タグ:パリ ( 73 ) タグの人気記事

ガレット・デ・ロワ 2017 ◆ by ロン@フランス

アンちゃんの刺繍、かわい~い!色もデザインもいいね!チクチク小さいもの出来るって、ほんと羨ましい~!

ガレットの季節がやってきました!が、今年は、買う機会も、食べる機会ももうなくて!
あせって、ちょろっと買ったものを写真に収めました。

有名なパティスリーや、有名パン屋で、買いたかったものもたくさんあるのですが、
これは、スーパー、カールフールのガレット!
タルトタタン風(中がリンゴ)です。って箱に書いてありました。
d0227344_1733998.jpg

しかし、切る前に写真!を、忘れてしまいました・・。笑

ロン夫の実家にいたのですが、彼らは、温めて食べる派なので、
タルト型にのせてオーブンで180度、10分程度入れました。

なぜ、カールフール?!と、思いがちですが・・。中のフェーヴが、ポイントで~!
娘がハリポタシリーズが好きで、最近出た映画、ファンタスティックビーストのフェーヴだったので、ここのにしようよ!と、懇願されました。泣笑
d0227344_1714493.jpg

もう一つ、メジャーな、フランジパン(フランジパーヌ)のアーモンド味も買ったのですが、
これは、食べた後に写真していないことに気が付き!笑
パイ生地は、薄目ですが、アーモンド味は、ソフトで、子供でもパクパクいける感じです。
フェーヴは、これ。↓
d0227344_17201350.jpg

ロンは、毎年恒例のドミニクで、買いたかったものの、何気にPaul・ポールの前を通ったら、
袋と、フェーブの見本に「かわい~!」と、心奪われてしまい・・。買ってしまった!
d0227344_17274751.jpg

ガレットは、持ち帰ったときに少々つぶれてしまって・・。泣
d0227344_17294714.jpg

これも、フランジパンです。食べやすい、アーモンド味だけど、やっぱり、パイ生地が、もう一声!パリパリ感に欠けてしまっているような・・。
d0227344_17311090.jpg

フェーヴは、やっぱり可愛かった・・。ポールは、フェーヴが、毎年かわいい!
d0227344_17331185.jpg

今年のロンは、行き当たりばったりで、ガレットエを買っているのですが、たまには、こういうのも
楽しいです。笑
で、やはり、行き当たりばったりで、メゾンドショコラのガレットに目が!!!
d0227344_17353781.jpg

この日、雨が降っていて、朝の10時過ぎに買い、一日中これを持って、出かけていて、家に戻ったのが、18時。食べたのは21時頃。
なのに、なのに、パイ生地が、パリパリ~!!!
d0227344_1739829.jpg

もちろん、中はチョコクリームだったので、オーブンにも入れられないし・・。と、心配していたのに大丈夫。カリカリ、パリパリしながら、おいしく頂きました。
が、しかし、フェーヴが・・。
d0227344_1740295.jpg

可愛くない・・・。笑
娘には、ちょっとチョコの味もビターだったぽく。大人向けのガレットな感じがしました。
もちろん、ロンには、ちょうどよく!
チョコの味もしっかりしていて、食べやすく美味しかったですよ~!

どれが美味しいかは、本当に好みによって・・ですね~!

by ロン@フランス
[PR]
by bayswater92 | 2017-01-15 18:02 | 食*フランス | Trackback | Comments(10)

Boris・ボリス(モンマルトル近くのパン屋さん)◆by ロン@フランス

餡子祭り・・っていうアンちゃんのタイトル見ただけで、そんなに作ったの?!と、思ったけど、
本当に色々作ったんだね~!特に、生クリーム+餡子+きなこが入ったシューに釘ずけ!
味見したい~!

餡子といえば、あんぱんも作っている(木曜日から日曜日の間)、
パリのパティスリー&パン屋さんの一つ、
「BORIS」へ行ってきました!

BORISのパンや、ケーキは、戴いて食べたことがあったので、気になっていて、
ようやく念願かないました!

地下鉄降りて、お店へ向かう途中、フッと左にモンマルトルの丘に建つサクレクール寺院が、
見えるロケーションです。
行ってみたら、可愛いパン屋さんでした!


d0227344_22341522.jpg


オーナー(日仏カップル)の日本人マダムに、お許しを頂いて、レポ作成のために
たくさん写真を撮らせて頂きました!


d0227344_22445493.jpg

友達が言っていましたが、「ガトーが、パン屋レベルじゃない!」と。
まさに、その通りで、見た目もお味も、普通のパン屋さんに比べたら、本当にお見事!です。


d0227344_2314288.jpg

しかも、季節のフルーツを使っているので、今は、イチジクのタルト↑が、あります。
その右は、なんと、斬新なミルフィーユ!

