<   2014年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ジャンフランソワ・ピエージュのシューに挑戦!by ロン@フランス

Mercimek Corbasi<メルジメッキ・チョルバス>レンズ豆のスープって、赤いレンズ豆さえ見つけられれば、すぐにでも作れそうだね!買い物行ったら、売っていたら、買ってくるよ!

アンちゃんに続いて、ロンも食べ物の話です!
つい最近、ジャンフランソワ・ピエージュのパティスリー、シュー・ア・ラ・クレームプラリネ、
「chou-chou」作りを再挑戦してみました!

さらに、夫が、娘のリクエストである、クレームカタランを別件で、作ってくれたので、小さなココットに入れてもらい、なんとなく「カフェグルモン」もしくは、「カフェグルマン」ちっくにしてみました。

<クレームカタランは、カタルーニャ地方のクレームブリュレと、いう感じですが、レシピが、違います。
クレームカタランは、牛乳ベースで、クレームブリュレは、生クリーム使用なので、カタランのほうが、軽いテイストです。あ、参考までに・・。>
d0227344_655468.jpg

写真一番手前のシューが、「chou-chou」のつもりです。が、雑誌に載っていた写真とは、似ても似つかず・・・。まず、形がまん丸でないし、生地の色もこんがり感が、ないし・・。
でも、前回は、シューを冷ましている間にふくらみが、しぼんでしまったので、、そのときのシューは、
まったくお話にならなかった!
d0227344_765736.jpg

で、今回も、あきらかに、違う物になってしまいました。わっはっはっはっー!
形や色が微妙でも、シューが、しぼまなかったので、よし!っていうことにしました。
そして、食べてみたら・・・、おおおわっ、すんばらしいーーーっ!では、ないですか!
プラリネ味が、ハンパなく、香ばしくて、まろやかです!

この「chou-chou」は、シューのまわりに、カリカリする生地がついていますが、全部のシューに
つけるのが、苦痛で、面倒?だったので、余ったシューの生地で、普通にシューケットとチョコレート味の
シューを作りました。
コーヒーはもちろん、エスプレッソ!
d0227344_7253368.jpg

さらに、ひとまわり小さなシューも作ってみました。
あ、もちろん、上部のお皿のウエハースは、買ったものですよー。
ミニシューの中には、プラリネクリームが、入っています。
d0227344_7293093.jpg

しかし、シューだけでは、8人のお客さんへ出す量として、少なすぎたので、
あわててタルトも作りました・・。
でも、時間がなかったので、バンバンッといちごとバナナだけ乗せた。<笑>
フランス人にも日本人にも毎回好評な、このタルト生地。
「サブレ」生地なのですが、レシピは、なんと!
18年前の「NHK今日の料理」!
だったのでしたーーー!ふふふ。

by ロン@フランス

手作り・ノワゼット<へーゼルナッツ>ペースト
http://bayswaters.exblog.jp/20342040/
マイブーム*Chouquette ◆ by アン@トルコ
http://bayswaters.exblog.jp/13422768/
[PR]
by bayswater92 | 2014-02-28 08:00 | 食*フランス | Trackback | Comments(14)

Mercimek Corbasi<レンズ豆のスープ>*トルコ料理レシピ・その28 ◆ by アン@トルコ

サンジェルマン・アン・レイ、パリ近郊にこんな素敵なところがあるんだね~。シャペルの写真がすごく素敵。ロンちゃん、今度パリに行ったら連れてってね~♪


さて、アンからは久々にトルコ料理のレシピ、いってみたいと思います!
今日ご紹介するのは、トルコの定番スープ、Mercimek Corbasi<メルジメッキ・チョルバス>レンズ豆のスープです。これも家庭によって作り方も様々なんですが、我が家のレシピを紹介しますね。
d0227344_35942.jpg
使用するのは赤レンズ豆です。↑これね。


【材料:5~6人分】
・Mercimek(赤レンズ豆) 250g
・塩 小さじ1.5
・水 2150ccくらい・・
・バターまたはマーガリン 大さじ1
・ドライミント ひとつまみ
・小麦粉 大さじ1(スープスプーン)
・トマトペースト 大さじ1(スープスプーン)
・胡椒・プルビベル(粗挽き唐辛子) 少々
d0227344_462216.jpg
【作り方】
1.赤レンズ豆をよく洗い、鍋に水とともに入れ火にかけ、塩を入れ、茹でる。
2.ふきこぼれないように注意しながら、豆の形がなくなり黄色っぽくなるまで<写真1>茹でる。
3.茹でたレンズ豆が余裕を持って入るくらいの大きさの別鍋にバターを熱し、ドライミントも入れ熱す。
4.そこに小麦粉を入れ炒め、トマトペースト、胡椒、プルビベルも入れてよく炒める。
5.茹でたレンズ豆を少しずつ入れて泡だて器で混ぜながらなじませ、残りの茹でたレンズ豆を全部入れて泡立て器で混ぜながら煮込む。様子を見て熱湯<記載外>を足して、さらさら過ぎないスープにする。
d0227344_4161590.jpg

