<   2013年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧

夏のバカンス2013 前編 byジュン@フランス(スイス)

グリーンのローカル線、かわいいね。キャラクターって知らないところでいろいろあるんだね。海沿いの景色も綺麗で気持ち良さそう!!

こんにちは、ジュンです。
今、バカンスで旦那の実家に来ています。

西フランスなのですが、ジュネーブから車で約10時間かけてやってきました。
海が近いので、午後は毎日ビーチでゆっくり。
でも、夏も終わりに近づいてきたからか水温は17℃前後と、冷た~!!。
でも普段めったに海で泳げないので、水の冷たさを我慢して(涙)泳いでます。

d0227344_810781.png
d0227344_811267.png
モーターボートで沖に。


d0227344_8115184.png
義両親の家には広い庭があるので、マットを敷いて久々に朝ヨガ。

d0227344_8111287.png
暑くもなく、寒くもなく、ちょうど良い気温なので寝転がっていると気持ちいい。


また、普段あまり自然に触れることがないので、なるべく裸足で芝生の上を歩いたりして地面とコンタクトを取っています。庭があると、こういうことができていいなぁ(ヨガも続くだろうし・・・?)。

でも、ここは車がないと何処へも行けないくらいの田舎で、虫も多い。
毎年夏に来ると、寝ている間にダニだかクモだか知らないけれど、体中虫に刺される私。
いつからかアレルギー反応も出て、刺されると必ずどこか異常に膨れ上がります。
でも、同じベッドに一緒に寝ている旦那は一切被害に逢わず。

日本では、血が美味しい人は虫に刺されやすいと言いますが、こちらでは肌が美味しい人は虫に刺されやすい、と言うみたい。

d0227344_8122055.png
シトロネルのアロマオイルが虫を寄せ付けないと聞いて、今回は水で薄めたものを毎晩寝る前に、体全体とベッドにスプレーしています。

これは効果あり!!
たっぷりとスプレーした夜は虫に刺されない。001.gif



義理の祖母も含めて家族みんなが集まった夜、義理の弟とその彼女が夕食を作ってくれました。
d0227344_8182262.png
●前菜は、トマト、きゅうり、モッツアレッラのスライスにごまのトッピングと
オリーブオイル&醤油のドレッシング。
●メインは、海老のカレークリームソースソテー、サフランリゾットに
カリッと火に炙ったチョリソーを一枚乗せて。


美味しかったのに、写真が綺麗に撮れなかったのが本当に残念!!


70年代ディスコ・ファンク代表曲。

Le Freak - Chic (1978)


byジュン@フランス(スイス)
[PR]
by bayswater92 | 2013-08-31 08:20 | 旅*フランス国内 | Trackback | Comments(6)

ごめん-なはり線 ◆ by ロン@フランス

サンクト・ペテルブルグは、「雪」のイメージがあるけど、かわいいお店も、あったのか!
写真を、見るとけっこう、ヨーロッパっぽい感じもあるね!

アンちゃんの後、久し振り復活のロンは、旅は旅でも、「にっぽんの旅」を語ります!

今月、高知へ行ったとき、ローカル電車に乗りました!
「ごめん-なはり線」です。。(「ごめん」の漢字は、「後免」と、書きます!)
d0227344_2094641.jpg

バスと同じ料金システムで、乗車するとき、後ろのドアから入り、整理券をとって、
降りるときに料金箱へ支払います。

単線で、たった1両の電車だけど、何気にかわいい・・・。
d0227344_5475421.jpg

くじらです!高知は、ホエールウォッチングが、盛んだからかな?!
d0227344_5503199.jpg

この列車、たまたまデッキ付きだったので、外にも出てみました!
d0227344_61883.jpg

トンネルの中に入るときだけ、ちょっとこわい。けど、
海からの潮風が気持ちいい!!!
d0227344_633782.jpg

さらに、列車の先頭には、アンパンマンキャラか?ごめんなはり線のキャラ?が、チョコリ・・と。
どちらにせよ、アンパンマンの生みの親、高知出身のやなせたかしのキャラクターです。
d0227344_6115549.jpg

列車には、いろんなヴァージョンが、あるらしい・・。

夕方の列車に乗ったとき↓
d0227344_6164590.jpg

海岸線ギリギリと、山のスグ下を行くシチュエーションも、かなり、気持ちがいい!
d0227344_6151993.jpg


JR四国のアンパンマン列車は、けっこう有名ですが、この、ごめん-なはり線は。ちょっと、マイナーなところが、かわいくて、楽しいのです!

