<   2012年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧

Le grau du roi・ルグロデュロワの港町 by ロン@フランス

アンちゃんオススメ、Ispanak Tarama<ウスパナック・タラマ>、早速、作って食べたよ!
すんごい、美味しかった!

で、本日のロン記事は、Le grau du roi・ルグロデュロワという南仏の港町について。
ここは、Montpellier・モンペリエから32.8km。車で約40分の場所にあります。
d0227344_184810100.jpg

午前中は、漁師の魚を売るスタンドも並び買うこともできますが、私達の目的は、港での釣り!!!
もう、久しぶりの釣りです。港に着いたのは朝、7時半ごろでしたが、やはり、もう釣り人達が!
d0227344_18552567.jpg

5年ぐらい前のことでしょうか?ここで、夫が小さなタイを釣り、すぐ刺身にして食べたことが、
忘れられず、また戻って来た!と、いうわけです。笑
しかし、この日は、ときどき強風があったからか、まったく寂しい結果に終わってしまった・・。
d0227344_198543.jpg

ただ、釣りをしている人達の足元に出現するサワガニ?を網でとっていたラオス人の夫婦だけは、
大漁だったようで。「これは、ゆでて食べるだけでも美味しいんだよ!」と、初対面だけど、アジア人同士の仲間意識で私に教えてくれたのでした。笑

この港は、スグに町の中心に直結しているだけではなく、海水浴の出来るビーチまでもあるので、
一日遊べる町です。
d0227344_1993091.jpg

ルグロデュロワのレストランは、海を眺めながら、魚介類の美味しいレストラン
も結構あるので、誰が行っても楽しく過ごせる場所だと思います!

交通機関を使って、Montpellier・モンペリエLe grau du roi・ルグロデュロワまでの行き方
http://www.ville-legrauduroi.fr/fr/information/45046/transports-communs
車でMontpellier・モンペリエから、Le grau du roi・ルグロデュロワまでの行き方
http://www.commentaller.com/de-Montpellier-a-Le-Grau-Du-Roi.html

by ロン@フランス
[PR]
by bayswater92 | 2012-09-30 19:28 | 旅*フランス国内 | Trackback | Comments(2)

トルコの前菜・Ispanak Tarama *トルコ料理レシピ・その18 ◆ by アン@トルコ

ジュンちゃんの登ったかなり高そうな山、山頂からの景色が素敵~。遭遇した野生動物にもテンション上がる!
こんな素敵な山の景色の次ですが、毎度なアンの食ネタ・・。てへ。


さ、今回は、トルコの前菜です。その名は・・Ispanak Tarama<ウスパナック・タラマ>。ほうれん草のヨーグルトソース和えです。なかなかトルコっぽい響きでしょ?
d0227344_3375442.jpg
材料はシンプルに、ほうれん草、玉ねぎ、ヨーグルトとにんにく。
d0227344_3391721.jpg
写真はちょっと多めですが、この量で2皿分です。
ほうれん草は5センチくらいに切って茹でて、水をしっかり切ったものを約250g。
玉ねぎは半分(小だったら1個)をみじん切り。
フライパンに油を敷いて、玉ねぎを炒め、ほうれん草を入れて塩・胡椒をしっかりし、
水気がなくなるまで、しっかりよーく炒めます。
ヨーグルトソースは、にんにく1~2片をみじん切り、またはパンチャーでつぶします。
プレーンヨーグルトは約350g用意。
ヨーグルトににんにく、塩少々を入れてよくかき混ぜたらソースの出来上がり。
ほうれん草とヨーグルトソースをよく和えたら、Ispanak Taramaの完成です。
d0227344_3501348.jpg
パンと一緒に♪ 
ヨーグルトを使った前菜は、なかなかトルコっぽいものと思います。
まろやかで、にんにくが利いていて、美味しいです。
栄養も満点だし、簡単だし、是非試してみてくださいね♪


えっと、今回はちょっと多めに作ってしまいましたが、だいたいほうれん草1束で1皿分くらいになると思います。トルコだとキロ売りだったりするし、束になっていてもなんとなくいい加減な束ね具合なので、いつも適当量を買ってすべて茹でて水を切って、使わない分の余ったほうれん草は冷凍保存。量によって後で味噌汁の具にしたり、パスタ料理に使ったりも♪
ヨーグルトソースも、トルコ料理によく登場するので、もし余っても使い勝手はあります。たとえば、素揚げした茄子やズッキーニにかけるだけでも美味しいし、一瞬でトルコなご飯になりますよ。笑

