タグ:ロン ( 413 ) タグの人気記事

Boris・ボリス(モンマルトル近くのパン屋さん)◆by ロン@フランス

餡子祭り・・っていうアンちゃんのタイトル見ただけで、そんなに作ったの?!と、思ったけど、
本当に色々作ったんだね~!特に、生クリーム+餡子+きなこが入ったシューに釘ずけ!
味見したい~!

餡子といえば、あんぱんも作っている(木曜日から日曜日の間)、
パリのパティスリー&パン屋さんの一つ、
「BORIS」へ行ってきました!

BORISのパンや、ケーキは、戴いて食べたことがあったので、気になっていて、
ようやく念願かないました!

地下鉄降りて、お店へ向かう途中、フッと左にモンマルトルの丘に建つサクレクール寺院が、
見えるロケーションです。
行ってみたら、可愛いパン屋さんでした!


d0227344_22341522.jpg


オーナー(日仏カップル)の日本人マダムに、お許しを頂いて、レポ作成のために
たくさん写真を撮らせて頂きました!


d0227344_22445493.jpg

友達が言っていましたが、「ガトーが、パン屋レベルじゃない!」と。
まさに、その通りで、見た目もお味も、普通のパン屋さんに比べたら、本当にお見事!です。


d0227344_2314288.jpg

しかも、季節のフルーツを使っているので、今は、イチジクのタルト↑が、あります。
その右は、なんと、斬新なミルフィーユ!

そろそろ、マロンの・・と、おっしゃっていたので、モンブランが登場するかも?!
前のシーズンは、イチゴのガトー(フレジェ)や、フランボワーズもあったそうです。
確かに、イチゴもフランボワーズも春から夏にかけてのフルーツ!

季節感のあるパティスリーって、すごくいい~!と、思ってしまった!

抹茶系も充実していて、上の写真右奥に抹茶のシューが、写っています。
他にもクリーム、ショコラ、のシューもありました。


d0227344_23203331.jpg

↑抹茶のガトーもあります。
パリでは、定番のレモンタルトも、ちゃんとありました。

大きいホールケーキは、注文になるそうです。
48時間前までには予約を・・とのことでした。


d0227344_6585893.jpg

実は、行った時間が、木曜日の14時ごろだったのですが、
ガトーは、ウィンドーにあまり残っていなくて・・。泣
途中で、少し追加された写真です。
やはり、午前中に行ったほうが、種類があるそうです!

きっと、昼食時間にサンドイッチを買って+デザート一つ。と、いうパターンが
多いからでしょうねェ。
そのサンドイッチですが!
か、かわいい・・・♡
サイズが、小ぶりで、値段も小ぶり・・。笑


d0227344_23392423.jpg

1つ、2ユーロ台で、買えるので、通常のパン屋のバゲットサンドが、少し大きすぎる人には、
ピッタリのサイズ。ロンだったら、違う種類を2つ買って楽しめそう!と、
勝手に想像しました。笑

昼食にキッシュという手もよくありますが・・。


d0227344_23492634.jpg

キッシュもまた、おいしそうでした~!

クロワッサンと、パン・オ・ショコラは、朝食で、ときどき食べますが、
クロワッサンにチーズとハムを挟んで食べるのも大好きで!


d0227344_23514647.jpg

ここのリンゴジュースは、評判良いそうで、スーパーで見たことがないです。
一般的なリンゴジュースもあれば、イチゴやカシスが入ったリンゴジュースの種類もありました。


d0227344_23524277.jpg

100%ジュースで、BIO(オーガニック)であり、Made in Normandieと、わざわざ書いてあります。
日本でいう、リンゴといえば、青森!っていう感じで、
フランスで、リンゴといえば、ノルマンディー!ですから・・。笑

あ、忘れていましたが、小さいサイズの続きに、小さめのタルトレットもありました。
どのくらいのサイズか・・と、いうと、


d0227344_092725.jpg

エスプレッソ用の小さいカップ&ソーサーのお皿の上にのせてみました。
小さいのに、生地は、パリパリだし、フルーツもしっかり入っていて美味しかったです~!
このタルトレットの中身も、もうすぐしたら、リンゴになったりするそうです。

行くたびに、フルーツが違って、季節の旬を、常に取り扱っているので、毎回、嬉しい発見!が
ありそうです。たとえば、夏は、マドレーヌにアップリコ入りで、爽やかな感じだったものが、
寒くなった今は、チョコレート入りになったり・・。

ちなみに良く売れるパンは?
と、伺ってみたら、バルティックがけっこう売れる。とのことです。
バルティックは、北欧のパンだそうで、セーグルパンとコンプレパンの間のような感じの
パンだそうです~。気になるから、今度、買ってみないと!笑
一番上の写真を、アップにしたら、バルティックのパンが見えるかも?!

そして!
今回、せっかくお店へ行ったので、やはり、お土産を買わねば!笑

すごく迷った末に、「抹茶のケーキ」一本(25cmぐらい?)と、
(レモンケーキとチョコケーキもあります。)


d0227344_0143745.jpg

この他に、ショコラのシューと、クリームのシューにしました!抹茶のシューも考えたけれど、
抹茶のケーキ買ったし・・。笑
こちらの3種類あるシューは、とっても人気あるらしいです!