ちなみに、こんなふうに、↓各駅にキャラクターもいます!
d0227344_6284935.jpg


「いおき」という駅には、寅さんの渥美清が、モデルになったキャラクターがいます!
一番左のキャラクターです。
d0227344_6454188.jpg

このキャラが出来た理由は、ここには、寅さん地蔵があるから。
最新作の「男はつらいよ」の撮影が、「いおき」に決定していたのにもかかわらず、渥美清が、亡くなったってしまったので、話が無くなってしまったから・・お地蔵さんを作ったそうです。
それが、この駅のキャラクターとなったというわけです。

他の駅のも、こんなふうにエピソードが沢山つまったキャラクターに、なっているのです!

それにしても、日本にいたとき、朝起きると、セミの鳴き声が聞こえ、実家にいるときは、トイプーが、目覚まししてくれてたのに、それが、なくなっただけで、やけに静かな朝になりました。
しかも、ココ、パリ地域、今、寒いぐらいです!

ごめんなはり線
http://gomen-nahari.com/

by ロン@フランス

[PR]
by bayswater92 | 2013-08-29 06:59 | 里帰りニッポン | Trackback | Comments(0)

オシャレでかわいいペテルブルグのお店@ロシア<2013夏旅*6> ◆ by アン@トルコ

今回も、アンからの投稿です。
夏旅の続き~。

d0227344_3515166.jpg
サンクト・ペテルブルグにはオシャレでかわいいお店がたくさんありました!

まずはここ↑。お昼ごはんを食べたお店。ぷらぷらと歩いてて見つけました。見つけたといってもペテルブルグの目抜き通り、ネフスキー大通りのカザン大聖堂の向かいあたりにあります。カザン大聖堂が大きいので、向かいのお店といっても、いくつもあるんだけど・・。笑

Market Place
名前からなんとなく、新鮮野菜を使ったお店なのかな!?と妄想。妄想ですよ、妄想。確認はしてません。笑
セルフサービスの食堂のような感じで、まずトレイを持って列に並びます。サラダバーがずらーっとあって、好きな野菜をボウルに入れてもらいます。
サラダの次はメイン、パン類、ドリンク・・。違うブースには中華もあったりしました。

選んだものはこんなの。
d0227344_3574754.jpg
またまた中央アジア風なピラフとか、パスタ、サラダにパン・・。
トレイ2つ分を4人でシェアしました。
d0227344_3583418.jpg
着いた席は大テーブル。ここしか空いてなかった。でもいい感じ♪ 
どれも美味しかった♪ 野菜をたっぷりいただけたのも嬉しい。
店内もオシャレです。


サンクト・ペテルブルグ、モスクワでの印象と違って、すっごくオシャレ。
街も、街行く人も、オシャレな感じ。都会的というか・・。
英語を喋る人もモスクワより多かったように思う。。
ここのお店の店員さんも英語がちゃんと通じました。


お次は、ドリンク屋さんなんだけど。
ぷらぷらと歩いてる時に、長女が「あ!タピオカのドリンク飲んでる人がいる!」と。長女の好きなシンガーの歌に ♪タピタピタピ タピオカ タピオカ フーフー!♪っていうのがあって(笑)、飲みたい~!と言い出して。
きっとカフェにあるんじゃない?なんて言って歩きながら探したりしたけど、それらしきものが売ってるお店がなくて、ま、いっか、とあきらめた時、あ!ここじゃん!!っていうお店発見!
看板があった横のドアから入ったら、ここ違うよ・・って電話屋さんに入っちゃった。
・・こういうこと、多くないですか?我が家。笑
ひとつドアを間違えたのよ。しっかり隣にドリンク屋さんありました!

