<   2013年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧

アオスタ<Aosta> byジュン@フランス(スイス) 

ロンちゃんの娘さんのエピソード、微笑ましく読ませてもらったよー。ちょうど子供と大人の中間なのね。そしてイチゴタルト。フレッシュなイチゴがたくさんで美味しそうだわん。

さて、今回は私ジュンから。
先週末、義理の弟と彼女が遊びに来ました。木曜日の夜到着したのですが、その日までは夏日のような気温だったのに、次の日からは雨で気温も10度以上下がり・・・。登山をしたかったらしいですが、それは無理ということで、急遽イタリアに行くことになりました。

もう午後2時近かったし、夫と私はもっと近場を考えていたのですが、たまにしかこちらに来れない彼らの希望。ちょっと遠出したい気持ちもわかるし、私も常々イタリアに行きた~い、と思っていたので。♪

行き先は、アオスタ<Aosta>というフランスとの国境から近い小さな街。我が家からは車で約1時間半ほどのところ。途中の約12kmのモンブラン・トンネルを通過するに当たっての往復の料金は€51.00でした。

街に着くと、思ったよりたくさんのお店が並んでいてびっくり。
結構、観光地化されているみたい。
でも、フランス国境に近いからか、たくさんの看板がフランス語で書かれていました。
d0227344_2255568.png
d0227344_22552417.png
d0227344_232687.png
古いけどカラフルな建物が並んで、それがまた良い雰囲気を醸し出していました。

d0227344_2256093.png
かわいい雑貨屋さん。

d0227344_22562168.png
2つの城壁に挟まれた建物の1階はレストラン。

d0227344_22563950.png
d0227344_2257034.png
エピスリーも何店かありました。

今度イタリアに来る時は探そうと思っていたものがありました。
それは、瓶詰めのトリュフ風味のキノコペースト。
ロンドンに住んでいたころ、イタリア人の友達がいつもお土産に買ってきてくれていたものです。
スーパーで買えるものみたいですが、時間が無かったので街のエピスリーに入ったらありました!!

d0227344_22571642.png
今回買ったもの。
ドライトマトとポルチーニ、キノコペースト。そして、手前の箱に入ったのがトリュフ入りのキノコペースト。
トリュフ入りのだけバゲットに付けて皆でアペロに味見しましたが、これぞ私が求めていた味。
超美味しかった~!!


さて、その買い物をした時ですが・・・。現金を持ち合わせてなかったので、€5.00のキノコペーストだけカードで買えるかどうか聞いたら、「それだけでは無理。カードは€10から。」と言われ、義理弟の彼女と私は、じゃあせっかくここまで来たんだし、ということで、家の近くでも買える物も含め€50.00位買いました。

その店を後にし、目の前にある同じようなエピセリーを見たら、値段がもっと安い・・・!!
そして、夫が両親にお土産を買うということで、カード利用の最低金額を聞いたら
「カードが使える店では、いくらからでも使えます。最低金額なんて設定してないですよ。」
と言われ、ダブルパンチ。

してやられた!!皆さん、観光地では気をつけましょう。


byジュン@フランス(スイス)
[PR]
by bayswater92 | 2013-04-29 23:09 | 旅*外国 | Trackback | Comments(4)

フランスの中学生&タルト ◆ by ロン@フランス

アンちゃんが、アイス屋さんで、食べたドンドゥルマ・プロフィテロル・・とは!こ、これは、フランスで言う、プロフィトロールだね!スゴイ、たっぷりチョコソースだわ!トッピングは、ピスタチオ?フランスは、アーモンドトッピングの確率多いよ!

えー、本日のメニューは・・。
ジュンちゃんのイチゴのデザートに続いて「イチゴタルト」です!


d0227344_1793592.jpg

フランスの子供は、デザートにタルトを食べることが多いので、ウチも例外ではなく、皆が
フルーツのタルト系が大好き!

ロンは、面倒くさがりやなので、いつも2枚分のタルト生地を作って、1つは冷凍しておきます!
冷凍しておくと、その日に使う生地より、良いコンディションにもなります!
自然解凍したとき、生地がすごく良く伸びて、タルトがひび割れ知らずに!
そこを上手く利用して、さらに、ほんの少し残った生地をクッキーに!


d0227344_17232918.jpg


今日は、「フランスって、、やっぱりラテン系なのね~!なんだ、楽しいじゃん!!!」
と、改めて悟った、お話をしながら、ロン作、タルト+クッキーをご紹介!

先日、娘の中学校で、ダンスパーティーが、ありました!
4クラス合同。中学2年生だけの行事でした。

いつもなら、スクールバスで17時には、ウチへ帰宅しますが、その日は、パーティーのため
22時まで学校。というお知らせをもらっていました。
もちろん、親の同行はありません。
「本当に、フランスの親は、子供を行かせるのだろうか?!」と、いう迷いは、ありました。
なんたって、子供は、思春期バリバリ、中学生なのですから!!!

