<   2014年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

カパドキアツアー*2<パシャバーのキノコ岩編> ◆ by アン@トルコ

ロンちゃんちの実家で育ててるイチゴ!たくさん出来てるね~。やっぱりイチゴってカワイイね~。イチゴ摘むのもワクワクしちゃいそうだよ。籠がナイス♪

d0227344_3305973.jpg
さて、アンからは、前回のカパドキアの続きです♪
カパドキア地方のアヴァノスでトルコ料理のランチを食べてから向かったのは、この地方独特のキノコ岩の最大の見所となるPasabag<パシャバー>。
バスを降りると目の前にキノコ岩の世界が広がります。
d0227344_3331498.jpg
このキノコ岩は、長ーーい年月の間に、火山が噴火し、雨が降り、風が吹き・・硬度の違う岩の層が侵食され、出来上がったもの・・。
d0227344_3525181.jpg
・・しめじ?
d0227344_353888.jpg
d0227344_3563645.jpg
またカパドキア地方は、ローマ帝国の弾圧を逃れたキリスト教徒たちが隠れ住んだ場所でもあり、このパシャバーのキノコ岩の中にも岩窟があるんです。この日は人が結構多かったので、中には入らなかったけど、2008年にここを訪れたときは↑ここに梯子がかかってた!

d0227344_434334.jpg


ほら、こんな風に。。
後から知ったんだけど、この梯子のかかった岩窟の中にはフレスコ画が残ってるんだって!
ひゃー、見たかったなぁ!
私、若干ヘタレ高所恐怖症で、こんな梯子、のぼれません・・。
ちなみに東京タワーや高層ビルは大丈夫。
柵とか手摺りとかないとダメなんだよね・・。<どーでも情報>

d0227344_481721.jpg
こんな不思議な形の岩・・。っと、よーく見ると・・
d0227344_485679.jpg
お土産屋さんの脇から見えたんだけど、この岩にドアがついてる~~!
お土産品の倉庫にでもなってるのかしら・・?

d0227344_4151393.jpg
d0227344_4183831.jpg
d0227344_4152372.jpg
・・とこんな感じで、パシャバーのキノコ岩を見学してきました。まだまだ周りきれてないんだけど、やっぱりカパドキアを一日で見るのはもったいないなー、いつか泊まりで再訪したいです。でも、ちょっと日常から離れてリフレッシュした気分にもなりました!
d0227344_425315.jpg
カパドキアは、超がつくほどの観光地なので、いろんなカワイイお土産も揃ってますね~。私も記念にちょこっとお買い上げしてきましたよ~。そんな話も次回に!


by アン@トルコ
[PR]
by bayswater92 | 2014-05-30 04:33 | 旅*トルコ国内 | Trackback | Comments(22)

イチゴの収穫 ◆ by ロン@フランス

豪華な親子遠足へ行ったアンちゃん、ロンも行きたくなったよ~~~!
トゥズ湖すご~い!レストランもすご~い!トルコに、はまってしまう人の気持ちが分かってきたわ!

で、ロンは、ローカルな田舎ぐらしのような話題です・・・。
ウチから、(車で)スープの冷めない距離にある義理両親の庭で、
夫が数種類の野菜や果物を毎年作っています。
本日、登場するのは、イチゴ!かなり赤くなってきました~!
d0227344_5275933.jpg

義理母曰く、今年は、赤いフルーツの豊作が、期待できる年とのこと。
確かに~~~!その通りかも!いつもより多い数が実っている?!
d0227344_5321287.jpg

今年は、2種類のイチゴを植えました。
一つ目は、Gariguette・ガリゲットという品種。フランスでは、とてもメジャーで、「甘い」と評判のイチゴ!それだけでは、なく、香りもとってもいいのです~!
d0227344_5352731.jpg

もう一つは、初めての挑戦です。
Ciflorette・シフロレットという品種。食べてみましたが、これも甘くて美味しい!両方、好きかも~?!
d0227344_5444671.jpg