Bubble Mania
バブルティ屋さん。
ここもちゃんと英語が話せる店員さんがいたんだけど、どういうシステムがさっぱりわからなくて、適当に頼んだ。何通りものドリンクが作れて好きなフレーバーやらを選べるようなんだけど、もう、オススメで、って感じに最後はなってしまった・・。
夫だけちょっとさっぱり系のフルーツティみたいのだったけど、それにはタピオカが入ってなかった。
私達が飲んだものは、ミルクが入ったなんとかティだったはず。

これ。
d0227344_472615.jpg
しっかりタピオカ入ってます♪ なんとも不思議なテイストだったけど、美味しかった。
d0227344_4123079.jpg
こちらのお店はカワイイ感じですね♪


***

d0227344_428369.png
★食べ物関連なおまけ

スーパーで見つけたスメタナ。
スメタナと言えば、
♪ボヘミアの川よモルダウよ~♪
が頭に浮かぶんだけど
ロシアでスメタナと言えば、サワークリームのこと。
パッケージがあまりにも可愛かったので、パチリ。
スメタナ、ロシアではお寿司にも入ってるし、
モスクワのお寿司屋さんのキルギス人の店員さんは
スメタナのことをカイマックと言っていた。
たぶんそうなんだろうね。
持って帰りたかったわ・・。
***

Market Place
Nevsky Prospekt, 24, St. Petersburg, Rusya

Bubble Mania
наб. Грибоедова Канала, 18, Санкт-Петербург, город Санкт-Петербург, 191011
http://www.bubblemania.ru/


by アン@トルコ
[PR]
by bayswater92 | 2013-08-27 04:30 | 旅*外国 | Trackback | Comments(8)

夏の定番*ターゼファスリエ<トルコ料理レシピ・その25> ◆ by アン@トルコ

ジュンちゃんがパリで食べたサラダ、美味しそうだね。オリーブやチーズが入ってるのが、うん、やっぱり地中海風というか、だね。にしても、電車のアラームを鳴らしてしまったペナルティ、私も超気になる!!


さて、アンからは、
トルコの夏の定番料理、いってみたいと思います!<そろそろ夏も終わりなんだけど^^;>
d0227344_3411231.jpg
Taze Fasulye<ターゼ・ファスリエ>とは、さやいんげんのこと。トルコで一般的に売られているのは、日本ではモロッコいんげんという名で売られてるものと同じ品種のように思います。
このさやいんげんを使ったトルコ料理も前菜をはじめたくさんあるけど、今日は、ご飯のおかず的な、さやいんげんのトマト煮のレシピを紹介したいと思います♪

今回使ったさやいんげんは、中くらいの太さだったので、フツーに食べやすい大きさに切りました。これより太いものもあるけど、それを使う場合は、最初に縦に半分に切ってから、食べやすい大きさに切るのがいいと思います。

◆材料:約6人分◆
・さやいんげん 800g
・玉ねぎ 普通サイズ1個
・牛肉 300g
・トマトペースト 大さじ1強
・塩 小さじ1強
・サラダ油 大さじ1
・バター 大さじ1
・熱湯 適量
d0227344_3553843.jpg
◆作り方◆
1. さやいんげんは食べやすい大きさに、玉ねぎは粗みじん切り、
お肉も一口大より小さめの食べやすい大きさに切る。
2. 鍋にサラダ油とバターを熱し、玉ねぎを炒め、次にお肉を入れ炒め、
トマトペーストも入れてよく馴染むように炒める。
3. そこにさやいんげんを入れ、かき混ぜる。<写真1>
4. 熱湯を少し注ぎ、軽く混ぜて蓋をして蒸し煮状態にする。
鍋の底が焦げ付かないように気をつけながら、時々かき混ぜて、
水分がなくなったら少量の熱湯を注ぎ、蓋をして蒸し煮、を
いんげんがくったくたになるまで繰り返す。色が変わってきます。<写真2・3>
5. いんげんがくったくたになったら、塩をして、熱湯をひたひたくらいまで注ぎ、
蓋をして煮込む。よく煮込んだら出来上がり!<写真4>

d0227344_49123.jpg
やっぱりご飯はトルコのピラフで♪
シンプルな料理だけど、美味しくて、子供たちにも人気です。たっぷり豆を食べてると、なんとなく体にもいい気になってきます。笑
夏になるとよく食卓に上がるトルコの定番夏メニューです♪


by アン@トルコ
[PR]
by bayswater92 | 2013-08-25 04:22 | 食*トルコ | Trackback | Comments(6)

プチ旅行 パリ2② byジュン@フランス(スイス)