そろそろ、マロンの・・と、おっしゃっていたので、モンブランが登場するかも?!
前のシーズンは、イチゴのガトー(フレジェ)や、フランボワーズもあったそうです。
確かに、イチゴもフランボワーズも春から夏にかけてのフルーツ!

季節感のあるパティスリーって、すごくいい~!と、思ってしまった!

抹茶系も充実していて、上の写真右奥に抹茶のシューが、写っています。
他にもクリーム、ショコラ、のシューもありました。


d0227344_23203331.jpg

↑抹茶のガトーもあります。
パリでは、定番のレモンタルトも、ちゃんとありました。

大きいホールケーキは、注文になるそうです。
48時間前までには予約を・・とのことでした。


d0227344_6585893.jpg

実は、行った時間が、木曜日の14時ごろだったのですが、
ガトーは、ウィンドーにあまり残っていなくて・・。泣
途中で、少し追加された写真です。
やはり、午前中に行ったほうが、種類があるそうです!

きっと、昼食時間にサンドイッチを買って+デザート一つ。と、いうパターンが
多いからでしょうねェ。
そのサンドイッチですが!
か、かわいい・・・♡
サイズが、小ぶりで、値段も小ぶり・・。笑


d0227344_23392423.jpg

1つ、2ユーロ台で、買えるので、通常のパン屋のバゲットサンドが、少し大きすぎる人には、
ピッタリのサイズ。ロンだったら、違う種類を2つ買って楽しめそう!と、
勝手に想像しました。笑

昼食にキッシュという手もよくありますが・・。


d0227344_23492634.jpg

キッシュもまた、おいしそうでした~!

クロワッサンと、パン・オ・ショコラは、朝食で、ときどき食べますが、
クロワッサンにチーズとハムを挟んで食べるのも大好きで!


d0227344_23514647.jpg

ここのリンゴジュースは、評判良いそうで、スーパーで見たことがないです。
一般的なリンゴジュースもあれば、イチゴやカシスが入ったリンゴジュースの種類もありました。


d0227344_23524277.jpg

100%ジュースで、BIO(オーガニック)であり、Made in Normandieと、わざわざ書いてあります。
日本でいう、リンゴといえば、青森!っていう感じで、
フランスで、リンゴといえば、ノルマンディー!ですから・・。笑

あ、忘れていましたが、小さいサイズの続きに、小さめのタルトレットもありました。
どのくらいのサイズか・・と、いうと、


d0227344_092725.jpg

エスプレッソ用の小さいカップ&ソーサーのお皿の上にのせてみました。
小さいのに、生地は、パリパリだし、フルーツもしっかり入っていて美味しかったです~!
このタルトレットの中身も、もうすぐしたら、リンゴになったりするそうです。

行くたびに、フルーツが違って、季節の旬を、常に取り扱っているので、毎回、嬉しい発見!が
ありそうです。たとえば、夏は、マドレーヌにアップリコ入りで、爽やかな感じだったものが、
寒くなった今は、チョコレート入りになったり・・。

ちなみに良く売れるパンは?
と、伺ってみたら、バルティックがけっこう売れる。とのことです。
バルティックは、北欧のパンだそうで、セーグルパンとコンプレパンの間のような感じの
パンだそうです~。気になるから、今度、買ってみないと!笑
一番上の写真を、アップにしたら、バルティックのパンが見えるかも?!

そして!
今回、せっかくお店へ行ったので、やはり、お土産を買わねば!笑

すごく迷った末に、「抹茶のケーキ」一本(25cmぐらい?)と、
(レモンケーキとチョコケーキもあります。)


d0227344_0143745.jpg

この他に、ショコラのシューと、クリームのシューにしました!抹茶のシューも考えたけれど、
抹茶のケーキ買ったし・・。笑
こちらの3種類あるシューは、とっても人気あるらしいです!


ちなみに、抹茶のケーキは、ほんの少しほろ苦さがあって、コーヒーと一緒に食べたら、スゴイ美味しかったのです~!フランスの子供向きではない気がしますが、日本人と日本通なフランス人には、おススメです!

そして、気になったのは、日本のような形の食パンが!ありました。
買っていきました!笑


d0227344_0271749.jpg

厚切りにして、塩入バター塗って、食べたかったのです~!
聞いたお話では、日本から持ってきた型だそうです。
中は、ふわふわで、朝食でおいしく頂きました!

