クリスチャンディオールのミュージアム   by  ロン@フランス

ジュンちゃんの朝食、気持ちよさそう!
それと、あのパン・オ・ショコラの形が気になる・・。
フランスは四角い形に近いのに、スイスのって丸に近い?!
でも、湖のほとりで朝食ってステキでいいねー。

このフランスでの飛び石連休、7/14-7/17まで、私は湖ではなく近く・・いや、に行ってきました!
場所はノルマンディー地方のグランヴィル<Granville>という所です。
世界遺産のモンサミッシェルと同じエリアです。
地図で見るとモンサミッシェルのちょっと上あたりに位置しています。
でも、もちろん、歩いて行ける距離ではありませんが・・。

ココは義理姉夫婦がヴァカンス中だけいる場所なので、
今回の連休を使って私達家族も遊びに行かせてもらいました。
パリから車で約3時間半の場所です。
パリのモンパルナスから出ている電車に乗っても、同じぐらいの時間だとか。

とにかく見るところは沢山ありました!
中でも、クリスチャン・ディオールの育った家が海岸沿いに、あるとは知りませんでした。
しかも、ディオール家は、今、ミュージアム<Musée Christian Dior>になっています。
これは、是非、行きたい!と。

そこで、義理姉夫婦と共に海岸沿いを歩きながら、ディオール家の正面入り口ではなく、その海側から
案内してもらい、行くことに。
ちなみに海側から行くと絶壁の上まで階段を登っていく羽目になりますが、
絶景です!登りきれば、ディオール家の庭に出ます。
d0227344_23174179.jpg

バラのシーズンになると「小さなバラ園がすばらしい空間」になると、義理の姉が絶賛していました。
d0227344_03815.jpg

どこでもお金のかかるパリとは違って、この庭は無料で入れます!


d0227344_23235113.jpg


d0227344_23243752.jpg


庭は、クリスチャン・ディオールの母親がイングリッシュガーデンにした・・と、どこかに書いてありましたが、
まさに!ステキな庭でした。さすが、クリスチャンの母!

d0227344_23361211.jpg


d0227344_23364510.jpg


その、庭には、クリスチャン・ディオールが、世に出した香水の説明と一緒に、香りも知ることが出来る
「スグレもの」が、ところどころに展示?してあります。
説明の下にあるアルミ板の所をめくったら、うわっ、香りがっ!
d0227344_23474947.jpg


d0227344_23484492.jpg


庭の見学が終わったところで、いよいよミュージアム<家の中>へ!
d0227344_05214.jpg

しかし、残念ながら撮影禁止マークが・・。


d0227344_16655.jpgでも、3階建ての家の中には
ステキなドレスはもちろん、宝飾類、デッサン画や、有名人の手紙などが、展示されていました。
この日の週末は、たまたまノクチューン<夜も開館>だったため、私達は再度、
週末の夜に出直して22時30ごろまで、ゆっくり見学することができました。



Musée Christian Dior
Villa les Rhumbs
50400 Granville


http://www.musee-dior-granville.com

by  ロン@フランス
[PR]
# by bayswater92 | 2011-07-19 01:16 | 旅*フランス国内 | Trackback | Comments(0)

Breakfast&Lunchレポ fromジュネーブ byジュン@フランス(スイス)

こんにちは~。引き続きジュンからの投稿です。

<Breakfast編>
週末の朝はよくカフェで朝食をとります。
私は休日の朝は家でまったりと過ごしたいタイプなのに、旦那はコーヒーの香りに包まれてカフェの雰囲気を楽しみたいようで、良い気分でベットでまどろんでいる私を無理やり起こし、外に出る準備をするよう急かします。

この日は朝から天気が良かったので、朝食前にレマン湖の周りを自転車で走ることにしました(お腹の脂肪も気になるところで・・・)。チャリ道も設けてありますが、朝は人出も少ないので歩道を走っても大丈夫。
d0227344_651266.jpg