サンクト・ペテルブルグの玉ねぎ教会、またモスクワのと違って綺麗だね!!青い空との色合いがいい感じ。外国でホステルに泊まるっていうのも、楽しそうだよね。

今回は、またジュンから。
プチ旅行 パリ2①の続きです。

その後、その日はランチしようと決めていたお店、Lémoni Caféへ。
d0227344_2235944.png
野菜中心で、ギリシャのクレタ島の食事から発想したというメニューで、野菜は油を使わずスチームで料理され、シリアルはオーガニックという健康&美容を意識したお店。

何を食べようか楽しみだったのに、思いがけないハプニングで時間をロスしてしまい、着いたのは15:00の閉店間際。もうサラダしかないと言われ、とりあえず残っていた数種類のサラダをお皿に盛ってもらった。

d0227344_2241779.png
パンも売り切れでちょっとがっかりだったけど、サラダは美味しかった(見た目はごく普通だけど)。
特にオリーブはガーリック味で、ドレッシングもたぶんバルサミコベースで大満足。♪ランチしかやっていないようなのですが、その日のうちに売れる分しか作っていないようなので、安心。

その後、用事を済ませてから帰りの電車まで時間があったので、アレクサンドル3世橋へ。
きれいな装飾がされた橋、というのをどこかで読んだので、ちょっと見てみたかったのでした。

d0227344_2244437.png
d0227344_225295.png

『この橋はフランス共和国の大統領サディ・カルノーとロシア皇帝アレクサンドル3世の間に結ばれた友好の証として、ニコライ2世により1900年のパリ万国博覧会にあわせて建設、パリ市に寄贈された。アールヌーヴォーの街灯、天使やニンフの像、ペーガソスといった華麗な装飾で有名である。』(Wikipediaより)


さて、帰りはTGVでパリからジュネーブまで3時間ちょっとの旅。
その日は、同じ車両に8人くらいのインド人らしきグループの人たちが乗っていました、が・・・。
ジュネーブのひとつ手前の駅で、その中の一人が間違えてホームに降りてしまい、その人を残して電車が発車。

あわてて仲間の人がアラームを鳴らし、電車はすぐ止まってドアが開き、取り残されそうになった人は無事電車の中に戻れたのですが・・・、しばらくの間アラームが鳴り止まず、電車も止まったまま。

とっさだったからという気持ちはわかるけど、これはまずいんではないかな・・・と、思っていたら、乗務員が到着。何が起こったのかそのグループの人に聞いたところ、
「このアラームは非常事態以外鳴らしてはいけないものなのよ。ジュネーブ駅に着いてからペナルティを払ってもらいますから。」
と、お叱りをうけてしまった。

また、ペナルティの金額はジュネーブに着いてからじゃないとわからないと言われ、ここで一行は事の重大さに気がついたらしく、みんな意気消沈してしまったよう。
まぁ、この規則は万国共通だと思われるしなぁ。

結局、ジュネーブ駅には10分遅れで電車が到着。
で、ペナルティは幾らだったんだろう・・・と、その夜ちょっと気になったのでした。
d0227344_2331569.jpg
最近、ジュネーブ・フェスティバルの70’ディスコ系・バンドの演奏を聴いてから、十何年かぶり(?)にまた音楽を聴くようになりました。と、いっても懐メロ系です。(笑)今は、Youtubeで聴きたい曲がすぐ聴けるようになって、便利ですね~!!
たまにここに載せたいと思います。

というわけで、今回はパリがテーマということでなんとなく、

Joe Le Taxi - Vanessa Paradis(1987)
歌手デビュー当時のバネッサ・パラディが初々しい。


Le Lémoni Café:http://www.lemonicafe.fr/
関連記事:
セーヌ川の散歩:http://bayswaters.exblog.jp/19001954/


byジュン@フランス(スイス)
[PR]
by bayswater92 | 2013-08-23 02:44 | 旅*フランス国内 | Trackback | Comments(10)

サンクト・ペテルブルグの「血の上の救世主教会」@ロシア<2013夏旅*5> ◆ by アン@トルコ

パリをお散歩、楽しそうだね。アイスがとっても美味しそう~♪ それにしてもレストランでの置き引きの話にはびっくり!ジュンちゃん、貴重な情報をありがとう~。

d0227344_22504995.jpg
さて、ロシアです。
モスクワから北西へ約800キロ行ったところにある、ロシア第2の都市、サンクト・ペテルブルグ。
上の写真はサンクト・ペテルブルグにある「血の上の救世主教会」。またまた玉ねぎ教会です。うふ。