モンマルトルのサクレクール寺院まで、軽く歩いて行ける距離にあるので、ここで美味しいお昼と
デザートを手ごろなお値段で買って行くのは、賢い気がします。
観光地によくありがちな、どうでもいいようなサンドイッチに同じような値段を出すのであれば、
断然、このBorisさんは、おススメです~!


d0227344_658887.jpg
メトロで行く場合は、12番線のLamarck Caulaincourt 下車、外に出たら、後ろにそびえ立つ階段を登り切り、目の前の通りを右へ、道なりにまっすぐ行くと
左側にBorisがあります。
バスの場合は、80番か95番。

BORIS
48rue Caulaincourt, Paris 18
01.46.06.96.71
火曜日~土曜日、7h45~20h00
日曜日、7h45~19h00
[PR]
by bayswater92 | 2016-10-19 04:48 | 食*フランス | Trackback | Comments(10)

st sulpice・サンシュルピス教会◆by ロン@フランス

トルコのヨーグルトスープおいしそうだね~!材料見たら、うちに全部あるものだわ!
これ、冷まして冷たく頂いてもおいしそうだよね?!

数日前、パリのサンジェルマン近くの、サンシュルピス教会へ行ってきました。
d0227344_629185.jpg

17世紀に建築が始まったので、びっくりするほどは、古くありませんが、かなり広いです!。
d0227344_635172.jpg

家に戻ってから知ったのですが、ドラクロワの絵画があったなんて!
ちっともしりませんでした!写真撮影しておけばよかった・・・。次回しよう・・。

ところで、この教会、ダヴィンチコード(の話の中)にも関係があったらしく、
なかなか有名だった?!ようです。

教会へ入ったとき、浄める水。どっしりした大きな貝で、我らを?お出迎えです!笑
d0227344_6413514.jpg


d0227344_648126.jpg

パイプオルガンは、1781年から設置。

行く前に少しでも教会の知識があったら、こんなにも、さらり・・と、出て入るだけ・・なんて
ことはしなかったのにな~と、少々後悔。

しかし、外では、
d0227344_731655.jpg
教会前で、アンティークが出ていました、!

その中でも、すっごく驚いたものが・・。
d0227344_795498.jpg

なんで、ここに?!
日本の昔の国語の教科書!
出版した年は、昭和6年って、書いてあったような・・・。
すごーく気になったので、お店の人の許可をもらい、写真だけ撮らせて頂きました~!
d0227344_7144757.jpg

最初のページを読んだだけで、
なんとなく、悲しい感じが・・・。
でも、この本が、すごく気になって欲しいな~と、思ったけれど、そんなにも昔のものって、
ちょっと抵抗あるかも・・。

ところで。
気になるお値段は?
50ユーロ!!!
でした~!

なので、あっさりと、ロンには、ちょっと高かったので、やめました~!あはは。
アンティーク市は、7月3日まで開催中です!

by ロン@フランス
[PR]
by bayswater92 | 2016-07-01 07:33 | お気に入り*フランス | Trackback | Comments(8)

ルーヴル美術館前のバス停へ行こうと思ったら・・◆by ロン@フランス

アンちゃんのイフタールのご馳走は、おいしそうだわ~!毎年この時期にお邪魔したいくらい!笑
トルコと日本と西洋のメニューが、うまい具合にミックスされているところが、ポイント高いわ!

フランスは、昨日からソルド(バーゲン)が、始まり、しかも、今日は、すごーく暑い!
30度近くまで行ったとか、行ってないとか・・。

ロンは、特に買うものはない・・全くないのですが、娘が行きたがったので、ちょっとシャトレ界隈へ
一緒に行ってきました。
リヴォリ通りのお店を見ながら、ルーヴルのすぐ近くまで来たので、そこからバスへ乗ろう!
と、いうことになり、ルーヴルの中庭を突っ切って、ピラミッド(美術館入口)の反対側にある
バス停を目指しました。

すると、最初の中庭には、ミラー張りの建物が中央に・・。
左の建物は、以前、ここに登場しております。
d0227344_23501056.jpg

入口にA4サイズの紙が貼ってあり、軽く説明が・・。笑
普通に中へ入れました。
d0227344_2351632.jpg

中は、段ボールで作られたのアート?!
d0227344_2352259.jpg

ジャングルのような、林にいるような・・大きな木の中にいるような・・面白い空間がありました。
d0227344_23545784.jpg

一見、涼しそうな感じですが、今日はあまりにも暑かったので、この中も暑~い!
さっさと出てきて、反対側の中庭へ移動しようとしたら、いつもは、通れるのに、通れなくなっていたので、仕方なく、セーヌ側のほうへ出て、ぐるりとまわって、ピラミッド側の中庭に行くことにしました。
d0227344_23574377.jpg