トルコの前菜・関連記事:
秋の前菜祭り。 ◆ by アン@トルコ
トルコの前菜・ズッキーニと人参のヨーグルトソース和え ◆ by アン@トルコ


by アン@トルコ
[PR]
by bayswater92 | 2012-09-28 14:21 | 食*トルコ | Trackback | Comments(6)

久々の山登り Pointe d'Andey byジュン@フランス(スイス)

ロンちゃんの記事のタパス、超美味しそうー!!魚介類に目のない私は、それ目当てにコリウールまで行きたいくらい だわ。

さて、だんだん秋が深まってきたジュネーブ。
朝から雨が降っていた先週末、午後から思いがけなく晴れ間が出てきたので、久しぶりに山登りへと出かけました。

今回登ったのは、Pointe d'Andeyという山。
ここは山登りベテランの友人から教えてもらった山で、今まで2回ほど登りましたが、久しぶりにまたやってきました。

山登りは前回から久しぶり、そして、結構急な斜面なので最初の部分は登るのに一苦労。
息はゼイゼイ、心臓バクバクで運動不足を再認識させられました。

d0227344_4195152.jpg
途中、大きな角を持った動物に遭遇。
ネットで調べてみると、『アルプス・アイベックス』という動物らしい。

結局、1時間くらいかけて山頂に到着。

d0227344_4201946.jpg
頂上では、十字架とマリアさまがお迎え。

d0227344_4202345.jpg
山頂からの景色。

毎回山登りはキツいけど、頂上まで登ると本当に気持ちがいい。心も頭もスカッとして、心地よい。
普段は気が散ってできないけれど、こういう時に山の上で瞑想をするといいんだろうなぁ、と思いました。

これを機に定期的に運動しなきゃ、と思った私ですが、いつまでモチベーションが続くやら・・・。


byジュン@フランス(スイス)
[PR]
by bayswater92 | 2012-09-27 04:28 | 日々の暮らし*フランス | Trackback | Comments(0)

collioure・コリウール 食事編 ◆ by  ロン@フランス

アンちゃんの作った、可愛いくるみボタンは、緑色が、スゴク好みよー!バッチにしてもいいね!

ところで、9月下旬になりましたが、まだ?!コリウールの話を。夏の話、引っ張ります!笑
とにかく本当にステキなところです。で、いつも行くコリウールのレストランが、青い看板の「Le safran Bleu」。コリウールの映画館もある広場にあります。美味しい地元の料理・・というか、スペイン風というか・・もう、とにかく、私のお目当ては、「タパス」!早速、注文っ!

まずは、「couteau」と、いう貝。直訳すると、「ナイフ」。日本語では、「マテ貝」ですよね?
d0227344_16223191.jpg

日本が、お酒や、しょうゆを使って貝料理をしますが、南仏では、なんでもオリーブオイルですね。

生ハムとチーズの盛り合わせ。
d0227344_16333248.jpg


アンチョビのマリネ。
d0227344_16343017.jpg


一口サイズの小さいイカと小さいタコ。ガーリックが効いていて美味しい!プラス、あさり?
d0227344_16365993.jpg


トマトやガーリックをみじん切りにして、こんがり焼いたトースト。カナッペともいえるかな?
d0227344_16385117.jpg


南仏といえば、ムール貝!のグラタン!
d0227344_16401088.jpg


大人4人でシェアして、全部食べてしまいました。が、食べるのが遅い私は、満腹になる前に皿が空になってしまったのが、なんとも悔しかった・・。泣
日本のように大皿で出てくると、すごい勢いで無くなる事をすっかり忘れていました!笑

確かに、こんな感じで出てきたら食欲が進みますよね?!
d0227344_16471281.jpg

きっと、フランス人と一緒なら、たぶん、2皿ずつ頼んだほうが、よかったかも?しれません。
と、いうより、2皿ずつ頼んだほうが、いいです!!!笑

Le Safran Bleu
6 Place Du 18 Juin 66190 Collioure‎
04 68 82 00 80

collioure・コリウール・海 編
http://bayswaters.exblog.jp/16758926/
collioure・コリウール・街 編
http://bayswaters.exblog.jp/16778741/

by ロン@フランス
[PR]
by bayswater92 | 2012-09-25 17:03 | 旅*フランス国内 | Trackback | Comments(0)

マリメッコ風? ◆ by アン@トルコ

カルージュの和食屋さん、モダンな店内でちょっと違った雰囲気が楽しめるお店だね。やっぱりどこも和食屋さんはお値段高め!?


