<   2014年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

フランコフォニー祭り byジュン@フランス(スイス)

Tchiboのミキシング・ボウル、可愛いね!!他の商品も気になるところ。全部ドイツ製なのかな?コーヒーとケーキのセットも美味しそうだ。

みなさん、こんにちは。
お久しぶりです、ジュンです。

わがままを言ってしばらくお休みをいただいてましたが、冬眠から覚めた熊のようにちょこっとこちらにご挨拶。♪私がいない間、アンちゃんとロンちゃんがブログを盛り上げてくれていました。ありがと〜。

というわけで、突然ですが、わたくし只今日本におりまして・・・。
昨日は、初夏のような陽気の中、飯田橋にあるアンスティチュ・フランセ<Institut français du Japon>で開かれた、『フランコフォニー祭り』に行ってきました。
d0227344_11253829.png
知ってる方も多いかもしれませんが、フランコフォニーとはフランス語を話す(francophone、フランコフォン)人たちで構成される言語共同体のこと。
昨日は、スイス、ベルギー、カナダ、モロッコなどのフランス語圏の国のブースが出店して、それぞれの国の料理を販売、または無料で提供していました。フランスのブースは無かったけど、敷地内にあるフレンチレストランでその日の特別メニューのランチがあったらしい。

d0227344_11265516.png
スイスのブースでは、ラクレットとワインが無料で配られていて長蛇の列。
にもめげず、匂いにつられて私も並んだんですが、なんせ進むのが遅い・・・。
たぶん30分近く並んでいたかも。

d0227344_11262870.png
というのも、本格的なラクレットマシーンを使っていて、日本の電流が120Vのせい?

d0227344_11264494.png
でも、久々のラクレットはやっぱり美味しかった!!
もちろん、それだけではランチに足りないので、マリ共和国の料理とジンジャーティーも追加。
この料理の名前は忘れたけど、ホウレン草、牛肉、オクラなどを煮込んでご飯の上にかけたもの。
結構あっさりして美味しかったです。こちらはセットで500円でした。

d0227344_11404295.png
それから、シャンパンの試飲コーナーもありましたよ〜。
私は飲めない体質なので、ボトルの写真だけパチリ。

他には、ビスケットやらカナダのメープルシロップ入りのベーグルや紅茶など試食させてもらって、おなか一杯になりました。

他には、コンサートなんかもありました。
このお祭りは年一回行われているらしいので、皆さんも興味があったら是非行ってみてください。

アンスティチュ・フランセには昨日初めて行ったんですが、建物はモダンでおしゃれに内装されているし、フレンチ・レストランやフランスやフランス関係の雑誌や本が置いてある図書館があって、フランス好きな人には楽しい場所かも。
でも、本を借りるには年会費3500円払って会員にならなければいけなくて、それはちょっと高いなぁ。

d0227344_11411386.png
あと、ちょうどロンちゃんがピエール・エルメのレシピ本を紹介した頃、ピエール・エルメのチョコが偶然家にあってびっくり。

家族が職場でいただいたものでしたが、箱を開けてセロファンをめくると、ふわっといい香りが漂ってきました。


と、日本に居ながら、ちょこっとフランス語圏の文化に触れたのでした〜。

これからは、不定期でこちらにまたアップできたらと思いますので、よろしくお願いしまーす。


アンスティチュ・フランセ日本:http://www.institutfrancais.jp/


byジュン@フランス(スイス)
[PR]
by bayswater92 | 2014-03-30 11:59 | 里帰りニッポン | Trackback | Comments(16)

『Tchibo』でお買い物。 ◆ by アン@トルコ

毎年恒例パリで開催される「Salon du livre」のロンちゃんレポ、今年も盛大なようだね~。貴重な漫画家さんの講演会、様子が伝わってきて面白かったよ!


さて、アンからはガラッと変わって、買い物ネタです。笑
トルコにはドイツのコーヒーショップ『Tchibo<ちぼー>』があちこちにあります。
家から一番近いお店に、昨日、お目当ての品を買いに行ってきました。
d0227344_14525771.jpg
ここのお店は、コーヒーショップなんだけど、コーヒー豆からコーヒーマシンなどのコーヒーグッズが売ってたり、店内でコーヒーやケーキも楽しめたり、な、まあ普通のコーヒーショップなんですが、他と違うのは、このお店はコーヒーに関係ないグッズを、それも毎週テーマごとに商品を変えて売っているお店でもあるんです。

3/26(水)からの一週間はキッチングッズでした。うふ♪
d0227344_14544293.jpg
店内のいたるところに無料カタログが置かれています。翌週の商品のカタログが置いてあるので、これは先週もらってきたもの。Tchiboの商品は、そんなに安くはないんだけど、モノはとってもいいと思います。
中には気になる商品が・・。
d0227344_14561327.jpg
左はWECKの保存瓶。苺柄がめっちゃキュートです。あまりのかわいさに欲しい~!って思ったけど、保存容器は足りてるし、置き場所も確保しなくちゃいけないので、今回は保留・・。
真ん中は、シリコンのワッフル型。ハート型に焼けるのがカワイイ♪ オーブン用で4個セット。でも・・ワッフルにしか使えないし、ワッフルもそんなに頻繁に作るとも思えないので、却下。。
右、これは、サイズが調節できるケーキの丸型。16cm~32cm対応!丸型は何個か持ってるし・・なんて最初はさほど興味なかったけど、なんだかあったら便利かも!って急に思い出して・・。たぶん、今日買いに行く。爆