この日、すでに赤くなったイチゴを摘み、あんまりないから、お弁当箱に入れながら作業をしていたら、
義理父が、「その箱じゃ、小さすぎるからコレ使いなさい」と、カゴを持ってきてくれた。
すると、どうだ!ほんとうに、お弁当箱に、入る量ではなく、カゴでちょうどいい!ぐらいだったかも・・。
d0227344_5515486.jpg

そして、この日のクライマックスは、マミー(義理母)が、使ってくれたイチゴのデザート!
冷蔵庫に冷やしてあったので、さっぱりしていて、甘くて、「おいしい!」と、娘があっという間に
食べてしまい、ロンは、味見さえ、させてもらえず!く~っ!
d0227344_5563339.png

実は、この日、25日は、フランスで母の日でした。なので、レストランで満腹になってしまったロンには、食べられない、無理無理状態だったので、一口だけ味見させて、もらいたかったぁ~~~~~!
なのに、知らない間に、食べ終わっていた~~~!
だから、このデザートの味の感想は、娘の感想でした~~~!泣

by ロン@フランス
[PR]
by bayswater92 | 2014-05-28 06:17 | 日々の暮らし*フランス | Trackback | Comments(9)

カパドキアツアー*1<塩湖、カマン、アヴァノス昼食編> ◆ by アン@トルコ

ジュンちゃんが再現したかったシーフードリゾット、お味のほうはお店の味にならなくても、すごく美味しそうだし盛り付けも素敵だわ。アサリがなんとも羨ましい感じ!


さて、アンからは、昨日の土曜日に行って来たカパドキアツアーの話でも♪
この日は次女の学校の親子遠足でした。保護者主催、先生はゲスト感覚、参加者も希望者のみ、でしたが、17家族が参加となり、ワイワイと楽しんできました。
日帰りツアーなので、ブログにアップするのも一回で済むかな、と思ってたんだけど、結構な写真を撮ってきたし、考えた末、3回に分けることにしました!長くなりますが、お付き合いいただけたら嬉しいです。

今回の訪問先、メインはカパドキアだけど、カパドキアに着く前にいろいろ寄り道がありました。まず、アンカラから150kmくらい行った先にあるトゥズ湖(塩湖)へ・・。

出発の朝は雨が降っていて、どうなることかと思ったけど、塩湖に着く頃には晴れてきた!058.gif
d0227344_310487.jpg
なんか南米の有名な、なんだっけ、あ、ボリビアのウユニ塩湖みたい!?
でもそんな大規模じゃあないけど(って行ったことはありませんが^^;)、朝降ってた雨がカラッと上がっていいお天気になったのも手伝って、すごく綺麗だった~。ちょっと感動。
なんとも不思議な感じ。写真を見てもわかるように、ガラスの上にでも立ってるかのように写るんだよね・・。
d0227344_3174399.jpg
塩のつぶ?塊も進むに連れてだんだん大きくなっていく・・。やっぱりしょっぱいのかな・・舐めてみたい衝動にかられたけど出来なかった!笑 裸足で歩いてる子は、痛い痛いと言っていた。時間があったら裸足になってたんだけどな!


そして、次の訪問先は、カマン。
ここは遺跡がたくさん発掘されてる場所でもあります。そんなカマンですが、在トルコ日本大使館のHPによると・・
d0227344_323391.jpg
日本の財団法人・中近東文化センターによる本格的な発掘調査が現在まで続行中。
同センターの付属機関として、アナトリア考古学研究所が、カマン・カレホユック遺跡の隣に1998年に設立されました。
そして2010年には、カマン・カレホユック考古学博物館がオープン。

・・ということ。


考古学博物館にはたくさんの遺跡が展示されています。
←壷が並んでたり。
説明書きは、トルコ語、英語、日本語で。
私にとってはわかりやすく、とてもありがたい感じでした。