湖沿いには夏季限定でオープンカフェが何件か開店するのですが、私達はよくBain de Paquisの隣のこのカフェで朝食を取ります。ちょっと南国系の雰囲気のカウンターの両脇に、パラソルとテーブルが所狭しと並んでいます。
d0227344_7124713.jpg
ここには家族連れや友人と一緒に来る人も多いのですが、一人でコーヒーや紅茶を飲みながらゆっくりと新聞を読んでお昼くらいまで時間を過ごす人も結構居ます。
d0227344_6594137.jpg
この朝はあまりお腹がすいていなかったので、パン・オー・・ショコラとシリアルを2人でシェア。このようなお馴染みの朝食メニューの他、フルーツサラダがあったり、夜はバーになるようでアルコール類のメニューもあります。
d0227344_66988.jpg
すぐ目の前は湖港になっているのですが、ボートの合間を縫って白鳥や鴨が餌を求めてやってきます。しかし、調子に乗ってガンガン餌をあげていると、何処からともなく雀達がやって来てにあっという間にテーブルを占領されてしまうので要注意!!

とても気持ちが良い場所なので長居したくなるのですが、特に午前中は日当たりが良く、パラソルから離れた席もあるので、日焼け対策バッチリで行くことをお勧めします。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

<Lunch編>
先日、元バイト仲間のお友達とランチに出かけました。
私はジュネーブではだいたいアジアン系のレストランに行くことが多いのですが、今回はお友達にいつもと違った場所に連れて行ってもらいました。
d0227344_612175.jpg

Rive近くのMango Deck Coffeeというカフェレストランです。
d0227344_77047.jpg
店内ショーウィンドウの中は、木の皮でできた器に、それぞれパスタ、野菜、魚介類、チキンなどの食材と様々なトッピングが盛られ、色とりどり綺麗に飾られています。値段はだいたい15.00CHF前後(1.00CHF≒¥97 <07/17日付レート>)。
パスタ系、サラダ系、野菜系と分かれており、サラダ系以外を注文すると、この容器のままスチームで蒸されてからテーブルに運ばれるという、ヘルシー志向のメニューです。
d0227344_7111415.jpg
友達はsaumon a l'orange(サーモンのオレンジ添え)、私はpanache de poissons et crustaces(魚介類のミックス)を注文。パン付でやってきました。魚介類の下には白菜やにんじん等の野菜が隠れています。で、お味の方はとういと・・・かな~り薄味。
各テーブルに乗っている塩、胡椒で自分で味を調整するというシステムなのでしょうか。私は思わず醤油を持ってきてもらっちゃいました(日本人丸出し)。でも、これで味が引き締まって、底にたまっていたスープも美味しくなりました。尚、パスタ系はもっとしっかり味が付いているそうです。
d0227344_546292.jpg
この後、デザートとして梨のクランブルを頼みました。こちらは梨がフレッシュな感じで全体的に甘すぎず、なかなか美味でした。

完璧なベジタリアンのレストランではないようですが、野菜中心のメニューでどれも薄味のようなので、ヘルシーな食生活を求めている人には嬉しい限り。オーガニックの飲み物もありました。私達が11時半ごろお店に入ったときはがまだ他にお客さんは居ませんでしたが、ランチタイムにはもう満席でした。

店員さん達もとても感じが良かったですし、是非リピートしたいと思います。♪

Mango Deck Cafeサイト(仏語)



by ジュン@フランス(スイス)
[PR]
# by bayswater92 | 2011-07-18 06:25 | 食*スイス | Trackback | Comments(0)

ジュネーブ レイクパレード<Lake Parade> byジュン@フランス(スイス)

朝隈俊男さんのお人形、超かわいい !! 心を和ませる、癒し系ですね。
奥様の河童シリーズも何ともいえない味わいがあります。
パリにいたら是非見に行きたかった !!

