<   2014年 08月 ( 13 )   > この月の画像一覧

2014年の東京みやげ ◆ by ロン@フランス

ジュンちゃん、鳥良では、ありがとうね! 楽しかったわー! お互いにフランス滞在が長いから、別れ際に、フランス流のお別れ(頬と頬を合わせること)したけど、周りの人が見ていたら、私達はどういう風に映ったんだろうねー。わははは!

そして、その数週間後、先日、日本滞在から、フランスへ戻ってきました!
東京が35度の気温のとき、出発したのに、パリに着いたら15度で、寒〜い!
毎年こんな調子なので、ここ数年は、必ずサンダルではなく、革靴で日本へ行き、革靴で帰るようにしています。サンダルは、日本に置きっぱなしです…。

今年は、いつも以上に忙しくて、お土産も満足に買う時間がなくて、自分でも驚きましたが、帰りの成田では、本はどっさり?!買わないと気が済まない…のです。
いつもよりは、少ないのですが、本5冊に、漫画5冊、雑誌1冊、手荷物で、お持ち帰りしました。
d0227344_22504750.jpg

その他は、滞在中、チビチビ通りかかった本屋で、購入!
主に、ビジネスマン向けの本ばかりです。

成田空港内のTSUTAYAや、出国審査後では、漫画を買って帰ろう!と、
合計4軒の本屋に行きましたが、驚きました!
なんて、品数の少ないこと!!!
世界に誇れる漫画大国なのに、いいのか、これで?!
漫画を読むために日本語を勉強している外国人はさぞかし、がっかりしているでしょうね…。
ま、キテイちゃんショップが出来ていたのを見て、やっとか?!と、思ったので、来年には、漫画の品揃えが、豊富になっていることを願う!
その少ない漫画の中で、キラリと、ロンの目に入ったのが、これです!⬇︎
d0227344_2302876.jpg

「夢の雫、黄金の鳥籠」篠原千絵 作。
アンちゃんのいる国、トルコが舞台となっている、歴史と恋愛の漫画。
1巻から5巻まであったので、大人買い!
もう、読んでしまいましたが、面白かったです。16世紀のトルコが舞台です。
ちなみに、「闇のパープルアイ」を描いた人の漫画です。

こちらは、頂き物の漫画ですが…。⬇︎
d0227344_2318391.jpg

前に紹介したことのある、王妃マルゴの2巻と、AWAY1巻。萩尾望都 作。
王妃マルゴも歴史ものですが、舞台はフランス。こちらも、16世紀の時代。
イザベルアジャーニ主演で、知られている王妃マルゴは、すでに大人のマルゴの話から始まりますが、この漫画は、マルゴの子供時代から話が始まります。ロンは、これで、フランス史が、随分、分かるようになってきています!
こちらも、歴史+恋愛ですが、歴史面では、かなり、こだわっている作品。勉強になります。
AWAYは、萩尾望都氏の得意な、SF漫画で…っと、言っても、宇宙戦艦ヤマトとか、銀河鉄道999とかのSFの種類ではなく、もっと、ミステリーが、盛り込まれていて、奥が深い!

⬇︎さよならソルシエ。穂積 氏。
d0227344_23485445.jpg

こちらも、フランスが舞台ですが、19世紀。
画家、フィンセント・ファン・ゴッホの弟、テオの話。泣かされます。

⬇︎最後に、これ〜!
日本へ行く前から狙っていたのです!ふふふ。
d0227344_055832.jpg

さっそく、使ってみましたが、シャッター押したら、ジーっと、
写真が出て来た時は、喜びが〜〜!笑

といわけで、毎年恒例、成田空港で買い物をして帰るロン@フランスでした。
[PR]
by bayswater92 | 2014-08-30 00:28 | 里帰りニッポン | Trackback | Comments(8)

『鳥良』にて再会 byジュン@フランス(スイス)

