ジエール*ランチレポ ◆ by アン@トルコ

d0227344_5504438.jpg
またまたトルコからアンの投稿、おまけにまたまた食の話題・・!ごめんなさい~。

今日は、先日お友達とランチに行ったジエール屋さんのレポです。
ジエールとは・・レバーです。はい、臓物系。好き嫌いが分かれるかな?

ジエール屋さんに行ったら、基本中の基本、ジエールの串焼きをオーダー。牛のジエールです。
まずは付け合せのお野菜が運ばれてきました。
d0227344_5541348.jpg
玉葱の千切り、トマトベースの野菜の辛いディップ、玉葱の甘い系炒め物、紫キャベツの酢漬け、パセリとレモン。
d0227344_5581568.jpg
長い串に刺さったジエールがラワシュという生地と共にやってきた。ほんとに長い串で、隣の友達に何回謝ったか。笑
d0227344_624770.jpg
そしてラワシュにジエールと野菜をのせて、クルクルっと巻いて食べます。美味しいっ!!
ジエールも癖がなくてスルスルとお腹に入っていく。日本の焼き鳥屋さんのレバーより全然食べやすい。
お肉も野菜と一緒に食べられるのがGood!お腹いっぱいになって一人前8.5TL(約500円)なり~。

d0227344_6131276.jpg「Cigerci BABA」
BAYINDIR 1. SOKAK No:15
KIZILAY ANKARA


ジエールの串焼きはトルコ語で
Ciger Sis(ジエール・シシ)と言います。
Sis(シシ)とは串焼きのこと。
シシと串、ちょっと似てる・・。






トルコで外食となるとお肉料理が多くなってしまいますが、トルコの食文化はとても豊かだと思います。
いろんなトルコご飯、デザート、またレポします。

しかし・・食の話題が多すぎなアンでした。そろそろロンちゃんにこのブログを潤してもらわないと・・♪


by アン@トルコ
[PR]
# by bayswater92 | 2011-04-26 06:27 | 食*トルコ | Trackback | Comments(0)

マイブーム*Chouquette ◆ by アン@トルコ

トルコからアンの投稿ですが、今日の内容はフランス関連♪
最近、フランス菓子のシューケットにはまってます。

d0227344_21172846.jpg
ここではシューケットはたぶん売ってないので、せっせと手作り。
シューケットは、シュー生地にパールシュガーがかかったお菓子です。
中にクリームが入ってたらシュークリームだけど、中は空洞。そのままパクパク。これが美味しい!
シュー生地の美味しさを楽しむお菓子って感じ。シュー生地はふんわりより、しっかりとサクッとするのがポイント。
そして忘れてはいけないのがパールシュガー。カリッとした食感のお砂糖。
シュー生地にはほとんどお砂糖が入ってないので、このパールシュガーがシューケットを甘く美味しい
お菓子にしてくれます。悲しいかな、このパールシュガーもここでは売ってない・・。

実は、今年の1月下旬にパリのロンちゃんのところに遊びに行って来ました。
その時に知ったシューケット。パリにはそれまでも何度か訪れたことはあったけど、
このお菓子は全然知りませんでした。一度食べたら病み付きになる美味しさ!!
一緒に行った次女もすっかり気にいって、パクパクと食べてました。パクパク、パクパク・・と音が聞こえそうに。笑

先日、アンカラに住む日本人のお友達と自宅でお茶会開催。時間が合うときに集まってます。
ここには日本人が少ないので、いい感じで日本人のお友達とお付き合いが出来ます。
そこで、お茶菓子にシューケットを焼きました。あとショコラケーキ。
d0227344_2133133.jpg
d0227344_2104717.jpg

この日のお茶はマリアージュのAmerican Breakfast。ミルクティに合うお茶、キャラメルテイストのお茶です。
d0227344_2141202.jpgd0227344_21415227.jpg
渋く淹れて
甘くして
ミルクたっぷりで
頂く・・。
美味しかった♪