ちなみに、抹茶のケーキは、ほんの少しほろ苦さがあって、コーヒーと一緒に食べたら、スゴイ美味しかったのです~!フランスの子供向きではない気がしますが、日本人と日本通なフランス人には、おススメです!

そして、気になったのは、日本のような形の食パンが!ありました。
買っていきました!笑


d0227344_0271749.jpg

厚切りにして、塩入バター塗って、食べたかったのです~!
聞いたお話では、日本から持ってきた型だそうです。
中は、ふわふわで、朝食でおいしく頂きました!

モンマルトルのサクレクール寺院まで、軽く歩いて行ける距離にあるので、ここで美味しいお昼と
デザートを手ごろなお値段で買って行くのは、賢い気がします。
観光地によくありがちな、どうでもいいようなサンドイッチに同じような値段を出すのであれば、
断然、このBorisさんは、おススメです~!


d0227344_658887.jpg
メトロで行く場合は、12番線のLamarck Caulaincourt 下車、外に出たら、後ろにそびえ立つ階段を登り切り、目の前の通りを右へ、道なりにまっすぐ行くと
左側にBorisがあります。
バスの場合は、80番か95番。

BORIS
48rue Caulaincourt, Paris 18
01.46.06.96.71
火曜日~土曜日、7h45~20h00
日曜日、7h45~19h00
[PR]
by bayswater92 | 2016-10-19 04:48 | 食*フランス | Trackback | Comments(10)

疲れているときの料理◆byロン@フランス

アンちゃんのガトーは、豪華だわ~!イチジク入りっていうのも、季節感があって、すごくいいね!
抹茶のレアチーズもおいしそうだわ~!

ロン家は、少々疲れ気味です。
そんなとき、ロンが作る料理?!とは、言えないほど、簡単なものになるのですが・・。笑

その代表が、「オニオンスープ」。
d0227344_625485.jpg

玉ねぎとコンソメの素さえあれば、okで、ロン家は、喉が痛かったり、熱がある時、作ることが多いです。

ウチで普通に(適当に)オニオンスープを作る時は、

1.焦げないようにガーリックと玉ねぎ炒めて、
2.小麦粉まぶして、
3.コンソメスープを溶かした熱いスープ注いで、
4.少し煮立てたら終わり。

なので、通常のレシピと違うことは、ただ単に、小さくみじん切りにした、ニンニクが、入っているだけです。

でも、なぜか、こうすると、調子がよくなるのです!
しかも、短時間で、簡単なので、ロンが具合悪いときでも、作れるので、実は、誰も病気でないときは、ウチでは、オニオンスープを食べない…。のです。笑

しかし、今回は、パイ生地が残っていたので、上にかぶせて、ひと手間・・。笑
さくさくして、中のスープと一緒にたべました。
d0227344_684168.jpg

ちなみに、中身は、玉ねぎとニンニク+薄く切ったバゲットにチーズをのせたものも、
入っています!
d0227344_6111055.jpg

そして、もう一つは、イタリアの大きい食パン?で、ピザのようなものを作りました。
でも、これは、調子の悪い時のメニューではありません。笑
簡単に作ってしまいたいときの、メニュー。
本当にこうやって食べるのかしら?!と、思いつつ、レストランで食べた時と同じようにして食べています。
d0227344_6142829.jpg

一度、南仏で食べただけですが、フランスの大型スーパーにパンだけが、売っていました。
スーパーのインターナショナルコーナーで、イタリアのフードコーナーを見ていたら、これを見つけて!この日は、メロンもあったので、生ハムも、のせて食べたら、もう、満腹です。
d0227344_6223635.jpg

簡単にできるので、疲れていたり、調子が悪いときは、自動的にオニオンスープか、このメニューに・・。笑

急に寒くなってきたので、風邪を引かないようにしなければ!ですね。

byロン@フランス
[PR]
by bayswater92 | 2016-10-11 06:28 | 食*フランス | Trackback | Comments(8)

The Japan Store Isetan Mitsukoshi◆ by ロン@フランス

わんぱくおにぎらず?! 初めて知った・・。おにぎりを握るよりも、面倒そ・・と、思ってしまうけど、アンちゃんは、きっと、ちゃちゃっと、作ってしまったんだろうね~、美味しそ~っ!!!

ロンは、10月1日に、パリの日本文化会館へ行ってきました。
d0227344_4404627.jpg

と、いうのも、ここの1階は、以前、日本の本屋さんが入っていたのですが、知らないうちになくなり・・、新しいお店が開店すると、風のうわさで聞いていました。。。が、伊勢丹三越が入ると、教えてもらい&オープン初日に催し物がある!と、情報をキャッチしたので、行ってきました!

なので、この日は、グランドオープンです!