そして、この博物館を出ると、日本庭園があるんです~。
d0227344_3492520.jpg
やっぱり時間がなくて全部見れなかったけど・・
d0227344_335598.jpg
池があり、藤棚があり、池には鯉が泳いでて・・蛙もいた!ちょっぴり日本な光景に癒された。
そうそう、日本だと庭っていうと癒しの場所だったりするけど、トルコで庭といえばBBQだ!ってガイドさんが言ってたのには思わず爆笑。


そして、そろそろお昼な時間になる頃に到着したのは、カパドキア地方のアヴァノスというところ。
ここにある洞窟レストランでランチタイムとなりました。
d0227344_3403524.jpg
こんな変わったレストラン!
劇場の客席のように段々に並んでいる席。それが穴の中にあるみたいになっていて、こんな穴もいくつかあって、中央では民族楽器のウードの生演奏がありました。

ランチメニューは・・
d0227344_354291.jpg
d0227344_3581768.jpg
・メルジメッキ・チョルバス(レンズ豆のスープ)
・スジュクル・クルファスリエ(トルコ風サラミ入り白いんげんのトマト煮込み)
・カパドキア名物TESTi KEBABI<テスティ・ケバブ>(お肉と野菜の壷焼き)→→→
素焼きの壷にお肉と野菜を入れてオーブンで焼いたものを、壷を割って頂きます。パフォーマンス付き!笑

デザートは、バクラワ。でした♪

さ、お腹がいっぱいになったら、いよいよカパドキアのメインイベント!?キノコ岩見学です。
d0227344_44284.jpg
次回に続く~!!


by アン@トルコ
[PR]
by bayswater92 | 2014-05-26 04:17 | 旅*トルコ国内 | Trackback | Comments(20)

幻のシーフードリゾット byジュン@フランス(スイス)

アカシアの??って食べられるんだね。しかも甘いお菓子になるのね。♪
フランスに住んでるのに知らなかったよ〜。

さて、皆さんはレストランで食べたら美味しくて、お家で再現したいお料理ってないですか?
あの時の味がいつまで経っても忘れられなくて、また食べたいなぁ・・・っていう。
私はいくつかあります。
こないだ、その中の一つに挑戦してみました。

昔、銀座で働いていたときに良く食べていたシーフード・リゾットなんですが、今はそのお店もあるかどうかもわからず、お店の名前も憶えていない。

薄れた記憶をたどって今回挑戦したのですが・・・、
d0227344_1493939.png
結果はまるっきり違う味。(ToT)

シーフードとベーコンが入ったトマトクリームソースのリゾットだったんですが、本物はスープリゾット系でダシが効いていたような・・・。
何のダシだったんだろう?
あぁ、レシピが再現できる日はやってくるのだろうか。

d0227344_1504443.png
でも、今回このアンチョビソースが良い仕事をしてくれました。
これを入れると、味がちょっと引き締まります。
何本か買って帰ろうっと。♪

* * *

あと、これってもう散々話題になっていたものなのか、よくわからないけど・・・。

d0227344_151162.png
お店の前を通るたびに気になっていた、
『東京えんとつ』のカップ型シフォンケーキ。♡
形が可愛いし、大きくてお得感あり。

中にはとろっとしたカスタードと生クリーム、
そしていちごが入っていて、これが美味〜!!

一人では食べきれないかと思ったけど、
全部食べちゃいました。

他にもベルギーチョコとか季節限定物も
あるみたいで、ちょっと楽しみ。♪

これも懐かしい、元気になる曲。♪

夢の続き - 竹内まりや(1987)


byジュン@フランス(スイス)
[PR]
by bayswater92 | 2014-05-24 08:39 | 里帰りニッポン | Trackback | Comments(12)

アカシアの花を食べる ◆ by ロン@フランス

Limonata<リモナタ>おいしそ〜!アンちゃんのレシピは、お水だったけど、ロンは炭酸好きだから、ペリエ入れて飲んでみたいな〜!