セーヌにかかった橋の上にも、アートな像が・・。
d0227344_2359310.jpg

恋人たちのカギは、なんで、こんなところにもあるのかな~。と、そんなことを思いながら、
川沿いに歩いて、もう一度ルーヴルのアーケードをくぐって、中庭のピラミッドを見た瞬間、
d0227344_035569.jpg

ニュースを思い出しました~!
「ルーヴルのピラミッドが、消えた!」と、いう話題を!
これか~!
d0227344_053912.jpg

実際に見ると、あんまり感動がないのですが、写真に撮って、後からその絵を見ると、
「なるほど~!」
消えているように見える・・。
でも、ちょっと、撮影位置が微妙にズレちゃったのは、残念だった・・。笑

結局、10分でバス停に到着する距離が閉ざされてしまったので、30分かけてピラミッドの向かい側にあるバス停に到着したものの、すごい水たまりのせいか?
車が通行止めになっていたので、バスは当然ながら走っておらず~。
そこから、さらに、オペラ通りまで歩き、暑い中をシャトレからオペラまで(1時間近く)歩いてしまいました・・。やれやれでした~。笑

by ロン@フランス
[PR]
by bayswater92 | 2016-06-24 00:26 | 日々の暮らし*フランス | Trackback | Comments(11)

THEATRE DU CHATELET ◆ by ロン@フランス

おお、トルコ語ではKara Olman Pastasi<カラオルマンパスタス>、フランス語ではフォレノワールなのね~!デコレーションのテクニックが、回を重ねるごとに上がってるよ!タルトも、塩パンもおいしそうだわ~!

ロンは、久しぶりにパリのシャトレ劇場(シャトレ座)へ!
ミュージカルを観に行くのが目的です!
ここでやるミュージカルは、来仏バージョンが多いので、歌もセリフも英語!
そこが、一番のお気に入りです!
d0227344_155571.jpg

映画もそうですが、英語圏の映画は、学生時代のときから日本語字幕で観ることが一番好きだった名残りがあるからか、以前パリで「ヘアースプレー」のミュージカルのフランス語バージョン観たら歌までフランス語になっていて、がっかり・・した記憶が強すぎて・・それ以降は、もっぱらシャトレ劇場で、やるミュージカルへ行くようになりました。

今回行ってきたのは、「wander.land」不思議な国のアリスの現代版です。
これは、普通のアリスの内容とは、ちょっと違う感じで、主人公が、携帯電話のゲームの中に入ってしまう、バーチャルな要素盛りだくさん!思っていたよりも、すごく面白かったです!
観客層は、ほぼ大人ばかり。子供をほとんど見かけなかったのは、平日だったこともあると思います
が、静かに落ち着いて観てきました。
d0227344_15495628.jpg

劇場内の座席は、1階の前から8列目の真ん中で、観てきました。
前に、ウエストサイドストーリーをここで観たとき、1階の後ろのほうで、2階席の屋根が邪魔で
半分ぐらい舞台が見えなかったので、今回は、良い席で~!ふふふ。
d0227344_15563642.jpg

中階は、こんな↓感じで、前のほうならよく見えると思います。
d0227344_15582199.jpg

天井に近い階から見たら、舞台の床に猫の絵が映し出されているのが、よく見えた!と、娘が発見!
いろんな階から見える特権っていうのもあるのかも~。
d0227344_1604361.jpg

ミュージカルが終わったのは、もう夜の11時近くだったので、さすがに外は、もう暗く・・。
でも、目の前にあるセーヌ川の水かさが今でもあるせいで、夜景がキレイ~!
d0227344_1641354.jpg

ところで、シャトレ劇場は、1862年に完成している劇場です。
セーヌ川沿いにあり、セーヌの反対側のシテ島のコンシェルジェリー(マリーアントワネットもいた牢獄)の向かいにあります。
d0227344_1671515.jpg

この日は、開演前に歩いて10分弱の串揚げレストランで食べてから、行ったのですが、うまいスケジュールだったな・・と、我ながら関心して家に戻りました。笑

by ロン@フランス

串揚げレストラン shu の記事
パリの日本食レストラン、修 paris
レストラン修・shuの幻のランチ ◆ by ロン@フランス
レストラン 修・Restaurant shu  by  ロン@フランス
[PR]
by bayswater92 | 2016-06-17 16:19 | 日々の暮らし*フランス | Trackback | Comments(6)

パリでルーペ(虫眼鏡)を買う ◆ by ロン@フランス

アンちゃんが作った、2種類のNYチーズケーキと、スコーンは、おいしそうだよ~!
時々でも、こんなかわいくって、おいしそうなデザートが出てくると家族の皆もうれしいよね~!~!