シューケット、パリから戻ってからもう何度となく焼いています。シュー生地作りは実は苦手分野だったけど
執念か何なのか?で最近はちゃんと膨らむようになりました。
でもやっぱり毎回ドキドキでオーブンをジーーッと覗いてしまいます。笑

More▽ 今年1月下旬のパリ。
[PR]
# by bayswater92 | 2011-04-21 00:36 | 日々の暮らし*トルコ | Trackback | Comments(0)

アクセサリー屋でみつけたカワイイもの。 ◆ by アン@トルコ

またまたアンの登場です。
ロンは今ヴァカンス中のため、お土産話を持って来週もどります!
それまでもう暫くトルコネタにお付き合いください・・m(_ _)m


最近、よくアクササリー屋さんを覗きます。ここに来ると今の流行がわかる気がする・・。
所狭しとヘアアクセサリーやネックレス・・など、お手頃値段でカワイイものが結構あります。

こないだ中学生の長女とプラっと入ったアクセサリー屋さんで娘と共に心奪われ(笑)思わず衝動買い。
見て見て~~。すっごくカワイイ!!これ!!↓
d0227344_2221142.jpg
カメラの形をしたネックレス。レンズのところに入った石が素敵。
大きさ的にはこれくらい。↓
d0227344_2234232.jpg
こういうお店、かなりな確率で掘り出し物が見つかります。これ、お値段5TL(約300円弱)。
激安ってほどじゃないかもしれないけど、カワイイし、これくらいは出してもいいかな的値段・・かな。
このネックレスはもちろん娘の。私も心奪われたけど、娘が持っていてくれたらそれでいい。笑

そして今、学生のあいだで流行ってるのがこのヘアアクセサリー。
d0227344_2293498.jpg
この電話のコードみたいなの。カラフルなカワイイ色が揃ってて、お値段ひとつ0.5TL(約30円)。
これ、案外としっかり留まるし、手首に何色かつけててもカワイイ感じ。
髪を結ぶとこんな感じよ。(ちょっとわかりづらいかな?)
d0227344_22122738.jpg


トルコでも最近カワイイものが見つかるようになってきたかな。
カワイイものに目がない私・・これからもカワイイもの探索は続きます。エヘ。


by アン@トルコ
[PR]
# by bayswater92 | 2011-04-18 22:31 | お気に入り*トルコ | Trackback | Comments(0)

「トルコ風肉団子スープ」*トルコ料理レシピ・その1 ◆by アン@トルコ

今日はトルコの家庭料理のレシピを紹介します。その名も・・

              「スル・キョフテ:トルコ風肉団子スープ」

d0227344_199361.jpg


トルコ人の嫁になって早17年目・・。
義母や義姉から教わったトルコの家庭料理はごくごく一般的なものと思ってたのが、
つい先日、この家庭料理は黒海地方のものだと初めて知った・・。(義両親ともトルコの黒海地方出身)

・・気付くの遅すぎ!

この料理は、うちの家族みんなの好物です。肉団子を小さくすることによって味に飽きが来ず、
食感もよく、いつも美味しく感じられるお勧めレシピです。

-----------------------------

【材料:5~6人分】

◆肉団子◆
・牛挽肉 500g
・玉葱 大半分
・ブルグル(ひき割り小麦:クスクスやお米で代用可) カップ2/3
・ドライミント 大さじ1
・トマトペースト 大さじ1
・小麦粉 大さじ1
・卵 1コ
・塩 小さじ1
・胡椒 少々