ちょうど、フランスも暑かった日が3〜4日続き、アカシアの大きな木に白い花がつき、満開でした!
写真では、花が小さすぎて見えませんね…。あはは。
d0227344_5203650.jpg

夫のファミリーは、このアカシアの花を見ると、毎年「美味しそ〜!」と、言っている…。
もちろん、食べるから…で、ありますが、さすがに道端や、公園の花をブチブチとるわけにもいかないので、実家の庭にあるアカシアの花をとります〜。
d0227344_5224117.jpg

このアカシアの花をとるのは、やっぱり、子供達?!
ちょうど、娘のイトコ達も来ていたので、3人で仲良く叫びながら、ブチブチとっていました。
d0227344_5353868.jpg

摘んだ花は、洗わずに使う。…らしい。by 義理父
d0227344_5385880.jpg

そして、衣を作り、そこに浸して、揚げる。
この衣は、天ぷらの衣にお砂糖が入ったものと、思っていいかと…。
それとも、ドーナッツ生地を水で薄めたような?!
とにかく、義理父が目分量で作っていたのを
チラ見しただけなので、砂糖の分量は、わかりませんが…。大して重要ではありませーん。
入っているものは…。
・小麦粉
・卵
・水
・砂糖
d0227344_5491558.jpg

そ、適当で大丈夫!ポイントは、しっかり、きつね色に揚げて、食べたときカリッとするように、
ちょっと、揚げすぎ?ぐらいで、ちょうどいいかも?!
d0227344_5544384.jpg

食べる時には、また、お砂糖をかけるので、ここで、しっかり、味がつく感じになります。
これで、出来上がり〜!
d0227344_634511.jpg

はたして、味は?!
む〜、花の味がしてるのか、してないのか、分からないけど、とりあえず、程よく、甘く、サクサクして、美味しい〜です!ふふふ。
そうそう、花の真ん中にある太め茎や、カリカリしてない茎は、がんばって食べずに残したほうが、いいです。もちろん、ロンは、花しか、食べませんよ〜!ははは。

by ロン@フランス
[PR]
by bayswater92 | 2014-05-22 06:23 | 食*フランス | Trackback | Comments(14)

LiMONATA<レモネード>*トルコ料理レシピ・その29 ◆ by アン@トルコ oishii

ジャズカフェレストランの『Cotton Club』ジャズを楽しみながらのご飯、いいね~♪ お料理もどれも美味しそうだよ。ジュンちゃんも楽しい時間を過ごしたね♪ 口内炎はその後どうなったかな!?


口内炎、きっとビタミンが効くに違いない!?とちょっとこじつけ?って感じも無きにしも非ず、だけど、アンからは今日はトルコ風レモネード、Limonata<リモナタ>ですよー。甘くて爽やかなレモネード、夏には欠かせないドリンクです。
普段はペットボトルに入ったものを買ってくることが多いけど、今回は初めて手作り!やってみました。

というのも・・
d0227344_2151585.jpg
これ、夫の実家からもらってきた、レモン。
実家のご近所さんの親戚の人から届いたそうで、メルシンという地中海沿岸の町に住むその方の庭で採れたレモンなんだって。それ、おすそ分けいただきました。葉っぱもついてる超フレッシュ!なレモン。もう、作るっきゃないよね♪

ざっと作り方、紹介しますね~。

【材料】
レモン 5個
水 2.5リットル~3リットルくらい
お砂糖 カップ2
d0227344_2152426.jpg
【作り方】
1.まず、レモンをよく洗う。皮をボウルにすりおろす。
2.そこに砂糖を入れ、かき混ぜる。
3.レモンを絞り、2のボウルに入れる。
4.レモンを絞ったときに出た種やカス?も3のボウルに入れる。
5.水1リットル分を4のボウルに入れよくかき混ぜ、絞りきったレモンの残った部分も入れる。
6.冷蔵庫で4時間くらい休ませる。
7.冷蔵庫から取り出し、(下の方に溜まってる砂糖が溶けるまで)よくかき混ぜ、別容器にストレイナーで濾しながら入れ、残りの水を味をみながら加えて完成。
d0227344_2152988.jpg
お好みで、ミントなどを入れたら、爽やかさ倍増♪

d0227344_21521553.jpg
そして、最近のブーム?レモネードはやっぱりジャーに入れたくなる!!むふ♪

d0227344_21522028.jpg
スライスしたオレンジも入れてみました。

初めての手作りレモネード、爽やか~で、やっぱり美味しかったです♪
簡単だけど、時間がちょっとかかっちゃうね・・。でも手作りする甲斐はあると思います。
またフレッシュなレモンを手に入れたら作りたいな♪


by アン@トルコ
[PR]
by bayswater92 | 2014-05-19 22:18 | 食*トルコ | Trackback | Comments(20)