レンズ豆のスープ、レモンを絞って、プルビベルをかけていただくのが定番です。
でも私はそのままが好きかな♪
ほくほくなスープで美味しいです。トルコでは欠かせないスープ、冬はもちろん夏でも飲みます。
我が家は茹でたレンズ豆そのままスープにしますが、茹で上がったレンズ豆を漉したらもっとスムースなスープになります。その辺はお好みで♪
d0227344_4162992.jpg

この量だと、6人分でもちょっと多いかな?くらいだと思います。
お客さんが来るときとか、この倍量で作ったりもしますが、冷蔵庫に入れておけば数日保存も可能です。
いつだったか・・夏場だったかなぁ、大量にこのスープを作って、冷めたら冷蔵庫に入れようと思ってたんです。が!すっかりそんなことを忘れて、次の日の朝キッチンに行ったら出しっぱなしのスープが目に入って・・。やばい!早く冷蔵庫に入れなきゃ!と思って見たら、フツフツと勝手に発酵が始まってましたー!爆
結構足が早いので、保存するときは冷めたら早めに冷蔵庫に入れてくださいね~。


by アン@トルコ
[PR]
by bayswater92 | 2014-02-26 04:37 | 食*トルコ | Trackback | Comments(16)

Saint-germain-en-lays・サンジェルマン アン レイ◆by ロン@フランス

モンブラン!いいっ!食べたいーー!マロンクリームは、ともかく、ロールケーキ作るのは、大変そうよ?!
それは、ズボラとは、言わないわよ、アンちゃん!笑

ロンは・・、お菓子作りは、激面倒なので、休憩中ーーーーー!<笑>
でも、観光大好きーーー!なので、パリから近いサンジェルマン アン レイの町へ行ってきました。
前から、行こう、行こう!と、思いつつ、あまりにも近くもなく、遠くもないこの土地は、行ったら、結構ビックリ!
さすが、国王の町・・と、いう感じ!
d0227344_711456.jpg

今回は、車で行きましたが、パリからもRERで、簡単に来れます。しかも、駅から地上へ出たらすぐ、
お城が、ドドーンッ!と、立っています。
お城の中は、「国立考古学博物館」になっているので、城見物は外だけ・・と、思って訪れた方が、いいと思った・・。でも、考古学が好きな人には、この博物館は、かなり楽しいと思います。
100万年前から中世までのコレクションだそうです。
d0227344_7261818.jpg

博物館へ用がなければ、タダで、入口付近は、入れます。そのまま入って、向かい側に中庭に出るドアがあります。
すると、中庭から見たお城が、おおおー、と、貫禄があって!
d0227344_7334825.jpg

このすぐ右に、シャペルの入口があります。
d0227344_7434458.jpg

このシャペルは、1238年につくられたそうですが、その何年後かに、これをモデルにして、パリにある有名なサン・シャペルが建設されたそうです。
d0227344_7443484.jpg

そして、このシャペルをお城の外から見るとこんな感じで・・。なんとなく、サン・シャペル?!
d0227344_7482282.jpg

お城の庭は、公園になっているので、散歩が出来ます。
d0227344_7495481.jpg

しかし、あまりにも広くて、ヒールの靴だったら、散歩は、無理でしょうねえ・・。笑
d0227344_7515881.jpg

パリのビジネス街、ラ・デファンスのビル群も、見えました!
d0227344_754979.jpg

博物館を見ず、ちょっとお城+ちょっと公園+ちょっと町ぶらぶら=2時間の観光
d0227344_845714.jpg

思っていた以上に、行ってよかった場所でした!

by ロン@フランス

国立考古学博物館
http://www.musee-archeologienationale.fr/
[PR]
by bayswater92 | 2014-02-24 08:16 | 旅*フランス国内 | Trackback | Comments(8)

ずぼら~さんのモンブラン♪ ◆ by アン@トルコ

フランスのレシピ本、いいね~。それもわかりやすいロンちゃんの解説つき!私も一冊欲しい気分だわ。あ、でもフランス語・・・。でも眺めてるだけでも楽しそう!