しかし、長年のママ友達Aが、「M君のお母さんに聞いたけど、去年も同じ行事があって、学校はしっかり戸締りして、子供達が勝手に外出しないようにしてるから大丈夫だって!だから、心配無用よおっ!」と、助言をくれ・・。もちろん、娘も行きたがっていて、来ない予定の子は、クラス中で3人だけ!とのことで、GOサインです!

その日は、体育しかなかったので、ジョギングウエァーを着て、パーティー用の服を別に持って行くことになっていたらしいけど、「ねえ、お母さん、女の子は皆、パーティーでスカート履くって言ってたけど、私は、GUESSのジーンズズボンにMORGANのブラウス持って行くんだ!」と娘。
確かに、あんまり気合を入れすぎるカッコは、逆にあれれれれー?!なので、娘のこの判断に
少々嬉しくなってしまったのです。

と、いうのも、フランス人中学生のなかには、もう大人の女性のような、体系+顔の子も多く、
Tシャツ一つ着ても、ガッツリ胸元の開いたものなど、平気で着る。学校に制服がないだけに、
服装の個人差もまちまちだけど、フランスは、胸元を強調するのが大人の印みたいなところが、あるから?かもだけど・・。


d0227344_18484016.jpg


当然ながら、お化粧をしてマニキュアを塗って学校へ行く子もいます。禁止ではないので、それは、だれにも、叱られません。ロン家では、習い事の発表会や、どこかのパーティーに行くときだけ、お化粧を許しています。そのかわり、普段から「ほっぺツルツルだから、ファンデーションとか塗ったらもったいない!」「大人になったら、肌が荒れたりするから、毎日、お化粧して・・、たぶん、20歳から80歳までよ!でも今は、お化粧ナシでいられる、ピカピカつるつる肌よ!」とか、言ってがんばって持ち上げています!
しまいには、「お化粧したからって、モテるとは限らないよ!」と、言い切る!笑

あ、話がズレました・・。
この当日、娘の夕食は、学校での立食!
ピザとフライドポテトが出たらしいです。
ピザ大国、イタリアが、お隣のフランスだけど、なんとなく、アメリカっぽい・・。笑


d0227344_18492755.jpg


さて、19時から始まったらしい、校内ダンスパーティー!
音楽は、ほとんど流行のダンス曲で、韓国のPSYもあって、皆で踊ったらしい。
極め付けに、「もしかして、チークダンスあった?」と、ロンが聞いてみると。
「あった、2曲。」と娘!

うおおー!!!さすが、フランス!
中学2年生<日本では中学1年生にあたる>で、チーク用、バラード曲!
なぜか、もう、ロンは、大爆笑!

で、「だれか男の子と踊った?」と、聞いてみたら、「ううん。皆、男の子は男の子同士で踊って、女の子は女の子同士で踊ってた。」
「へーーーっ?みんな恥ずかしかったのかな?」
「うん、そうだと思うよ。」と。

どんなに粋がっても、中学生はまだ、「テレ」があるのですねー、いやー、かわいいっ!!!なんて思いました。それにしても、バラードを流してしまう先生達は、この状況をほほえましく、見ているのだろうか?!それとも、社会勉強の一つとして・・と考えているのか?そこのところを、いつか聞いてみたい。


d0227344_18512032.jpg


その日の22時20分、学校から化粧の顔で帰ってきた娘。
顔を赤くして、「うん、楽しかったよ!!」と
ちょうど、子供と大人の間なんだなーと、しみじみ感じた日でした。

by ロン@フランス
[PR]
by bayswater92 | 2013-04-27 18:58 | 日々の暮らし*フランス | Trackback | Comments(2)

アルマダの『MADO』でお茶。 ◆ by アン@トルコ

ジュンちゃんの作るイチゴを使ったデザート、美味しそう!!特にプリンに興味津々!色もピンクでカワイイし♪ これからの季節にぴったりなデザートだね。


アンカラもここ最近、気温もグンと上がって初夏な雰囲気になってきました。緑が美しい季節到来、といった感じです。そんなお天気だった先日、お友達とお茶しに行って来ました。
場所はショッピングモールの『ARMADA』<アルマダ>。
d0227344_14293727.jpg
黄色いイカリのオブジェの左側にあるビルがもともとあったアルマダなんだけど、最近新しく右側にも建設して、渡り廊下でつないで大きなショッピングモールになりました。この地域はただいま建設ラッシュで、高層マンションなどが続々と出来上がっています。ちょっと楽しみなエリア。アンカラの長距離バスターミナル<ASTI>のすぐそばです。