にんじん 1本(80gくらい)
ジャガイモ 大1コ

塩 小さじ1.5

◆トマトソース◆
・マーガリン10g
・バター 5g
・トマトペースト 大さじ1
・ドライミント 一つまみ

熱湯 適量


【作り方】

d0227344_20345018.jpg1. -下準備- 玉葱は細かいみじん切り、
にんじんは半月切り(肉団子に見合わない大きさだったら
その半分に。厚みは3~4mmくらい)、
ジャガイモは一口大の半分くらいの大きさに切る。
2. 肉団子の材料を混ぜ合わせよくこねる。
直径1.2cmくらいの肉団子を作る。
2つ分を手にとって両手の平を合わせて
クルクルすると2ついっぺんに出来ます。
(結構地道な作業ですw)
肉団子は鍋に入れていく。

d0227344_2037553.jpg3. 肉団子の入った鍋に熱湯を入れ火にかける。
熱湯の量は野菜を入れたときに
ひたひたより若干多めになるくらい。
煮えにくいにんじんも一緒に投入。
4. 小さめのフライパンでトマトソースを作る。
マーガリン・バターを熱し、ドライミントを入れ熱を通し、
トマトペーストを入れて炒める。
炒まったら少量の熱湯を注ぎソース状にする。
トマトソースを肉団子の鍋に入れ、軽く混ぜる。
蓋をしてぐつぐつ煮る。

d0227344_19541421.jpg5. 少し経ったらジャガイモを投入。
塩も入れ味を調節し、再び煮込む。

ジャガイモが煮えたら出来上がり!







d0227344_20362432.jpg










ところで!
d0227344_2023218.jpg
トルコの家庭料理に欠かせないのがトマトペースト!
1kg830g入りの缶があっという間に
なくなってしまいます。恐るべし・・。
(今、確認のため缶を見てきたら830g入りでした。
なんという半端な数字・・!笑)
トマトペーストとバターと塩があったら
結構いろんな家庭料理できます。

また何か美味しいお勧めレシピがあったら
紹介したいと思います。



+キョフテレシピシリーズ
「Kofte<キョフテ>*トルコ風ミートボール」レシピ
「izmir kofte*トルコ風ミートボールのトマト煮込み」レシピ


by アン@トルコ
[PR]
# by bayswater92 | 2011-04-15 21:02 | 食*トルコ | Trackback | Comments(0)

気軽な外ランチ ◆ by アン@トルコ

有名なトルコご飯と言えば。
Doner Kebap(ドネル・ケバブ)。

今日は安くて美味しいケバブ屋さんをご紹介します。


d0227344_3481146.jpg「maxiroll」というお店。
トルコの南部にあるイスケンデルンという街のドネルケバブと
ハタイという街の有名なデザートを主に出すお店です。

少し寒い日だったけど外テーブルの席に着いてみた。
各テーブルには 
←こんなに辛そうなペッパーが
瓶にたっぷり入って置いてある。
普通に辛いものが好きな人が多いです・・ね、トルコ。

お店で働いてる人も、殆どが南部出身の人のようです。

ここの一番人気メニューはチキンドネルのラップサンド。
お店の入り口には大きなドネルケバブが
グルグルと回っています。

d0227344_3561631.jpgドネルケバブとは、
ソースにつけたお肉の薄切りを
串に刺して段々に重ねていき、
かたちを整え、
お肉を回転させて周りからあぶり焼きにし
焼けた部分を削ぎ切りにします。
その切ったお肉を
パンに挟んだりしていただきます。
ここのお店はお肉を焼く火にもこだわっていて、
なんと炭火焼だそうです。美味しいはずだ。
(ちなみにDonerとは回転するという意味。)

ここのラップサンドの味を知ってしまうと
他のお店のものがどうも物足りなく感じる・・。
チキン自体も美味しいし、ソースが絶妙。
ラップサンドの中には、チキンの他に
レタスや玉葱、トマトなどの野菜、ピクルス、
それにフライドポテトまでが入ってるの。
想像してみて。
普通のケバブを頼んだら
一皿に乗ってくるであろうものが
全部生地の中に詰まって巻かれてくる、って感じ。

d0227344_412482.jpg
これがチキンのラップサンド。中身たっぷりで結構なボリューム。3.75TL(約200円)なり~。(11年4月現在・笑)

d0227344_4184171.jpg
これはキュネフェというデザート。熱々でサーブされます。
シロップにつかっていて中にはチーズが入っています。切るとチーズがトロ~リ。
お値段、チキンのラップサンドよりも高い!でも、んっまいよ。


d0227344_426424.jpg「maxiroll」
7.Cadde No:6
Bahcelievler Ankara


※トルコはだいたいどの飲食店でも
パケットサービスといって宅配もしてくれます。
Burger kingのようなファストフード店や
ケーキ屋さんも宅配可なお店が多いです。
もちろん「maxiroll」も電話一本で持ってきてくれます。




           by アン@トルコ
[PR]
# by bayswater92 | 2011-04-13 15:41 | 食*トルコ | Trackback | Comments(0)