さて、アンからはクロスステッチ第3弾!です。(第1弾は→、第2弾は→
家にある刺繍雑誌をぺらぺらとめくっていて、そうだー!これ、作ってみよう!と閃いたものが・・。
d0227344_150657.jpg
これ、マリメッコ風なお花のステッチ。
図案は『ステッチidees vol.14』から拝借。
私が持っているクロスステッチ用の布は目が細かいので小さいステッチが出来上がりました。
これを何にしたかというと・・
d0227344_153581.jpg
日本の100均で買ったくるみボタンのキット。
これを使ってまずくるみボタンにしました。
そしてこれをヘアゴムに・・。
d0227344_1591544.jpg
3つ、作ってみました。
刺繍糸も家にあったやつだけど、案外かわいく出来て満足。
ヘアゴムだけど、髪を結んでないときにちょっと手首につけてても、なんだかカワイイです。


d0227344_212959.jpg



もちろん髪を結んでも結構存在感バッチリでGoodでした!
さすがマリメッコ風だね006.gif


by アン@トルコ
[PR]
by bayswater92 | 2012-09-24 02:19 | 日々の暮らし*トルコ | Trackback | Comments(2)

Paku Paku byジュン@フランス(スイス)

景色の良い湖のほとりでBBQってすごく美味しそう!!自分たちで何も準備しないでBBQが食べられるなんて手軽で便利だね。

さて、私ジュンからはジュネーブのカルージュ<Carouge>という町の日本食レストランからのランチレポートです。

d0227344_50553.jpg
店名は「Paku Paku」という、ちょっと変わった名前。

d0227344_514483.jpg
そして、店内はこのようにモダンでお洒落なインテリア。

d0227344_554465.jpg
昼間はランチメニューがいくつかありますが、私が頼んだのはお弁当<Bento box>。
この日は、サーモンの照り焼き、から揚げ、サラダと漬物に、ご飯とお味噌汁。
量的にはちょうど良かったです。

実はここ、夜は日本の居酒屋風な料理が食べられるという、確かオープンしてまだ1年弱(?)のお店。
焼き鳥やお刺身、飲茶、ラーメンなどのメニューがあるようで、結構お客さんが入っているみたいです。

今度は夜にぜひ行ってみたいですが、居酒屋風メニューとはいってもお値段はジュネーブ価格なので、ちょっと覚悟が必要かも?(笑)


http://www.pakupaku.ch/


byジュン@フランス(スイス)
[PR]
by bayswater92 | 2012-09-22 05:09 | 食*スイス | Trackback | Comments(0)

弾丸!日帰りドライブ旅行・後編<Abant> ◆ by アン@トルコ

ロンちゃんの行った湖、赤土で山と湖の色とのコントラストも綺麗だね~。でも赤土だなんて珍しいよね!?
さて、私も弾丸旅行の続きですが、奇遇にも行った先は湖!


タラクルから途中、道端で売ってる美味しそうな野菜を買ったりしながらまた100キロくらい走ってAbant<アバント>に到着。
d0227344_3553157.jpg
すっかり夕方な時間ですが、それもまたいい。
アバントはBolu<ボル>地方にある湖。空気が綺麗で、自然が美しいところです。
d0227344_3555981.jpg
4時過ぎという夕方な時間だったけど、家族連れがたくさん、ピクニックしたりしていました。夏は特に人気の避暑地なんだと思います。湖の水も綺麗♪
d0227344_3561092.jpg
今度はこんなところで一日ゆっくりのんびりするのもいいな。みんなでワイワイBBQしたりね。
あ・・でももう冬がやって来るなあ。

そろそろお腹も減ってきたので、湖から少し離れた森林にあったマンガル(BBQ)レストランへ。
通り道にあったから寄ったんだけど、ロケーションは良かったです。
d0227344_3561710.jpg
まずはサラダ。一緒にバターと蜂蜜、自家製ヨーグルトもやってきました。パンと一緒に美味しい♪
メインのBBQお肉。自分たちでBBQするんじゃなくて、お店の人が焼いてくれたものです。
お肉は、ラム肉、チキン、キョフテ、スジュク(サラミソーセージ)・・。
あとトマトとピーマン。お味のほうは・・ま、普通に美味しかったです。
チャイも美味しかった。外でいただくと美味しいね。あったまるし!
・・ってそうなんです、時間帯的にかなり涼しかった・・。