こんな山の中に僧院があるなんて!!凄い光景だよね〜。こんなひっそりとした所に建てられたなんて何か意味があったのかな?私も行ってみたいなぁ。

こんにちは、ジュンです。
実はまた日本に来ています。
6年ぶりの日本の夏、やっぱり暑い〜!!
ここ数日は気温が下がったけど、それまで毎日サウナ状態でしたねぇ。

というわけで、ちょっと前になりますが、同じく帰省中のロンちゃんと一回東京で会いました。
再会場所は新宿。ロンちゃん行きつけの美味しい鳥料理のお店、『鳥良』にて。
店舗がいくつかあるらしいのですが、私たちが行ったのは新宿西口から徒歩1分というとても便利な場所。
d0227344_0344211.jpg
入り口が豪華〜。
お店の中も広々としたところにテーブルが並んでいましたが、
他の人の会話も気にならず、くつろいでお話しできました。

d0227344_0345998.jpg
さて、まずは冷製茶碗蒸し。
何年かぶりの茶碗蒸し〜。美味しくてペロリ。

d0227344_0352732.jpg
これは、カブとイクラのサラダ(だったかな名前?)。
さっぱりして美味。


ロンちゃんとは、1年ぶりくらいの再会だったかな。
いつもフランスで会うことが多いので(とは言っても1年に一回くらいのペース?)、日本で会うのはちょっと不思議な感覚。3人で毎日のようにネットでやり取りしているけど、会って話をする方がやっぱり楽しい。♪アンちゃんもその場に居ればBayswaters勢ぞろいだったのに!!

そしていよいよ鳥料理!!
d0227344_0355379.jpg
まずは鳥料理定番、から揚げ。
さすが衣がカラッと揚がっています。

d0227344_036223.jpg
このお店の看板料理、手羽先唐揚げ〜。
辛口とちょい辛口の2種類をオーダー。

お酒のおつまみには最高じゃないですか、これ。♪
私のようなお酒飲めない人にも、もちろんGoodですよ。
でも、辛口は結構辛かった。

ロンちゃんはビールとかアルコールを飲んでいたけれど、写真でわかる通り、
私はウーロン茶とそしてノンアルコールのサングリア。
d0227344_0402290.jpg
フルーティーで美味しかったですよ(半分くらい飲んでしまった後の写真)。

写真はこれで全部ですが、私たちそんなに小食じゃありません。(笑)
最後に締めで頼んだものがありましたが、お喋りに夢中で、写真撮り忘れましたぁ。トホホ。

というわけで、夕方に待ち合わせして、お互いの近況を話したり、相談に乗ってもらったりで花が咲き、あっという間にもう帰らなきゃいけない時間。ちょっと名残惜しい感じでお別れ。007.gif
またどっかで、会おうね。


鳥良:http://www.toriyoshi.jp/



byジュン@フランス(スイス)
[PR]
by bayswater92 | 2014-08-28 00:44 | 里帰りニッポン | Trackback | Comments(12)

スメラ僧院<2014夏・黒海と東の旅*2> ◆ by アン@トルコ

ロンちゃんの夏旅行、高松に寄り道したのね~。日本の美味しいものが羨ましい・・毎回同じこと言ってる気がする私。。笑 今の気分はやっぱり讃岐うどん!


そうなんです・・ここ数日胃腸の調子がよろしくないアンなんです。<どーでも情報>
そんなアンからは、夏のトルコ国内旅行の続きです。
今回はSümela Manastırı<スメラ僧院>。
d0227344_2502963.jpg
こんな山肌に張り付くように建っているスメラ僧院。黒海沿岸の都市Trabzon<トラブゾン>の南にあるMacka<マチカ>という街からさらに山に入って、山道を進んでいきます。(何気にダジャレが?笑)
d0227344_2574097.jpg
車が入れる最終地点に車を止めて、更に徒歩10分。時に険しい山道を登ったところにあります。ふだん運動不足のアンはぜーぇぜーぇ、はーぁはーぁ言いながら何とか到着。ちなみにふだんジョギングを怠らない夫は全然平気。こういうときに差が出るねー。ち。
d0227344_312728.jpg
階段を上って、さらに水道橋が見えるもうちょっと先まで。
反対側の景色は絶景です。。