さて、アンからは久々に、お菓子!です。
日本から帰ってきてから、作りたくて仕方なかった!作ったのはモンブラン♪
d0227344_471148.jpg
むふふ♪
もうね、私ずぼらなんです。面倒くさいことが好きじゃない・・。栗を一から調理するなんて、どうも、出来ない。笑
ということで、日本から調達してきたんです!↓これらを・・。
d0227344_492476.jpg
むき栗とボンママンのマロンクリーム♪

これらがあれば、結構簡単にモンブランが出来るよね!ずぼら~にはピッタリ!笑
今回は、土台はロールケーキ。稲田多佳子さんのレシピ本から、スフレロールを作りました。
d0227344_413279.jpg
生地にもむき栗を刻んだものを入れて焼いて、小さめに巻いてみました。
ロールケーキの上に、むき栗をひとつ、その上にボンママンのマロンクリームをちょこっと塗って、その上からホイップした生クリームを絞って・・。
そして、その上からマロンクリームとホイップした生クリームを混ぜたモンブランクリームをニョロニョロ~と。
実はモンブラン口金も日本で買ってきました!もうね、日本にいるときからモンブランを作る気満々だった!笑
ニョロニョロした上にはちょこっと粉砂糖を振って、刻んだむき栗をぱらぱら、ミニオレオも飾ってみたよ。
d0227344_4371484.jpg
オレオ、最近近所でも手に入るようになりました。前は売ってなかったの・・。オレオ入りMilkaのチョコなんかはあったのに。。ミニサイズはこういったお菓子のトッピングに使ってもカワイイよね♪


d0227344_4283228.jpgさて、お味。
モンブランクリームは間違いなく美味しかった!そりゃボンママンだもんね!
生クリームも、一番美味しいかな、って思うPINAR<プナル>のもの。→→
トルコの生クリームはなかなか角が立たないって有名ですが(笑)
このPINARのはしっかり氷水にあてながらホイップすると
それなりに角が立って、ケーキのデコにも向いてると思います。
そして、スフレロール。これ、我が家では定番ですが、
やっぱりふわふわで美味しいです。モンブランにも合うと思う!
今回は、ミニサイズのモンブラン8個作りましたが、
4人家族で2つずつペロッと完食しちゃいました!

ごちそうさまでした!
むき栗もマロンクリームも4つずつ(!)買ってきたから、また作りま~す♪
d0227344_4183496.jpg

by アン@トルコ
[PR]
by bayswater92 | 2014-02-22 04:50 | 食*トルコ | Trackback | Comments(20)

フランス料理のレシピ本 ◆ by ロン@フランス

いいなぁー!かわいい、モロッコのストールとバブーシュ!
赤い色のバブーシュは、すごくモロ子だわ。<笑>
アンちゃん’sダンナは、妻のツボをよーく分かってるね。すばらしー!!!

ところで、今日は、シュー・・ではなく、レシピ本の話題です。

フランスで売っているレシピ本は、日本のレシピ本以上に魅力的な物が多いのです!<と、思います!>
本屋さんへ行けば、分かりますが、かわいい遊び心満載の本とキットが一緒になっているものから、有名シェフやパティシェのレシピ本まで、ピンきりで本当に楽しい!

そこで、最近買った料理本から愛読書まで、ウチにあるほんの一部分を紹介します!
ちなみに、ロンにとっての「使い勝手」レベルを写真につけたバラの色で表現してみました。

<赤バラ>作り方の説明が良く+成功率が高い
<ピンクバラ>レシピはステキ+説明が微妙にアバウト+成功率は経験次第
<黄色バラ>料理にまつわる歴史話がついている+結構親切なレシピ+成功率は未使用なので分からず。

d0227344_7272296.jpg

大統領官邸で、作られた料理のレシピ本。お友達にプレゼントしたけど、後から自分でも買ってしまった。
ゴージャスなメニューと食器類にクラクラしてしまう。
メニューは、フォアグラとトリュフを使ってカラメリゼ・・とか、素材が豪華なだけでなく、
お皿の上が、アートとなって盛り付けされている・・。

銀食器はもちろん、グラスは、バカラかクリスタルダーク。陶器は、セーブル、ベルナルド、アビランド。
フォークやナイフは、ピュイフォルカ、クリストフル。と、フランスの大御所ブランド揃い!
なので、料理もお皿もまるで夢?!みたいな写真です。<笑>