さ、この日はトルコのアイス専門店『MADO』がお茶する場所。(今までもこことかここにもMADOのこと書いています。よかったらチェキラ!笑)
アルマダの新しくなった『MADO』、ちょうどこの2つの建物の間にテラス席が設けられていて、なかなか心地よい空間です。お店の名前ですが、MAはトルコの伸びるアイス発祥の地マラシュの、で、DOはトルコ語でアイスをドンドゥルマというので、その、です。なんて素敵なネーミング、、、。笑


この日は大人子供総勢5名だったので、みんなそれぞれこんなものをオーダー!
d0227344_14294459.jpg
まずこれは、チョコスフレ。結構大きなココットに入ってきました。
ちゃんとアイス屋さんらしく、となりにバニラアイスも添えられて。

d0227344_14294949.jpg
これは基本中の基本、アイス4玉セットです。好きなフレーバーをオーダーできます。
MADOには73種類のアイスのフレーバーがあるそうです。
もちろんその全てがお店にあるわけじゃないけど、
数十種類はメニューに載ってたかな。かなりそそられる・・。
ちなみに写真手前は、イチゴ3玉とバニラ。
奥は、レモン2玉、コーヒー、バニラです。(子供たちチョイスです。)
うちの次女は特にコーヒーが気に入ったようで、次はコーヒー4玉!だそうです。笑

d0227344_14301284.jpg
d0227344_14301558.jpg
これは、私チョイスのドンドゥルマ・プロフィテロル。シューアイスのチョコソースがけです。
が・・失敗したー!と思ってしまった。以前も頼んでいた、ってのもそうだけど、
シューがちっちゃくて適当デコ(あんまり関係ない、笑)だし高かった・・。
こんなんだったら好きなアイス4玉にすればよかったなー!すでに私もリベンジが頭の中。笑

d0227344_14295794.jpg
そしてこれは、トルコの甘ーいデザート、キュネフェ。これにもバニラアイスが添えられてます。
これ、一口食べたお友達、わ!これ美味しい~~!!と目を丸くして。
ここで、私は悟りました。やっぱりここに来たら、基本のアイスか、トルコのデザートだな、と。
(もしかしたら以前も同じようなこと言ってたかも・・てへ。)

d0227344_1430483.jpg
私はトルコのチャイで、
d0227344_1430844.jpg
お友達はトルココーヒー。
トルコでは、コーヒー専門店ならともかく、
やっぱりカプチーノなどよりトルココーヒーがお勧め、ですね。


お茶もおかわりなんかしちゃって、お友達とのお喋りにも花が咲き、楽しい時間を過ごしました。
ガラス張りになってるテラス席に座っていたので、外で遊ぶ子供の姿も見えるし、とっても使える場所のような気がします。また来なきゃ♪

アルマダではトルコのガラス用品専門店『Pasabahce<パシャバフチェ>』と
ドイツのコンビニのようなお店『ROSSMANN』でちゃちゃっと買い物もして。。
新しくなったアルマダ、まだ埋まってないテナントもあるようなので、これからも楽しみです♪


ARMADA
Eskisehir Yolu No:6 06520 Sogutozu Ankara
http://www.armadasite.com/

MADO
http://www.mado.com.tr/

アンカラのショッピングモール関連記事:
Ankamallでお買い物。 ◆ by アン@トルコ


by アン@トルコ
[PR]
by bayswater92 | 2013-04-25 15:17 | 食*トルコ | Trackback | Comments(8)

イチゴのジャムとデザート byジュン@フランス(スイス)

シャルトル大聖堂、青い空に映えて綺麗だね。床の迷路も見てみたい。ミュージアムには入れなくて残念だったけど、ランチも楽しめて良かったね!!

先日、スーパーの店頭に500g、1.90スイスフラン(約200円)とお買い得なイチゴがあったので、ジャムにしようと2パック買ってきたのですが・・・。2,3日冷蔵庫に放置したせいかどうかわかりませんが、中の方が腐っていて、結局半分しか使えませんでした。(涙)

d0227344_4372243.png
少ない量で作ったイチゴジャム。
小さなビンにひとつだけできました。

去年作ったときは砂糖を入れすぎて、
市販のジャムと変わりない甘さになってしまったので、
今回は砂糖少な目で。

今回は甘すぎくなく、イチゴの風味がほのかに残って
良い感じにできました。


それから、デザート。
少し前にmifitaさんのブログの美味しそうなイチゴのムースを見て、子供の頃、家の近くのヨーカ堂にあったジューススタンドに、ミキサーに入って売られていたイチゴジュース(イチゴミルクセーキに近いかな)を思い出しました。子供の頃、大好きだったんですよね~。