d0227344_34659.jpg
入場料を払って、中へ・・。確か15TL(約750円)。
スメラ僧院は、ビサンツ時代の修道院。創設は6世紀頃で、現在の形になったのは14世紀くらいらしいです。こんなところによく建てたよね・・。
d0227344_375990.jpg
フレスコ画も残っています。しかし心ない落書きもあって。。こういうところに落書きする人の気が知れない( *`ω´)
この岩窟の中にもフレスコ画が残っています。
d0227344_310296.jpg
結構色鮮やかに残ってるね・・。
d0227344_3122666.jpg
この向かい側にも小さなチャペルがありました。
人が一人かがんで入れるくらいの入口。写真を撮ったら中のフレスコ画が見れました。
d0227344_3141516.jpg
それにしても、すごいことろに建ってるなぁ・・。

修道院なので、このようなチャペルの他にもガードハウスがあったり、パンを焼く部屋、図書室、勉強部屋なんかもありました。
へー、とか、すごーい、とか言いながら、見学も楽しかったです。スメラは行ってみたかったので満足❤︎ いい運動にもなったし。笑
外国人観光客も多くて、にぎわってましたよ。

このあたりはアルトゥンデレ国立公園に指定されていて、景色もとても綺麗です。
d0227344_31955.jpg
こんな小川も流れています♪

お天気が、イマイチだったけど、トルコの黒海地方は緑が豊か。
ドライブも山道で大変だったけど、景色がいいのでとても気分よかったです。

では、地図~↓
d0227344_324680.jpg


by アン@トルコ
[PR]
by bayswater92 | 2014-08-26 03:30 | 旅*トルコ国内 | Trackback | Comments(20)

高松で寄り道 ◆ by ロン@フランス

ジュンちゃんのカレー食べ放題は、いいなー!ウチの近くのインド料理屋さんは、高いんだわ…。
ロンは、中辛派だけど、フランスは、確かに甘口派が多いな…。

ところで、先日、高知へ行く前日、高松に寄り道しました。
と、いうのも岡山から、高知行きの特急が運休だったからなのですが…。
ここで、一泊。
どうやら、花火大会の前日に泊まったらしい…。なにげに、ギリギリセーフ?!
花火大会の日だったら、ホテル取れなかったかも?!

花火大会当日の朝、チェックアウトまでに…と、思って、観光と朝食へ出かけたら、
豪華客船が、港に来ていた!
d0227344_1432273.jpg


この日の朝食は、言うまでもなく…、
d0227344_1531455.jpg


駅前の有名な讃岐うどんのお店、めりけんや。
d0227344_1572245.jpg


本当は、子供の頃に毎年食べていた、連絡船のうどんが食べたかったのだけれど、めりけんやで、
食べた。その後、高松駅のすぐとなりのお店との間に、ワザと見つからないようにしているのか?!
と、思うほどに、奥まった場所に、連絡線うどんのお店を発見!ちょっと、ガク〜。笑

ところで、話が前後しますが、高松に着いた日の夜、散歩して…。
d0227344_211452.jpg


食べた場所は、昼間だったらロンが、絶対拒否する29階で…、「日本料理 高松若竹」。
食事のメニューは、久しぶりに食べた懐石料理。
味も見た目も、細かくて、もちろん、美味しい!日本ってやっぱり、すごいじゃーーーん!
と、懐石にジーンと、感動〜してしまいました。
d0227344_2585653.jpg


ここでの、夜のお食事は、綺麗な夜景しか見えなかったからか、かなり、よかった!!!
食べている間、29階ということも、すっかり忘れていたし…。高所恐怖症の方にオススメです。
ふふふ。
d0227344_3123791.jpg


by ロン@フランス
[PR]
by bayswater92 | 2014-08-24 01:45 | 里帰りニッポン | Trackback | Comments(4)

インド料理のブッフェランチ  byジュン@フランス(スイス)