そして、私がこの日買ったのは、ミキシングボウル!
d0227344_1533256.jpg
プラスチックのボウルが欲しかったのです。ガラスやステンレス、琺瑯のボウルは、ミキサーを使ったりするときになんとなく気になって(傷がつきそう、目立ちそう・・)、プラスチックがいいかな、と。まあ、傷はつくと思うけどそんなに気にならないかな!?そして、カタログで見たときは、ちょっと大きいかも?って思ったけど、実際はちょうどいい大きさ!速攻手に取りました。色もなかなかカワイイよね。
お目当ての品にありつけて、よかった~♪

と、そうです、ここ、コーヒーショップ。
時間がなかったんだけど、やっぱりちょっと腰を下ろしたくなって。笑
このお店には、ケーキとコーヒーのセットメニューが週代わりであって、今週はチェリー入りチョコレートケーキと、ラテのセットでした。このケーキセットは7.50TL。日本円にすると約380円ってとこかな。
d0227344_15104849.jpg
ケーキも大きいし、コーヒーもたっぷり!これは嬉しいサイズなのです♪ もちろんコーヒーも美味しいしね!ケーキもスポンジのチョコケーキの中にチェリーが入っていて、重すぎずに美味しかったですよ~。ちなみに、先週はラテケーキとカプチーノのセットだったようです。
コーヒーも美味しいので、我が家はトルココーヒーの豆も(もちろん挽いてもらって)ここで買っています。


Tchibo
http://www.tchibo.com.tr/
来週4/2からの商品は春物の洋服などファッショングッズらしいです。


by アン@トルコ
[PR]
by bayswater92 | 2014-03-28 18:00 | お気に入り*トルコ | Trackback | Comments(18)

Salon du livre paris 2014・由貴香織里 氏 編 ◆by ロン@ フランス

もう、18歳!!!アンちゃん’s娘ちゃん、あんなに小さかったのに~!抹茶のケーキをリクエストするほど、大人になったのね~!

ロンは、毎年恒例、パリのサロン・ドゥ・リーヴル。本の見本市である、ブックフェアーへ行ってきました!
なんといっても、本好きには、たまらない・・・。
いつものように、作家が、ジャンジャン来ていました!

何回かに分けて、ここでお話ししようかと企んでいます。
すいません、長いです、ふふふ。

本日の話題は、日本の少女漫画家、由貴香織里 氏。
d0227344_1628828.jpg

若い子には、有名で、とても売れている方!由貴氏は、サロンに招待された、2人のマンガ家(もう一人は、森薫 氏)のうちの一人で、一般的な少女漫画というより、ファンタジーやゴシックが、入っている感じ?!また、森薫 氏については、原画展示があったので、その様子は、後日載せる予定です・・。

このお二人の講演会、同じ「大ステージ場」なのですが、開場30分後の10時30分からだったからか?!座っていた場所が寒くて、最初の講演<10時半~>、由貴氏だけ聞くことに・・。暖房がまだあんまり効いていなかったので、もう、耐えられなかった・・。<笑>
d0227344_16432179.jpg

しかも、撮影禁止・・と、いうことだったので、由貴氏の写真は、ありません・・・。
が、黒の上下に、白いレースのスカーフという、服装でした。驚いたのが、由貴氏の顔と雰囲気が、ロンのいとこ、Kお姉ちゃんにソックリ!きっと、学生のころは、モテていた?!
<と、いうのも、Kおねえちゃんは、アイドル並にかわいかった!から・・。そんな気が・・。>
d0227344_16522275.jpg

ステージ上4席には、左から司会、通訳、由貴氏、由貴氏担当編集者さんが、並び、講演会スタート。
司会者の人が、会場満席のお客さんに、「写真撮影禁止を守り、協力してくれ、ありがとう!」と、礼儀正しいゴス系の女の子達に感謝していた・・。おもしろい・・・。これも、日本のマンガの影響なのだろうか?!
普段のフランスなら、撮影禁止の表示があっても、バンバン撮影する人が必ずいるのに。<笑>

講演会のなかで、由貴氏は、「作品は、学生時代の音楽や映画の影響もうけている。」と言っていた。
なぜ、90%主人公が男がなのか?という質問には、「女の主人公は、実はけっこういます。連載が長く続いたものが、男なんです。」

ファン層についての質問では、「<フランスで>驚いたのが、年齢層の幅が広いですね、こちらは。日本では、自分より年上の人は、そんなに、ファンです!と、いわれたことは、あんまりないです。」と。確かに、フランスには、おじさんっぽい漫画ファンが多い!フランスで漫画はアートとして、とらえるからでしょうねえ・・。漫画家は、すごいリスペクトされているので、そのせいもあるんでしょうねえー。

その他には、どのように描いて、読者を楽しませるか・・など、などのお話でした。

編集者の方からは、由貴氏の漫画作成のスケージュールや、描き方、投稿するまでのアドバイスがありました。その間、由貴氏は、イラストの実演。このイラストは、プレゼントになるらしく、出版社ブースで、由貴氏宛てに、メッセージを書いてくれた人の中から、1名を選んで贈られるそうです。

聞いていておもしろかったのが、会場に来ていたお客さんの反応が、いいこと。
今回、3年目のサロンですが、今まで、このノリは、なかったですねー。由貴香織里 氏の答えや、編集者の答えにいちいち、応答していました。<ロンの横と、後ろにいたフランス人がね・・。笑>
フランスのゴス系は、熱い子が、多いもかもしれません!ねー?!

