝統のお菓子、楽しい記事でした!!
ジュンさん♫
謝肉祭の揚げたお菓子というとベニエを思い出しますが、秋のメルヴェイユは塩味なんですね。
これ1パックたいらげるのは仕方ないッ笑
ロンさん♫
マカロンの原型はイタリアのメレンゲ菓子なのですね〜
アーモンドのメレンゲ焼き菓子、いかにもエスプレッソに合いそうですネ♨
アンさん♫
カラフルなチョコ掛けが可愛い♡
チョコレートは大好きだけれどどちらかと言えば辛党なので、基本形の炒ったひよこ豆を食べてみたいわ〜^^
Commented by bayswater92 at 2014-10-31 13:12
☆miyabiflowerさんへ。
ひよこ豆のレブレビはピーナッツほど重くもなくてサクっと軽い感じなんですよ。
お砂糖コーティングのやつは、確かに京都の豆菓子に似てますね!!
砂糖コーティングのやつは結構歯応えもあって、ちょこっとつまむのにはいい感じ。
チョココーティングはチョコ好きだったら食べちゃうかも。。^^;
そうですね~、トルコのもスイスのもフランスのも、なかなか日本じゃ手に入らないかもですが、またオススメがあったら ここで紹介して行きますね。
アンはじめ、ジュン、ロンより。
Commented by bayswater92 at 2014-11-01 07:10
☆うひひさん、

スイス版パリパリ煎餅、じゃなかった秋のメルヴェイユ、
気になってくださったとは嬉しいです~。♪
お煎餅っぽく見えて実はほんのり甘いところがまた美味しく感じるのかも?
ジュン

スイーツの国ならでは・・の、悩みは、どのお菓子を抜擢したらいいのか、迷いに迷うことです!
本当に、甘い物王国ですよね・・・。笑
ロン

私もレブレビは基本の炒っただけものもしか食べたことなかったんで、このカラフルなチョコのをもらった時は思わずカワイイ!って思っちゃいましたよ。美味しかったしね♪
アン


Commented by bayswater92 at 2014-11-01 07:12
☆picoriさん、

秋のメルヴェイユ、塩せんべいに似ていますが、味は薄甘なのです~。
書き方が紛らわしくてすみません。
picoriさんのおっしゃるように、きっとベニエの方が知られていますよね。
スイスではなぜこのようになったのか不明なのですが、味は美味しいです。☆  
ジュン

イタリア侮れないですよね!さすがヨーロッパをグイグイ引っ張った国だと、思いました。
そのイタリアのものをどんどん紹介した、カトリーヌメディシスは、かなりの食いしん坊だったとか・・。
エスプレッソにピッタリ!コーヒーが好きな方には、最高です~!
ロン

そうなんですよ~、私もチョコがけを見た時、ちょっと萌えっ!ってなりました。笑
炒っただけの基本のやつは甘くも塩っぱくもないけど、なんだか美味しいんですよ。
辛いのをコーティングしたやつもあるんだけど、未経験!今度挑戦してみようかな!
アン

Commented by jiroemon0310 at 2014-11-02 21:18
甘党の治郎右衛門・・・
どの国のお菓子も食べてみたいw

一番興味をもったのがプティマカロン
見た目、日本で言うカルメ焼きみたいw
ザラメを小さな可愛いフライパンで熱してふくらますあれ!

違うかなぁw
どうなんだろうww(^_-)-☆
Commented by kash-w at 2014-11-03 00:19
こんばんは。凄く楽しい企画~♪
お国によって、いろんなお菓子があるんですね~。
そう言えば、日本でも全国各地に
いろんなお菓子がありますもんね♪
メルヴェイユ、おせんべいみたい~!しょっぱい系ぽく
見えるけど、甘いんですね~。
食べたら止まらなくなるってわかるような気がします~!
バチュも気になる♪ブリオッシュもシフォンケーキも大好きなので!!
レブレビは、何だか懐かしい感じのお菓子ですね~。
見た目も可愛いし、日本でも流行りそう!
そのままのサクッとした食感も体験してみたい~!!
Commented by bayswater92 at 2014-11-03 20:30
☆治郎右衛門殿、
カルメ焼き!なつかしいです。食感は、似ているかも!味も、近い?!
ただ、プティマカロンは、アーモンド粉が入っているので、アーモンドの香りが、あるところだけの違いかな・・。カルメ焼きにアーモンド粉入れたら、同じような味になるかも?!です!
ロンはじめ、ジュン、アンより
Commented by bayswater92 at 2014-11-03 20:32
☆kashさん、

そうなんですよー。
やっぱり見た目、お煎餅みたいですよね。
このほんのり味は、癖になる味なのかなぁ。
カーニヴァル時期のを買ったら、また一人で平らげそうで怖いです。  
ジュン