刑務所の中って見る機会中々ないから、たまには良いかも。写真だけでもちょっと怖いけどね。それにしても、胡麻とヨーグルトのマントゥ、食べたいなぁ。♪次回も楽しみにしてるよん。

こんにちは〜、ジュンです。
久々にジュネーブの話題。
少し前のことなんですが、友達とインド料理のブッフェランチに行ってきました。

まずは前菜。
d0227344_0401898.jpg
たぶんラッシーとトマトとモッザレッラのさらだ。
一番奥はなんだったか忘れてしまった。
d0227344_040485.jpg
そして定番のサラダとライタ。
d0227344_041485.jpg
カレーですが、ベジタブルとホウレン草(パラック・パニールではなかったかも)。
写真はないけど他には牛カレーがありました。
d0227344_0412845.jpg
奥にあるのはイカとパコラ。
d0227344_042489.jpg
こんな感じで全種類少しずつ盛ると、一皿で結構お腹一杯です。
d0227344_0415738.jpg
デザートは、フルーツサラダと奥のはナツメヤシの実。


これだけ種類があって、20スイスフラン弱なので、お得感あり。☆
ドリンクは別料金だけど。
難点は、カレーに辛さが全然足りないこと。
現地の人用に味付けしているんでしょうが、それにしてももうちょっと香辛料入れてほしいなぁ。

と言いながら、ジュネーブの中心街にあるし、いろいろ楽しめるのでたまに行っちゃうんですよね。❤

LE DARSHANA
http://www.restaurants-geneve.ch/le-darshana/le-darshana.htm


byジュン@フランス(スイス)
[PR]
by bayswater92 | 2014-08-21 00:47 | 食*スイス | Trackback | Comments(10)

旧刑務所博物館と名物マントゥ@スィノプ<2014夏・黒海と東の旅*1> ◆ by アン@トルコ

ロンちゃんの高知の旅、お天気が残念だけど、お稲荷さんも四万十海苔のおにぎりも日本の美味しいものが羨ましいよ~。


ということで、旅から戻ったアンです。現地からは一回しかアップできませんでしたが、今回からぼちぼち旅の報告などを書いていきたいと思います。足掛け6日間のトルコ国内・ドライブ旅行。今回は黒海に面するSinop<スィノプ>の街。
d0227344_7231141.jpg

スィノプでは、夫が行きたかった旧刑務所博物館を見てきました。この刑務所はスィノプ城の城壁内にあります。このスィノプ城、出来たのは紀元前7世紀らしいです・・。どんだけ古いのよ。もちろん幾度となく修復・改築されてますが、刑務所の建物ももちろん古いです。元々はお城内の造船所だったらしいけど、1877年~1997年まで刑務所として使われていました。つい最近までだね。。
d0227344_727456.jpg
なんとなく重々しい雰囲気。監視塔もあります。
d0227344_7275339.jpg
では、建物の中に入ってみましょう。
d0227344_7285435.jpg
壁の厚さが半端ない・・。天井もすっごく高くて。
有名な詩人も投獄されてたらしく、右の写真はその彼の部屋。ここだけは中に入れないように柵がありました。彼の書いた詩もあちこちに貼られていました。
d0227344_7324539.jpg
ちょっと刑務所っぽい写真。笑
d0227344_735243.jpg
ドアも重々しい・・。
d0227344_7353660.jpg
庭には鉄棒。どうもお決まりっぽいイメージ。

刑務所の見学、うーん、なんだろ、ちょっと怖い雰囲気もあって、楽しめたかどうかは微妙・・。でも滅多にない機会なので、見学出来てよかったです。ちなみに入場料は確か5TL(約250円)。