さて、講演会の後、出版社ブースに移って、サイン会となるのですが・・・。
すごい、人です!
d0227344_17325732.jpg

実は、この日、先着30人?50人?の枠は、開館10分で、整理券が終わってしまい、ビックリ!
フランスでも、由貴氏は、人気があるのですね~。
サイン会のスタンドは、ゴスっぽくなっていました。
d0227344_17593997.jpg

このサイン会のために、一番早くに来た子は、朝6時30分だとか!ちなみに開館10時です。
日本では、めずらしくありませんが、フランスでは、珍しい現象です!<笑>

プチ取材をしてみましたが、8時に並んだ子は、10時の開館と同時に走って、ブースへ行き、サインの番号札、15番で・・。じゃ、その前にスタンドへ着いたた子は?と、聞くと、4日間通し券を持っている子だとか・・。この子達は、10時前に会場へ入れる特権が、あるらしい!!!
お~っ!知らなかった・・そんなものが存在するとは!<笑>
だから、10時10分で、なくなるのか~と、納得。

で、せっかくなので、近くにいた、20代~30代のお兄さんファンに、由貴香織里 氏の直筆サインを見せてもらいました。ちゃっかり、写真も撮らせて頂きました。
d0227344_18133680.jpg

レミお兄さん、大切そうに、色紙を乾かしているところでした。なんか、微笑ましい・・・です。<笑>
ご協力、ありがとうございました!

それでは、また次回に~!

by ロン@フランス

Salon du livre de Paris 2013 前編
http://bayswaters.exblog.jp/18419922/
Salon du livre de Paris 2013 後編+パック
http://bayswaters.exblog.jp/18456865/
萩尾望都氏&ヤマザキマリ氏 in パリSalon du livre 2012
http://bayswaters.exblog.jp/15598063/
[PR]
by bayswater92 | 2014-03-26 18:59 | お気に入り*フランス | Trackback | Comments(4)

18才の誕生日ケーキは抹茶ケーキ♪ ◆ by アン@トルコ

ロンちゃんの買ったメールとエルメのレシピ本、素敵!美味しそうなケーキを眺めてるだけでもいい!私もいつかまたパリに行ったらレシピ本買うぞー!


それにしても、エルメさん、かなり恰幅がいいよね・・。美味しいケーキを作ってたら、なるよね~。なーんてレシピ本の表紙を見て思ってしまったアンですが、そんな私もまたケーキなんです・・!
今回は、長女の誕生日ケーキ!年に2度のスペシャルケーキ作りです。

d0227344_57166.jpg
今回は抹茶ケーキをリクエストされてました。ということで、クグロフ型を使った抹茶ケーキにしてみました!

d0227344_585898.jpg
お誕生日前日の夜に、ケーキ本体と、トッピング用のビスケットを焼いて。
抹茶ケーキは、マフィンのレシピで、最後に抹茶を入れて、むき栗も入れてみました。うーん、和な感じ!ちなみに抹茶もむき栗も日本から持って来たものです♪
クグロフは14cmの型。小さめだけど、4人家族にはちょうどいいかも。

どんなケーキにしようかな~、と考える時間もまた楽し♪
d0227344_5232482.jpg
ケーキには、ホワイトチョコのコーティング、その上から日本で買ったボンママンのマロンクリームとホイップした生クリームを混ぜて作ったモンブランクリームを・・。モンブランクリームがちょっとダレちゃったけど、まあ、味は美味しい。笑 粉糖もちょっとだけ。

d0227344_5145559.jpg
トップのデコは、バースデービスケット、ロールゴーフレット、ピスタチオとかぼちゃの種にヘーゼルナッツ、チョコ型で作ったミニチョコ、ドライイチゴとアラザン!
色味を抑えて、ちょっと大人っぽいかしら!?

そうそう、誕生日なので、年齢のビスケットもトッピングしようと思って作ったんだけど・・
d0227344_5291151.jpg
ストライプ柄にしようと思ったら、美しく出来なくて、でもエイヤ!って一度は飾ってみたものの、このケーキに合わなくて、お蔵入りとなりました・・。とほほー。


さて、お味なんですが。
実はここ数日、花粉症なのか風邪なのか、な症状があって、くしゃみ鼻水鼻づまり!頭までボーっとしていて、見事に味覚消失しております・・。たまに、あ!いま味わかる!!っていう時があるので、それまでケーキの味見は控えてました。

味覚が戻ったあとに食べたケーキ。
d0227344_534610.jpg
ケーキを切ったら、しっかり抹茶の色がついていました!味のほうは、ほのかな抹茶味、という感じ。ケーキに入れる抹茶の配合って結構難しいのかも・・。主張しすぎないくらいで良かったのかもだけど。。でも、ホワイトチョコのコーティングやモンブランクリームが美味しかったので、全体的に美味しいな!って思えるケーキな仕上がりだったと思います。ホワイトチョコもモンブランクリームも他力本願だけどね!笑
抹茶とホワイトチョコ、栗の組み合わせも良かったと思いますー。


もう18才、トルコでは18才からが成人なので、もう大人の仲間入りです。
ちょっと大人っぽいケーキには、なったかな!?キャンドルを吹き消すこともしなかったしねー!