いやぁ、サンクト・ペテルブルグとっても良かったです。この景色、結構好き♪
運河沿いに建つ教会の姿。この教会も、玉ねぎを頭につけたロシアっぽいものだけど
モスクワのワシリイ聖堂より落ち着いた色合い。
こういう色の組み合わせ、ちょっと惹かれる。。

では、ぐるっといろんな角度から撮った写真を♪
d0227344_2254192.jpg
南側から。
d0227344_22545412.jpg
玉ねぎ部分アップ。
ゴールド・白・黄緑・水色の4色のみなのも素敵。
建物の茶色とも絶妙に合ってる♪

d0227344_22554916.jpg
東側にある公園のゲートから。

d0227344_22563343.jpg
d0227344_22564753.jpg
北側。

d0227344_22572227.jpg
西側。

すっごく細かい細工・・。それでいて結構コッテコテなデコラティブ。
でも、やっぱり細工とかより、運河とセットになった教会の景色が素敵かも~!!
近くで見ると、派手!なんだけど、色が落ち着いてるので遠目に見ると派手さも感じられない。
夜や冬も綺麗なんだろうなぁ。(夜はなかったのよ。。白夜だったもんで^^;)

d0227344_2382238.gif


d0227344_2392183.pngサンクト・ペテルブルグの宿情報


ペテルブルグでお世話になったホステル、良かったです。部屋に入るまでは、え、、大丈夫?みたいな感じもあったけど、スタッフのロシア人女性もすっごくフレンドリーでよく喋る方だったし、ホステルは綺麗に掃除が行き届いていたし。

古いマンションの一室がホステルになっていて、レセプションとかもないので、まずは外でスタッフと待ち合わせ。そこから案内されて、入って行った建物はかなり古かった。明らかに後付けな、4人乗ったらガタガタいうエレベーターで3階まで。エレベーター降りたらそこは回り階段のあるホールなんだけど、この階段が無駄に広い。階段中央の吹き抜けにはぶっとい柱。。どんなとこだい!?と思って、階段脇にあるドアを開けると、そこからが居住スペースになっていて、共同廊下があり、確認しなかったけどワンフロアに3戸くらいあった。

一番手前の部屋が『NORD HOSTEL Kazansky』。
たぶん、4DK。共同キッチン、共同バス・トイレ。でもドミトリーじゃないので使いにくくはなかったです。
このNORD HOSTELは2カ所あって、私たちが泊まったほうは、プライベート&ファミリールーム。名前からもわかるようにカザン大聖堂から歩いて5分くらいなナイスなロケーション。もうひとつのNORD HOSTELはエルミタージュ美術館そばにあってそちらはドミトリー。
キッチンで台湾人の年配バックパッカーご夫妻と一緒になっておしゃべりしたり、ホステルならではの楽しさもあります。
お値段は、家族4人で一泊105€でした。

http://www.nordhostel.com/

うちは、このホステル、アンカラにある旅カフェのオーナーさんのお勧めホステルだったそうで<夫情報、決めました♪


by アン@トルコ
[PR]
by bayswater92 | 2013-08-20 23:20 | 旅*外国 | Trackback | Comments(8)

プチ旅行 パリ2① byジュン@フランス(スイス)

高知、ちょうどロンちゃんたちが行ったとき超暑かったみたいだねぇ。よさこい祭り、見てみたいな。それから、日本へ一時帰国中は、ダイエットは絶対無理よー。

こないだ、再度パリに用事があってまた1泊で出かけました。
今回はウィンドーショッピングがてらマレ地区を散策。

途中、イタリアン・ジェラートのお店Amorinoの前を通ったら・・・たいしてアイスが食べたかったわけじゃないけど、行列につられて並んで買ってしまった(ダイエットできない性分)。

d0227344_1201878.png
d0227344_1401470.png
味はAmarenaとLaponeだったかな。両方とも美味しかった~。


その後、ポンピドゥセンターまでカロリーを消費するべく歩きました。
写真やTVで建物を見たことはあったけど、実際ここに来たのは初めて。
中には入らなかったけど、外見だけ写真を。
d0227344_1213776.png
裏口は、ちょっと秋葉原っぽい色とデザイン?