しかし、すべてが、豪華で、盛り付けプレゼンテーションは、ありえないほど凝っている!
駄目押しで、アバウトなレシピ・・なものなので、現実味に欠けたレシピ本です。<笑>
眺めているだけなら、大満足!<笑>

d0227344_748277.jpg

日本語版も出ている、ル・コルドンブルー料理学校のレシピ本。
これは、最高に気に入っています!作り方の説明も親切だし、地方の有名レシピが揃っています!

d0227344_75138.jpg

上に同じく、日本語版も出ている、ル・コルドンブルー料理学校のレシピ本。
これもまた、上手に説明があって、重宝しています!

d0227344_7524156.jpg

シャンパーニュ地方のお菓子、「ビスキュイローズ」を使ったレシピ本。
ほとんどがデザートレシピです。少しだけ、サレ<塩味>レシピもあります。
お菓子の歴史も書いてあって、読み応えはありますが、レシピの出来上がり写真がほとんどない!
これが、なんとも残念!

d0227344_7575415.jpg

料理人のお友達セレクト。頂いたレシピ本です。
シンプルで、分かりやすいレシピの説明。しかも、アルファベット順にレシピが載っているので、
誰でも知っているようなレシピを探すときは、便利!
例えば、サラダ・・なら、Saladeで、Sから。後ろの方のページ。
フランスの代表的な料理やデザートレシピが載っています。

d0227344_89493.jpg

フランス料理ではありませんが、オーストリア料理レシピ。
オーストリアへ行ったときに見つけた本です。

ザッハトルテや、ウィーン風カツレツ、ザルツブルガーノッケルンなどのレシピがあります!
レシピの由来などが書かれた「豆知識」も、気に入っています!ふふ。
この本は、手のひらサイズで、色んな国の言葉で訳されていました!

明日の夜は、何食べようかなぁー・・。

by ロン@フランス

ビスキュイローズのゴーフル
http://bayswaters.exblog.jp/19656557/
ビスキュイローズのサブレ
http://bayswaters.exblog.jp/15570755/
オーストリア、ザルツブルク <CAFE MOZART>
http://bayswaters.exblog.jp/14548713/
メール&ピエールエルメのレシピ本
http://bayswaters.exblog.jp/20490547/
[PR]
by bayswater92 | 2014-02-20 08:18 | 食*フランス | Trackback | Comments(8)

モロッコのお土産と西アフリカの旅 ◆ by アン@トルコ

ノートルダム寺院の秘宝!すごい煌びやかできれいだね~。こんな場所があるなんて知らなかったよ、ロンちゃん。素敵なレポをありがとう!


さて、アンからは、今日は西アフリカなんです!なんてこったい!!
というのも、私の帰省と時を同じくして、うちの夫が西アフリカの旅に出ていました。
そして、こんなカワイイものをお土産に持って帰ってきてくれました。
d0227344_4551942.jpg
モロッコのストールとバブーシュ。バブーシュはリクエストしていました!そしたらこんな刺繍のカワイイのを2足も♪♪ 
d0227344_4552110.jpg
特に私は白がお気に入り。刺繍の糸も水色やピンク、ゴールドでめっちゃカワイイです。
ストールは、本当はアフリカの布が欲しかったけど、ストールを買ってきてくれた。これもアフリカっぽくて気に入りました。
d0227344_4552959.jpg
これは、カサブランカで買ったミニチュアタジンの置物と、飴入れかな。
d0227344_4553397.jpg
そして、オリーブと蜂蜜。このオリーブがすっごく美味しいの~。毎朝食べています。どんな味?まあ、見て想像してください。そのとおりの味です。笑

一番気に入ったのは、オリー・・じゃなくて、バブーシュ!かわいすぎて、もったいなくて、まだ使えてません。。試し履きしたけど、履き心地もいいです♪





さ、ここからは夫が撮った旅の写真でも♪
まず最初はセネガルから!
d0227344_562895.jpg
やっぱりどこに行っても気になるのはマーケット。
野菜から、布から、スパイスから・・。楽しそうなマーケット。
下の写真は、海辺の魚マーケットのカラフルなボート。すごい数・・。