今年もスペシャルな誕生日ケーキ作り、無事終了しました!


誕生日ケーキ関連記事
8才のBirthday Cake* ◆ by アン@トルコ
16才のBirthday Cake* ◆ by アン@トルコ
シャルロット風?な9才の誕生日ケーキ。 ◆ by アン@トルコ
デコロール!な17才の誕生日ケーキ。◆ by アン@トルコ
10才の誕生日ケーキはショートケーキ♪ ◆ by アン@トルコ


by アン@トルコ
[PR]
by bayswater92 | 2014-03-24 06:24 | 日々の暮らし*トルコ | Trackback | Comments(19)

メール&ピエールエルメのレシピ本 ◆ by ロン@フランス hondana

アンちゃんが行った、カップケーキ屋さん、トルコじゃないみたい!そして、かわいい!
店員のお姉さんも、ビジュアル的にかなり、カップケーキのお姉さん!だわねー!笑

かわいいカップケーキを見たら、作りたくなる気にもなってくるよね!
で、で、で。たまーに、あのケーキどうやって作るんだろう・・と思っていたら、
昨日、Pierre HERME・ピエールエルメのレシピ本を、買ってしまいました!<笑>
なんと、出版元が、「ALAIN DUCASSE・アランデュカス」。
d0227344_927271.jpg

アランデュカスは、出版にまで幅を広げたのですねえー!
レシピは、11こ載っていますが、いつか、出来るのだろうか?!
でも、この本は、作っている経過の写真が、多い分、買った人が、出来そうな気を起こさせる!<笑>
d0227344_9315273.jpg

それから、ついこの前、行ったのMEERT・メールレシピ本。
ついでに、メールの歴史本もセットで付いてきます!
d0227344_938818.jpg

こちらのほうが、お値段、高めの本。だけど、レシピの数が全然違う!
d0227344_9415938.jpg

いつになったら、挑戦できるのか?!<笑>
ふふふ、やる気が起きたとき!に決まってるのさーーー!<笑>

そして、ただ今、パリでは、本の見本市、サロンデュリーヴル。
ブックフェア開催中です!
明日<って、いうか、今日!>行ったら、また、何か買ってきちゃうかも・・・。ふふふ。

by ロン@フランス

Méert・メールのゴーフル<サンジェルマンデプレ・パリ>
http://bayswaters.exblog.jp/20459242/
フランス料理のレシピ本
http://bayswaters.exblog.jp/20378046/
[PR]
by bayswater92 | 2014-03-22 09:50 | 食*フランス | Trackback | Comments(12)

『VERY・CUPCAKE』 ◆ by アン@トルコ

ロンちゃんの行ったパリのシュリー館、建物の中に入れなかったのは残念だけど、外観や回廊を見るだけでも素敵だし、美味しいケーキ屋さんもあって行く価値あり!だね。


さて、アンからは前回の続き・・。
美味しいWOK屋さんでランチを食べて、そのあとスイーツ屋さんに寄ってみました♪
d0227344_5153570.jpg
わお!カワイイお店。またまたカップケーキ屋さんです。
お姉さんがお店の雰囲気にぴったりで、思わず写真を撮らせてもらっちゃいました。
前に紹介したカップケーキ屋さんのそばに、新しくオープンしたお店です。ちょっとカップケーキ、ブームが来てるみたいです・・!このあたり、競争区になっちゃうのかしら・・?
d0227344_5154168.jpg
ここの『VERY・CUPCAKE』はアンカラでは3店舗目になります。支店がどんどん増えてるあたり、やっぱり人気なんだろうなぁ。カップケーキもカワイイのが揃ってますよ♪

店内もとっても可愛らしい!!トルコもなかなかやるなぁ!っていうのが正直な感想。笑
d0227344_5154949.jpg
小物ひとつひとつとっても凝っています。カウンターの中はキッチン風なディスプレイ。壁紙のストライプや床の市松模様なんかも、ちょっとツボりました♪