Café Cotton Club byジュン@フランス(スイス)

手紙の美術館なんてパリにあるんだね!!みんな有名な人の自筆だと思うと貴重だわ。しかし、パリにはいろんな美術館があって、いいなぁ。♪

こんにちは、ジュンです。
何十年ぶりに、口内炎が舌の横側に発生中・・・。
食べる時超痛いけど、お腹は空くので痛みに耐えながら食事してます。
これも一種の拷問だわ。(ToT)

さて、アンちゃんとロンちゃんの珍しい建物や貴重な手紙の美術館の紹介の後、私はまたまた食ネタでーす。^^ ;

昨年、『Intro』<イントロ>というジャズ・バーを紹介しましたが、今回はその姉妹店、新橋にあるコットンクラブというジャズ・カフェ(レストラン)『Café Cotton Club』に行ってきました。同じ名前で高田馬場店があるんですが、そこにはYukochanさんが以前行かれて、レポをブログに書いていらっしゃいます。
食べ物が美味しそうだったので、いつか行きたいなぁと思っていたのでした。
d0227344_22324036.png
入り口では、コックさんがお出迎え。

d0227344_2233883.png
中は広くてちょっとレトロ風の素敵なデコ。
暗くて見えないけど、鏡の真ん中に置いてある黒い物体は、なぜかゴリラのぬいぐるみ。

この日は月曜日で、ジャムセッションの日。
マイ楽器を片手にいろんな方が順番に演奏するジャズをお食事しながら堪能できます。
ちなみに、火〜金曜日はピアノ・デュオの演奏だそうです。

さて、お料理はというと、パスタ、ピザ、サラダなどの定番洋食や、一皿500円の種類豊富なタパスなどなど。Yukochanさんも仰っていましたが、お料理、どれも美味しかったです。♡

d0227344_22332552.png
d0227344_22334082.png
d0227344_22335591.png
生ハムとルッコラのピザはこれ、小さいサイズなんですが生地がモチモチだったし、シーザーサラダもボリューム満点。♪ 
パスタはアスパラ入りカルボナーラ。
この他にも、アンチョビ風味のポテトサラダも注文したんですが、写真がぶれちゃったので省略。
2人でお腹一杯になりました。(って結構量あるし。)

結局、お喋りと食べることに夢中で、音楽がバックグラウンドになっちゃったんですが、お店の雰囲気もすごく良かったです。

でも、純粋に生ジャズを楽しみたい場合は、Intro<イントロ>をお勧めかなぁ。
お食事できないし、場所が狭く、8時くらい以降は居づらくなってしまいますが、ジャズにどっぷり浸れます。♬??

ジャズを聴きながら、お食事&お喋りを楽しみたい場合は、Café Cotton Clubですね。☆

Café Cotton Club 新橋店:http://sb.cafecottonclub.com/

                             * * * 

WebでジャズのRadioを一日中聞けます。
Radio Swiss Jazz
http://www.radioswissjazz.ch/en
ページ右上の "... listen on the Web" をクリックしてください。


byジュン@フランス(スイス)
[PR]
by bayswater92 | 2014-05-17 22:49 | 里帰りニッポン | Trackback | Comments(12)

Musée des lettres et manuscrits・手紙のミュージアム◆byロン@フランス

アンちゃんが行った、ヤフディ・マハッレシ(ユダヤ人地区)って、
ものすごく、ボロボロの家もあるんだね~!フランスにもたまにあるけど、
ピアノとか弾いたり、ドラムとか中で、たたいたら、床が抜けちゃいそうだけど、そのギリギリ建ってる感が時代を象徴していて、不思議になるわ~。