お次はモーリタニア。
モーリタニアといえば、やっぱり砂漠!
d0227344_585271.jpg

こんな砂漠に現れるオアシス・・。テルジットというところ。
d0227344_5115598.jpg
こんな風に緑の木が生い茂り、中は涼しいそう・・。
そして、小川が流れ、テントなんかもあって一休み出来るんだそうです。
すごいきれいな所だね。オアシスってやっぱりほっとできる場所なんだろうね。
そして、モーリタニアにある世界一長い鉄道!これに乗って移動したんだって!
貨物の上(オープンエアー!)に乗ると料金はただ。中で座ると料金が発生するけど、
ファーストクラスでも板張りに椅子のみ、電気もなけりゃ窓もない(壊れてる)!そうです。
でも世界中からこの電車に乗るために、観光客が来るそうですよ。


そしてモロッコ。
d0227344_5224311.jpg
マラケッシュのマーケット。モロッコらしい帽子や陶器のお土産品・・。
夜になるともっと賑やかになるそうで、屋台なんかも・・。

d0227344_5235852.jpg
カサブランカの路地・・。細い道がいくつもあるそうです。カワイイ。

d0227344_5245558.jpg
そして、カサブランカの海辺に建つ「ハサン2世モスク」。モロッコ最大のモスク。
中にいる人を見てもわかるかな、かなり大きなモスクなんだと思います。きれいだね。


そしてやっぱり〆は・・
d0227344_5303859.jpg
タジン!美味しそう~。

ということで、西アフリカ・旅の写真集でした!私は行ってないけどね。笑
でもいつか行ってみたいなぁ。まずはモロッコ!?雑貨もカワイイし、ご飯も美味しそうだし、女子ウケしそうだよね~。
しかしここ数日、「哀愁のカサブランカ」が頭を離れないのは言うまでもなく・・。by Goひろみ。

長くなりました!最後まで読んでくれてありがとう。


by アン@トルコ
[PR]
by bayswater92 | 2014-02-17 17:52 | 旅*外国 | Trackback | Comments(18)

パリのノートルダム寺院の秘宝 ◆ by ロン@フランス

日本の北から南のお土産で、ホクホク状態でトルコへ戻ったアンちゃんは、今頃ゆっくり日本の雑誌を読みながら、食べているころかしらぁー?!

先日、ノワゼットペーストを作って、その後、それを入れるおいしそうな「シュー」を作りました。
シューの皮が2層になるものです。
予定では、シューの中にノワゼットペースとやプラリネアーモンドが混ざったクリームが入るはずだった。

のに・・、さすが?最近名が知れたシェフのレシピだけあって、一筋縄では、いかなかった!
細かくレシピを書いてあるようで、すごくアバウト!<笑>やっぱり、秘密やコツは、教えたくないのでしょうね!
で、見事に初回は、大失敗に終りました!わははははーーー!
と、いうわけで、近いうちに、リベンジしたら、ここへ報告します!ふふふ、やってみせる!

そんなわけで、今回は、パリのノートルダム寺院。
ココへ入るのは、もちろん無料ですが、上の方に登るときと、お宝展は、それぞれに入場料がかかります。
d0227344_1857536.jpg

それにしても、教会に入ったときに信者が清めるお水<写真右下>が、モダンになっていて
ちょっと、ガッカリ・・。
d0227344_1933979.jpg

気をとりなおして、右側から進み、「お宝展」へGO!
d0227344_1955216.jpg

見るところは、広くはありませんが、一番奥にあった、宝は、迫力です!
d0227344_1911237.jpg

カトリックの力が、スゴかったんだな・・と、思わせるオブジェがキラキラッ!
d0227344_19114952.jpg

↑左は、1800年代のReliquaireといって、キリストの冠を入れるもの。右は、Crucifix、十字架です。
左のReliquaireをアップにすると、よく分かりますが、宝石だらけです!
d0227344_19475645.jpg

金のブロンズと金のシルバー、そして、サファイヤ、エメラルド・・。
透明のキラキラは、言うまでもなく、ダイヤモンド!
d0227344_19492653.jpg

もう一つ、部屋がありますが、そこには、歴代の法王の名前と顔が、コレクションのように
左側にビッシリ展示してあります。
d0227344_19542045.jpg

展示に使っているショーウィンドーも、なかなかです。
d0227344_19562218.jpg

これだけ、見れて、入場料は、4ユーロ。
安か?高いか?分かりませんが、ロンは、満足だったのでしたー。


パリのノートルダム寺院のオープン時間は、
月曜日から金曜日は、9時30分から18時まで。
土曜日は、9時30分から18時30分まで。
日曜日は、13時30分から18時30分まで。

by ロン@フランス
[PR]
by bayswater92 | 2014-02-15 20:27 | お気に入り*フランス | Trackback | Comments(10)

