個性的+カワイイ=ジャケ買いしたロゼワイン◆byロン@フランス

アンちゃんのロールケーキ、大成功だね!特に抹茶のロールケーキが、中にフルーツ入っているのに、きれいに巻けてて、おいしそ~!

こちらは、昨日からようやく青空になり・・・。

天気が良いと、南仏のロゼワイン!!飲みたい!!と、心が躍り、早速、今朝、スーパーで買ってきました。笑
いつもなら同じような銘柄を選ぶのですが、今回は、見た目で決めて、味は冒険?することにしました~!
この、3本です。↓
d0227344_22181891.jpg
ぱっと見た感じで、一番右にある、四角いボトルが、シャープでカッコイイ感じがして、目につき、買ってしまいました!
このワインは、 Côtes de Provence・コートデプロヴァンスで、、「GRAND RECOLTE 」というところの。

一番左のは、ぽっちゃりした感じで、リキュールみたいなボトルです。
シャンパーニュで、この形を見かけますが、、、
それとは、ちょっと違うのです~!

先っぽの細い部分が、微妙に斜めに傾いているのですが、分かりますか?
さらに、ボディー左部分に、くぼみが!
そうなのです~、日本の湯のみ茶碗のように、指をそえるところがあったのです!笑
d0227344_22364128.jpg
↑このワインは、PAYS D’OC・ペイドックの「J.P.CHENET」と、いうところのです。

最後に、ロンが一番気に入った、真ん中にあったボトル!

ワイン蓋のところを見ると、コルクでもないし、手で開けられるアルミの栓でもないし・・。
ガラスなのか?プラスチックなのか?
とにかく、透明感が抜群!笑
d0227344_22534507.jpg
ボトルの底が、氷っぽくなっていて、さらに良し!
と、思って、手に取り、どうなっているのかな~と、底を見たら・・。
d0227344_23021884.jpg
バラだった~~~!
よく見たら、ボトルのネーミングが、「Cote des roses」。
ワインは、LANGUEDOC・ラングドック。

どれも、飲まずに飾っておきたい感じですが、飲まねば!
一番おいしいのが、どれか?!は、後日、ここへ戻って、結果書きに来ますね~!

それでは、また~!

by ロン@フランス



[PR]
# by bayswater92 | 2017-05-10 23:26 | 食*フランス | Trackback | Comments(4)

久々にロールケーキ。 ◆ by アン@トルコ

ロンちゃんの行ったブロワ城、なんだか面白そうだね~。川沿いにそびえ立つ姿がまず美しいし、4つの異なる建築スタイルが集まってるっていうのが面白い。中も見応えありだね!


さて、アンは相変わらず食なんですが、今回もお菓子!
ちょっと前に作ったものだけど、久々なロールケーキです。
d0227344_03502490.jpg
まずは、生地にもクリームにもコーヒーを入れた、コーヒーロールケーキ。生地は卵別立てのふわふわなスフレ系です。巻きがいつも心配で、カットするまでドキドキなんだけど、まあまあ上手く行ったかな?!
d0227344_03503318.jpg
ロールケーキ、数個だけちょっとデコレーションしてみました。コーヒー入りのクリームを丸く絞って、ポッキー、チョコのかわいいビスケットを飾って、砕いたビスケット(スペキュロス)をパラパラと。。
お味ですが、コーヒーが効いていて、生地もふわふわで結構美味しかった!笑 デコしたほうが、生クリームもたっぷりで美味しかったけど、そりゃそうだよね、って。笑 

このスフレ系ロールケーキが美味しかったので、また作りたくなって作ったのは、こんなの↓
d0227344_03500062.jpg
抹茶ロール!抹茶系のお菓子も久しぶりでした。こっちに抹茶は売ってないので(たぶん)、日本に一時帰国したときに買ってくるのでそんなに頻繁には作れない抹茶系お菓子です。これも、生地にもクリームにも抹茶入れました!そして、旬の苺とバナナも巻いて。
これも、美味しかったです~。やっぱりロールケーキってふわふわ生地が美味しいね。そして、やっぱりバナナが入るとグンと美味しさもUPするような気がする~。バナナ、鉄板ですね。


こんな感じで、最近結構お菓子よく作っています。
というのも、30個入りの卵をですね、夫が、安かったから~、とバンバン買ってくるんです!!笑
ま、私としては嬉しい悲鳴なんだけどね、ちょっとダイエットからは遠のいたけど(でも頑張る)、
やっぱりお菓子作るの楽しいな~、好きなんだな~、とか改めて思ったりしています。


by アン@トルコ



[PR]
# by bayswater92 | 2017-05-06 04:13 | 食*トルコ | Trackback | Comments(12)

Le château de Blois・ブロワ城 ◆ by ロン@フランス

苺のシャルロットに、ルリジューズ! 
アンちゃんは、手間がかかることもやってのけてしまって、エライ~~~!
しかも、かわいくて、おいしそうだし~!売ってるやつみたいだね!