この機会にイチゴのデザートを私も作ってみました。
レシピはネットでググって、美味しそう&私にもできそうなものをチョイス。

d0227344_4441127.png
まずは、イチゴジャムを作ったときにできたイチゴ水を使って、イチゴのジュレ。
ゼリーのレシピを見て作ったのですが、冷蔵庫に一晩置いても、底の方しか固まらないので、少し再加熱してゼラチンを溶かしてから冷凍庫にしばらく入れ、その後冷蔵庫に戻したら、めでたくジュレになりました。

d0227344_4391057.png
それから、腐った部分を切り取ったいちご10個ほどにヨーグルトを混ぜて作った、イチゴプリン。
プリンより食感がかなりやわらかかったのですが、これぞ、大好きだったイチゴジュースに近い味!!
さっぱりして美味しかったです。

d0227344_4394258.png
なんだか、写真が春を通り越して、夏っぽくなってしまいましたが、念願のイチゴのデザートが食べられて、
満足した数日間でした。♪


byジュン@フランス(スイス)
[PR]
by bayswater92 | 2013-04-24 04:49 | 食*フランス | Trackback | Comments(4)

Chartres・シャルトル大聖堂 ◆ by ロン@フランス

アンちゃん秘蔵のクッキー型コレクションは、いろんな場所で集めただけあって、個性的でかわいい物もあるねー!でも、型取るのが面倒そうなのもあるじゃん!!!(笑)

面倒といえばー!!!
毎回車で行く場所を、初めて電車に乗って行って来たところがあります!
世界遺産にもなっている「シャルトル大聖堂」です!
d0227344_4536100.jpg

先週、パリのお友達が「行かない?」と、誘ってくれました。
「そういえば、電車で行ったことがないな・・」と思い、早速二人で、
日帰り旅行計画を立てることに!

せっかくの機会なので、パリからシャルトルまでの行き方もついでに!!!
さて、さて、出発は、パリ朝9時06分、帰りは、現地出発15時ごろの電車を狙いました。

約束の朝、木曜日。
国鉄SNCFの「Montparnasse・モンパルナス」駅に8時30分に到着。
チケットを買っていなかったので、まずは、TGV(新幹線)の乗り場があるフロアーの、チケット購入窓口へ。とは言っても、シャルトル行きは、TGVではなく、特急列車です。その名も「ter」.

往復の切符を27ユーロぐらい?で購入し、TGVがとまっているホームへ行き、掲示板でどのホームから出発するか、確認します。
d0227344_585033.jpg


しかーし!この駅が始発だというのに、10分前になっても「Depart voie」に表示がなく・・。
d0227344_5121556.jpg

インフメーションに聞きに行こうか?!と、話していたら、はっ!ようやく表示!!!
まずは、チケットを印字して、さ、電車内へ!

車内は座席指定ではないので、「2」(セカンドクラス)の車両は、どこに座っても大丈夫。ただ、「1」は、ファーストクラスになるので、別料金。座らないほうがいいです。

1時間に1本ある、急行で直行の、この特急列車は、えらく便利ですね!私達が乗った9時06分の列車は、1時間でシャルトルの駅に到着してしまいました!

駅の出口は一つしかなく、ロータリーへ出たら、もう左方向に大聖堂の頭が見えました!
歩いて10分ぐらいでしょうか?!ありました!なんとも、ビックリ、簡単に来れてしまいました。
d0227344_533773.jpg


友達は、その日、大聖堂に隣接するミュージアムへ、行きたいとのことだったので、まずは、
そこへ!
d0227344_5375545.jpg

が、しかし・・。閉まってる・・。
あ!入口のドアに張り紙!
「一般公開は、水曜日と土曜日。」
「ええっ?!ウソやん?!このために来たのに!!」と、友達(from京都、パリ在住)。
そう!たまにあるんです。こんなこと。(笑)

10分ぐらい状況を飲み込めなかった友達が、ようやく心を入れ替え、となりの世界遺産を見学することになり、まずは、大聖堂をくるりと歩いて外側見学。
d0227344_5502670.jpg

シャルトル大聖堂は、空から見ると、十字架の形をしています。
d0227344_5513169.jpg

そして、フランス国王、アンリ4世の戴冠式が行われた場所でもあります。
d0227344_552109.jpg

↓西正面は、12.13.16世紀のもの。
d0227344_5531666.jpg

ここでの見所は、尖塔、ステンドガラス、彫刻、迷路、扉口など・・。
d0227344_5535947.jpg

ぐるり、と、歩いて、中も見学すると、意外に時間がかかりました。
d0227344_5544425.jpg


そして、大聖堂の中へ!

d0227344_556267.jpg

16世紀の柱の聖母↓
d0227344_557349.jpg

写真にはありませんが、床に有名な261.5mの迷路の図があります。迷路は13世紀につくられて以来、この部分は一度も修復されていないそうです。
d0227344_5574147.jpg


結局、この大聖堂の見学を2時間して、すぐ前にあった、ビストロでランチ。レストラン名は忘れましたが、唯一現地の名物料理があったので、そこへ。
観光+ランチで、4時間半ほどのシャルトル滞在になりました。

もう少し、詳しく!を求めている方は、↓ のサイトを!