その日の夜は、またまたオペラ座界隈の日本食レストランへ。
座った席の前に、
『最近、この付近でジプシーの子供が店に入ってきて、テーブルの上においてあるお客様の携帯電話を盗難するというケースが相次いでいますのでお気をつけください。云々』
というような張り紙が。

実際、私が居た間もジプシーらしき子供2人が入ってきて、店員さんに追い出されてました。
パリは地下鉄なんかでもスリが多いみたいだし。もし、オペラ座界隈でお食事をすることがあったら、携帯電話等の所持品に気をつけてくださいね。

次の日、パリといえばシャンゼリゼ♪通り。
d0227344_122920.png
お決まりの凱旋門の写真を撮って、引き返そうとした瞬間、ブチっ!!とサンダルの真ん中の鼻緒部分が取れてしまった。仕方なく、観光客であふれかえるシャンゼリゼ通りを、一人片足びっこ引きながら歩く。代えの履物を買うにも、売ってそうな&買えそうなお店がなかなかない(ヴィトンとか無理だし)。007.gif

結局200m位歩いて、やっとZaraで黒のフラットシューズを買って落ち着いたのでした。

その時立ち寄ったマークス&スペンサーで買ったお菓子。

d0227344_1404336.png
ビスケットはメープルシロップの味が利いて、中々美味。
ポテチは、モルトビネーガー味が強くて、ちょっと不思議な感覚だった。



Amorino:http://www.amorino.com/fr/

関連記事:
プチ旅行 パリ①:http://bayswaters.exblog.jp/19013966/
プチ旅行 パリ②:http://bayswaters.exblog.jp/19044308/
プチ旅行 パリ③:http://bayswaters.exblog.jp/19106631/


byジュン@フランス(スイス)
[PR]
by bayswater92 | 2013-08-19 01:46 | 旅*フランス国内 | Trackback | Comments(6)

高知の南国度  ◆ by ロン@フランス

ドライトマトに、ブラックオリーブ!トルコのトマトとオリーブは美味しいって、以前、アンちゃんから聞いていたから、この料理、素材が引き立ってかなり、いけるんだろうね!!!

夏にぴったりな、メニュー!
高知にもたくさんあり!

先週から今週にかけて、日本全国で最も暑かった高知で、うねりながら、「よさこい祭り」を見て、食べ、飲み、
ぶっちぎり楽しんできました!!!

ロンにとっては、第2の故郷ともいえるほど、大好きな場所です。
話せば、キリがない+写真もないので、今日はサラリと。

よさこい祭りの本家であり、聖地でもある高知。
暑い中を、踊り子さんが、衣装をびしょびしょにして踊っていました。
それでも、あれは本当に、見ているだけでも、スゴイ楽しい!
踊っている人は、大変だろうけど、見ている人以上に楽しんでいると思う。
しかも、チームごとに音楽も振付も違うし、人数も違う。
1チームは、200人ぐらいいる、大きなチームから数十人規模までいろいろ。
今年は、よさこい祭り60周年記念で、会場も気合いが一段と増していました。

この祭り期間も、
今年は、地元の人も「異常だ」と、言うほどの暑さ。
ロンも、40度の気温の中で、扇風機を回しながら味噌汁に入れる野菜を切り始めたら、
ナス1本、切り終えるまでに汗がポタポタ・・・。
ナスの浅漬けが出来てしまうんじゃないかと、冗談にならないほど、半端ない暑さだった!笑

最近、アルコールを控えていたことに、慣れていたのに、この暑さのせい?か、、急にビール消費量が増え、
しかも、美味しい!と、感じてしまう。泣
さらに、近所の酒屋さんで、以前、おいてなかった、大好物のビール「エビス」を発見!!!
毎日、夫とビール片手に乾杯!なんてしてしまい・・・。
恐るべし、南国土佐。

東京に戻って、早速、体重計に乗ったら、また1kg増えている・・。泣
こういう事態を予想して、減量してから日本へ来た夫はエライ。・・・のに、ロンは・・・。
フランスへ戻ったら、やせよう!なんて、今思っても、フランスは、フランスで、美味しいものがあるので、
ねえ・・・?!