日本がゴールデンウイーク・・、フランスは、普通に4/29-5/1の3連休のみ。
それでも、出かけてきました!
いつものように、車で3時間半ぐらいで行ける、ロワール地方です。

途中、どうしても行きたかったのが、ブロワ城!
ブロワの街にあります。
d0227344_05134102.jpg

王妃マルゴの知識が増えてきた?この今!
行ったら楽しいかも~?と、思い立ちました!

街(下)から見ると、この部分だけ良くみえますが、入口は、階段登って、ちょうどこの裏側です。
もちろん、違うルートもあります。
d0227344_16350383.jpg
正面入り口に来ました。お城正面の全体の建物が、至近距離すぎ?だったので、2枚に分けて撮影。
(時間がなかったので、後ろの方に下がることさえしなかった・・・。笑)
d0227344_16485339.jpg
ブロワ城は、ロワール川流域に建てられている、数多くのお城の一つです。
ただ、時代によって違うスタイルの建築が、4つ↓も、くっついて集まっているお城は、ここだけではないでしょうか?!

一番古い中世の13世紀始めの1214年に建てられた「ゴチック様式」↓。
豪華なお城2つのちょうど真ん中にあるシンプルな建物。

d0227344_17050856.jpg
1498年~1501年に建てられた「フランボワイアン(フランボアイアン)様式」。
国王ルイ12世の時代。↓
d0227344_19011857.jpg
今回、何回目か?の訪問だったのに、はて、フランボワイアンとは?と、初めて疑問に思い、調べてみたのですが、
どうやら、湾曲した彫刻というか、模様がついているものを指しているようです。(たぶん・・。笑)
元々フランス語のフランボワイアンは、「燃え上がる炎」で、そこからこの名が、来ているらしい・・。
で、どの部分が?と、思って屋根部分にある窓をアップで見てみたら、窓の上の方の三角になっている辺りが、それっぽい。

↓1515年~1520年に建てられた「ルネッサンス様式」。
国王フランソワ1世の時代です。
特徴は、中央にある、建物外にあるらせん階段で、バルコニーのように吹き抜けになっています。
それ以前の時代の建物では、階段が外になることはなく、塔の中にあることが普通だったとか・・。
d0227344_19523200.jpg
↓1635年~1638年に建てられた「クラシック様式」。写真左側の建物です。
(なんとなく、この建物に興味がなかったので、ちゃんと撮っていなかった・・。笑)
オルレアン公ガストン公爵(ルイ13世の弟)のための建物。
d0227344_23393881.jpg

この4つが組み合わさった図が↓これです。もらったパンフレットにありました。
d0227344_20394952.jpg
ブロワ城の中で一番古い建物内の「三身分ホール」。
アンリ3世(王妃マルゴの兄)が、1579年と1588年に三部会をした場所。
ホールの真ん中に柱の仕切りがあるのが特徴です。
d0227344_20530151.jpg
↓「王の居室」。暖炉の上にあるエンブレムは、左がフランソワ1世で、右が王妃のクロード・ド・フランス。(王妃マルゴの祖父母)
d0227344_20551328.jpg
「王妃の居室」↓では、カトリーヌ・ド・メディシス(王妃マルゴの母親)が、亡くなった場所と言われています。
d0227344_21044016.jpg
壁にあるHとCが重なったようなロゴは、アンリ2世(王妃マルゴの父親)とカトリーヌの頭文字の組み合わせ文字。
アンリ2世は、自身のHとDの組み合わせ文字も使っていましたが、愛人であったディアーヌ・ド・ポワチエとのロゴである・・という、
説もあります。が、このことは、ここでは、言っていませんでした。ロンが、アネ城へ行ったときにガイドさんが、言っていました。