水曜日からフランスは、水害が深刻になっていますが、木曜日のニュースを見ていたら、避難所が映り、知り合いを発見!してしまいました・・。慌ててメッセージを送りました。
アパート住まいなので問題ないと思っていたのに、どうやら、アパートの前の道は、一時期1.5mの深さまで達し、ガレージの車は、おじゃんに・・。外に出られなくなって、避難・・に、なったようです。
ロン家は、上の階の水漏れだけで、大変だ~!と、思っていたけれど、わずか、2-3cmの水たまり状態。
家の中に水が1mも入ってきた家に比べたら、実はまったく、大したことじゃなかった・・と、思ったりしました。

ところで、話は、まったく違うことなのですが・・。

フランスへ来てから、目が悪くなり、眼鏡を持っていても、かけることが面倒で、基本的に本を読むときとPCのとき以外かけていないのですが・・。ここ数年、ルーペが、やたら便利で、ロンの必需品に。笑
d0227344_18573867.jpg

今のところ、この二つを使っています。
大きいほうは、フランス国内にある雑貨屋comptoir de familleで、買いました。
買ってから数年たっているので、今でも売っているのかどうか?は、わかりませんが、かわいい雑貨屋さんで、パリにもいくつかあります。

小さいほうのルーペは、持ち運び用に。
パリで、ちょっと買い物行って、パッケージ裏の説明を読むのにも便利だし・・・。
持ち手が曲がるので、立てかけて使えるので、スワロフスキーや、ビーズを使ったアクセサリーを作るときに、便利で!
d0227344_195725.jpg

本当は、ポケットにポンと、入れられるように、折り畳み式になっているのです~。
d0227344_19114180.jpg

こっちのルーペは、パリ市庁舎すぐそばにある、天文学専門店、maison de l’astronomieで、見つけました。
ルーペもカード式のものから、眼鏡式、ハンディ・・と、色々ありますが、ロンは断然、シャーロックホームズのスタイルが大好き!なので、ちょっと古臭いほうを選んでしいました。ふふふ。

このお店、中に入ると地球儀や天体望遠鏡など売っていて、宇宙とか、隕石とか、興味がある人が来るのだろうな~、と思いました。ロンとは縁のないものだけれど、子供のころ、天体望遠鏡で、月とか星を見ていたのを思い出し、何気にわくわく楽しいお店でした~。

by ロン@フランス

P.S 今回、テリーヌの作り方を載せるつもりでしたが、次回に延期します。(教えてもらうはずだった、義理の両親が、水害の為、ロワール地域から戻って来れない為です。)
[PR]
by bayswater92 | 2016-06-04 20:13 | お気に入り*フランス | Trackback | Comments(5)

王妃マルゴに関係ある場所を巡るパリ②by ロン@フランス

うわー、ネコ、ネコ、ネコ、だらけ~!これだけ集まってくるとスゴイね~!人に馴れているのかしら?!
肉だらけだと、彼らにとって、匂いもすごく美味しそうなんだろうね~!
アンちゃん達の食べている姿をガン見していたのかしらね~?!笑


ところで、少し前に「王妃マルゴに関係ある場所を巡るパリ①」をお話しましたが、今日は、その続きです。

ルーヴル宮殿というか、美術館の地上メイン入り口のピラミッドの後ろ側に、シュリー翼があります。
d0227344_4492649.jpg

これは、前回お話したのですが、この反対側に抜け、振り向くと、王妃マルゴ時代に存在していた、建物の外観が
見えます。

しかし、この建物を通り抜ける前に、ちょっと気をつければ、こんな説明も発見できます・・。
d0227344_453513.jpg

「1541年フランソワ1世ルーヴル<の建設>を始める。
1564年カトリーヌドメディシスがチュルリー<の建設>を始める。」
〔国王フランソワ1世は、王妃マルゴといわれている、マルグリッド・ド・ヴァロワの祖父で、カトリーヌドメディシスは、フランソワ1世の息子のアンリ2世の王妃&マルグリッド・ド・ヴァロワの母。〕

さて、今回は、シュリー翼を抜けてさらに直進して、中庭を突っ切って、建物の外に出ます。
ルーヴル東側です。
ルーヴルを背にすると、道路の向こう側に、教会が見えます。
d0227344_5103734.jpg

一番右の教会に、注目です!
d0227344_5114172.jpg

名前は、st germain l'auxerrois・サンジェルマン・ロクセロワ教会です。
漫画の王妃マルゴに、今後、出てくるかどうかは、分かりませんが、マルゴの人生を大きく変えてしまう重大な出来事、カトリックが新教徒<プロテスタント>を襲う、1572年8月24日「サンバルテルミーの大虐殺」の始まりの合図が、この教会の鐘の音だった!と、言われています。
教会内は、意外にも入ったら、行ってよかった!と、満足する教会の一つです。<古い感じが・・。>
中の写真を撮りたかったけれど、あいにく結婚式のミサの真っ最中だったので、今回は、諦めました。笑