シャルトル大聖堂・日本語サイト↓
http://www.chartres-tourisme.com/ja/node/725
by ロン@フランス
[PR]
by bayswater92 | 2013-04-22 07:14 | 旅*フランス国内 | Trackback | Comments(0)

抜き型コレクション。 ◆ by アン@トルコ kawaii

アヌシーの素敵な雑貨屋さんのジュンちゃんお目当ての雑貨、素敵レトロ系でなんだかジュンちゃんっぽいな~♪ と思ったよ。素敵だね~!

d0227344_315939.png

こないだ、クッキーを焼いたんですが。実は私、クッキー抜き型コレクターなんです・・。笑
いや、コレクターって言うほどじゃないけど、どうもカワイイのがあるとついつい買ってしまいます。

そんなコレクションを、今日はちょっとご紹介♪
d0227344_32537.jpg
左の写真、ミッキーの手は東京ディズニーランドで、リトル・ミィはヘルシンキのイッタラで、ハリネズミは日本の実家近所の雑貨屋さんで購入。
右の写真、これらは100均の『ナチュラルキッチン』で買ったもの。バンビも猫もお気に入り♪

d0227344_321071.jpg
左の写真、この3つは合羽橋の馬嶋屋菓子道具店で購入。タコの抜き型はドイツ製。フォークとスプーンもカワイイです。
右の写真、これらは100均のもの。丸いギザギザ型は主にスコーンに使っています。いつだったか、次女がペンギンの足と間違えたのはチューリップ型。笑

d0227344_321814.jpg
左の写真、これはミニミニサイズの抜き型。これも合羽橋で購入。一度出すと入れられないので写真と一緒にしまってあります。特にトランプ柄がお気に入り。
右の写真、これはトルコで買ったもの。プラスチック製で6個セットでした。その中でも、この3つはなかなかカワイイ!

まだ他にもちょこっとあるんだけど、よく使ってるのはこんなところかな。
抜き型を使ったクッキー作りは結構好きだし、ケーキをデコするときもよく使います。これがあるとグンと可愛く仕上がる気がする・・。
アイシングとか出来たらもっと可愛く活用できるんだろうけど、ちょっと私には難しそうです~025.gif



** おまけ **

さて、抜き型収納ですが、私はこんな風です。
d0227344_322338.jpg
トルコに越して来る前に、キャトルセゾンで見つけたタオルハンガー。これを使ってぶらさげ収納♪



by アン@トルコ
[PR]
by bayswater92 | 2013-04-20 04:36 | 日々の暮らし*トルコ | Trackback | Comments(18)

Les cakes de bertrand byジュン@フランス(スイス)

ロンちゃんの半生チョコレートケーキ、美味しそう!!金箔が乗っているのが豪華だわ~。
チョコ選びも参考にさせてもらうね。

お久しぶりです、ジュンです。
しばらくお休みをいただいてましたが、今日から復活です!!

ジュネーブ辺りは、先週末から天気が良い、気持ち良い日が続いています。
今日などは夏日のような気温で、街にはタンクトップやサマードレスを着た女性がちらほら。
う~ん、それはいくらなんでも薄着しすぎでは・・・?と毎回思う私達アジア人ですが、今週末はまた気温がぐっと下がるという予報・・・。(涙)
毎年、あっという間に春と夏が過ぎ去ってしまうヨーロッパ。
つかの間の太陽を楽しまなければ!!という思いからでしょうね。

さて、今回はそれと全く関係の無い話題で・・・。
先日、アヌシーに行ってきました。
前から、ajok collectionという雑貨屋さんに行ってみたかったので、他の用事がてら。

d0227344_2341743.png
店内はこんなレトロっぽい感じだったり、
d0227344_2343493.png
ちょっと変わったアンティーク風だったり。

実はお目当てのものがあったのですが、それはLes Cakes de Bertrandというブランドの小物。
パリにお店があるようですが、この辺で扱っているのはこのアヌシーのお店だけ。

前にジュネーブのデパート、マノールのセールでポーチが何点か売られていたのですが、迷って買わなかったものの、やっぱり買おうと思って数日後で引き返したらもう売り切れ・・・。
リベンジするべく、ネットで調べてこのお店を見つけたのでした。