刑務所見学のあとは、お楽しみご飯!
抜かりない調査の結果、有名店に辿り着けました!笑
『Teyze’nin Yeri Manti Salonu』というマントゥ(トルコ風水餃子)屋さんです。
d0227344_7425383.jpg
現地からもちょこっとアップしましたが、ここのマントゥは胡桃がかかってるのが特徴のようです(写真左上)。今まで見たことも食べたこともなかった!もちろんオーソドックスなヨーグルトソースがけもあって(写真右上)、カルシュクというヨーグルトと胡桃の両方かかったマントゥもあって、それがやっぱり人気&オススメみたいで、周りのテーブルを見てもみんなここの名物の胡桃とヨーグルトがけを食べていました。お味のほうは、というと、これがとっても美味しくて!マントゥに胡桃って合うんだね~。だから人気なんだと思うけど、ちょっと癖になる味。胡桃の香ばしさとマントゥのモチモチがいい塩梅!
そして、Etli Ekmekっていう挽き肉の入った薄いパン(写真左下)も美味しかった♪ キョフテ(トルコ風ミートボール)のプレートも❤︎
家族4人でシェアして、美味しくいただきました。すっごく満足できたお店です。
d0227344_7503638.jpg
おばちゃんたちがマントゥを作っていました。
ちなみに店名は日本語にすると、おばちゃんたちの店。みたいな・・。笑

d0227344_7521452.jpg








Teyze’nin Yeri Manti Salonu
Yeni Mahalle Gazi Cad. No:47/1 Sinop


ということで、以上スィノプでした。地図↓
d0227344_1694943.jpg


by アン@トルコ
[PR]
by bayswater92 | 2014-08-18 17:50 | 旅*トルコ国内 | Trackback | Comments(22)

高知の食べ物 ◆ by ロン@フランス

ジュンちゃんのイタリア旅行記スゴイわね〜!綺麗だし、ロマンがあるわ!青い空が、また、羨ましいわ〜!

と、いうのもロンは、今年の台風情報満喫の、高知県に来ております。
いつもの、青い空はどこ?!どこなの?!っていう、感じで…。今も、雨や雷で、つまんなーい!笑

ここへ来るにも、一苦労しましたが、やっぱり、あっちこっちが、ダメージを負っていて、
ロンの祖父母の家は、電気が届いておりませんでした。近所の山は、少々崩れ、近くのビニールハウスなんかも、壊れているところもありました。知り合いのお家の車庫の屋根もぶっ飛んでしまったそうです。

で、こんな雨の日は、食べ物で満喫するしかない!っというわけで。今日食べたものは…。
d0227344_14451367.jpg

四万十海苔入りの納豆、しらすごはん、柚子がきいたおいなりさん、ゴボウ天、干物。
さらに、アンパンマンだらけの高知県なので、駅にあるパン屋さんで買った、あんぱんと、カレーパン。
d0227344_14482060.jpg

左上は高知のコーヒー牛乳。
右上にある日本酒は、言うまでもなく、土佐鶴の期間限定品の新酒 「蔵酒生」。
氷点下生貯貯蔵、5月から10月までしか販売していないらしい…。ふふふ。
(by 小松酒店主 http://wwwa.pikara.ne.jp/komatsu-tosa )


d0227344_1541322.jpg

四万十海苔入りのおにぎり。中に入っている海苔は、海苔の佃煮っぽいけど、黒くなく、黄緑に近い色で、香りがよくて、美味しいのですー。

そんなわけで、天気には恵まれていませんが、充分満喫中であります!
フランス帰国も秒読み状態になりました。
また、時間がゆっくり出来たら、じっくりお話させて下さ〜い、では、では、よろしく〜!

by ロン@フランス
[PR]
by bayswater92 | 2014-08-16 15:13 | 里帰りニッポン | Trackback | Comments(8)

2014年夏 北イタリア旅行記 Part5 byジュン@フランス(スイス)

アンちゃん、いよいよ旅に出発だね!!黒海ってこんな感じなのねぇ。夕暮れの景色が綺麗!!美味しそうなお料理もたくさん。続き楽しみにしているよ〜!!