ちなみに、左隣の塔の存在も気になるところですが、これは、王妃マルゴの時代にはなかったもの・・と、
いうか、パリ1区役所が出来たときに出来たようなことが・・、フランス語のサイトにありましたが、本当か?!ちょっと、要調査が、必要です。<近いうちに調べてみます。>
d0227344_5565049.jpg

いつもは、入り口が閉まっているのですが、この日は、バザーのような催し物があったので、
開いていて、ちゃっかり中へ入ってみました~。
d0227344_5585313.jpg

天井のところ!木の入り口?!ここに梯子でもかけて、登るのかな?!
d0227344_615725.jpg

中は、狭い!!!何もないです。ステンドガラスあるけど・・。普通?

塔を出て、右側。ルーヴルから見ると左側になりますが。
先ほど、話に出てき、一見教会っぽく見える、パリ1区役所です。

と、いうわけで、王妃マルゴに関係ある場所は、まだまだちょこちょこ、続きます~。

by ロン@フランス
[PR]
by bayswater92 | 2016-04-17 06:30 | 旅*フランス国内 | Trackback | Comments(8)

王妃マルゴに関係ある場所を巡るパリ①◆by ロン@フランス

ドネルケバブのバーガー食べてみたいな~!そういえば、ロンが最後にケバブ食べたのっていつだったか?!
アンちゃんがおいしいって言うなら、間違いないだろうな~!シシケバブとかも食べたくなってきた・・。

話は全く違いますが、フランス史と漫画の話です。

最近日本で、「萩尾望都」氏の描く「王妃マルゴ」の漫画、4巻が出たのです・・。
d0227344_24896.jpg

その、読後に気がついてしまったことが!

日常生活の中で、バスを使ってパリ市内を移動するのが好きなのですが、バスの窓から見える場所が、
なんと王妃マルゴに関係している場所が結構ある!と、いうことを!

それで、、「王妃マルゴ」に関わってくる場所を巡ってみようかなぁ~と。
でも、あまりにもたくさんあるので、少しずつ訪ねてみます。

マルゴの本名は、マルグリッド・ド・ヴァロアですが、長いので、漫画と同じように「マルゴ」と、
言いながら、観光?して行くことにします~。

まずは、当時、16世紀に宮廷は、色々なところに移動しますが、
パリにいるときは、今の「ルーブル美術館」。
d0227344_3144350.jpg

palais du Louvre・ルーブル宮殿とも言われていますが、この建物は、時代の流れの中で
どんどん大きくなっていったので、マルゴの時代は、今の姿ではなく・・。
d0227344_3154261.jpg

行ったことがある方は、ご存知だと思いますが、ど真ん中に透明のピラミッドの入り口があります。
その入り口の裏側<公園がない方>に面している建物に進むと、建物の反対側へ抜けるアーケードを
くぐります。↓
d0227344_3245810.jpg

この建物自体も当時のものだと思いますが、くぐった背の高い建物を除いた部分が、16世紀のものだと
思います。↓この部分。
d0227344_3282443.jpg

歴史建築に詳しくないので、一部分しか語れませんが、この丸いガラス窓が、特徴のようです。
d0227344_3294819.jpg

この建物が、マルゴの時代に存在していたのか・・。それが残っているって、なんだかスゴイ~!

そして、この場所から、北へ抜けるアーケードをくぐると、すぐ目の前にプロテスタント教会があります。
d0227344_545558.jpg

rue de Rivoli・リヴォリ通り沿いで、お土産やさん街にあります。

通りから見えるところに、ガスパール・ド・コリニー<コリニー提督>の像があるのです。
d0227344_673335.jpg

コリニー提督は、プロテスタントの指導者であり、マルゴの2番目の兄で、
国王になったシャルル9世が、「父」と、慕った人であります。
<本当の父親の国王アンリ2世は、事故ですでに亡くなっています。>

シャルル9世は、カトリックなのに対し、コリニー提督は、プロテスタントです。
そのころ、カトリックと、プロテスタントの宗教戦争の時代です。
コリニー提督は、暗殺されてしまうのですが、
そのあたりの話で、「王妃マルゴ」4巻が、終っています!

この漫画の続きが、楽しみです!
が、観光も楽しく、地道に、また違う場所へ行って来ようかと思います!