帰省日記2014・冬<お持ち帰り>+帰省14・Index ◆ by アン@トルコ

トルコにはパンに塗るヘーゼルナッツペーストあるんだけど、ロンちゃん手作りのはもっと美味しそうだよ〜♪ 私もきれいに食べる自信あり!!笑


さて、アンは月曜の朝に無事にトルコの自宅に帰ってきました。
今日は帰省日記・最終章です。

帰りも快適フライトでした。
d0227344_155669.jpg
これは、イスタンブルからアンカラに向かう飛行機から。イスタンブルの空港を出た時はまだ暗かったのに雲の上に出たら夜が明けて明るくなってました。
40分のフライトの機内食。
d0227344_155841.jpg
白チーズのサンドイッチ、サラダ、いちごヨーグルト。

成田からイスタンブルに向かう飛行機では疲労困憊で写真はなし。
トルコに戻る前日の土曜は記録的な大雪。実家のベランダでも積雪23cmを観測しましたよ!
d0227344_1551084.jpg
なのでやっぱり影響出て、成田エクスプレスも予定通りにはいかず、新宿には電車が来ないし、東京駅にまわって満員の成田エクスプレスにやっと乗って、ホッとしたのもつかの間、ノロノロ運転だったり止まったり、予定より1時間半遅れで成田に到着。
飛行機も1時間半遅れに。。こりゃ乗り継ぎ間に合わないか?と思ったけど、なぜか到着は定刻通り。恐るべしトルコ航空!笑
乗り継ぎもスムーズに行き、時間通りにアンカラに着きました♪
今回は行きも帰りも初の深夜便でしたが、深夜便の方が楽だな〜という印象です。次からも深夜便にしよ♪


さ、ここからは日本からお持ち帰りしたものをちょこっと公開♪

まず、成田で買ったもの。
d0227344_1551274.jpg
沖縄の紅いもタルト、長崎カステラ、北海道のゆるキャラ?キャラメル。いろんな味があったけど富良野メロンとあずきをチョイス。抹茶トリュフはめっちゃ旨~♪♪ 成田だと日本各地の名産物が買えてちょっと嬉しいね。

次、雑誌。
d0227344_1551495.jpg
最近のお気に入りインテリア雑誌といえばMAISHA。それから、天然生活。レシピ本は、パスタ料理とストウブ本。Skylifeはトルコ航空の機内誌。メッシが表紙だったのでお持ち帰り~♪

d0227344_1551685.jpg
お次は、キッチン雑貨。
無印で買った卵焼きパンと、今、一番気になるキッチングッズ・箸置き。時間がなくて探しまわれなかったけど、ゴロンと寝転がってる馬、木の葉、お魚はナチュラルキッチンで、ブロッコリーと玉ねぎはアフタヌーンティーで買いました。

d0227344_1551750.jpg
これ、なんだと思う?
日本ってここまでする必要あるのか?っていうものがあるけど可愛さに負けてしまう。。笑
<正解はコンタクトレンズケース>

d0227344_1551944.jpg
これも何でしょう?
日本とは、気候や標高、水も違うので同じようには出来ないのは百も承知だけど、やっぱり美味しいので買ってきた。

d0227344_1552168.jpg
これは・・ほんとはこういうものはフィンランドで買いたかったけど、日本ってなんでも簡単に手に入るなー♪という感心記念<そんな記念あるのか!? に、やっぱり欲しかったパラティッシ・パープル!念願の♡です。
ミィのトレイは菊屋で衝動買い^^;

それから、日本に帰ったからには持ち帰りたいのはやっぱり食材。
今回は、味噌、豆腐に揚げ、キムチ、海苔、鰹節、ワカメ、乾うどん。。
緑茶に抹茶に紅茶に烏龍茶も。。

まだ他にもちょこちょこありますが、きっとこれからブログに登場することでしょう。うふ。

ということで、2014冬の帰省日記、〆させていただきます。
お付き合いありがとうございました♪


帰省日記2014冬・Index
帰省日記2014・冬<東京なう>
帰省日記2014・冬<食だより>
帰省日記2014・冬<papabubble>
帰省日記2014・冬<お持ち帰り>


by アン@トルコ
[PR]
by bayswater92 | 2014-02-13 02:35 | 里帰りニッポン | Trackback | Comments(22)

手作り・ノワゼット<へーゼルナッツ>ペースト◆by ロン@フランス

パパブブレの出来たて飴は、いつか食べてみたいなぁ!それにしても、アンちゃん、大雪の大変な時にトルコへ帰国、お疲れーーー!まずは、ガッツリ寝てねッ!