せめて、おやつの「カール」ぐらいは、あきらめないとダメかー?!

by ロン@フランス
[PR]
by bayswater92 | 2013-08-17 00:48 | 里帰りニッポン | Trackback | Comments(4)

ドライトマトとブラックオリーブのフジッリ ◆ by アン@トルコ oishii

ジュンちゃんの行った野外シネマ、夏のイベント!って感じで楽しそうだね♪ でも途中で休憩が入るのはちょっと残念だよね・・。トルコは普通の映画館でも休憩が入るのよー。何とかして欲しいもの!!


さて。
こないだ再び美味しいバーガー屋さんに行ったんです。
そこで食べた「ドライトマトとブラックオリーブのフジッリ」がとっても美味しかったの。
家で作れそうだな、というものは、なんとなくお店の味を再現してみたくなる性分なゆえ・・作ってみました!
d0227344_5521632.jpg

これがねー!作ってみたらお店の味再現!ってまでではなかったけど、これはこれで美味しかったのです。
実は、こういうことって結構多くて、お店の味を再現と言いつつ、違うものが出来て、それが家で定番になるという・・。笑

ということで、覚書レシピです。覚書程度なのでテキトーです。汗
d0227344_5463186.jpg
まず、ミニトマトで自家製ドライトマトを。。ジュンちゃんの作ったのを真似てオーブンでじっくり2時間くらいかけて作りました!家にあったブラックオリーブは、種入り・・。だったので、ひとつひとつ種を取り除く作業をして、カット。

◆材料◆
・フジッリ 500g(パーティサイズかっ!笑)
・ミニトマト 18個(ドライトマトにする)
・ブラックオリーブ 15個くらい
・オリーブオイル たっぷりめ(笑)
・にんにく 2片
・生クリーム 120gくらい
・フジッリの茹で汁 お玉1.5杯分くらい
・チーズのすりおろし 1カップ
*チーズ、今回はマケドニアで買ったパルメザンとギリシャで買ったフェタを使用。だけどお好みのチーズでいいと思います♪
・塩 小さじ1くらい(チーズやオリーブにも塩気があるので、味を見ながら調節。)

◆作り方◆
まず、鍋にたっぷりのお湯を沸かし、塩をいれ、フジッリを茹ではじめます。同時進行で、
1. フライパンにオリーブオイルとスライスしたにんにくを入れ、熱す。
2. そこにドライトマトを入れ軽く炒める。
3. 生クリームを入れて馴染ませ、フジッリを茹でてる鍋から茹で汁を入れて乳化させる。
4. そこに茹で上がったフジッリを入れ、ブラックオリーブ、すりおろしたチーズを入れ混ぜ、塩で味を調節したら出来上がり!です。


ドライトマトが甘くて美味しく、オリーブとチーズの塩気とよく合わさって、美味しかったです♪
d0227344_5463640.jpg

by アン@トルコ
[PR]
by bayswater92 | 2013-08-15 06:23 | 食*トルコ | Trackback | Comments(4)

野外シネマ<Orange Ciné Lac> byジュン@フランス(スイス)

モスクワのメトロの駅、豪華だね!!雰囲気が地下鉄っていう感じが全然しなくて、本当に美術館みたい。それにしても、黒のミニ・マトリョーシカのすだれ髪に脱力~。

今年も毎年恒例のジュネーブ・フェスティバル<Fêtes de Genève>が10日間開催され、昨日が最終日でした。
d0227344_20241028.png
天候にも恵まれ、いつもより賑わっていたかも。楽しみの一つが多国籍の料理のスタンドなんですが、今年、なぜか私はインド料理ばっかり食べていた気がするなぁ・・・。

ジュネーブ・フェスティバルについては、2011年のブログをご覧ください。

それとほぼ同時期にレマン湖沿いに設置される、野外シネマ<Orange Ciné Lac>に今年初めて行ってきました。

d0227344_20243425.png
映画が始まるのが辺りが暗くなり始める21時30分頃。
その日のプログラムは、『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ<The Place Beyond The Pines>』。

d0227344_2025191.png
宣伝の間は人があまりまだ入っていませんでしたが、あとから席が結構埋まってました。
スクリーンの前に2列ほど置かれていたデッキチェアーに運よく座れて、リラックスした体勢で映画が観れました。スクリーンもかなり大きいので、映画に吸い込まれる感じ。