それでは、また~!

by ロン@フランス
[PR]
by bayswater92 | 2016-03-18 06:50 | 旅*フランス国内 | Trackback | Comments(6)

ガレット・デ・ロワ(SEBASTIEN GAUDARD)2016◆ by ロン@フランス 

トルコちっくのお手軽ピザ、かわいいね!アンちゃんが作ると、何でもおしゃれになる気がする~!
ちょっとだけ、パンは、ナンっぽいのかしら?!

ロンは、今回、最後のガレット・デ・ロワを食べました~!
最後のガレットを選ぶにあたり、フランスの評判というか、メディアの記事を読んで決めたのが、
セバスチャン・ゴダールのガレット。
d0227344_23185921.jpg

意外にも店舗が、パリのジュンク堂の直ぐそばにあり、分かりやすかったのも選んだ決め手。
オペラ界隈に用事があったついでに買いに行けました!

ところで、先ほど、ウィキペディアを、読んで、セバスチャン・ゴダール氏は、業界では知られていた人物だった!と、今さらながら知りました。
フォションで、ピエール・エルメ氏の2番手となって働き、エルメ氏がフォションを抜けた後、ゴダール氏が、シェフパティシエを引継ぎ、務めたそうで・・。ほ~う、へ~、と、感心。

話が、ややズレましたが。
ゴダール氏のガレット、
アーモンドかチョコ味の2種類あると思ったら<っていうか、2種類あるって書いてあった>、アーモンドのフランジパンしかなかった・・。チョコは、予約しないとダメらしい・・。しかたない。

お店の女性スタッフから、食べる前は、温めたオーブン100℃に10分焼くと美味しい。と、言われたのですが、ロンは、決まって、その言葉、そのアドバイス、無視!笑

せっかく、ベースが美味しいのに、オーブンで温めることによって、サクサク感が、変わったり、油っぽくなってしまったりすることがあるので、そのままで!頂きます~。
なんせ、オーブンにも色々相性がありますから・・。

しいて言えば、雨の日に買わないように気をつけるだけです。
雨が降っているとせっかくのパイ生地がしんなりしてしまうことがあるので、そこだけポイントです!

で、その日の夜のデザートとして切ってみると・・。
d0227344_23305025.jpg

さすがに中は、ビッシリ、詰まっていました。
期待を胸に食べてみると・・・。
娘の第一声は、「あんまり好きじゃないかも~!」
な、なに~ッ!
と、思いましたが、すぐに納得~!

ラム酒のような香りがすごくて、はっきり言って、「大人の味」。笑

ところが、次の日、食べてみると、アルコールの香りは抜けかけ、
まろやかになっている?!

さらに、次の日、買ってから2日目になりますが、この日の朝、娘の分を食べてみると、
「!!!」
なんだか、2日目が一番美味しいのでは?!と、思うほどでした。笑
ま、普通のフランス人だったら、2日目には、残っていないだろうし、この発見をしたのは、
ロンだけだったりして~!わっはっはっはっは~!

そんなわけで、ここのガレットは、買った初日に、そのままで食べると、好き嫌いが出るだろうな・・。
と、感じたのでした。

ところで、このガレットのお金を支払うときに、
目に入った菓子パン<ヴィエノワズリーというべきでしょうか?!>が、ロンの目にキラり~ん!と、
入って来て、思わず、それも買ってみました。
d0227344_23501715.jpg

シナモンがよく効いている、ブリオッシュと、いう感じです。
そのブリオッシュらしきパンは、ほどよくふわふわで、パサつきは、まったくなかったです。
d0227344_23515916.jpg

粒々は、砂糖で、カリカリ~。
美味しいメロンパンのフランスバージョンっていう感じ?です。笑
ロンは、ちょっと気にいちゃったかも・・・。うふふ。

ところで、ガレットのフェーブですが・・・・。
妙につまらない・・・。
d0227344_00335.jpg

シンプルでかっこいいのかも?しれませんが、やっぱり、サプライズ的な形とか、かわいさが欲しいな・・。
と、思うロンだったのでした~!

これにて、今期のガレット終了です!

by ロン@フランス
[PR]
by bayswater92 | 2016-02-03 00:38 | 食*フランス | Trackback | Comments(8)

ガレット・デ・ロワ(ドミニク・サブロン)2016◆ by ロン@フランス

日本食が充実してるね、アンちゃん!ロンは、かき揚げのお蕎麦が1番惹かれる〜!

フランスへ戻ってから、早1週間。
ようやく、今年のガレット・デ・ロワに、ありつけました!

毎年、絶対に買っている、ドミニクのガレット。
今年は、新発売な味が加わっていました!
ドミニクの近くに住んでいる友達が、その新発売の「キャラメル塩バター」味が、美味しかった!と、
言うので、早速買ってみることに〜!