ところが、間違えて、1時間早く到着してしまったので、お店をグルグル見て時間をつぶすことに・・。
d0227344_4482946.jpg

小さいお店なのですが、京都の一保堂のお茶とか、赤坂の柿山とか、フランス在住日本人も、買いたくなるような品が・・。なんていうか、デパ地下からちょっと、持ってきたわ・・っというセレクションが、なかなか鋭い。笑

そうかと思えば、驚きの値段の茶箱が、ケースにも入らずにポンっと、並べられていた・・。
後から聞いた話によると、このパリのお店のオープンのために、わざわざ日本の10人のクリエーターが、特別にデザインをした一点もので、普段はなかなかお目にかかる事が出来ない作品だそう。
d0227344_4581494.jpg

とても貴重な作品で、日本円にすると100万円以上(左の写真)なのに、このままショーケースなし展示でいの???!と、つい余計な心配をしたくなる(フランス人は、すぐ触る人が多いから)・・。
茶箱のテーマ展示は、10/29までで、その後、また別のテーマになるそうです。

そんなこんなしているうちに、この後、事前に申し込みしていた和菓子のワークショップへ。

まずは、「wagashi asobi」という和菓子屋さんから・・。
ひよこの作り方を教わり・・。イチジク(ドライフルーツ)が入っていた羊羹を試食しました。
d0227344_5321636.jpg

ひよこは、オレンジジュースが入っているのでこんな色に!
イチジクの入った羊羹は、バゲットの上に~!これは、おいしい!
しかし、結局、ひよこの形を作っただけです・・。笑

その後、もう一つ作ったのは、「空いろ」というブランドの和菓子屋さん(本家は空也)で、
白あんで黒あんを包むことをしました。
これは、なかなか、シンプルながらに面白かったです。
d0227344_5545319.jpg

和菓子にあうコーヒーも一緒にいただきました。

ラッキーなことに、続けてこの後、一保堂茶舗&ジャンポール・エヴァン&クリスティーヌ・フェルベールのトークセッションも参加できました。
d0227344_611234.jpg

席の前には、お茶の種類や飲み方が書いてあるものが用意され、実際お茶の試飲もありました。
d0227344_6512100.jpg

ここへきて、初めて知ったことが、色々あったのですが、京都の人って、こういうことは、普通に知っているのかしら?!とも、思ったり・・。
たとえば、番茶は、カフェインが少ないから、赤ちゃんのときから飲ませてあげられる・・とか。
抹茶を入れるときは、茶こしを使って、静電気をほぐしていれると玉にならない・・とか。
ほ~~!とか、思いながらロンは、聞き入っておりました。笑

そして、びっくりだったのは、クリスティーヌ・フェルベール女史のコンフィチュールの試食と、
ジャンポール・エヴァン氏のガトーが出てきた~。
d0227344_6215645.jpg

ブリオッシュに、コンフィチュール。
おいしかったです!
桃のコンフィチュールにお茶が入っているのも初めて食べました~。(一番右)
d0227344_6244769.jpg

でも、やっぱり、ダントツに抹茶とチョコのムースのケーキが、最高~に、美味しかったです~!
写真では見えないのですが、ケーキの一番下には、薄いチョコレートが敷いてあり、パリパリと!
ケーキの一番上にのっているナッツもこれが、香ばしくて、カリカリです!
これは、ブティックへ行ってもう一度、買って食べたいと、思うほど!
きっと、買いに行きます~!笑

トークセッションが終了して、最後にジャンポール・エヴァン氏に写真を撮らせていただきました!
d0227344_6513636.jpg

自分と一緒に撮ってもらおうかどうしようか・・と、悩んだけど、恥ずかしいので、ご本人の写真だけに。笑

今回、この催し物のお知らせを、いち早く教えて下さったM女史、ありがとうございました~!

by ロン@フランス
[PR]
by bayswater92 | 2016-10-04 07:34 | 日々の暮らし*フランス | Trackback | Comments(10)

フランスの王妃と寵姫(または愛人) ◆ by ロン@フランス

メヘンディの模様が、すごくキレイ~!柄がほどよくシックで、私も!って、お願いしたくなる~!
雨の中でもディズニー行くのは、気合いがいるけど、人が少なくて逆に良かったりして?!

ロンは、週末に久しぶりの蚤の市。。というか、ガラクタ市へ行ってきました!
欲しいな・・と、思ったものがいくつかあったのですが、どーしても欲しかった本が、あまりにも重かったので、今回は本だけ4冊を買ってきました。

そのうちの一冊がこれです、
d0227344_2212887.jpg

今でも本屋に売っている本なのですが、これが、販売価格が29.90ユーロ。
ほぼ30ユーロするものなのですが、ガラクタ市で売っていた人は、まったくこの本に興味がないからか、ロンが「いくらですか?」と、聞いたら、「3ユーロ」との返事が!!!
もちろん、速攻、お買い上げです!笑

内容ですが、フランスの王妃と寵姫だった人たちをピックアップして、まとめた本です。
普通の本と違うところは、中にそれぞれの織り込みの直筆の手紙(もちろん、複製ですが・・。)などが、紙のポケットに入っていて、面白いのです。
手紙の博物館とはまた違った面白さがあります。
d0227344_22494537.jpg