食事が終わって、車に乗り込む頃にはかなり陽も傾いた時間。
ボルからまた250キロ走って家に着いたいのは夜の9時過ぎ。
計750キロくらい走って3つの場所をめぐった弾丸トリップはこれにて終了。
楽しかった♪ けど半端なく疲れた・・。
みんな無言でいつもより早く寝たのは言うまでもありません。笑

*お土産〜。
d0227344_3562551.jpg
まず左上は、我が家恒例、土地土地マグネット。これはタラクルで。
右上、これはBOLCiのチョコレート。アンカラでもたまに見かけるけど、ボルのものです。買ったのはピスタチオ入りクロッカンチョコレート。クロッカンの歯にくっつく感じの食感がたまらなく美味しい。チョコもミルクとビター、ホワイトの3種類入っていました。これはボルお勧めのお土産だな。
下は、サライヘルワスというもの。アバント周辺のお土産かな。ちょっとピシュマニエ(トルコ風一口綿菓子)のような感じだけど、それよりもっと口当たりがソフト。口に入れるとシュワーととける感じで、それでいて、味がだんだんビスケットのようになってくる・・。はまる味。これも、買わなきゃ損的なお土産らしいです。

以上、アン家の弾丸トリップでした。地図も一応。↓
d0227344_3563084.jpg


by アン@トルコ
[PR]
by bayswater92 | 2012-09-20 18:19 | 旅*トルコ国内 | Trackback | Comments(0)

Lac du SALAGOU・サラゴウの湖 ◆ by ロン@フランス

ジュンちゃんが行ってきた、熟年カップルの結婚式、ステキだね。何歳になっても「ロマンチック♪」出来るのが、フランスのいいところだよねー!

話ガラッと変わって、ウインドサーフィンの練習でよく使われる、通称「赤い湖」へ行ってきました!赤い湖に見えるのは、湖の底の土が、赤いから。湖の近くの陸を見るとわかりやすいでしょうか?
d0227344_731128.jpg

石のビーチに座っていたのですが、よく見ると、それも赤いので、関心してしまいました。
d0227344_783267.jpg

大きなビーチボールに、人が入っていて、「酸素は大丈夫なのか?」「熱中症にはならないのか?」と、心配してしまう、レンタルビーチボール?!中にいる人間が、モルモットのようにボールを転がしながら前に進んで行く・・。私は絶対、やりたくないな。笑。 しかし、どうやって、中へ入るのだろうか?!
d0227344_7115120.jpg

この日は、とても暑くて湖の水温は、かなり上昇したはずです。
私が足だけ入れたら、ぬるっ?!ま湯状態!!!
d0227344_7191948.jpg

ところで、ここは、モンペリエから車で1時間かからない?ところだと思います。
海は最高ですが、たまには、山に囲まれた湖もオススメです。
しかも、夏は、山に囲まれている為か海辺より涼しい!
観光客もあまりいないので、南フランス・・・、南仏の穴場スポットかもしれません!!!
それと、この辺は、美味しいオリーブの特産地でもあります。

http://www.herault-tourisme.com/articles/le-lac-du-salagou-43-1.html

<お知らせ>パリで開催されている、宮城県の「栗原のくらしと工芸展」を知り合いがオーガナイズ中です。私も行きましたが、ミニ畳などのオブジェもあり、見ていて楽しかったです。
お時間がありましたらどうぞ!9月11日から9月22日まで13h-19h、土曜日は18hまで。

http://espacejapon.com/expo/actuellement/598.html

by ロン@フランス
[PR]
by bayswater92 | 2012-09-19 07:32 | 旅*フランス国内 | Trackback | Comments(0)

フランス結婚事情、あれこれ byジュン@フランス(スイス)

アンちゃんの行った2つの街、両方ともかわいいね!!1日で結構な距離を走ったのでは?
私たちも10日間ほど、ジュネーブから約800㎞離れた義両親の家に行っていましたが、その間、義理の伯父の結婚式に出席しました。