ところで、こういう低い位置にあるベッドは、寝るには寒すぎるので、
当時は、ベッドとして使用していたのではなく、ソファーの代わりのように使っていたとか。

「国王の居室」↓は、ロンにとって一番関心のある部屋で、
ここで、アンリ1世・ド・ギーズが、暗殺された場所だからです。
d0227344_21200707.jpg
ギーズ家の長男であるアンリ・ド・ギーズは、王妃マルゴの愛人と言われていた人で、
ロレーヌ家のプリンスであり、この時代、強い勢力のあったカトリック同盟のリーダーであり、しかもお金持ち。
そのアンリ・ド・ギーズに国王の座を脅かされていたアンリ3世に、騙され、おびき寄せられて、
暗殺されてしまったのが、この場所だったと言われています。

「執務室」↓フランソワ1世とカトリーヌ・ド・メディシスに使われていたそうで、
壁の羽目板は、237枚全部柄が違う1520年代の作品だそう。
当時のルネッサンス様式で、羽目板のある王家執務室は、フランスではここだけしかないらしい・・。
d0227344_21401031.jpg
ここの羽目板の壁には、4つの棚が隠されていることは、知られています。
でも、それを開けるにも、秘密のペダルが壁の下の方に隠されている!ちょっとだけ切り込みの入っている部分です。
d0227344_21512878.jpg
そして、壁にある棚が現れる・・。↓
d0227344_21533817.jpg
カトリーヌ・ド・メディシスが、この棚に、毒を隠していた・・という言い伝えもあるようですが、実際には、その証拠はないそう。
そのカトリーヌ・ド・メディシスの香水と、うたった(指につけてから、塗るタイプの)香水を城内のお土産屋さんで、発見!
バラの香りで、いい感じ~。

だったので、、、

買ってきてしまいました~!笑
悪女になりそうな香水?と、思ってしまいそうですが、わりとすっきりしたバラの良い香りです。
d0227344_22093927.jpg
というわけで、長くなってしまいましたが、今回のブロワ城の見学は、新たな発見があって、楽しかったです!
また数年後に行ったら、違う発見があるのかも?!

by ロン@フランス














[PR]
# by bayswater92 | 2017-05-02 23:54 | 旅*フランス国内 | Trackback | Comments(6)

苺のシャルロットとルリジューズ。 ◆ by アン@トルコ

フォンテーヌブローでロッククライミング!自然と戯れるっていいよね~。ロンちゃん一家、ゆきちゃんも楽しそう♪ それにしても毛虫の行列って初めて見たよ!カレーも美味しそうだ~。


さて、アンはまたまたお菓子の話!
前回、フルーツを使ったおやつのことを書いたけど、それの続きというか・・
苺が旬のうちに作ってみたかったお菓子があります。それは、苺のシャルロット♪
d0227344_04144982.jpg

まず、ビスキュイ作りから~。おっとその前に、苺ジャムを作って・・。
d0227344_04151535.jpg
ビスキュイ生地、いろいろレシピを検索したんだけど、卵○個っていうレシピと、卵○gというレシピがあって、私的には使いきりがありがたいので卵2個というレシピを選択。でも盲点が・・。若干卵が大きかったのか、出来上がったビスキュイ生地がゆるゆるで~。絞り袋に入れても勝手に流れ出てきちゃうようなゆるさ。それでもなんとか焼いてみたんだけど、すごい不安だったわ・・。でも焼きあがってみたら、おおーーー!出来てる!ってちょっと感動。笑
d0227344_04152778.jpg
焼きあがったビスキュイ生地を15cmの型に入れて・・
d0227344_04153624.jpg
下半分には苺のレアチーズ
d0227344_04154510.jpg
真ん中に苺のジャムとビスキュイ生地をはさんで・・
d0227344_04155484.jpg
上にはプレーンのレアチーズ。
d0227344_04160245.jpg
余った手作り苺ジャムは、お決まりボンママンの瓶に入れて♪

シャルロットはこのまま冷蔵庫に入れて次の日まで~。
トップのデコはだいぶ適当^^;
d0227344_04160966.jpg
d0227344_04161708.jpg
15cmという大きさで作ったので、結構可愛く出来たかも~。完全自己満足ですが!笑 リボンもどんなのがいいかな、っと迷って結局白いレースにしちゃったんだけど。。
お味ですが、ビスキュイ生地がまず美味しい!シャルロット自体、難しくはないんだけど結構面倒だったのよ・・ビスキュイの型紙作ったりで。笑 なので特別な時以外は作らないかも、って食べる前は思ったけど、このビスキュイでまた作りたくなるかも・・!レアチーズとの相性もよくて、家族にも好評でした♪