パリも古い場所がたくさんあるけど、今回は、パリのサンジェルマン・デ・プレ近くにある、ミュージアムへ行ったときのお話しです。しかし、あいにくの雨・・・。
d0227344_9112129.jpg


何ヶ月前かに、夫がニュースを見ていて、「カトリーヌ・ド・メディシス」メディチとも言いますが。
の、直筆の手紙が置いてある、「Musée des lettres et manuscris・手紙のミュージアム」の話題だってさ~。と、教えてくれた。
それ以来、ずーっと、行きたかった・・。で、ようやくその日がやってきました!

こじんまりとしたミュージアムだけど、すごいボリューム感のある展示物。
これには、驚きでした!
全部手書きの手紙やイラスト、楽譜。知っている名前がたくさんあります。
フランス歴代国王の手紙から、最近のミュージシャンまで、幅が広い!
d0227344_9122742.jpg

例えば、1525年に書かれた、フランス国王「フランソワ1世」の直筆。
ルネッサンス期といえば・・の人です。
フランソワ1世が、レオナルド・ダ・ビンチをイタリアから連れてきて、
確かそのとき、「モナリザ」も一緒に持ってきたのですよね~。

ルネッサンス時代の前も後も色々な人物の手紙があります。
d0227344_9131611.jpg

1791年のマリーアントワネットの手紙。内容は、読みませんでしたが、年代を見ただけで、
フランス革命の2年後!そして、ギロチンにかけられる2年前!と、想像してしまうと、なんか、怖い。

歴代国王の手紙のあとは、ナポレオン、大統領と続きます。ほんとに充実!
もちろん、ドゴールの直筆もあります。↓
d0227344_9145925.jpg

政治を離れて、ミュージシャン部門まであります!
まずは、ベート-ベン。
d0227344_9153938.jpg


1773年に書かれた、モーツアルトの直筆。
d0227344_9162054.jpg

他にもバッハ、ショパン、ビゼ、プロコフィエフ、etc・・ありました!

さらに、最近?の歌手まであります。エディット・ピアフ。↓
d0227344_9172533.jpg

画家部門では、ミレーや、モネもあったけど、↓これは、ゴッホ。
d0227344_918416.jpg

さらに、レ・ミゼラブルのビクトール・ユーゴー。
d0227344_9192639.jpg

「星の王子さま」のサンテグジュぺリ。
d0227344_9195943.jpg

追加。ちょっと、ウルトラマンみたいな、サンテグジュぺリ作。
d0227344_8265526.jpg


とにかく、2階しかない、小さい美術館だというのに、これほどのコレクションには、驚きました!
入館料は、大人7ユーロ。時間があるときにもう一度ゆっくり見学して、ここにある手紙を読みたい!
と、ほんと~に、思いました~!スゴイよかったミュージアムです!

from ロン@フランス

手紙のミュージアム
http://www.museedeslettres.fr/public/
[PR]
by bayswater92 | 2014-05-15 09:38 | お気に入り*フランス | Trackback | Comments(10)

Yahudi Mahallesi<ユダヤ人地区>@ウルス旧市街 ◆ by アン@トルコ

ジュンちゃんの食べた星乃珈琲店のスフレパンケーキ!私も食べたい~!今度帰省したら行く!!アイスものってて食べ応えありそうだよね。


さて、アンからは、今回はアンカラにあるちょっと変わった場所へ・・。
先日、アンカラの旧市街ウルスにあるYahudi Mahallesiヤフディ・マハッレシ<ユダヤ人地区>に行ってみました。
d0227344_2503370.jpg
こんなカラフルな建物が並ぶ地区。でも建物はかなり古く、廃墟になっているところもたくさんありました。
ほんの30年前くらいまで、ここでユダヤ人が暮らしていたそうです。
トルコは国民の90%以上がイスラム教徒と言われています。