例えば、↑カトリーヌ・ド・メディシスは、王妃ですが、夫のフランス国王アンリ2世の愛人だったのが、↓ディアーヌ・ド・ポワティエです。
d0227344_22503626.jpg

二人とも親戚にあたるからか?長く愛人だったディアーヌが、アンリ2世の結婚後、カトリーヌとの間に子供が出来るように、カトリーヌのベットへ行くように勧めた話は、わりと有名だったり・・。
ちなみにディアーヌは、アンリ2世よりも約20歳年上。この話を知ってから、じりじりと、ディアーヌに興味が出てきたので、ディアーヌのお城、Anet・アネット(アネ)城へまで、行ってしまいました。
d0227344_2391566.jpg

パリからそんなに遠くはありません。距離にして80kmぐらい?車で1時間半ぐらいです。

↓正門です。ここから中に入りますが、ガイドと一緒にツアー式で、見学するところです。
d0227344_23142817.jpg

ディアーヌは、狩猟が好きだったことから門の上には、動物がいます。
ところで、ディアーヌが、約20歳も年下のアンリ2世と関係がありましたが、
実は彼女自身も15歳で結婚していて、相手は確か父親の友達で、37~39歳も年上(いろんな資料で誤差があります)で、もっとすごい年の差結婚をしていたのです!
ちなみに、ディアーヌは、1499年か1500年生まれなのに、夫は、たぶん、1463年生まれ。
なので、15歳のディアーヌが結婚したのは、50歳過ぎた人が相手・・ということに。

ディアーヌの話は、尽きませんが、門の中へ入る前に、左へ進むと、彼女のお墓があります。
d0227344_23492951.jpg

もともと遺骨はなかったのですが、後になって発見されて戻ってきたとか・・。
門の中へ入ると、左にある建物がお城の残っている建物です。↓
d0227344_23511383.jpg

この中は、ガイドさんと一緒にまわりますが、写真がダメで、ちょっと残念・・。
建物の向かい側には、シャペルがあります。↓
d0227344_2353509.jpg

ここの天井と、床が、珍しいそうですが、目がグルグルします!笑
天井↓
d0227344_23562581.jpg

床↓
d0227344_2357748.jpg

この中庭の先は、まだ庭が続いていました!
d0227344_23581349.jpg

話が、それてしまいましたが、本の話に戻ります!笑

この本の中で、一番ページが多いのではないか?!と、思うのは、やっぱり、あのひと。
マリーアントワネットです。
d0227344_00509.jpg

マリーアントワネットのページには、やっぱり、お手紙が入っていました!
d0227344_02039.jpg

なかなか几帳面で、おとなしい感じの字です。
歴史で言われている傲慢な感じは、あまりないような・・。と、思ったら、日本語版よりも先に
総領冬実氏のマリーアントワネットの漫画が出ていた!のです。
d0227344_051517.jpg

ベルサイユ宮殿から直々に依頼があり、監修のもとに出来上がったと言われている漫画です。
ここでの、マリーアントワネットは、なかなか、可愛い感じの子です。

まずは、どの本もパラパラっと見ただけなので、
読むのを楽しみにしているところなのです!

では、また~!

アネット城のサイト↓
http://www.chateaudanet.com/

by ロン@フランス
[PR]
by bayswater92 | 2016-09-28 01:05 | 旅*フランス国内 | Trackback | Comments(10)

冷凍のオマール海老 ◆ by ロン@フランス

日本でのアンちゃん食事が、すごい~!美味しそうなのばかり、食べていたのね~!羨ましいわ!
ふわふわかき氷とか、食べたことないよ~。日本食を満喫出来て、よかった、よかった!だね。

ロンは、週末に夫の実家へお呼ばれ・・。
何で?と、言うと、ランチに一緒に食べたいものがある。とのことで・・。

3か月前、義理父の誕生日に、何をあげようか?と、悩んだ末に、日本のように食べ物を贈りたいな・・と、思い、オマール海老の冷凍をプレゼントしました。

それを一緒にたべよう!と、誘ってくれたのです。
d0227344_1556219.jpg

しかし、問題が・・、これ夫婦2人用に2尾しかないのに・・それを5人で分ける?!のか?!笑
と、心配していましたが、前菜にすることにしたらしく・・。ふ~ッ。

そして~、まずは、義理父が、包丁を入れました~。
d0227344_15574380.jpg

そして~、面倒な中身を出すのは、ロンとロン夫の係りに・・。笑

中身を出しながらお皿に並べ始めたら、なんだか、グロイような・・。
d0227344_15594448.jpg

美味しくなさそう・・・に見えてきた?!
めげずに、盛り合わせしてみるも、シェフ(義理父)がサラダ菜をそのままお皿にのせて・・と、言った。それを忠実に並べてみたら、なんか変!!!ロンは、サラダ菜を切りたかった・・。
けど、シェフの言いつけを守り、2枚残ったサラダ菜だけちぎって、のせた。
d0227344_165248.jpg