ロンドン・ベイズウォーターで出会った元スタントンスクール生のアンとロン、そしてジュンの3人が発信するトルコ、フランス、スイスの生活情報、日々の暮らし。*コメント大歓迎!お気軽に♪


by Bayswaters

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新の記事

苺のシャルロットとルリジュー..
at 2017-04-28 04:49
フォンテーヌブロー&ロックク..
at 2017-04-24 15:51
フルーツを使ったおやつ、いろ..
at 2017-04-20 02:42
Pâques・パック(イース..
at 2017-04-16 17:57
トルコの朝ごはんじゃないおう..
at 2017-04-12 03:24

カテゴリ

プロフィール
トルコ・フランス生活情報
3カ国(土・仏・瑞)生活情報
食*トルコ
食*フランス
食*スイス
お気に入り*トルコ
お気に入り*フランス
お気に入り*スイス
日々の暮らし*トルコ
日々の暮らし*フランス
日々の暮らし*スイス
日々の暮らし*フランス・スイス
旅*トルコ国内
旅*フランス国内
旅*スイス国内
旅*外国
里帰りニッポン
座談会

タグ

(440)
(399)
(321)
(222)
(161)
(84)
(83)
(81)
(73)
(73)
(67)
(66)
(58)
(56)
(54)
(41)
(37)
(32)
(30)
(22)

最新のコメント

フランス菓子ばかりで嬉し..
by M at 07:55
◆Yukochanさんへ..
by bayswater92 at 04:08
★Mさん、 ロッククラ..
by bayswater92 at 23:35
★arareさん、 こ..
by bayswater92 at 23:17
★arareさん、 ロ..
by bayswater92 at 22:56
旦那さま、ロッククライミ..
by M at 07:23
こんばんわ☆ 菜の..
by arare719 at 23:36
↑iPadの調子悪くて、..
by arare719 at 23:12
こんばんわ! フルーツ..
by arare719 at 23:00
★ kaorainneさ..
by bayswater92 at 07:15

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

検索

フォロー中のブログ

ろんどんらいふ
*Happy Tea T...
お茶の時間にしましょうか...
トルコ子育て生活
ヤマザキマリ・Seque...
黒パグ CHAPPYの成...
Lush Life
a&kashの時間。
うひひなまいにち
lotus pond 上...
cafe de ke*
ぶどう畑ぐらし。
kaorainne日記
ミニろんどんらいふ
がびあーの家の毎日
アクデニズ。
パリからのバレエ便り
London Scene
ビーズ・フェルト刺繍Pi...
ドキx2 わくx2 @ ...
un_voyage♪♪
北欧・スウェーデンよりシ...
FReeTraveLer
ねこ旅また旅
die Elfen im...
サンフランシスコ食堂 
Kuechennachr...
風と花を紡いで
イタリア夫に作るご飯 
Photolog fro...
カスタムニットBy* s...
Sweets and B...
ビーズ・フェルト刺繍作家...
Cache-Cache+
ふらんすさんぽ
~East meets ...
FREE TRAVELER
リタイア夫と空の旅、海の...
ぷくぷ日記
子供と楽しむ北欧生活
kaorainne日記Ⅱ
がびあーの家の毎日2

外部リンク

ファン

bayswater92

↓メールはこちら


素材お借りしています。


A.SLASH


mytaste.jp

**当ブログに掲載されてるお店情報等は、記事掲載時時点のものです。**

**当ブログは、PC版用に写真等の編集をしております。**

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
おうちごはん

画像一覧