旬のフルーツとは関係ないけど、フランス菓子つながりで、
d0227344_04162564.jpg
ルリジューズ、作ってみました!ビジュアルが可愛くて作ってみたいな~、と思ってたんだけど、これもやっぱり面倒そうでなかなか気が進まなかったんだけど、ちょっとやる気スイッチ入ったので作ってみました。(それにしても相当な面倒くさがりだな・・笑)
下のシューにはチョコカスタードと生のバナナ、上のシューには生クリームを詰めました。コーティングはホワイトチョコ。シュー生地がサクッと焼けて、中のクリームも美味しかったけど、このお菓子を美味しくさせたのはホワイトチョコだな、と思いました。爆 やばい、ホワイトチョコおいしい・・。笑(ちなみにネスレ)


ということで、ちょっと気合を入れたお菓子作り、2種でした。
楽しかったで~す♪


by アン@トルコ



[PR]
# by bayswater92 | 2017-04-28 04:49 | 食*トルコ | Trackback | Comments(6)

フォンテーヌブロー&ロッククライミング ◆ ロン@フランス


オレンジ入りのブラウニーは、上から見ると美味しそうな高級板チョコに見えたわ!トルコのオレンジっておいしそうだね~!
先週、買い物行ったときに、グレープフルーツを見たらトルコ産で、おお!アンちゃんとこのだ!と、思っていたところよ~!笑

週末、久しぶりに、夫のフォンテーヌブロー行きに付き合ってきました。
趣味がロッククライミングだけど、気軽に出来るボルダリングは、室内なのであまり好きではなく、大自然のあるフォンテーヌブローへ
天気が良ければ、毎週末の午前中、一人で登りに出かけている夫です。
が、この日は、家族で行きました。

行く途中、菜の花畑があちこちに!黄色いところを空の上から見てみたいものです。
d0227344_06201210.jpg
フォンテーヌブローの森に到着してから、少し歩いたところに登る場所が。
とは、言っても今回の登る場所は、トイプーのお散歩も兼ねて行けるところへ~!
d0227344_06215388.jpg
↑見えなくなった夫は前方に歩いていて、トイプーも夫と一緒だったのに、ロンとロン娘の様子を見に戻って来てくれていました。
何度も行ったり来たりしているので、ロン達の2倍の距離は走っているはず!

登る岩がいくつかあるところに到着~!
松があるだけで、日本の風景に似ている・・・。と、思ってしまう・・。
d0227344_06205339.jpg
夫が登っていた岩↓。
d0227344_06223026.jpg
パッと見、簡単そうだけど、実は、けっこう難しいようです。
この岩を下から見ると・・。
d0227344_06225792.jpg
エグレている感じなので、難しいのだと思います。。。

実は、ロン家のトイプーも、ロッククライミングが得意なのです~!
写真の岩の右側から登れば、穏やかな斜面なのに、左側の急斜面から、登った!
d0227344_06212156.jpg
ちょっと、気分は、「トイプーキング」~~~!!!

この岩の近くで、娘が「お母さ~~ん!」と、呼ぶので、行ってみたら・・。
「見て!長い靴ひもが落ちているな~と、思ったら!」と、いうので地面見たら・・。
d0227344_06243488.jpg
毛虫の大行列?!大行進?!皆さん、きれいに並んで、前進していました!!!
しかも、森の道を横切っている・・。笑
d0227344_06232914.jpg
↑写真を見て、気分が悪くなってしまったら、すみません・・。(◎_◎;)
ちなみに、彼らは、成長したら、蛾になるようです・・。

この日は、ケムシ達を見終わった後、フォンテーヌブローの城がある街の中心地へランチしに行きました。
d0227344_07261368.jpg
夏のような日差しだったので、レストランは、フォンテーヌブローのシアター横にある
赤い日よけがある↓インド料理にしました~!
d0227344_07210017.jpg
前菜には、ヨーグルトのサラダ、ライタとナン。
ビールは、もちろんインドビールのキングフィッシャー!
d0227344_07302306.jpg
ロンのメインは、ティッカマサラ~。
d0227344_07314445.jpg
これも美味しかったけれど、ちょっと甘かったな・・。
フランス人用にアレンジしているっぽい。。。。。
ロンは、パリのインド料理レストランのほうが、もっと本格的で好きかも。