さて、こちらジュネーブでは7月9日(土)にレイクパレード<Lake Parade>が開催されました。1997年から毎年行われているテクノパレードで、ステージと化した十数台の大型トラックの上で様々な衣装を身にまとった人たちが大音響の音楽に乗って踊りまくります。

パレードはモン・ルポ公園を16 :00に出発後、ゴールであるオーヴィヴ公園を目指し、レマン湖沿いの道路を3,4時間かけてゆっくりと進んでいきます。
d0227344_158756.jpg


当日は日中暑かったので、私は夕方6時くらいから最終地点であるオーヴィヴ公園の方へ旦那と向かいました。パレードはもうゴールに到着して、トラックは止まっていましたが、音楽とダンスはまだまだ続いていました。
d0227344_2473525.jpg
d0227344_2481179.jpg
歩行者天国となっている車道に人がたくさん溢れ、歩くのにも一苦労。


d0227344_2484564.jpg
d0227344_249910.jpg
仮装している人達もたくさんいました。


パレードのコース沿いには、飲み物や各国の料理 を販売している売店がずらっと並び、お腹が空いていた私は目移りしまくり。実はこの時間にやって来たのは、夕飯も兼ねてという理由もありました。(笑)

この日、私が食べたのはこれ。
d0227344_253034.jpg
ベジタブルサモサとカレーの盛り合わせ(ライス、2種類のカレーとタンドリーチキン)。
サモサ3ピース5.00CHF、盛り合わせ15.00CHFでした(1.00CHF≒¥96 <07/13日付レート>)。


芝生の上で食事、一休みした後さらに歩いていくと、ステージ発見 !!
d0227344_2493449.jpg

20 :00以降はレイクセンセーション<Lake Sensation>という名に変わり、写真のようなテーマ別に数箇所設置されたステージにDJが入り、先ほどの各トラックにも自由に上がって踊れるようになって、深夜にかけて更に盛り上がります。


このレイクパレード、レイクセンセーションへは、お友達と一緒に数人のグループで行くと楽しいですよ~。また、当日14 :00に出発点であるモン・ルポ公園に行けば誰でもパレードに参加できるそうです。
詳しくは、レイクパレード公式サイト (仏語)をご参照ください。


ジュネーブでは毎年このレイクパレードを皮切りに、夏恒例のイベントが目白押し。7月中旬よりジュネーブ・フェスティバル前夜祭<Pre-Fetes de Geneve>、ジュネーブ・フェスティバル<Fetes de Geneve>と続きます。


by ジュン@フランス(スイス)
[PR]
# by bayswater92 | 2011-07-14 02:23 | 日々の暮らし*スイス | Trackback | Comments(0)

朝隈俊男さんの作品展    by ロン@フランス

ジュンちゃん、ようこそー!
ほぼ、20年前に出会って、今こうして一緒に何かをやってるってことが、とても嬉しい!
これからは、3人で・・いや、まだメンバー増える可能性が、なきにしもあらず・・。
楽しんで行きましょう!

楽しんで・・といえば、造形作家の「朝隈俊男さんの作品展」へ娘と娘の友達を連れて
行ってきました。この作品展は、「和香」という和小物を作るクリエーターとのコラボでした。

さて、気になる朝隈さん作品、実は毎年、大成功を収めている
ジャパンエキスポにも今年出展したばかり。
<ジャパンエキスポは、日本の文化、カルチャー、・・ひっくるめて言えば、「日本の物、日本のこと」を
紹介する年に一度、パリ近郊で開かれる大イベントです。名物は漫画カルチャーでしょうか。日本の漫画家がゲストで来たり、歌手が来たり、コスプレ、その他、武道のデモンストレーション、日本食、
日本語留学の斡旋と、たくさんのコーナーがあります。>

その、朝隈さんの作品は、ジャパンエキスポ後にパリのおしゃれなパッサージュ内にあるギャラリーで展示されました。私はそこへ見にて行ってきました!
とにかく、もう、かわいくて、かわいくて。
でも、「かわいい」だけではなく、作品には朝隈さんからのメッセージが
込められていて、それを聞いて「ちょっと、ほろり・・」。<詳しくは下記サイトで!>
私と娘はすっかり朝隈さんのファンになってしまいました。
d0227344_1627424.jpg
d0227344_16283440.jpg
d0227344_16291158.jpg
d0227344_16294389.jpg
d0227344_16305867.jpg
d0227344_16313751.jpg