一昨日、、わが家で、センセーショナルなことが、起こりました!

夫の実家には、ノワゼットの木がいくつかあります。
・・が、今までこんなに美味しく食べたことがないッ!と、思った瞬間です!夫も目を丸くして驚いた!<笑>
初めて作った、ノワゼットのペースト!脅威です!<笑>
d0227344_4524750.jpg

いつもなら、ふつうに殻を割り、中身をそのまま食べるか、チョコレートケーキに入れてみたり、
砕いてサラダに混ぜていたりしていましたが・・。

たまたま買った、パティシエの雑誌を読んでいて、ジャンフランソワ・ピエージュのデザートが、
あまりにも美味しそうで・・しかも、レシピつき!だったので、挑戦してみることに!

しかし、「用意する物」で、つまずくありさま。
何につまずいたか・・と、いうと、「ノワゼットペースト」。
「こんなの、どこに売ってるんじゃーーー!」なんて、文句を言いながら調べてみると・・。
「なんと!作れる!しかも、簡単だ!」と、発見!

と、いうわけで、フランス人の作り方または、成功しそうなレシピを調べ、かつ、もっとも簡単そうな人のノワゼットペーストを作ってみよう!と、試みました!

ウチにあった、実家のノワゼットの殻を割り・・、
d0227344_58366.jpg

オーブンでグリエして、適当に皮を剥き、ノワゼットの量と同じ量の砂糖を入れ、ミキサーにかければ、
終った!スゴイ簡単だった!

で、味見する前に、顔の近くまでもっていくと、なんて香りの良いこと!激感動ーーー!
ちょっと、ヌテラとか、フェレロ ロシェのような感じ・・・?!
じゃ、食べてみようか・・と、口に入れたら、今度は、「★★★★」!!!
完璧に「ノックアウト」です!<大笑>
d0227344_5282274.jpg

この世に、こんなに美味しいノワゼットの食べ方があったのか!!!
と、それは、もう、ビックリ!
夫は、瓶にへばりついた、ほんのちょっとの残りも、指できれーにぬぐっていました。わはっはっはー!

で・・ジャンフランソワ・ピエージュのデザートは?
と、いうと、夫とノワゼットペーストで盛り上がってしまい、そこで、作業ストップ!
まだ作っていないんです・・。へへへ、ははは、ふふふ。

ちなみに、このノワゼットペーストの作り方は、ジャンフランソワ・ピエージュのレシピでは、ありません。
それでは、また、次回ここへ来るときは、デザート完成・・してるといいなぁ<笑>

by ロン@フランス
[PR]
by bayswater92 | 2014-02-11 05:47 | 食*フランス | Trackback | Comments(6)

帰省日記2014・冬<papabubble> ◆ by アン@トルコ

わ!ロンちゃんの紹介したフランスのお菓子の缶!カワイイ!!特にグリーンのやつ、中身のお菓子も缶も超気になるわ。いつかゲットじゃ!笑


さて、東京に滞在中のアンですが、今日は朝から雪が降り続いています。積雪も8cmくらいあるかな。窓から見える景色は素敵♪ 雪を見ながらアップ中〜♪

d0227344_10431146.jpg
昨日ですが、おしゃれな飴屋さん『papabubble』<パパブブレ>に行って来ました♪

d0227344_10425022.jpg
昔からある商店街に、突如、都会的な外観なおしゃれな飴屋さんが登場します。出来て数年たつけど、地元の新名所っていう感じ。笑
ここのお店、本店はスペインのバルセロナ。でも私は地元のお土産として、ここの飴を買うことが多いです。もちろん自分が楽しむためにも買います♪ 今は東京でもいろんな場所で手に入るようになってますよね!

d0227344_10425028.jpg
店内もシックで素敵♪ 店員さんも白衣姿だったりで、ちょっと実験室っぽい!?

d0227344_10425235.jpg
店内で飴を作ってるので、見学も楽しいです。できたてホヤホヤの洋梨味のキャンディを味見させてくれました。まさにできたて!あったかかったよ。

d0227344_1042547.jpg
お店の袋もなんとなく北欧っぽくて素敵。今回は、フルーツミックスキャンディ、チョコミックスキャンディ、新発売のキャラメルも買ってみました。この繊細でカワイイ金太郎飴、美味しいですよね♡
帰省すると寄らずにはいられない、大好きなお店です。いつまでもここにあって欲しいな。



さ、ここからは食い倒れ日記。笑
d0227344_10425568.jpg
たい焼き〜。カワイイ♪
ちょっと前まで餡子がイマイチ苦手だったけど、最近は好きかも♪
年取って味覚が変わったか?爆

d0227344_10425676.jpg
寒いけど、アイス♪
ほうじ茶味とチョコミント味。ここのチョコミントは外せない!