さ、今回は2つだけ買っておうちにお持ち帰り~。
d0227344_5155693.jpg
紙袋や箱もカワイイです。この箱は1個用。中身は・・じゃじゃん!
d0227344_516271.jpg
d0227344_516814.jpg
ビジュアル重視で選んでみました!笑
左はアップルシナモンキャラメル、右はチョコ系のカップケーキ。このチョコ系のほうは、<Devil's Food>って名前がついてたな。カップケーキ自体はチョコ味で中にとろ~りしたチョコクリーム入り。上のクリームも濃厚でした!黒と白のアラザン?もなかなか可愛く♪ アップルシナモンのほうは、美味しかったけどちょっと甘かったな!
1個が大きめで、食べ応えあります。味のほうは、美味しいけどちょっと甘いかなー。ま、可愛らしいカップケーキだからね、甘いほうがいいよね。
ちなみにお値段は1個6.5TL(約330円)。6個セットで35TLになるようです。

d0227344_5161697.jpg
VERY・CUPCAKE
Bahçelievler 7. Cadde 65. Sokak (Eski 25. Sokak 3/B)
http://www.verycupcake.com



前回のWOK屋さんもそうですが、アンカラにもこういった洗練されたお店が増えてきて、ちょっと嬉しいアンです♪ 日本でこのブログを見てる方にはあんまり面白くない情報かもだけど、お許しを~!笑
こんな感じとは違ったトルコらしいお店なんかもまた紹介しますね!


by アン@トルコ
[PR]
by bayswater92 | 2014-03-20 06:07 | 食*トルコ | Trackback | Comments(20)

L'hôtel de Sully・シュリー館 by ロン@フランス

WOK屋さん、その場で食べるにしても紙の入れ物っていうのに、びっくりよ!おもしろーい!量が少なそうだけど、実は、底がけっこう深くてお腹いっぱいになるらしい・・。と、裏でアンちゃんに聞いた。<笑>

ところで、晴天続きだった、PARIS~!ですが、久しぶりの深刻な公害で、金曜日から本日月曜日、まで
パリ+近郊<イルドフランス>は、車を制限するために、電車、バス、メトロが、無料でした。

公害は、パリ自体のものに加えて、ドイツからきたものと、農家の薬<のシーズン>が混ざって、たぶん、
日本で言う光化学スモッグにあたるのでは?!と、思います。

そんな中、パリのマレ地区、メトロの駅、st paul・サンポールから歩いて数分の、
「L'hôtel de Sully」へ行ってきました。
d0227344_510409.jpg

1624年、Masme Galet ・メスムガレ が、館の最初の主となりますが、なぜ、この館が買えたのか?!
もともと大金持ちというわけでは、なく・・・。
彼の大好きなサイコロゲームで、大もうけし、瞬く間にリッチに!
で、この館を建てたそうです!すごい?!<笑>
↑上のファサードをくぐると、ちょっとした中庭に出ます。↓
d0227344_65565.jpg

正面にある建物も同じ敷地内。
正面の入口左には、本屋さんがありますが、実は、この敷地、本屋以外は、庭しか見ることが出来ない
という、ちょっと残念な場所です。・・が、ま、タダなので・・。いいかな?!
館の中を少しでも、覗いてみたい!と、いう場合は、サイト内で観覧できます。
このサイトへ行き・・・、http://sully.monuments-nationaux.fr/
画面真ん中あたりにある、「VISITEZ」をクリックしたら、見れます!

本屋さんのある建物を抜けると中庭に出ます。
d0227344_782375.jpg

↑写真に写っている建物は、今、抜けてきた建物です。
この正面に、あと、もう一つ建物があります。↓
d0227344_7101142.jpg

全部、敷地内です。
そして、最後に、↑の建物の一番右にドアが、あります。
そこを、くぐると・・・。
d0227344_7132242.jpg

おおおー!
place des Vosges・ヴォージュ広場前の建物の下。回廊に出ます!
ヴォージュ広場からこの回廊のある建物を見ると・・、お馴染みの広場をグルリと囲むレンガ色の建物。
d0227344_7273078.jpg

せっかくなので、この建物の下の回廊を一周してから、帰ることにしました。<笑>
d0227344_7293657.jpg

歩いている途中、トロカデロにあるのと同じ名前のパティスリー&サロンドテが!あった!
そうです、CARETTE・カレットです~!ここに、あるなんて、今まで知らなかった!<汗>
調子に乗って、お土産に3種類のケーキを買って帰りました。はっはははは!
d0227344_734491.jpg

カルナヴァレのように、シュリー館の中も見られると思っていたのに、っていうか、思い込んでいた!
でも、入れなかったので、なんとなく拍子抜けして、本日の〆として、
カレットへ、ふら~り入ってしまったわけなのでした。

by ロン@フランス

L'hôtel de Sully・シュリー館
62 rue Saint-Antoine
75004 Paris
[PR]
by bayswater92 | 2014-03-18 08:13 | お気に入り*フランス | Trackback | Comments(4)

『WOK & WALK』でランチ会。 ◆ by アン@トルコ

Meertのゴーフル、美味しそうだね~。パリッとしてないしなやかな、っていうのがめっちゃ食べてみたいわー!お店もカワイイものであふれてるね!


そんなロンちゃんのゴーフル屋さんのレポのあとに、アンからは、ランチの話・・。もうね、食ネタからなかなか抜け出せないアンなんですが・・!