ところで、バルビゾンへも行ったのですが、ルノーと日産で作った?!エコカー、TWIZY発見!
d0227344_07542527.jpg
パーキングしやすそうで、いいな~と、眺めながらも、買い物しても何も乗せられないだろうなぁとか、主婦的感想を頭で思い・・。
勝手に撮影して、ウチヘ帰りました。笑

by ロン@フランス


















[PR]
# by bayswater92 | 2017-04-24 15:51 | 日々の暮らし*フランス | Trackback | Comments(4)


ロンドン・ベイズウォーターで出会った元スタントンスクール生のアンとロン、そしてジュンの3人が発信するトルコ、フランス、スイスの生活情報、日々の暮らし。*コメント大歓迎!お気軽に♪


by Bayswaters

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新の記事

フランボワーズのタルト&シャ..
at 2017-06-22 07:24
おうちイフタール会*2017..
at 2017-06-17 05:23
王妃マルゴに関係ある場所を巡..
at 2017-06-13 18:27
最近行ったカフェ。 ◆ by..
at 2017-06-08 05:16
Bo Bun・ボブンに初挑戦..
at 2017-06-04 19:38

カテゴリ

プロフィール
トルコ・フランス生活情報
3カ国(土・仏・瑞)生活情報
食*トルコ
食*フランス
食*スイス
お気に入り*トルコ
お気に入り*フランス
お気に入り*スイス
日々の暮らし*トルコ
日々の暮らし*フランス
日々の暮らし*スイス
日々の暮らし*フランス・スイス
旅*トルコ国内
旅*フランス国内
旅*スイス国内
旅*外国
里帰りニッポン
座談会

タグ

(446)
(406)
(330)
(222)
(162)
(85)
(85)
(83)
(74)
(74)
(67)
(66)
(59)
(56)
(54)
(41)
(38)
(32)
(30)
(22)

最新のコメント

なんとも!羨ましい! ..
by M at 09:24
◆francanaさんへ..
by bayswater92 at 04:43
◆helgaさんへ。 ..
by bayswater92 at 04:34
◆kashさんへ。 ..
by bayswater92 at 04:30
◆namicoさんへ。 ..
by bayswater92 at 04:27
◆nekoyamaさんへ..
by bayswater92 at 04:14
◆うひひさんへ。 ..
by bayswater92 at 04:08
◆Mさんへ。 わぁ..
by bayswater92 at 04:04
恒例の行事ですね。 お..
by francana at 16:45
久しぶりにブログのぞいて..
by s_helga at 16:33

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

検索

フォロー中のブログ

ろんどんらいふ
*Happy Tea T...
お茶の時間にしましょうか...
トルコ子育て生活
ヤマザキマリ・Seque...
黒パグ CHAPPYの成...
Lush Life
a&kashの時間。
うひひなまいにち
lotus pond 上...
cafe de ke*
ぶどう畑ぐらし。
kaorainne日記
ミニろんどんらいふ
がびあーの家の毎日
アクデニズ。
パリからのバレエ便り
London Scene
ビーズ・フェルト刺繍Pi...
ドキx2 わくx2 @ ...
un_voyage♪♪
北欧・スウェーデンよりシ...
FReeTraveLer
ねこ旅また旅
die Elfen im...
サンフランシスコ食堂 
Kuechennachr...
風と花を紡いで
イタリア夫に作るご飯 
Photolog fro...
カスタムニットBy* s...
Sweets and B...
ビーズ・フェルト刺繍作家...
Cache-Cache+
ふらんすさんぽ
~East meets ...
FREE TRAVELER
リタイア夫と空の旅、海の...
ぷくぷ日記
子供と楽しむ北欧生活
kaorainne日記Ⅱ
がびあーの家の毎日2

外部リンク

ファン

bayswater92

↓メールはこちら


素材お借りしています。


A.SLASH


mytaste.jp

**当ブログに掲載されてるお店情報等は、記事掲載時時点のものです。**

**当ブログは、PC版用に写真等の編集をしております。**

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
おうちごはん

画像一覧