・おうちごはん
d0227344_10425663.jpg
トルコで海老は高いので、がっつりいただきました。笑

d0227344_10425750.jpg
あんまりトルコでは作らないオムライス。

d0227344_10425820.jpg
近所のスーパーで見つけた芋チップス。芋おいし〜♪ あっという間になくなっちゃった!



日本の食を楽しめるのもあとわずか。。
そろそろ帰省も終わりです。。涙


papabubble
http://www.papabubble.jp


by アン@トルコ
[PR]
by bayswater92 | 2014-02-08 12:29 | 里帰りニッポン | Trackback | Comments(14)


ロンドン・ベイズウォーターで出会った元スタントンスクール生のアンとロン、そしてジュンの3人が発信するトルコ、フランス、スイスの生活情報、日々の暮らし。*コメント大歓迎!お気軽に♪


by Bayswaters

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

2017・イスタンブル旅③<..
at 2017-10-21 04:11
Pâte à tartine..
at 2017-10-16 06:36
2017・イスタンブル旅②<..
at 2017-10-11 14:00
モロッコ在住 まさちゃん(友..
at 2017-10-06 05:47
帰省日記2017・晩夏<続・..
at 2017-09-30 04:15

カテゴリ

プロフィール
トルコ・フランス生活情報
3カ国(土・仏・瑞)生活情報
食*トルコ
食*フランス
食*スイス
お気に入り*トルコ
お気に入り*フランス
お気に入り*スイス
日々の暮らし*トルコ
日々の暮らし*フランス
日々の暮らし*スイス
日々の暮らし*フランス・スイス
旅*トルコ国内
旅*フランス国内
旅*スイス国内
旅*外国
里帰りニッポン
座談会

タグ

(458)
(416)
(339)
(222)
(169)
(88)
(86)
(85)
(76)
(74)
(67)
(66)
(61)
(56)
(55)
(41)
(39)
(34)
(31)
(23)

最新のコメント

アンさん、こんにちは〜!..
by Aqua_blueY at 09:40
◆Yukochanさんへ..
by bayswater92 at 22:37
◆うひひさんへ。 ..
by bayswater92 at 22:21
◆うひひさんへ。 ..
by bayswater92 at 22:16
◆カシュカシュさんへ。 ..
by bayswater92 at 22:13
◆francanaさんへ..
by bayswater92 at 22:08
◆peanutsさんへ。..
by bayswater92 at 22:03
美しいモスクですね〜♡ ..
by arare719 at 15:24
わぁ~~~ほんとうに美し..
by uhihihihi at 15:19
わあ~ほんとカラフルでど..
by uhihihihi at 15:16

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

検索

フォロー中のブログ

ろんどんらいふ
*Happy Tea T...
お茶の時間にしましょうか...
トルコ子育て生活
ヤマザキマリ・Seque...
黒パグ CHAPPYの成...
Lush Life
a&kashの時間。
うひひなまいにち
lotus pond 上...
cafe de ke*
ぶどう畑ぐらし。
kaorainne日記
ミニろんどんらいふ
がびあーの家の毎日
アクデニズ。
パリからのバレエ便り
London Scene
ビーズ・フェルト刺繍Pi...
ドキx2 わくx2 @ ...
un_voyage♪♪
北欧・スウェーデンよりシ...
FReeTraveLer
ねこ旅また旅
die Elfen im...
サンフランシスコ食堂 
Kuechennachr...
風と花を紡いで
イタリア夫に作るご飯 
Photolog fro...
カスタムニットBy* s...
Sweets and B...
オフフープ™立体刺繍、フ...
Cache-Cache+
ふらんすさんぽ
~East meets ...
FREE TRAVELER
リタイア夫と空の旅、海の...
ぷくぷ日記
たのしむラボ  ***楽...
kaorainne日記Ⅱ
がびあーの家の毎日2

外部リンク

ファン

bayswater92

↓メールはこちら


素材お借りしています。


A.SLASH


mytaste.jp

**当ブログに掲載されてるお店情報等は、記事掲載時時点のものです。**

**当ブログは、PC版用に写真等の編集をしております。**

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
おうちごはん

画像一覧