それから、朝隈さんの奥様<清水さん>の河童の作品2点もありました。
朝隈さんとは、また、違う雰囲気で、
とっても、かわいくてこの子達もポイント高いです!
d0227344_16373146.jpg

d0227344_1638277.jpg


私から見た、二人の作品に共通していることは、とにかく、「やさしい」というメッセージが
伝わってきます。そう、思いませんか?!
私と娘は、ビズ主催の展示会だったので和香さん達に会いに行きつつ、顔を出しに行った・・という
軽いノリで行ったのです・・・。
でも、帰ってくるときは二人で「行ってよかったねー!」っと、
大満足感を一緒に持ち帰ってきたのでした。
もちろん、朝隈さんの犬<下>、買って帰りました!<クリスマスプレゼント用に!>
d0227344_17134990.jpg

そしてウチにはパンダとペンギンとサイ<下>。なんと、朝隈さんご本人から頂いてしまいました!<涙>
d0227344_17154589.jpg

d0227344_17161411.jpg

その他に、「犬の生活」コレクションの一つを買いました。<デジカメが壊れたので写真がありませんが>
娘はあまりにも、そのミニチュアダックスがソファーで寝そべっている姿が気に入ってしまい、夕食のとき、キッチンへ行くとき、トイレへ行くときまで持ち歩き・・。
「あっ!」と思ったら、すでに遅し、「ゴッン!」と、落としてしまった・・。
泣きそうな顔をしながら、欠けてしまったパーツを探し、自分で接着剤で付けていました。
その話をビズ編集長に話したら、もう一つサービスして頂きました・・。
<結局、2回、展示会に行きました。>
欠けてしまった犬は私のコレクションになり、娘はちゃっかり、新品のミニチュアダックスと、
チワワまでゲットしました。<チワワのカワイさに負けて、私が買いました・・。>そして彼女は、
部屋の棚に「朝隈グッズコーナー」をつくり、頂いたサインと一緒に飾っています。

ちなみに、有名な漫画、ワンピースの作者の尾田先生も
朝隈さんのファンの一人だそうです。<スゴイ!>
きっと、これからも、もっともっと、ご活躍されることでしょう!

そんなわけで、朝隈さんご夫妻、編集長、には、とてもお世話になりました。
楽しかったです、ありがとうございました!

朝隈さんのサイトは
http://clayanimals.net

清水さんのサイトは
http://pao.sub.jp

ビズジャポンのサイトは
http://www.bisoujapon.com


by ロン@フランス
[PR]
# by bayswater92 | 2011-07-10 17:57 | 日々の暮らし*フランス | Trackback | Comments(0)

みなさま、はじめまして。 byジュン@フランス(スイス)

新入りのジュンと申します。
サブメンバーとして参加することになりました。

まずは自己紹介からです。

*****

ジュンのプロフィール

在仏9年の主婦。
仏人の夫とスイス国境近くに2人暮らし。

趣味は映画鑑賞、ダンス、ベランダハーブ園、ビデオゲーム、かえるグッズのコレクション(可愛いもの限定)、絵画、超簡単な洋裁・DIYなど。

d0227344_601225.jpg映画はカルト以外OK。絵画は水彩画をマスターしたいという願望はあるものの、道具をそろえただけで満足してしまっている状態。

また、今住んでいるところが山に囲まれている為、夏は登山、冬はスキーを少ーしやります。

そして只今、ヨガにはまっているので、いつかインドに行きたいと思っています。


ロンちゃんと同じく、若いころQueenの大ファンだったことがきっかけで1992年に渡英。London、Bayswaterの語学学校スタントン・スクールとOxford streetのカランに通いました。学校初日に同じクラスの日本人の子に誘われるまま、学校帰りに悪名高き(?)Wong Kei で食事をし、その後ゲイナイトのクラブで同性同士キスしまくっているのを目の前で目撃し、カルチャーショック。

その後、スタントンでアンちゃんとロンちゃんに運命の出会い。あの頃はみんな弾けてました(笑)。d0227344_605758.jpg

1年後日本に帰国しましたが、数年後またイギリスに戻り、結局、最初の渡英からトータルして5年程イギリスに滞在。その間にCPEをどうにか取得しましたが、渡仏後、英語にすっかりご無沙汰だったここ8年ほどで、私の英語力は急降下。