もう、35年間一緒に住んで、子供2人ももう20代というこの伯父夫婦。
子供ができても何十年間もずっと結婚せず、数年前パックス<PACS>というフランスの民事連帯契約を結び、そして今回結婚という形になりました。

このパックス<PACS>というのはフランスで1999年に成立されたもので、同性、異性を問わず、共同生活を営むカップルに、結婚と同等に近い権利を認めるというもの。

私の周りではパックスをしたカップルは居ませんが、調べてみるとフランスで2007年に10万件を超えたそうで、また、同性間より異性間のカップルの方が多いようです。

この伯父夫婦のように子供が20代になってから結婚するというケースはさすがに珍しいですが、子供ができてから数年経った後に結婚するカップル、というのもフランスでは結構居ます。私の周りでは2組。

私は税金対策かとも思っていたのですが、そういったメリットはあまりなさそうで、主人に聞いてみると、仕事だの子育て等で忙しくて時間がなかったからじゃないの?みたいな返事。
結局、あまり順序にこだわらない、ということみたいです。

自分の親の結婚式に出席する、または自分の子供が自分達の結婚式に出席するってどんな感じ?って思うのですが、当人たちにはあまり違和感なさそう。

d0227344_2411230.png
まぁ、そんなこんなで夕方から市役所で行われた結婚式は、すごくシンプルでした。小さな町なので、市長と新郎新婦が知り合いということもあり、カジュアルな雰囲気の中、指輪交換もなく短時間で終了しました。
(フランスでは市役所で市長が立ち合いの下、結婚式が行われ、その後、自分達の宗教にならって、教会等でも式を挙げるカップルもいる。)

結婚式の後は、新郎新婦の家で結婚披露パーティー。
義理の伯父は船の設計などの仕事をしており、自分の家のインテリアなどもこだわりが強い人で、雑誌に出てくるような素敵な庭にコーディネートされていました。

d0227344_2414030.png
生バンドの演奏を聴きながら、飲み物やオードブル、そしてお喋りとダンスを楽しみながら、パーティーは深夜まで続きました。
まぁ、ご近所さんも事情を知ってか、苦情は一切ありませんでした。
こういうところがラテン的なんでしょうかねぇ。


byジュン@フランス(スイス)
[PR]
by bayswater92 | 2012-09-18 03:47 | 日々の暮らし*フランス | Trackback | Comments(0)

弾丸!日帰りドライブ旅行・前編<Eskisehir~Tarakli> ◆ by アン@トルコ

ロンちゃんの行った水族館・・ちっちゃかったのねー。でも周りの景色はとっても素敵♪ 海はやっぱりいいね。
かくいう私も、ちょこっと日帰りなドライブ旅行を楽しんできましたよ。


もう一週間前になってしまいますが、夏休み最後の弾丸トリップに出掛けてきました!
行った先は、Eskisehir<エスキシェヒル>~Tarakli<タラクル>~Abant<アバント>。
まずはアンカラから西へ約250キロのところにあるエスキシェヒルへ。
d0227344_21557.jpg
エスキシェヒル、意味は古い街っていうんだけど、
すっごく可愛く街づくりしてる感じです。とっても新鮮な感じ。
街の中心に流れてるポルスック川には観光船やゴンドラが!!
d0227344_224576.jpg
川の両側にはカフェなんかが並んでいます。いい天気だったので気持ちよくお散歩。
ちょっとアンカラにはない雰囲気です。
船着場にゴンドラ発見! うーん、どうでしょー?(ミスター風)
ま、でもこの川周辺は緑も多いし、カワイイ雰囲気なのでいいのかも♪
さ、エスキシェヒル一番の目的は・・「Cig Borek」チィボレキ!!
エスキシェヒル名物のチィボレキを食べてみたいがためにやって来ました。(・・は、言い過ぎか!?)
エスキシェヒル出身のお友達いわく、チィボレキは揚げ餃子っぽいらしい。
行ったお店は『Papagan cigborek salonu』。
確かに形も餃子っぽい。でも大きめだな。
サクサクの皮に挽き肉が入っているだけのもの。
肉汁が滴り落ちてくるんだけど、熱々はとっても美味しかったです。
うん、揚げ餃子。でももうちょっとシンプル。
皮と挽き肉だけなので、結構食べちゃうね・・。アイランにも合います。
冷めると油っぽくなるので、熱々を食べるのがお勧めです。