どんな地区なのか、ちょっとぶらぶら歩いてみました。
d0227344_2504193.jpg
ユダヤ人地区の路地。
かなーり古い建物が並びますが、なかなか味がある・・。
ここに現在住んでるのはユダヤ人じゃなくてトルコ人。
トルコ人が家を買ったりして住んでるんだそう。

こういうところに来ると、やっぱり建物ばかりに目が行ってしまう・・。
d0227344_2505120.jpg
バルコニーが洒落てる家。

d0227344_2511521.jpg
2階が飛び出てる家。

d0227344_2512126.jpg
古すぎちゃって傾いてる家・・。
でも右の写真、傾いてる家に隣接してる家には人がいましたよ。腕が見えるでしょ?
こんなに古くて廃墟と化してるのに、貸出中!とか売出中!の張り紙もあった!


d0227344_2513424.jpg

ユダヤ教の礼拝所シナゴークもあります。入り口の上にはこんな星のマーク。これもソロモンの印なの・・?は、ちょっと調査不足でわかりません。汗

中の見学は出来なくなっていたけど、冠婚葬祭のときは、現在も使われているそうです。

やっぱり、どうしても、目が行ってしまうのは、アイアンワーク!
d0227344_2512969.jpg
どれも同じようなデザインだけど、なかなかカワイイよね。


こんな場所にユダヤ人地区があるなんて、全然知りませんでした。
お散歩、なかなか楽しかったです。
ウルスは結構活気があって、庶民の集まる場所だったりしますが、ここはそんな中にあってもなんだか時間の流れが違うように感じたな。静かだったしね。
<Yahudi Mahallesiの場所ですが、ウルスのDenizciler Cad.のモスクの裏側です>


さ、ウルスの喧騒に戻って、お茶しました!
Suluhanスルハンというチャイバフチェ<オープンエアカフェ>で。
地図は↑のリンクにあります。手抜きで失礼^^;
d0227344_2514368.jpg
チャイ、美味しかった〜。ちょっと甘めでいただいちゃいました♪
チャイの後ろにある丸い籠には角砂糖♪



by アン@トルコ
[PR]
by bayswater92 | 2014-05-13 06:11 | 日々の暮らし*トルコ | Trackback | Comments(22)

念願のパンケーキ♪ byジュン@フランス(スイス)

ロンちゃんのクスクス、盛り付けも綺麗で美味しそうにできたね!!日本に来てから食べてないから、食べたくなったよ〜。しかし私、所々固まってるクスクス作ってたわ。(笑)

こんにちは、ジュンです。
この間、今回里帰りしてからずっと食べたいと思っていた念願のパンケーキを、とうとう食べることができました!!(ToT)食べようと思えばいつでも食べることはできたんですが、美味しさを分かち合える人と一緒が良いかなぁと思って、友達を誘って。

行った先は、星乃珈琲店。
このお店のは、スフレパンケーキでした。☆
d0227344_121175.jpg
私のは、チョコバナナのアイス添え。
ハチミツもついてきたのですが、私にはちょっと甘すぎた。かけない方が良かったかも。
でも、なかなか美味しかったです。

d0227344_122218.jpg
友達のは、名前は聞きなれない言葉で忘れちゃいましたが、クレーム・ブリュレのアイスっぽいものが乗っかったもの。
全体的にクリーミィでした。

今度は、スフレじゃないパンケーキも食べたいな。♪

星乃珈琲店:http://www.hoshinocoffee.com

                           * * *

それから、通りかかったKALDIセール中&ちょっとヨーロッパ製品が恋しくなって、物色。
d0227344_229544.png
ジンジャービスケット、イギリスのWalkersのより大分軽めですが、これはこれで良い感じ。
ワッフルのチーズ味は食べたことがなかったんですが、これイケますね!!
エビクリームのパスタソース、パッケージが可愛い。食べるのが楽しみ。♡
コーヒーは私には刺激が強すぎて普段飲まないんですが、店内中コーヒーのいい香りが漂っているし、何となくこの「アイスブレンド」に惹かれて・・・。
この夏は腹痛覚悟で、アイスコーヒー飲むぞぉ。