さて、この日手に入れたのは・・・、

d0227344_2153985.png
エッフェル塔をモチーフとした、しおりとミニポーチ。
しおりは、中にマグネットが入っていて紙を挟むタイプ。
ポーチは生地が厚めでしっかりしていて、ちょっとアンティーク風。
普段、持ち歩く化粧ポーチとしてちょうど良い大きさ。

d0227344_2155911.png
これは、ちょっとした小物入れに使おうと思って買ったもの。
中には、蓋にプリントされているのと同じ柄のバッジが入っています
(これは使うかどうか疑問なところ?)。

他にも、かわいいテリアのモチーフもあったのですが、今回はこの辺で止めときました。

d0227344_2152628.png

あと、ポストカードですが、お会計のときに、このブランドが目当てで来たと言ったら、お店のオーナーが「好きなの2枚選んでいいよ~。」と言って、おまけにくれました。♪
その人もこのブランドの商品が好きで、お店を持ったら真っ先に仕入れようと思っていたそうです。

ちなみに、東京でも数店舗のお店で取り扱われているようです。

また新しいコレクションが揃ったら行ってみよっと。
あ、その前に夏のセールチェックしなきゃ。☆ 

ajok collection
2 Faubourg des Balmettes
74000 Annecy

Les cakes de bertrand :http://www.lescakesdebertrand.com


byジュン@フランス(スイス)
[PR]
by bayswater92 | 2013-04-18 14:28 | お気に入り*フランス | Trackback | Comments(8)

しっとり・半生・チョコレートケーキ ◆ by ロン@フランス

ソフラベズって、いうんだ?!アンちゃんのこのテーブルクロスは、ヒッタイトが、モチーフとは、神秘性があるー!それに値段!なんでそんなに安いんだ?!スゴイわ!!

ところで!最近、アンちゃんがチョコケーキを作っていました!実は、ロン宅にも、デザート用のチョコレートが残っていたので、アイデアを拝借して(笑)、泣く子も黙る、「Fondant au chocolat<フォンダン・オ・ショコラ>」を久しぶりに作りました!!!


d0227344_712158.jpg

でも、焼き上がりが、とろーリチョコが出てくるわけではなく、半生?という感じのケーキになるのです!もちろん、レシピ通り作って、なぜか?こうなります!フランス人のママ友達が、Fondant au chocolatという名のものを作ると、やはり、ロンと同じような「しっとりチョコレートケーキ」に出来上がっているので、これはこれで、間違いないのだと確信しています!(笑)
でも、ガトーオショコラと言ったほうが、誤解が少ないよーな気がします・・。ははは。

注目の、使ったチョコレートは、ジュンちゃん宅近くの
スイスメーカー「Lindt」のもの。


d0227344_628434.jpg

中身は、200gピッタリです。このお菓子作り用の板チョコは、カカオが、51%。程よいブラックチョコです。さすが、「Lindt」。このまま、食べても美味しい!

材料に使った、バターとバニラシュガー。何年か前に、左のプレジデントのバターに、フォンダン・オ・ショコラのレシピが付いてきて、それを見ながら作りました!


d0227344_6451162.jpg


今回は、カップケーキ風に、してみたかったので、大小の紙のカップを用意!
フランスで買ったけど、なんとなくフランスっぽくない・・・。


d0227344_7393329.jpg


ガンガン混ぜただけの、生地をカップに流して、オーブンへ!


d0227344_650681.jpg


そして、20-30分後、もう焼けました!(笑)


d0227344_651387.jpg


カットすると、こんな風に!とろーリする中身ではなく、しっとりする中身です!
薄ーい表面部分は、軽くパリパリして、食感がとっても良いです!
デコレーションの星は、日本人のお友達から頂いた、金箔を使ってみました!


d0227344_702086.jpg

ロン母、曰く、「これは、美味しいチョコレートを使わないと、味が全然ダメ!!!」・・と。
チョコレートケーキの作り方が、簡単だけど、一番の重要ポイントは、チョコのクオリティーらしい。「日本で普通に売ってる板チョコを使っても、全然、美味しくない!」と、自らの体験を告白。(笑)

もしも、美味しそうなチョコレートを、手に入れたときは、フランスで泣く子も黙る、「Fondant au chocolat<フォンダン・オ・ショコラ>」、作ってみては?!!!
あっと!チョコのカカオは、多すぎず、少なすぎず・・です!(しつこいですが、ウチのは、51%)

ロンの使ったしっとり・半生・チョコレートケーキ、もとい!ガトーオショコラのパッケージレシピは、ここに載っております!↓よかったら、どうぞ!
パッケージレシピの巻*トルコ・フランス生活情報*

by ロン@フランス
[PR]
by bayswater92 | 2013-04-17 07:53 | 食*フランス | Trackback | Comments(0)