しかも、トマトにはマヨネーズ・・。オシャレじゃな~い!と、思いつつも、
ここでも言いつけを守り、いただいてみた。

そしたら、なんと!
シンプルなのに、おいしかった!!!
義理父の教えを守ってよかった~~!笑

トマトは、農家から直接買ってきたもので、完熟で甘く、オマール海老は、塩味がしてトマトと
一緒に食べたら、それはもう、シャンパーニュ片手に美味しかったです!
冷凍でもけっこういける!と、評判も上々。

さらに、この日のメインは、ラム肉のかたまりを、暖炉の火でローストビーフっぽく、
時間をかけて焼いてくれたものでした!
「おいしい香り~」と、犬と一緒に鼻を突きだしていたのもかかわらず、
暖炉で焼いている写真を撮り忘れました・・。笑
d0227344_16153423.jpg

付け合わせは、ラタトゥイユのクスクス和え。
義理父は、これにドライレーズンを入れて、味に深みを出していました!

どれもこれも、美味しかったです!

デザートもうっかり撮り忘れましたが、義理母のtarte aux pommes・アップルパイでした。

と、いうわけで、「美味しい自慢」で終わります。
すみません・・。笑

by ロン@フランス
[PR]
by bayswater92 | 2016-09-21 16:31 | 食*フランス | Trackback | Comments(8)

初挑戦!羊毛フェルト「もこもこ子犬」◆byロン@フランス

アンちゃんは、日本行きの飛行機で、すでに満喫しているようね!今頃は、毎日大忙しで、あっちこっち行っていることだろうけれど、充実なヴァカンスを過ごしてきてね~!

そういえば、今夏、日本から持ってきた手芸用品が多すぎて、入れるところがなかったので、家の大掃除を始めました。
そしたら、3年ぐらい前に日本で買った、本とキットが一緒になった「羊毛フェルトのもこもこ子犬」
と、言うものが見つかり・・。笑

トイプーぐらいは作ってみよう!と、思って、中を開けました。
d0227344_5515046.jpg

簡単なのか?それとも、難しいのか?と、ちょっと躊躇したけれど、まずは、やってみることに!

1時間もあれば、できるかな?と、思っていたら、2時間半もかかった!
やっぱり、手際の悪さが、ここにも出てしまった・・。笑

でも、なんとか、仕上げたら・・・。
トイプーに似ているような・・似ていないような・・。笑
本物の犬にも似ていないし、もこもこのモデルよりかわいくない…。汗
d0227344_5571942.jpg


でも、とりあえず、見本を見なければ、かわいくできた?!と、思っていたのに、
娘は「犬の耳の長さが違う」。
夫は、「犬の足っていうよりタコの足?」と。
しまいには、「足がタコみたいで気持ち悪い・・」とまで言ってくれました。あはは。

というわけで、手だけ付け替えることにしました。
何となーくこの辺?と、思ったところに付けてみました。
d0227344_675314.jpg

でも、手が付くと、まんがっぽくなって、お洋服もきせたくなってしまった!笑
トイプー人形、少々面倒でしたが、針1本で、作れるなら、これサイコーかも~!
こんどは、柴犬にチャレンジかな・・・。


by ロン@フランス
[PR]
by bayswater92 | 2016-09-15 06:18 | 日々の暮らし*フランス | Trackback | Comments(8)

フランスでの洗顔 ◆ by ロン@フランス

夏の野菜カレー、アンちゃんの写真見ただけで、おいしそう~!って、思っちゃたよ~!
フォカッチャもカレーと一緒においしく頂けそうね~!

ロンです、

最近、すごいことを見つけてしまいました!
って、言うと大げさなのですが、

1 簡単に洗顔出来て、
2 毛穴の汚れも簡単に取れて、
3 仕上げも簡単
4 お肌がツルツル~!

そんなグッズが、これ↓
d0227344_653688.jpg

石鹸と、袋状になったタオル。
タオルの中に手のひらを入れて、使うのですが・・。
洗面所で顔を洗う時だけではなく、お風呂場で体を洗う時もフランス人は普通に使っています。
20年前のロンは、これをかなり馬鹿にしていました。(*- -)(*_ _)ペコリ

石鹸をつけるとタオルがぬるぬるになるので、体をごしごし洗いたい派のロンには、無理でした。
ところが、ある日、高い洗顔石鹸をやめて、マルセイユ石鹸に鞍替え。
でも、マルセイユ石鹸を普通に使っても、どうしても顔の毛穴の汚れがきれいに落ちていなかったのです。

そこで、ふと、このタオルのことを思い出しました。
マルセイユ石鹸をタオルにつけて洗顔してみたのです~!

すると、見事に毛穴の汚れが、ほぼなくなり~!うれしい。
さすが、美容の国でもある、フランス!
この、変なタオルは、ようやく光をあびています。

その後、化粧水ですが。。。。
ロンは、もっぱら日本の化粧水。
高知県の馬路村温泉の(左)。を、この夏買い、早速使ってみたら・・。
うおお~!つるつるに!なった!
d0227344_75168.jpg

右は、ゆずの化粧水で、こちらもよかった~!