こんにちはー、
バチュは、見た目とちがって、そのままガッツリ食べられないけど、もしかしたら?スコーンのように、
ジャムとかつけたらもっと、パクパクいけたかも?!なんて、思います!
ロン

レブレビ、そうですね、ちょっと懐かしい感じかも~。
いろんな味付けがあって、カワイイしついつい手が・・って感じのお菓子です。サクッと軽い基本のレブレビも素朴で美味しいですよ。日本でも流行るかな!?
アン
Commented by arare719 at 2014-11-05 00:55
出遅れました!☆なるほど、どこか日本のお菓子に似てますよね。カラメルに五色豆にかき揚げに。。お菓子の発想はどの国も一緒かも。で、食べてみたいのがロンさんフランスのプティマカロン&バチュ!プティマカロンこれ日本で手にはいるかな?
Commented by bayswater92 at 2014-11-05 23:32
☆arareさん、
いえいえ~。いつでも、大歓迎です!
今回、3人の選んだお菓子は、確かにちょっと、日本チックっぽいところがあるかも~?!プチマカロン・・どうでしょうね~?日本にも似たようなものは、売ってそうですけど、どうなんだろう・・。日本って、色んな物あるし、ないなあ・・と、思っていたら、次の年には、もうあったりするから、日本って、すごいよね・・。
ロンはじめ、ジュン、アンより
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


ロンドン・ベイズウォーターで出会った元スタントンスクール生のアンとロン、そしてジュンの3人が発信するトルコ、フランス、スイスの生活情報、日々の暮らし。*コメント大歓迎!お気軽に♪


by Bayswaters

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

最新の記事

YSL イヴ・サンローラン ..
at 2018-02-22 01:20
アフリカ土産で作ったもの。 ..
at 2018-02-16 04:10
トレッス・フォィテ・オ・ショ..
at 2018-02-11 00:15
冬休み中のおもてなし?ランチ..
at 2018-02-04 04:36
ガレット・デ・ロワ 2018..
at 2018-01-30 08:00

カテゴリ

プロフィール
トルコ・フランス生活情報
3カ国(土・仏・瑞)生活情報
食*トルコ
食*フランス
食*スイス
お気に入り*トルコ
お気に入り*フランス
お気に入り*スイス
日々の暮らし*トルコ
日々の暮らし*フランス
日々の暮らし*スイス
日々の暮らし*フランス・スイス
旅*トルコ国内
旅*フランス国内
旅*スイス国内
旅*外国
里帰りニッポン
座談会

タグ

(469)
(427)
(348)
(222)
(170)
(89)
(88)
(87)
(81)
(78)
(69)
(66)
(65)
(61)
(55)
(41)
(39)
(34)
(32)
(23)

最新のコメント

◆Yukochanさんへ..
by bayswater92 at 23:05
◆Mさんへ。 お返..
by bayswater92 at 22:58
◆ハイジさんへ。 ..
by bayswater92 at 22:53
わぁ、私も興味あります!..
by M at 08:54
★ 0114ikuさん、..
by bayswater92 at 01:52
こんばんわ! ダン..
by arare719 at 23:38
はじめまして!偶然辿り着..
by 0114iku at 17:51
わぁ〜!旦那様の一人旅シ..
by M at 08:54
おはようございます(o^..
by heididayo at 06:30
◆Yukochanさんへ..
by bayswater92 at 03:29

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
more...

検索

フォロー中のブログ

ろんどんらいふ
*Happy Tea T...
お茶の時間にしましょうか...
トルコ子育て生活
ヤマザキマリ・Seque...
黒パグ CHAPPYの成...
Lush Life
a&kashの時間。
うひひなまいにち
lotus pond 上...
cafe de ke*
ぶどう畑ぐらし。
kaorainne日記
ミニろんどんらいふ
がびあーの家の毎日
アクデニズ。
パリからのバレエ便り
London Scene
ビーズ・フェルト刺繍Pi...
ドキx2 わくx2 @ ...
un_voyage♪♪
北欧・スウェーデンよりシ...
FReeTraveLer
ねこ旅また旅
die Elfen im...
サンフランシスコ食堂 
Kuechennachr...
風と花を紡いで
イタリア夫に作るご飯 
Photolog fro...
カスタムニットBy* s...
Sweets and B...
フェルタート™・オフフー...
Cache-Cache+
ふらんすさんぽ
~East meets ...
FREE TRAVELER
リタイア夫と空の旅、海の...
ぷくぷ日記
たのしむラボ  ***楽...
kaorainne日記Ⅱ
がびあーの家の毎日2
some day

外部リンク

ファン

bayswater92

↓メールはこちら


素材お借りしています。


A.SLASH


mytaste.jp

**当ブログに掲載されてるお店情報等は、記事掲載時時点のものです。**

**当ブログは、PC版用に写真等の編集をしております。**

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
おうちごはん

画像一覧