アンカラのソフラベズ。 ◆ by アン@トルコ

わぁ!ちょっとロンちゃん、この日本食のラインアップはすごいよ。ベトナミーズやチャイニーズがごっちゃになっててもイイ!それにハラルっていうの、さすがフランスだね。私的にもちょっと嬉。笑


さて、アンから今日は、こんなものの紹介です。
こんなもの・・それは。
d0227344_455692.jpg
苺ではありません。苺の下に敷いてある布です。テーブルクロスなんだけど、これはアンカラ特有のものなんです。
なぜアンカラ特有か、というと・・この柄。これはヒッタイトをモチーフにしています。
d0227344_46246.jpg
ヒッタイト文明の発祥の地であるトルコの中央アナトリア地方。アンカラもこの中央アナトリアに位置しています。そして、鉄を世界で初めて作ったのがヒッタイト人。アンカラ近郊で発掘された鉄で作られたヒッタイト時代の鹿や牛の像をはじめ、多くの出土品は、アンカラのアナトリア文明博物館に展示されています。鹿と牛はヒッタイト繁栄の象徴、らしいです。
また、アンカラの中心スヒエには大きな鹿と牛の像があるんですよ~。(写真がなくてゴメンナサイ!)
で、です。このテーブルクロスはその鉄の鹿の絵が描かれてるのです。写真右下の丸いのも太陽を表した鉄の像をモチーフに描かれています。この太陽の鉄の像自体、アナトリアのシンボルマークにもなっています。

このテーブルクロス、なかなかカワイイと思うんだけど、どうでしょう?
こういうテーブルクロス、トルコではソフラベズと言って、直訳すると【食卓の布】です。
今ではこうやってテーブルクロスとして使うのが主流と思うけど、以前は違った使い方でした。
トルコは日本と同じように、床に座ってご飯を食べる習慣があり、床にこのソフラベズを敷いて、
その上にちゃぶ台のような低い丸いテーブルを置き、ソフラベズに入ってご飯を食べるのです。

さて、このソフラベズ、ULUSのサマンパザルという古くから伝わる市(商店街のような)で5TL(約300円)で買いました!主に朝ご飯、晩ご飯時に使う用。トルコのバターとトマトペースト料理の食べこぼしや、チャイのシミって普通に洗濯機であらってもなかなか綺麗にならないことも。なので、汚れたらすぐ洗う!を繰り返すので半ば消耗品。プリントが上手く出ていないところがあっても、まあ、この値段なら文句なしです!笑


by アン@トルコ
[PR]
by bayswater92 | 2013-04-15 05:00 | お気に入り*トルコ | Trackback | Comments(14)

なんちゃって日本食レストラン ◆ by ロン@フランス

チーズケーキに、ロールケーキ!アンちゃんってば、どうして、こんなに手間のかかるものを、
作れるのだろうか・。しかも、ロールケーキ・・、ロンは、初めて作って失敗、それ以来1回も作ってないさ。笑

そうそう、本日の話題。
・・・は、「なんちゃって日本食」レストラン!
ウチのポストに、デリバリーやテイクアウトも出来る「日本食」レストランのメニュー広告が入っていました。
d0227344_18385721.jpg

日本人なら、ひと目で「本物」か「なんちゃって」レストランか?!
が、分かりますが、フランス人には、わからなーーーい、のです!
ただ、日本びいきのフランス人は、違いを分かってくれます。

見分け方のポイントは、3つ!

一つ目は、
先週まで、中華、ベトナム料理のレストランだったのに、今週から「日本食レストラン」に鞍替えした店。
もちろん、店内にいるスタッフに日本人はいないです。<たまに、いるところも、ありますが。>

二つ目は、
メニューに、日本料理ではない物が、入っている。

例えば、これ↓
d0227344_18443758.jpg

ベトナム料理の代表ともいえる、揚げ春巻き「Nems・ネム」。
隣は、点心に出てきそうな、海老シューマイ。

d0227344_1852254.jpg

これも、点心に出てきそうなメニューです。

三つ目は、
あれ?!と、思ってしまうメニューの書き方。

これを見て下さい。↓
d0227344_18561979.jpg

エビと野菜のテンプラ・・。この表示は、OKです。

では、これは?
d0227344_18581361.jpg

エビのテンプラ???
はははーっ!エビフライもエビのテンプラになってる!

惜しいっ!この一言が、間違っていなければ!笑

その他には、「ビール」。
d0227344_198496.jpg

アサヒ、キリン、サッポロ、までは、日本のビール!
でも、「青島・チンタオ」は、中国のビールでは?!

さらに、日本では、見たことがないような、ギュウギュウ詰の「4人分の盛り合わせ」!
d0227344_19151480.jpg


写真は、ありませんが、味噌汁について。
なんちゃってレストランは、味噌汁の具が、ほとんど「マッシュルーム」なのです・・。
たぶん、シイタケは高価だから、代用しているのかな?!