こないだ、日本人のお友達と3人でランチに行ってきましたよ!!
d0227344_1410398.jpg
WOK屋さんです!!WOK屋さんって表現でいいんだろうか?中華鍋で料理するご飯屋さんです。ここのお店はもともと他の地区にある鉄板焼き屋さん、その名も『Teppanyaki』というお店の分店。本店の店名は日本語だけど、経営者は中国人かタイ人?のようです。本店のほうは高級感漂うお店でとても近づけないんですが、この分店『WOK &WALK』は庶民派。こんな風に、紙のパックで料理が出され、ちょっとニューヨーカー風?WOK屋さんですが、お寿司もおいてあります。
d0227344_14152710.jpg
テーブルセッティングはこんな感じ。お店のロゴやメニューなどもオシャレです。漢字っぽいものもデザインとして書かれてるけど、読めません。ま、アートってことかしらね。。

3人、それぞれ違ったものをオーダーしました。
d0227344_14172798.jpg
d0227344_14182072.jpg
<↑ピントが変なとこに合ってます・・orz>

私はYAKi NASiっていう、ナシゴレン風?チャーハン?みたいなご飯系をオーダー。お友達は、Yakisoba Tavuk(上写真中央)チキン入り焼きそば、と、Etli Noodle(上写真右)牛肉入りヌードル、をそれぞれオーダー。焼きそばとヌードルの違いは麺のようです。焼きそばは焼きそば麺ってメニューに書いてありました。ヌードルのほうは普通の中華麺です。
私が食べたチャーハン、期待以上に美味しかったです!!卵がきいていて、野菜もたくさん入っていて、お肉もやわらかく、味付けもしっかりしてて♪ 最初の一口にめっちゃ感動しました。アンカラでこの味なら文句なし!ちょっと嬉しかった。笑
お友達の麺系も美味しかったよ〜(ちょっと味見させてもらいました!)。

そして、せっかくなので、お寿司もオーダー。でもお値段が!高いので、ひとつ頼んで3人でシェアしました。
d0227344_14313024.jpg
サーモンの細巻きですが、ご飯の炊き加減とか、酢飯の感じとか、日本で食べるのとさほど変わらない感じで美味しかったです♪ サーモンもちゃんと生でした(笑)。ちなみにお醤油はキッコーマンでした。

もともとトルコ人は味には保守的で、外国の料理とか興味ないし、全然流行らない風だったけど、最近はこういった外国料理もにわかに人気が出てきてるようです。だからといって、もちろんトルコ料理が廃れるわけではなく(当たり前!笑)、いろんな選択肢が増えてきてるのは嬉しいな~♪ と思います。

d0227344_14382100.jpg



これがお店のロゴ。
WOKをかぶって歩いてるキャラクターが目印です。
なんかセンスいいかも~。


『WOK & WALK』
Bahçelievler 7. Cadde No:36/C
Çankaya-ANKARA
http://www.woknwalk.com.tr/
ガーンガーンガーン!まだここーオープンしてそんなに経ってないのに、こないだ前を通ったら、このTeppanyakiの分店には変わりないけど、ドネルケバブ屋さんになってました。。ショ、ショック、、!WOK料理は違う場所になります。(08/Apr./'14)

さ、ご飯を食べたあとは、ちょっとスイーツを買いに・・。
そのことは、また次回!


by アン@トルコ
[PR]
by bayswater92 | 2014-03-15 18:58 | 食*トルコ | Trackback | Comments(18)

Méert・メールのゴーフル<サンジェルマンデプレ・パリ>◆by ロン@フランス

甘さ控えめのアンちゃんのレモンケーキは、パクパク食べられそうだわ!日本のレシピって、素晴らしいー!

ロンもお菓子!フランスのLille・リールに本店のある、老舗ゴーフルのお店、Méert・メールに行ってきました!・・とは、言っても、場所は、パリのサンジェルマンデプレ店ですが・・。<笑>
パリのマレにあるお店の後、去年5月に出来たばかり・・、パリで2つ目のお店です!
少々長ーいレポになってしまいましたが・・・。

さっそく、店長さんに登場してもらいましょうー!<笑>
d0227344_17565061.jpg


店長さんは、リール出身であり、メール経営者の息子さんと、もともとお友達だとか・・?!
さらに、子供のころ、彼のおばあさんが、学校にお迎えに来てくれたとき、ここのゴーフルを持ってきてくれたそうです。<フランスの幼稚園、小学校は、親がおやつを持って、お迎えに行くことがほとんどなので・・。>その、おばあさんは、すでに80歳代。孫がメールで仕事をしてることを、とても喜んでいるそうです。さらに、孫からプレゼントされた、メールの6枚入りゴーフルを2日で食べてしまったそうです。<笑>
d0227344_18134369.jpg


今現在、メールのゴーフルは、全部で6種類。
定番でもあり、1番人気の「Vannie de Madagascar・バニラ」、2番人気の「Rhum et Raisins・ラムレーズン」、「La spéculoos・スペキュロス」、「La pistache Griottes・ピスタチオ」、「La praliné au riz soufflé・プラリネ」「Aux marrons・マロン」。季節によっては、フレーバーが変わることもあるそうです。
d0227344_1828431.jpg