とにかく、洗顔から化粧水まで、簡単なのに、タオル使っただけで、こんなに違うのか?!と、びっくりしたのでした~!
昔、これ考えたフランス人は、エライな~!

と、本気で感激。
した、今日この頃でした。

by ロン@フランス
[PR]
by bayswater92 | 2016-09-08 07:27 | お気に入り*フランス | Trackback | Comments(6)

日本から犬をフランスへ連れていく◆byロン@フランス

アンちゃんのカパドキアと熱気球の写真は、見事だね~!
これは、ロンも見に行きたい~!ロマンを感じるね~!猫ちゃんたちもかわいい~!

ロンは、あっという間に、もうフランスです。(ノД`)・゜・。
今回は、かなりハードに動いていたのにもかかわらず、
高知へも行けず・・友達にほとんど会えなかったという・・。泣

そして、フランスへ戻るとき、またまた、トイプーと帰国となりました!
d0227344_50319.jpg

一度経験したので、今回は、簡単だったような気が。。。笑

ロン家の場合・・

半年前に初めて日本を出国したときは、

①マイクロチップも入っていて、
②狂犬病の注射も1回済んでいます。

ヨーロッパに入るときは、この2つが最低限ロンのやることで、プラス、日本から出るために、輸出検査申請書という書式などを事前に提出し、動物検疫所からokを頂きます。
提出は、メールやfax、色々対応してくれるのですが、わが実家には、スキャンできるプリンターもfaxもなく・・、でも、携帯やipadでパチリと、撮った画像でokとのことで助かりました~。

さらに出発当日、空港にある動物検疫所に犬を連れて行き、簡単な健康チェックとマイクロチップの読み取りをしてもらい、犬の輸出検疫証明書を頂くので、

③事前に予約を取ることが必要でした。

でも。今回は、ちょっと違います。
日本へ帰国する前に終わらせなければならない(しないと入国できない)、
2回目の狂犬病注射と、血液抗体検査をフランスでやったので、提出した書類が、

①輸出検査申請書
②血液抗体検査の結果が載っている原本
③犬の輸入検疫証明書
そして
④当日の動物検疫所への予約です。
やり取りは、すべてメールで済んだので、助かりました~。

ところで、今回も提出した犬の輸出検査申請書、簡単なのにどこか悩んでしまう・・そんな箇所があったので、参考見本になるかわかりませんが、貼っておきます。
もちろん住所や名前は、なんちゃって・・です。笑

さて、ここで問題です。
書式に記入した犬の名前は、誰の犬でしょ~?ふふふ。

そうそう、本当はペンで書きますが、これは鉛筆で書いている+字が汚いので、少々見えにくいでしょうか?!
d0227344_1238089.jpg


この書類のokを動物検疫所からいただいた後に、エールフランスへ電話をして、犬を客席に持ち込みしたいことを告げました。
たぶん、出発の48時間前までに連絡すればよかったと思います。
ちなみに、トイプードルは、客席内への持ち込みができたけれど、シーズーやパグなど、鼻ぺちゃさんは、持ち込みができないのです!
我が家は、たまたまトイプーで、よかったです。

ちなみに、日本の航空会社は、犬の機内持ち込みが出来ませんが、ヨーロッパ系の航空会社は、okな
ところが、あります。
でも、値段もバラバラで、前回乗ったルフトハンザ航空は、犬1匹100ドル。
なのに、今回のエールフランスは、200ドル!2倍も違う~~~!
で、サービスは・・といえば、特に何もなし・・。

しいていえば、ルフトハンザは、席を後ろのほうにキープしてくれる配慮があったけれど、エールフランスは、席に関しては、やはり何もなし。

ただ、ルフトハンザは、犬を入れるバッグ(ソフトケース)の大きさに規定があり、小さめのバッグになってしまうけれど、エールフランスは特に規定はないので、もう少し大きめでも行けます。
どちらも、犬を電話予約するときに伝えるだけです。
そのとき、犬の体重と入れるバッグの合計が、8kgまで。と、いうことは、共通でした。
d0227344_1391475.jpg

2社を比較してどっちもどっちかな~と、思ったのですが・・、

ルフトハンザのときは、フランクフルト乗り換えだったので、乗り換え時間が1時間しかないのにもかかわらず、パリ行のターミナルへ行くのに、やたら遠~い!45分ぐらいかかった!
ヨーロッパ入国審査もここだったから。余計時間が・・。
一人で犬バッグと手荷物もあったので、つらい乗り換えでした。
が、飛行機内は快適だった。
きっと、ミュンヘンで乗り換えていたらもっと楽に乗り換えが出来たかも・・。

かくして、エールフランスは、パリー東京を犬機内持ち込みで、乗り換えなしで行ける!と、いうことと、犬のバッグの既定がきちんと決まっていない!という点が良いだけで、
その他は、全く良いことなしだったような・・。