こんにちは〜、またまたジュンです。
今回は北イタリア旅行記、最終回。
d0227344_2351294.jpg
チンクエ・テッレ最後に訪れた町、マナローラ (Manarola)。チンクエ・テッレの地図はこちら。
こちらはコルニリアに次いで2番目に小さい村だそうです。
d0227344_23285256.jpg
坂の上に建つ、サン ロレンツォ教会。

d0227344_23294293.jpg
イタリアらしいカラフルなお店。

d0227344_2330580.jpg
これ、南仏でもよく見かける植物ですが、
こんなに見事なのは初めて見かけました。

フェリーの時間もあったので、結局1時間だけの滞在でした。

* * *

夕方、リオマッジョーレに戻ってから、小腹がすいたので初日から気になっていた魚介のフライを。
d0227344_23304852.jpg
左のアンチョビと真ん中のエビやイカのフライ、2種類食べました。
塩味が効いて美味しかった〜。^^


夜のリオマッジョーレ。
d0227344_23312929.jpg

d0227344_042513.jpg
お店が並ぶメイン通りで、小さなライブがあったりと、人手があって結構賑わっていました。
私たちは海岸沿いのカフェでまったりと。
次の日の朝にはもう出発かとうと、なんか名残惜しい感じで、宿に戻るのがもったいなかったなぁ。

チンクエ・テッレの夜景も楽しみたいという方は、5つの町どれかに泊まることをお勧めします。ビーチで海水浴を楽しみたかったらモンテロッソ・アル・マーレ、静かな環境が良かったらコルニリアなど、目的に合わせて。私たちは、レストランやカフェなどお店が充実しているリオマッジョーレに泊まって大満足でした。❤
いずれにしても、早めの予約を。

* * *

さて、最後にリオマッジョーレで見かけた動物くんたち。
d0227344_2332046.jpg
飼い主さんが小石を海の中に投げると、そこまで行っては戻ってくるという遊びを
何十回と繰り返していたワンちゃん。
当然ながら石は水中に沈んでしまうので、咥えてはこれないんですが、
よほど楽しいのか飼い主さんが小石を投げるのをずっと待ち構えていました。

d0227344_23322276.jpg
ママカモメに餌を催促するコドモカモメたち。
ずっとコドモたちが大声で鳴いて催促する中、ママカモメは5分くらいもったいぶって
逃げ回っていましたが、最後に口の中から魚を数匹戻してあげていました。

d0227344_23323786.jpg
坂の真ん中で急に座り込んでずっと動かなかった、耳かけの猫ちゃん。
近寄って撫でても平気だったので、人馴れはしていそう。
後姿がまた可愛かったんですが、写真失敗。><



というわけで、2014年北イタリア旅行記は終了です。
最後までお付き合いくださったみなさま、どうもありがとうございました。♪


関連記事:
2014年夏 北イタリア旅行記 Part1:
http://bayswaters.exblog.jp/20928506/
2014年夏 北イタリア旅行記 Part2:
http://bayswaters.exblog.jp/20949881/
2014年夏 北イタリア旅行記 Part3:
http://bayswaters.exblog.jp/20971265/
2014年夏 北イタリア旅行記 Part4:
http://bayswaters.exblog.jp/20992771/


byジュン@フランス(スイス)
[PR]
by bayswater92 | 2014-08-14 08:12 | 旅*外国 | Trackback(1) | Comments(16)

黒海から、こんにちは。 ◆ by アン@トルコ

チンクエ・テッレの青い海と空、ヨーロッパな建物、どれも綺麗〜。ジュンちゃん、そんな景色の中をハイキングなんて気持ちいいだろうなぁ。


さて、アンも昨日の日曜から車で旅に出ています。といっても今年は昨年みたいなヨーロッパではなくトルコ国内。日曜の最終目的地はAyancık(アヤンジュク)という黒海沿いの街です。
d0227344_3561624.jpg

Ayancıkに着く前にTosyaというところでランチ。
d0227344_3561922.jpg

d0227344_3562167.jpg
羊の丸焼きをいただきました。お肉も柔らかくて美味しかったー。

そして夕方にAyancıkに到着。目の前が黒海!な宿です。
d0227344_3562564.jpg
夕陽がめっちゃ綺麗だった〜❤︎ 夕陽を見ながらチャイもいただいて♪
d0227344_3562849.jpg
海辺の反対側は山。古い家も味があって素敵♪
d0227344_3563767.jpg