夫とはロンドンで出会い2002年に渡仏。
約2年間のフランス北部Bretagne滞在を経て、現在フランス東部Haute-savoie在住。

以上です。

アンちゃんとロンちゃんのように素敵な情報を提供できるかわかりませんが、どうぞよろしくお願いいたします。


by ジュン@フランス(スイス)
[PR]
# by bayswater92 | 2011-07-09 06:10 | プロフィール | Trackback | Comments(0)


ロンドン・ベイズウォーターで出会った元スタントンスクール生のアンとロン、そしてジュンの3人が発信するトルコ、フランス、スイスの生活情報、日々の暮らし。*コメント大歓迎!お気軽に♪


by Bayswaters

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新の記事

おうちランチと蒸しパン。 ◆..
at 2017-12-09 03:52
やっと栗。 ◆ by アン@..
at 2017-12-04 02:36
ガラクタ屋のクリスマスセール..
at 2017-11-29 21:14
2017・イスタンブル旅⑤<..
at 2017-11-24 03:50
bodum:ボダムのcale..
at 2017-11-19 00:07

カテゴリ

プロフィール
トルコ・フランス生活情報
3カ国(土・仏・瑞)生活情報
食*トルコ
食*フランス
食*スイス
お気に入り*トルコ
お気に入り*フランス
お気に入り*スイス
日々の暮らし*トルコ
日々の暮らし*フランス
日々の暮らし*スイス
日々の暮らし*フランス・スイス
旅*トルコ国内
旅*フランス国内
旅*スイス国内
旅*外国
里帰りニッポン
座談会

タグ

(463)
(420)
(342)
(222)
(170)
(89)
(87)
(86)
(78)
(76)
(68)
(66)
(62)
(57)
(55)
(41)
(39)
(34)
(31)
(23)

最新のコメント

◆マカさんへ。 こ..
by bayswater92 at 03:41
◆カシュカシュさんへ。 ..
by bayswater92 at 03:37
◆ハイジさんへ。 ..
by bayswater92 at 03:32
◆Mさんへ。 あは..
by bayswater92 at 03:29
アンさん、こんにちは!お..
by マカ at 13:46
アンさん、こんにちは♪ ..
by cache2sweets at 11:39
相変わらず美味しそうなも..
by heididayo at 13:25
お家でパーティーかなぁ?..
by M at 07:28
◆うひひさんへ。 ..
by bayswater92 at 02:42
◆francanaさんへ..
by bayswater92 at 02:36

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...

検索

フォロー中のブログ

ろんどんらいふ
*Happy Tea T...
お茶の時間にしましょうか...
トルコ子育て生活
ヤマザキマリ・Seque...
黒パグ CHAPPYの成...
Lush Life
a&kashの時間。
うひひなまいにち
lotus pond 上...
cafe de ke*
ぶどう畑ぐらし。
kaorainne日記
ミニろんどんらいふ
がびあーの家の毎日
アクデニズ。
パリからのバレエ便り
London Scene
ビーズ・フェルト刺繍Pi...
ドキx2 わくx2 @ ...
un_voyage♪♪
北欧・スウェーデンよりシ...
FReeTraveLer
ねこ旅また旅
die Elfen im...
サンフランシスコ食堂 
Kuechennachr...
風と花を紡いで
イタリア夫に作るご飯 
Photolog fro...
カスタムニットBy* s...
Sweets and B...
フェルタート™・オフフー...
Cache-Cache+
ふらんすさんぽ
~East meets ...
FREE TRAVELER
リタイア夫と空の旅、海の...
ぷくぷ日記
たのしむラボ  ***楽...
kaorainne日記Ⅱ
がびあーの家の毎日2
some day

外部リンク

ファン

bayswater92

↓メールはこちら


素材お借りしています。


A.SLASH


mytaste.jp

**当ブログに掲載されてるお店情報等は、記事掲載時時点のものです。**

**当ブログは、PC版用に写真等の編集をしております。**

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
おうちごはん

画像一覧