エールフランスのチケット料金は、ほかの航空会社に比べて一番高かったのに、チェックインの作業から搭乗口まで、2時間かかった!という、恐ろしいサービス。
前の週にストライキがあったから、たまたま混んでいたのか?!
乗ってから気が付いたのは、犬のバッグを足元へ置くために、座席上から降ろすと自分の座席と前の人の座席でつっかえて、下に直接おろせず・・。
仕方なく、通路側から降ろして、自分の座席下まで横滑りで。(もしかしたら、他の航空会社も同じかも?!)
エコノミークラスでも、以前は、アぺりティフ(食前酒)があったのに、今では、すぐに食事サービスへ・・。しかも、あんまり美味しくない・・。
一番高い料金で、これか?!どこまでも強気なエールフランス。むむむむむ~。

唯一、さすが、エールフランス!なのは、
エコノミーでもシャンパーニュは、今でも無料で飲める!っていうことは、すごい。笑

しかし、随分と犬の話から脱線しましたが、せっかく、JALと共同運航しているんだから、もっとJALサービス精神学べばいいのに~!と、思った今回の旅でした。
そして、犬の機内持ち込みが出来る日本の航空会社がないのは、とっても残念~とも思いました。

by ロン@フランス
[PR]
by bayswater92 | 2016-09-01 15:42 | 里帰りニッポン | Trackback | Comments(6)

ルーヴルno.9&大ジブリ展 by ロン@フランス

アンタルヤって、素敵なところだね〜!しかも、アクデニズさんとご対面!アンちゃんのフットワークの軽さは今も健在だね〜!

ところでロンは、六本木へ行ってきました!
たまたま、2つの興味深い展示が同じ場所だったので、強行でもなんでも行きたかったのです。笑
場所は、ここ。⬇︎。帰りに撮ったので、景色が暗いけれど、ここへ着いたのは、14時ごろでした。
d0227344_82556.jpg


まずは、パリのルーヴル美術館特別展。フランスのバンデシネ(漫画)と、日本の漫画家やイラストレーターのコラボです。16人が参加しています。
d0227344_839783.jpg

展示のタイトルのno.9というのは、バンデシネが、フランスでの芸術として、9番目にあたるものだからだそうです。no.1からno.8 は、絵画、彫刻、音楽などなど。
最後に出来たのが、このno.9の芸術だと展示会場での説明にありました。
d0227344_8414885.jpg

ロンのお目当ては、テルマエロマエのヤマザキマリ氏の絵でしたが、谷口ジロー氏の漫画もよかった!
実は、1時間しか観れる時間がなかったので、フランス人作家のは(フランスで本を見れるので)、ザッと観て、日本人だけガン見してきました。笑

このとき、夫と娘とイトコの息子の4人だったのですが、ロンだけこのルーヴルへ行き、夫達は、隣のフロアーでやっていた「宇宙と芸術展・かぐや姫とダ・ヴィンチ チームラボ」という方へ行っていました。これも結構楽しかったそうです!

1時間後に合流して、もう一度外へ出て、さらに姪っ子と待ち合わせして、彼女も加わり今度は、同じビル内の「大ジブリ展」へ!
姪っ子によれば、展示が始まったばかりの頃は、長蛇の列だったそうだけど、ロン達が行ったときは、
チケット買うのに10分でした。

展示会場からは、さすがの景色。ロンはビビリまくり…で。笑
d0227344_90350.jpg

でも、スカイツリーではなく、東京タワーが、近くに見えてちょっと嬉しかった!スカイツリーは、もう少し遠いところにありました。東京タワーのほうが、東京!っていう、イメージ!!
d0227344_9143215.jpg

ジブリの会場では、人が多くて多くて!でも、これでも、マシだったらしく…。驚き…。人が多くて下の方にも展示があったけど見えなかったし…。唯一ゆっくり観れ&写真撮影出来たものが、ここ⬇︎でした!
d0227344_9231227.jpg

あ、でも、ネコバスも、乗って写真も撮れました!が、ロンは子供達の撮影係だったので、乗ってなくって〜!笑
d0227344_925751.jpg

とりあえず、短い時間ながらも、観に行けて良かったです!

帰る前に、ちょっと生ビールと、ふるさと納税コーナーで買った丼を食べたけど、小さいどんぶりなのに、800円もした!さすが、六本木…。帰り道は、ドラえもんと写真撮影〜!そこら中にドラえもんと、ドラえもんのポケットグッズのスタチューが。笑
d0227344_93335100.jpg

この日は、半日動いただけですが、東京!っていう感じの場所に行った気がしました。

そうそう、フランスの漫画で、思い出しましたが、知人からの情報で、漫画雑誌の週刊モーニング、38号から、チェーザレを描いている惣領冬実氏のマリーアントワネットが、掲載されています!
d0227344_9444012.jpg

聞いた話によると、ヴェルサイユから直々に依頼があったそうなので、ベルばらのように、「ちょっと本当&空想のお話」ではなく、本物の話に近い内容だそうです。
読んでみましたが、さすが!だな、と思いました。

マンガの本場、日本!ならではの半日でした!!!

by ロン@フランス
[PR]
by bayswater92 | 2016-08-24 09:55 | 里帰りニッポン | Trackback | Comments(8)

鎌倉 銭洗弁天 ◆ by ロン@フランス

アンちゃん一家が行った、大自然の渓谷、すごい迫力だね〜!ロン夫は、そういうところが、大好きだから、いつか行けたらいいな〜。

ロンは、お友達一家が、朝6:30にウチへ車で迎えに来てくれて、
日帰りで、鎌倉へ連れて行ってくれました!