1848年または、1849年から、ゴーフルのレシピや、型までも変わらず、しかも、機械化されていないので、今でも手作りで、作られているそうです。ゴーフル<お店のものすべて>が作られている場所は、リールのみ。パリにあるメールの店舗まで、2時間半かけて運ばれて来るとのこと!
そのため、多く作れないそうです。メール直営店以外の場所では、パリのボンマルシェの食材コーナーにゴーフルが、置いてあり、それは見たことがあります。
d0227344_18381811.jpg


メールは、数々のコンクール受賞歴がありますが、最近では、「Gault Millau」。そして、時代を遡りますが、1864年、ベルギー王室のご用達リストにも入っています。その後もフランス前大統領のドゴールもここがお気に入りだったそうです。ドゴールの場合は、彼の祖母が、もともとメールを知っていたからでしょうねー。店長さんと、同じシチュエーションですね!<笑>
d0227344_18563038.jpg


コンフィズリーである、メールは、実はゴーフル以外にも沢山の甘い美味しいものに囲まれています。
生キャラメルはもちろん、マロンペーストや、プラリネペースト、チョコ、飴、ジャム、何でもあります!
ケーキ類もありますが、これは土曜日のみ。オリジナルブレンドされた紅茶まで、用意されています。
d0227344_1912656.jpg


それにしても、パッケージというか、箱が、どれもかわいい!
かわいくない物が、ここには、まったく見当たりません!<笑>
チョコレートが、目に入ってしまったら・・。もう、クラクラ・・?!チョコの香りがーーーぁ!
d0227344_1973115.jpg


大きさがまた・・。どうして、そんなに、かわいい!!!<笑>
ここの、チョコレートは、まだ食べていませんが、これは、次回行ったら買ってきます!ふふふ。
ところで、本も数冊出していました!
メールの歴史を語った本や、レシピ本もあります!
d0227344_19105114.jpg


リールの本店には、サロンドテもあるので、その兼ね合いもあるのでしょうね。
お菓子やケーキ中心のレシピが載っていますが・・、おお!ゴーフルのレシピが2つ載っています!
近いうちに挑戦してみよう!
d0227344_19332261.jpg



d0227344_19365322.jpg
さて、本日のここでのおみやげは・・、
レシピ本と、ゴーフルを!
今回のゴーフルは、バニラ。
6枚入りは、包んでリボンをしてくれます。

1枚でも買えますが、
娘も夫もココのゴーフルが好きなので、
ついでに買って行ってあげます。ふっ。
実際、わが家には、6枚が、とてもちょーどいいのです!
2つずつで。
あ、どーでもいいことですが・・、
手提げ袋も、かわいくってどうしよう・・・・。<笑>

ウチへ戻り、この場でお見せしよう!
と、思って、1枚を切ってみました。
d0227344_19405151.jpg


マダガスカルのバニラビーンズが、見えます!しなやかな、買って来た状態で、食べると美味しい!
しかし、一度、冷蔵庫にしまって、出した後すぐに食べたらカタくなっていたので、フライパンで焼いたことがあります。が、それは、止めた方がいいです!中身がとろーりと、出てきてしまいます!<笑>
常温に戻してから、食べた方が一番美味しいです!<経験者は語る・・。>


d0227344_1948443.jpg
パリのサンジェルマンデプレ店は、
メトロで、Saint-Germain-des-Prés、Odéon,など・・。
この界隈になじみがない方は、
Odéonから行ったほうが簡単だと思います!

Méert
<Saint-Germain-des-Prés>
3 rue Jacques Callot 75006 Paris
火曜日 から 土曜日 : 10h30 - 19h
日曜日 : 11h30 à 19h
http://www.meert.fr


以上、この辺で<長い>レポ終わります。<笑>

by ロン@フランス

Méert・メールのゴーフル関連記事
Meert・メール/フランボワーズ味のゴーフル◆by ロン@フランス
[PR]
by bayswater92 | 2014-03-13 21:03 | 食*フランス | Trackback | Comments(14)

初レモンケーキ♪♪ ◆ by アン@トルコ oishii

やっぱりカルナヴァレミュージアム、いいね~。絵画だけの美術館よりいろいろ見れて楽しそう。今度パリに行ったら連れてってもらいたいわ~、まじで。


さて、ロンちゃんの素敵な美術館レポのあとに、アンからはまたまたお菓子なんですが!
先日の帰省で買ってきた日本の雑誌「天然生活」には美味しそうなものが満載でした。
その中で、お、これ、作ってみたい!と思ったものが。。
それは、お初なレモンケーキ♪ レシピが載ってたので、Let's try♪
d0227344_315458.jpg
レモンケーキ型を持ってないので、シリコンのマフィン型で焼いてみました。
半分より少なめに生地を流し込んで・・。
d0227344_3171279.jpg
まんまるな、レモンケーキになりました♪
上にはホワイトチョコのコーティング。
d0227344_3194111.jpg
この日は、1個1個ラッピングしました。ただのベーキングペーパーだけどね・・。
帰省してたときに、実家近所の雑貨屋さんにあったムーミンのワックスペーパー。
散々迷って買わなかった。こんなときに、ああ買っとけばよかった!とちょっぴり後悔。笑
でもこのベーキングペーパーも、布用のピンキング鋏を持ち出して、周りをギザギザにカット!爆
何やってんだか~!・・自分。笑
d0227344_3234338.jpg
完成です。