そして月曜の今日は海に。。ここは石浜です。
d0227344_3563042.jpg
私は石ころ拾いに夢中。笑
綺麗な石がたくさん!
d0227344_3563268.jpg


午後はSinopにドライブ。昔の刑務所を見学したり、
美味しいマントゥ(トルコ風水餃子)も食べました。
d0227344_3564149.jpg
これ、胡桃がかかってるの。ちょっと珍しい?でもとっても美味しかったの〜❤︎



そんなこんなで旅を満喫中。
明日は黒海沿いを東に移動しまーす。

ではでは。
*旅中につき、コメントなど遅れるかもしれません、、m(._.)m


by アン@トルコ
[PR]
by bayswater92 | 2014-08-12 04:01 | 旅*トルコ国内 | Trackback | Comments(24)

2014年夏 北イタリア旅行記 Part4 byジュン@フランス(スイス)

サンリオピューロランド、私が子どもの時に造って欲しかった!!特にフードコートのお弁当箱やカップなんか絶対欲しがっただろうなぁ・・・。

さて、ジュンからは北イタリア旅行の続きを・・・(もう少しお付き合いくださいませ ^^;)。
4日目はチンクエ・テッレの他の町へ。

交通手段としては電車とフェリーがあるのですが、私たちはとりあえずフェリーで、宿泊先の東南端の町リオマッジョーレ (Riomaggiore)からヴェルナッツァ (Vernazza)という町に行って、その隣の西北端のモンテロッソ・アル・マーレ (Monterosso al Mare)までの3㎞のトレッキングコースを歩いていくことにしました。
地図はこちら
d0227344_1344394.jpg
朝一のフェリーで出発!!

ヴェルナッツァへは15分くらいで到着。
d0227344_161179.jpg
ヴェルナッツァのシンボルである要塞。

ここの港で降りてから、トレッキングコースのある場所へ上へ上へと登ると、
d0227344_162960.jpg
ヴェルナッツァの港を一望。

トレッキングコース料金(確か一人7.50ユーロ)を支払い、約2時間程の道のりを歩きました。
最初の30分はずっと登り坂。結構きつかった・・・。
反対側から来る人が数人、「登りはあともう少しで終わるよー。」って励ましのお言葉〜。><
d0227344_119206.jpg
来た道、ヴェルナッツァ方面の眺め。

d0227344_1412915.jpg
でも、その後はほとんど平坦な道だったので楽勝でした。♪
このヴェルナッツァ - モンテロッソ・アル・マーレ間は、チンクエ・テッレを結ぶハイキングコースの中で一番キツイコース(難易度<中>)。あいにく他全部のコースが工事の影響でこの時期封鎖されていて(結構ショック ><)、仕方なくこのコースを歩くことにしました。

私たちのように、ヴェルナッツァ → モンテロッソ・アル・マーレの方向で歩いた方が、逆の方向で行くより登りが楽そうでした。その場合、日を背にして歩ける午前中がベター。

左側は海の景色がずっと続いて本当に気持ちが良かったので、もしチンクエ・テッレに行かれたら、どれかのコースを歩いてみることをお勧めします。結構厳しい道もあるので、トレッキングシューズ、最低でもスニーカーが必要です。また、暑い季節はかなり汗をかくので、Tシャツの着替えを持参し、短パンまたはショートパンツで。

ちなみに、最も知られているのがリオマッジョーレとマナローラを結ぶ「愛の小道(Via dell'Amore)」というなんともイタリアらしいロマンチックな名前のコースなんですが、今回行けなくて残念〜。

d0227344_175081.jpg
目的地のモンテロッソ・アル・マーレ。
ここは、結構大きな砂浜のビーチがあってお店も結構あるし、一番リゾート化している町らしい。
d0227344_135634.jpg
d0227344_135162.jpg
個性的な縞模様のサン・ジョヴァンニ・バッティスタ教会。