映画の途中、休憩が入るのですが、そのカットのタイミングが超悪くて、感情移入しそうな場面でブツっと。時間で計ってやったのでしょうが、ここで無理やり休憩入れるか?って感じで。

d0227344_20251636.png
バーでドリンクや軽食が売られていて、湖沿いにテーブルや椅子も置かれているので、休憩時間中ちょっと気分転換。

15分後くらいにまた席に戻って後半を鑑賞。結構長い映画だったので、終わったのが12時過ぎでした。

d0227344_20304919.png
予めネットで調べたら評判がよかった映画なんですが、個人的にはう~んという感じ。
主役のライアン・ゴズリングは『ドライブ』でもこの映画でも影のある役で、結構私の好みなんですが♪、普段の写真とちょっとギャップがあるような・・・?役のように金髪の方が似合う気もするし、って余計なお世話か。


byジュン@フランス(スイス)
[PR]
by bayswater92 | 2013-08-12 20:32 | 日々の暮らし*スイス | Trackback | Comments(8)


ロンドン・ベイズウォーターで出会った元スタントンスクール生のアンとロン、そしてジュンの3人が発信するトルコ、フランス、スイスの生活情報、日々の暮らし。*コメント大歓迎!お気軽に♪


by Bayswaters

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

夏はやっぱりフルーツ♪ ◆ ..
at 2017-08-16 05:35
麺類いろいろ。 ◆ by ア..
at 2017-08-09 04:06
東京観光 1◆ by ロン ..
at 2017-08-04 00:56
念願のキッチンリフォーム<後..
at 2017-07-28 02:19
秋葉原のガンダム カフェ ◆..
at 2017-07-23 08:57

カテゴリ

プロフィール
トルコ・フランス生活情報
3カ国(土・仏・瑞)生活情報
食*トルコ
食*フランス
食*スイス
お気に入り*トルコ
お気に入り*フランス
お気に入り*スイス
日々の暮らし*トルコ
日々の暮らし*フランス
日々の暮らし*スイス
日々の暮らし*フランス・スイス
旅*トルコ国内
旅*フランス国内
旅*スイス国内
旅*外国
里帰りニッポン
座談会

タグ

(452)
(410)
(337)
(222)
(163)
(87)
(85)
(83)
(74)
(74)
(67)
(66)
(59)
(56)
(55)
(41)
(39)
(32)
(31)
(22)

最新のコメント

アンさん、こんばんは。 ..
by kash-w at 23:37
★kashさん、 おは..
by bayswater92 at 09:02
★arareさん、 そ..
by bayswater92 at 08:53
★nekoyamaさん、..
by bayswater92 at 08:42
★Mさん、 おはようご..
by bayswater92 at 07:59
◆Yukochanさんへ..
by bayswater92 at 03:51
◆うひひさんへ。 ..
by bayswater92 at 03:44
◆nekoyamaさんへ..
by bayswater92 at 03:41
◆カシュカシュさんへ。 ..
by bayswater92 at 03:38
◆Mさんへ。 軽量..
by bayswater92 at 03:33

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

検索

フォロー中のブログ

ろんどんらいふ
*Happy Tea T...
お茶の時間にしましょうか...
トルコ子育て生活
ヤマザキマリ・Seque...
黒パグ CHAPPYの成...
Lush Life
a&kashの時間。
うひひなまいにち
lotus pond 上...
cafe de ke*
ぶどう畑ぐらし。
kaorainne日記
ミニろんどんらいふ
がびあーの家の毎日
アクデニズ。
パリからのバレエ便り
London Scene
ビーズ・フェルト刺繍Pi...
ドキx2 わくx2 @ ...
un_voyage♪♪
北欧・スウェーデンよりシ...
FReeTraveLer
ねこ旅また旅
die Elfen im...
サンフランシスコ食堂 
Kuechennachr...
風と花を紡いで
イタリア夫に作るご飯 
Photolog fro...
カスタムニットBy* s...
Sweets and B...
ビーズ・フェルト刺繍作家...
Cache-Cache+
ふらんすさんぽ
~East meets ...
FREE TRAVELER
リタイア夫と空の旅、海の...
ぷくぷ日記
たのしみラボ  ***楽...
kaorainne日記Ⅱ
がびあーの家の毎日2

外部リンク

ファン

bayswater92

↓メールはこちら


素材お借りしています。


A.SLASH


mytaste.jp

**当ブログに掲載されてるお店情報等は、記事掲載時時点のものです。**

**当ブログは、PC版用に写真等の編集をしております。**

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
おうちごはん

画像一覧