最初に行ったところは、お金が増える?!らしい…銭洗弁天。
d0227344_884554.jpg

鎌倉は東京から近いので何回か行ったけど、ここは、たぶん、初めて行きました。
最後に鎌倉へ行ったのも20年以上前なので、よく覚えておらず…。
d0227344_8115296.jpg

この鳥居をくぐって行くのが、なんとも懐かしい感じでした。
d0227344_8415524.jpg

お線香とザルを片手に、いざ!この中へ!
d0227344_818727.jpg

ここで、小銭を用意したロン家。500円玉x2+100円。
d0227344_823661.jpg

お金を洗うロン夫。
d0227344_824698.jpg

増えるのだろうか…?!
友達は、1万円札を洗っていたけど、知らないオジ様は、数枚の一万円札を洗っていたから、大したことがないんだそう…。じゃ、ロン家は?!大したことない金額にでさえ追いついていないのか?!笑
d0227344_8312177.jpg

お金が増えるかどうかは、別として、弁天様の場所は、やっぱり何かを感じる場所だったかも?!

by ロン@フランス
[PR]
by bayswater92 | 2016-08-18 08:35 | 里帰りニッポン | Trackback | Comments(4)


ロンドン・ベイズウォーターで出会った元スタントンスクール生のアンとロン、そしてジュンの3人が発信するトルコ、フランス、スイスの生活情報、日々の暮らし。*コメント大歓迎!お気軽に♪


by Bayswaters

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新の記事

帰省日記2017・晩夏<食あ..
at 2017-09-18 21:41
モロッコ在住 まさちゃん(友..
at 2017-09-13 16:38
2017・イスタンブル旅①<..
at 2017-09-08 23:18
京都&高知で食べる ◆ by..
at 2017-09-04 16:47
ドーナツいろいろ。 ◆ by..
at 2017-08-28 03:49

カテゴリ

プロフィール
トルコ・フランス生活情報
3カ国(土・仏・瑞)生活情報
食*トルコ
食*フランス
食*スイス
お気に入り*トルコ
お気に入り*フランス
お気に入り*スイス
日々の暮らし*トルコ
日々の暮らし*フランス
日々の暮らし*スイス
日々の暮らし*フランス・スイス
旅*トルコ国内
旅*フランス国内
旅*スイス国内
旅*外国
里帰りニッポン
座談会

タグ

(455)
(413)
(338)
(222)
(166)
(87)
(85)
(84)
(74)
(74)
(67)
(66)
(60)
(56)
(55)
(41)
(39)
(33)
(31)
(23)

最新のコメント

イスタンブールへ行かれて..
by francana at 22:49
相変わらず、凄いメニュー..
by arare719 at 17:37
アンさん、おかえりなさい..
by kash-w at 00:03
ロンさん、こんばんは。 ..
by kash-w at 00:01
アンさん、こんばんは。 ..
by kash-w at 23:58
ロンさん、こんばんは。 ..
by kash-w at 23:56
アンさん!イスタンブルだ..
by peanuts_peanuts at 18:43
★arareさん、 残..
by bayswater92 at 15:53
日本に規制されていたので..
by M at 06:58
◆Yukochanさんへ..
by bayswater92 at 20:27

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

検索

フォロー中のブログ

ろんどんらいふ
*Happy Tea T...
お茶の時間にしましょうか...
トルコ子育て生活
ヤマザキマリ・Seque...
黒パグ CHAPPYの成...
Lush Life
a&kashの時間。
うひひなまいにち
lotus pond 上...
cafe de ke*
ぶどう畑ぐらし。
kaorainne日記
ミニろんどんらいふ
がびあーの家の毎日
アクデニズ。
パリからのバレエ便り
London Scene
ビーズ・フェルト刺繍Pi...
ドキx2 わくx2 @ ...
un_voyage♪♪
北欧・スウェーデンよりシ...
FReeTraveLer
ねこ旅また旅
die Elfen im...
サンフランシスコ食堂 
Kuechennachr...
風と花を紡いで
イタリア夫に作るご飯 
Photolog fro...
カスタムニットBy* s...
Sweets and B...
ビーズ・フェルト刺繍作家...
Cache-Cache+
ふらんすさんぽ
~East meets ...
FREE TRAVELER
リタイア夫と空の旅、海の...
ぷくぷ日記
たのしみラボ  ***楽...
kaorainne日記Ⅱ
がびあーの家の毎日2

外部リンク

ファン

bayswater92

↓メールはこちら


素材お借りしています。


A.SLASH


mytaste.jp

**当ブログに掲載されてるお店情報等は、記事掲載時時点のものです。**

**当ブログは、PC版用に写真等の編集をしております。**

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
おうちごはん

画像一覧