さて、なんちゃって日本食のレストランは、フランス全国にありますが、
最近、この手のお店には、もう一つ「売り」文句が、あります!
「Halal・ハラル<ハラール>」表示です。
フランスには、ムスリムの人たちが多く住んでいるので、これは、必要で便利なマーク。

中華レストランには、豚肉が多いので、もちろん「ハラル表示」対象外。
しかし、魚料理が中心の「なんちゃって日本食レストラン」には、ときどき「ハラル表示」がついています!

モロッコ人のお友達も、この「ハラル表示」つき「なんちゃって日本食レストラン」が、大のお気に入りでした!

ここ、10年で、急速に「なんちゃって日本食レストラン」が、フランスで流行し、
さらには、郊外の田舎町にまで、どんどん出来ているのは、こういった顧客層の拡大の戦略が背景にあるのかもしれませんねー!!!

もちろん、ロンも、行ったことがありますよー!
お寿司のごはんが、ギュウギュウだったので、1つの握りが、ずいぶん重いお寿司でしたが・・。笑

by ロン@フランス
[PR]
by bayswater92 | 2013-04-13 22:43 | 食*フランス | Trackback | Comments(4)


ロンドン・ベイズウォーターで出会った元スタントンスクール生のアンとロン、そしてジュンの3人が発信するトルコ、フランス、スイスの生活情報、日々の暮らし。*コメント大歓迎!お気軽に♪


by Bayswaters

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

苺のシャルロットとルリジュー..
at 2017-04-28 04:49
フォンテーヌブロー&ロックク..
at 2017-04-24 15:51
フルーツを使ったおやつ、いろ..
at 2017-04-20 02:42
Pâques・パック(イース..
at 2017-04-16 17:57
トルコの朝ごはんじゃないおう..
at 2017-04-12 03:24

カテゴリ

プロフィール
トルコ・フランス生活情報
3カ国(土・仏・瑞)生活情報
食*トルコ
食*フランス
食*スイス
お気に入り*トルコ
お気に入り*フランス
お気に入り*スイス
日々の暮らし*トルコ
日々の暮らし*フランス
日々の暮らし*スイス
日々の暮らし*フランス・スイス
旅*トルコ国内
旅*フランス国内
旅*スイス国内
旅*外国
里帰りニッポン
座談会

タグ

(440)
(399)
(321)
(222)
(161)
(84)
(83)
(81)
(73)
(73)
(67)
(66)
(58)
(56)
(54)
(41)
(37)
(32)
(30)
(22)

最新のコメント

フランス菓子ばかりで嬉し..
by M at 07:55
◆Yukochanさんへ..
by bayswater92 at 04:08
★Mさん、 ロッククラ..
by bayswater92 at 23:35
★arareさん、 こ..
by bayswater92 at 23:17
★arareさん、 ロ..
by bayswater92 at 22:56
旦那さま、ロッククライミ..
by M at 07:23
こんばんわ☆ 菜の..
by arare719 at 23:36
↑iPadの調子悪くて、..
by arare719 at 23:12
こんばんわ! フルーツ..
by arare719 at 23:00
★ kaorainneさ..
by bayswater92 at 07:15

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

検索

フォロー中のブログ

ろんどんらいふ
*Happy Tea T...
お茶の時間にしましょうか...
トルコ子育て生活
ヤマザキマリ・Seque...
黒パグ CHAPPYの成...
Lush Life
a&kashの時間。
うひひなまいにち
lotus pond 上...
cafe de ke*
ぶどう畑ぐらし。
kaorainne日記
ミニろんどんらいふ
がびあーの家の毎日
アクデニズ。
パリからのバレエ便り
London Scene
ビーズ・フェルト刺繍Pi...
ドキx2 わくx2 @ ...
un_voyage♪♪
北欧・スウェーデンよりシ...
FReeTraveLer
ねこ旅また旅
die Elfen im...
サンフランシスコ食堂 
Kuechennachr...
風と花を紡いで
イタリア夫に作るご飯 
Photolog fro...
カスタムニットBy* s...
Sweets and B...
ビーズ・フェルト刺繍作家...
Cache-Cache+
ふらんすさんぽ
~East meets ...
FREE TRAVELER
リタイア夫と空の旅、海の...
ぷくぷ日記
子供と楽しむ北欧生活
kaorainne日記Ⅱ
がびあーの家の毎日2

外部リンク

ファン

bayswater92

↓メールはこちら


素材お借りしています。


A.SLASH


mytaste.jp

**当ブログに掲載されてるお店情報等は、記事掲載時時点のものです。**

**当ブログは、PC版用に写真等の編集をしております。**

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
おうちごはん

画像一覧