なんで、こんな風にラッピングしたかというと・・
実は次女の学校用お弁当のため。お弁当といっても、軽食、おやつ的なものを毎日持たせます。
曜日ごとにメニューは決まってて、この日は<小麦粉から作るもの>という、ちょっと大雑把なメニューの日。
それが一番困るんだけどねー。
というわけで、次女はこのレモンケーキを4個学校に持っていきました。
お弁当とか関係ないけど、長女は5個学校に持っていきました。単なるおやつですね・・。笑

お味のほうは、甘すぎず、なちょっぴり大人の味で美味しかったです~!
大人の味、なんて表現したけど、次女がとっても気に入ってくれました。
普通のお菓子メーカーからも、こんな感じのレモンケーキってこっちでも売ってるんだけど、
それはやっぱりかなり甘い。。それを思うと、手作りがやっぱり安心かな。
また作ろう~っと♪





すっかり3月も、もう10日過ぎ・・。早いなぁ。
ここアンカラは、気温も上がってきて、春っぽい陽気です。
今日(3/10)はちょっと雨模様だったけど・・。
でも、昨日のお昼はカラッと晴れて気持ちよかったです。

d0227344_336438.jpg
リビングの窓を開けると、隣の家の杏の花が目に飛び込んできて、
ちょっとだけお花見気分♪
もう散ってきてるけど、こういうお花はやっぱり日本人には特別って気がするね。
外を歩いていてもキョロキョロしながら、お花見しています。


by アン@トルコ
[PR]
by bayswater92 | 2014-03-11 07:08 | 食*トルコ | Trackback | Comments(14)


ロンドン・ベイズウォーターで出会った元スタントンスクール生のアンとロン、そしてジュンの3人が発信するトルコ、フランス、スイスの生活情報、日々の暮らし。*コメント大歓迎!お気軽に♪


by Bayswaters

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

2017・イスタンブル旅③<..
at 2017-10-21 04:11
Pâte à tartine..
at 2017-10-16 06:36
2017・イスタンブル旅②<..
at 2017-10-11 14:00
モロッコ在住 まさちゃん(友..
at 2017-10-06 05:47
帰省日記2017・晩夏<続・..
at 2017-09-30 04:15

カテゴリ

プロフィール
トルコ・フランス生活情報
3カ国(土・仏・瑞)生活情報
食*トルコ
食*フランス
食*スイス
お気に入り*トルコ
お気に入り*フランス
お気に入り*スイス
日々の暮らし*トルコ
日々の暮らし*フランス
日々の暮らし*スイス
日々の暮らし*フランス・スイス
旅*トルコ国内
旅*フランス国内
旅*スイス国内
旅*外国
里帰りニッポン
座談会

タグ

(458)
(416)
(339)
(222)
(169)
(88)
(86)
(85)
(76)
(74)
(67)
(66)
(61)
(56)
(55)
(41)
(39)
(34)
(31)
(23)

最新のコメント

アンさん、こんにちは〜!..
by Aqua_blueY at 09:40
◆Yukochanさんへ..
by bayswater92 at 22:37
◆うひひさんへ。 ..
by bayswater92 at 22:21
◆うひひさんへ。 ..
by bayswater92 at 22:16
◆カシュカシュさんへ。 ..
by bayswater92 at 22:13
◆francanaさんへ..
by bayswater92 at 22:08
◆peanutsさんへ。..
by bayswater92 at 22:03
美しいモスクですね〜♡ ..
by arare719 at 15:24
わぁ~~~ほんとうに美し..
by uhihihihi at 15:19
わあ~ほんとカラフルでど..
by uhihihihi at 15:16

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

検索

フォロー中のブログ

ろんどんらいふ
*Happy Tea T...
お茶の時間にしましょうか...
トルコ子育て生活
ヤマザキマリ・Seque...
黒パグ CHAPPYの成...
Lush Life
a&kashの時間。
うひひなまいにち
lotus pond 上...
cafe de ke*
ぶどう畑ぐらし。
kaorainne日記
ミニろんどんらいふ
がびあーの家の毎日
アクデニズ。
パリからのバレエ便り
London Scene
ビーズ・フェルト刺繍Pi...
ドキx2 わくx2 @ ...
un_voyage♪♪
北欧・スウェーデンよりシ...
FReeTraveLer
ねこ旅また旅
die Elfen im...
サンフランシスコ食堂 
Kuechennachr...
風と花を紡いで
イタリア夫に作るご飯 
Photolog fro...
カスタムニットBy* s...
Sweets and B...
オフフープ™立体刺繍、フ...
Cache-Cache+
ふらんすさんぽ
~East meets ...
FREE TRAVELER
リタイア夫と空の旅、海の...
ぷくぷ日記
たのしむラボ  ***楽...
kaorainne日記Ⅱ
がびあーの家の毎日2

外部リンク

ファン

bayswater92

↓メールはこちら


素材お借りしています。


A.SLASH


mytaste.jp

**当ブログに掲載されてるお店情報等は、記事掲載時時点のものです。**

**当ブログは、PC版用に写真等の編集をしております。**

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
おうちごはん

画像一覧