今回は、あまり量を食べたくないので、一人用を二つ買ってきました。
d0227344_23285438.jpg

定番のフランジパン(左)と、キャラメル塩バター(右)。

d0227344_23292334.jpg

フランジパンは、毎度お馴染みの味で、やはり美味しい〜!
でも、形がちょっと悪い〜。笑

d0227344_23294517.jpg

キャラメル塩バターは、フランジパンの下に薄く塗ってある感じでした。
むむむ!確かに、美味しい!
フランジパンだけよりも、濃くがあるような?!

d0227344_23465372.jpg

で、気になるフェーブ…。
か、可愛くない〜ツ!!!笑

d0227344_23473214.jpg

先月、自分で作ったら中に入れようと思って、買った、ミニオンズのフェーブの方が、10倍は、
カワイイのでは?!笑
と、思ったのでした。

また、来週、どこかで買ってきます!ガレット!ふふふ。

by ロン@フランス
[PR]
by bayswater92 | 2016-01-24 00:09 | 食*フランス | Trackback | Comments(10)


ロンドン・ベイズウォーターで出会った元スタントンスクール生のアンとロン、そしてジュンの3人が発信するトルコ、フランス、スイスの生活情報、日々の暮らし。*コメント大歓迎!お気軽に♪


by Bayswaters

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新の記事

苺のシャルロットとルリジュー..
at 2017-04-28 04:49
フォンテーヌブロー&ロックク..
at 2017-04-24 15:51
フルーツを使ったおやつ、いろ..
at 2017-04-20 02:42
Pâques・パック(イース..
at 2017-04-16 17:57
トルコの朝ごはんじゃないおう..
at 2017-04-12 03:24

カテゴリ

プロフィール
トルコ・フランス生活情報
3カ国(土・仏・瑞)生活情報
食*トルコ
食*フランス
食*スイス
お気に入り*トルコ
お気に入り*フランス
お気に入り*スイス
日々の暮らし*トルコ
日々の暮らし*フランス
日々の暮らし*スイス
日々の暮らし*フランス・スイス
旅*トルコ国内
旅*フランス国内
旅*スイス国内
旅*外国
里帰りニッポン
座談会

タグ

(440)
(399)
(321)
(222)
(161)
(84)
(83)
(81)
(73)
(73)
(67)
(66)
(58)
(56)
(54)
(41)
(37)
(32)
(30)
(22)

最新のコメント

フランス菓子ばかりで嬉し..
by M at 07:55
◆Yukochanさんへ..
by bayswater92 at 04:08
★Mさん、 ロッククラ..
by bayswater92 at 23:35
★arareさん、 こ..
by bayswater92 at 23:17
★arareさん、 ロ..
by bayswater92 at 22:56
旦那さま、ロッククライミ..
by M at 07:23
こんばんわ☆ 菜の..
by arare719 at 23:36
↑iPadの調子悪くて、..
by arare719 at 23:12
こんばんわ! フルーツ..
by arare719 at 23:00
★ kaorainneさ..
by bayswater92 at 07:15

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

検索

フォロー中のブログ

ろんどんらいふ
*Happy Tea T...
お茶の時間にしましょうか...
トルコ子育て生活
ヤマザキマリ・Seque...
黒パグ CHAPPYの成...
Lush Life
a&kashの時間。
うひひなまいにち
lotus pond 上...
cafe de ke*
ぶどう畑ぐらし。
kaorainne日記
ミニろんどんらいふ
がびあーの家の毎日
アクデニズ。
パリからのバレエ便り
London Scene
ビーズ・フェルト刺繍Pi...
ドキx2 わくx2 @ ...
un_voyage♪♪
北欧・スウェーデンよりシ...
FReeTraveLer
ねこ旅また旅
die Elfen im...
サンフランシスコ食堂 
Kuechennachr...
風と花を紡いで
イタリア夫に作るご飯 
Photolog fro...
カスタムニットBy* s...
Sweets and B...
ビーズ・フェルト刺繍作家...
Cache-Cache+
ふらんすさんぽ
~East meets ...
FREE TRAVELER
リタイア夫と空の旅、海の...
ぷくぷ日記
子供と楽しむ北欧生活
kaorainne日記Ⅱ
がびあーの家の毎日2

外部リンク

ファン

bayswater92

↓メールはこちら


素材お借りしています。


A.SLASH


mytaste.jp

**当ブログに掲載されてるお店情報等は、記事掲載時時点のものです。**

**当ブログは、PC版用に写真等の編集をしております。**

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
おうちごはん

画像一覧