                          * * *

そしてまた最近、Youtubeで懐メロにハマリ中。♪
そのせいで最近寝不足〜。(>_<)

私達BayswatersがLondon滞在中、よくかかっていた曲の一つ。

Never Stop - the Brand New Heavies(1991)


byジュン@フランス(スイス)
[PR]
by bayswater92 | 2014-05-11 09:07 | 里帰りニッポン | Trackback | Comments(12)


ロンドン・ベイズウォーターで出会った元スタントンスクール生のアンとロン、そしてジュンの3人が発信するトルコ、フランス、スイスの生活情報、日々の暮らし。*コメント大歓迎!お気軽に♪


by Bayswaters

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

夏はやっぱりフルーツ♪ ◆ ..
at 2017-08-16 05:35
麺類いろいろ。 ◆ by ア..
at 2017-08-09 04:06
東京観光 1◆ by ロン ..
at 2017-08-04 00:56
念願のキッチンリフォーム<後..
at 2017-07-28 02:19
秋葉原のガンダム カフェ ◆..
at 2017-07-23 08:57

カテゴリ

プロフィール
トルコ・フランス生活情報
3カ国(土・仏・瑞)生活情報
食*トルコ
食*フランス
食*スイス
お気に入り*トルコ
お気に入り*フランス
お気に入り*スイス
日々の暮らし*トルコ
日々の暮らし*フランス
日々の暮らし*スイス
日々の暮らし*フランス・スイス
旅*トルコ国内
旅*フランス国内
旅*スイス国内
旅*外国
里帰りニッポン
座談会

タグ

(452)
(410)
(337)
(222)
(163)
(87)
(85)
(83)
(74)
(74)
(67)
(66)
(59)
(56)
(55)
(41)
(39)
(32)
(31)
(22)

最新のコメント

アンさん、こんばんは。 ..
by kash-w at 23:37
★kashさん、 おは..
by bayswater92 at 09:02
★arareさん、 そ..
by bayswater92 at 08:53
★nekoyamaさん、..
by bayswater92 at 08:42
★Mさん、 おはようご..
by bayswater92 at 07:59
◆Yukochanさんへ..
by bayswater92 at 03:51
◆うひひさんへ。 ..
by bayswater92 at 03:44
◆nekoyamaさんへ..
by bayswater92 at 03:41
◆カシュカシュさんへ。 ..
by bayswater92 at 03:38
◆Mさんへ。 軽量..
by bayswater92 at 03:33

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

検索

フォロー中のブログ

ろんどんらいふ
*Happy Tea T...
お茶の時間にしましょうか...
トルコ子育て生活
ヤマザキマリ・Seque...
黒パグ CHAPPYの成...
Lush Life
a&kashの時間。
うひひなまいにち
lotus pond 上...
cafe de ke*
ぶどう畑ぐらし。
kaorainne日記
ミニろんどんらいふ
がびあーの家の毎日
アクデニズ。
パリからのバレエ便り
London Scene
ビーズ・フェルト刺繍Pi...
ドキx2 わくx2 @ ...
un_voyage♪♪
北欧・スウェーデンよりシ...
FReeTraveLer
ねこ旅また旅
die Elfen im...
サンフランシスコ食堂 
Kuechennachr...
風と花を紡いで
イタリア夫に作るご飯 
Photolog fro...
カスタムニットBy* s...
Sweets and B...
ビーズ・フェルト刺繍作家...
Cache-Cache+
ふらんすさんぽ
~East meets ...
FREE TRAVELER
リタイア夫と空の旅、海の...
ぷくぷ日記
たのしみラボ  ***楽...
kaorainne日記Ⅱ
がびあーの家の毎日2

外部リンク

ファン

bayswater92

↓メールはこちら


素材お借りしています。


A.SLASH


mytaste.jp

**当ブログに掲載されてるお店情報等は、記事掲載時時点のものです。**

**当ブログは、PC版用に写真等の編集をしております。**

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
おうちごはん

画像一覧