ランチを簡単に済ませ、またフェリーに乗って逆戻り。
d0227344_185512.jpg
チンクエ・テッレ真ん中の町、コルニリア(Corniglia)。

人口はたった250名だそう。
この町も行きたかったんですが、ここは唯一港がない町、そして歩道も閉鎖されていて、行きそびれてしまいました。(涙)

さて、次回はチンクエ・テッレ最後の町、マナローラ (Manarola)へ。
北イタリア旅行、最終回です。


byジュン@フランス(スイス)
[PR]
by bayswater92 | 2014-08-10 01:56 | 旅*外国 | Trackback | Comments(14)


ロンドン・ベイズウォーターで出会った元スタントンスクール生のアンとロン、そしてジュンの3人が発信するトルコ、フランス、スイスの生活情報、日々の暮らし。*コメント大歓迎!お気軽に♪


by Bayswaters

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

2017・イスタンブル旅③<..
at 2017-10-21 04:11
Pâte à tartine..
at 2017-10-16 06:36
2017・イスタンブル旅②<..
at 2017-10-11 14:00
モロッコ在住 まさちゃん(友..
at 2017-10-06 05:47
帰省日記2017・晩夏<続・..
at 2017-09-30 04:15

カテゴリ

プロフィール
トルコ・フランス生活情報
3カ国(土・仏・瑞)生活情報
食*トルコ
食*フランス
食*スイス
お気に入り*トルコ
お気に入り*フランス
お気に入り*スイス
日々の暮らし*トルコ
日々の暮らし*フランス
日々の暮らし*スイス
日々の暮らし*フランス・スイス
旅*トルコ国内
旅*フランス国内
旅*スイス国内
旅*外国
里帰りニッポン
座談会

タグ

(458)
(416)
(339)
(222)
(169)
(88)
(86)
(85)
(76)
(74)
(67)
(66)
(61)
(56)
(55)
(41)
(39)
(34)
(31)
(23)

最新のコメント

アンさん、こんにちは〜!..
by Aqua_blueY at 09:40
◆Yukochanさんへ..
by bayswater92 at 22:37
◆うひひさんへ。 ..
by bayswater92 at 22:21
◆うひひさんへ。 ..
by bayswater92 at 22:16
◆カシュカシュさんへ。 ..
by bayswater92 at 22:13
◆francanaさんへ..
by bayswater92 at 22:08
◆peanutsさんへ。..
by bayswater92 at 22:03
美しいモスクですね〜♡ ..
by arare719 at 15:24
わぁ~~~ほんとうに美し..
by uhihihihi at 15:19
わあ~ほんとカラフルでど..
by uhihihihi at 15:16

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

検索

フォロー中のブログ

ろんどんらいふ
*Happy Tea T...
お茶の時間にしましょうか...
トルコ子育て生活
ヤマザキマリ・Seque...
黒パグ CHAPPYの成...
Lush Life
a&kashの時間。
うひひなまいにち
lotus pond 上...
cafe de ke*
ぶどう畑ぐらし。
kaorainne日記
ミニろんどんらいふ
がびあーの家の毎日
アクデニズ。
パリからのバレエ便り
London Scene
ビーズ・フェルト刺繍Pi...
ドキx2 わくx2 @ ...
un_voyage♪♪
北欧・スウェーデンよりシ...
FReeTraveLer
ねこ旅また旅
die Elfen im...
サンフランシスコ食堂 
Kuechennachr...
風と花を紡いで
イタリア夫に作るご飯 
Photolog fro...
カスタムニットBy* s...
Sweets and B...
オフフープ™立体刺繍、フ...
Cache-Cache+
ふらんすさんぽ
~East meets ...
FREE TRAVELER
リタイア夫と空の旅、海の...
ぷくぷ日記
たのしむラボ  ***楽...
kaorainne日記Ⅱ
がびあーの家の毎日2

外部リンク

ファン

bayswater92

↓メールはこちら


素材お借りしています。


A.SLASH


mytaste.jp

**当ブログに掲載されてるお店情報等は、記事掲載時時点のものです。**

**当ブログは、PC版用に写真等の編集をしております。**

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
おうちごはん

画像一覧