以前、テレビの旅番組で紹介されてたチィボレキ屋さん、確か名前が『KIRIM』だったんだけど、
エスキシェヒルに着いてから、あちこちの看板にKIRIMの文字が。
なんでだろ?と思ったら、ウクライナのクリミア地方のことらしい。
ここ、エスキシェヒルにはクリミア・タタール系トルコ人が多くいることで有名です。
タタールだから、ちょっと日本人に近い顔の人が多いです。街を歩いていても、違和感ない感じ。笑
ここなら日本人でもあんまりジロジロ見られることはないだろうなぁ。
ちなみに、エスキシェヒル出身の有名なタタール系なトルコ人は
サッカーのilhan MANSIZ<イルハン・マンスズ>。懐かしいね!
(イルハンはドイツ生まれらしいけど実家がエスキシェヒル)

ということで、チィボレキを食べて満足したら、車に乗ってタラクルへ!
d0227344_2114632.jpg
エスキシェヒルから道なりにぐるっと北に向かって150キロくらい走って着きました!
ここは、昔のKonak(偉い人やお金持ちが住んでた家)が見所。昔ながらの家並みが残っています。
ここはTTNetっていうトルコのプロバイダのCMにも登場したらしい。なのでちょっと観光地化されてる感じです。
d0227344_2145153.jpg
Konakの前にはお土産が並んでいます。バクル(銅製品)のお土産も可愛く並べられて・・。
家の中の見学も有料だったりします。笑 
家の前にいた男の子、僕もCMに出たんだよ!って言ってました。笑
そしてモスクそばのチャイバフチェ(外カフェ)でほっと一息、チャイ休憩です。

美味しいチャイを飲んで休憩したあとは、また車に乗り込みアバントへ~。

後編に続く。


Papagan cigborek salonu
Köprübaşı Caddesi Yalbı Sokak No:5 / ESKİŞEHİR
http://papagancigborek.com/


by アン@トルコ
[PR]
by bayswater92 | 2012-09-16 16:21 | 旅*トルコ国内 | Trackback | Comments(0)


ロンドン・ベイズウォーターで出会った元スタントンスクール生のアンとロン、そしてジュンの3人が発信するトルコ、フランス、スイスの生活情報、日々の暮らし。*コメント大歓迎!お気軽に♪


by Bayswaters

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

苺のシャルロットとルリジュー..
at 2017-04-28 04:49
フォンテーヌブロー&ロックク..
at 2017-04-24 15:51
フルーツを使ったおやつ、いろ..
at 2017-04-20 02:42
Pâques・パック(イース..
at 2017-04-16 17:57
トルコの朝ごはんじゃないおう..
at 2017-04-12 03:24

カテゴリ

プロフィール
トルコ・フランス生活情報
3カ国(土・仏・瑞)生活情報
食*トルコ
食*フランス
食*スイス
お気に入り*トルコ
お気に入り*フランス
お気に入り*スイス
日々の暮らし*トルコ
日々の暮らし*フランス
日々の暮らし*スイス
日々の暮らし*フランス・スイス
旅*トルコ国内
旅*フランス国内
旅*スイス国内
旅*外国
里帰りニッポン
座談会

タグ

(440)
(399)
(321)
(222)
(161)
(84)
(83)
(81)
(73)
(73)
(67)
(66)
(58)
(56)
(54)
(41)
(37)
(32)
(30)
(22)

最新のコメント

フランス菓子ばかりで嬉し..
by M at 07:55
◆Yukochanさんへ..
by bayswater92 at 04:08
★Mさん、 ロッククラ..
by bayswater92 at 23:35
★arareさん、 こ..
by bayswater92 at 23:17
★arareさん、 ロ..
by bayswater92 at 22:56
旦那さま、ロッククライミ..
by M at 07:23
こんばんわ☆ 菜の..
by arare719 at 23:36
↑iPadの調子悪くて、..
by arare719 at 23:12
こんばんわ! フルーツ..
by arare719 at 23:00
★ kaorainneさ..
by bayswater92 at 07:15

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

検索

フォロー中のブログ

ろんどんらいふ
*Happy Tea T...
お茶の時間にしましょうか...
トルコ子育て生活
ヤマザキマリ・Seque...
黒パグ CHAPPYの成...
Lush Life
a&kashの時間。
うひひなまいにち
lotus pond 上...
cafe de ke*
ぶどう畑ぐらし。
kaorainne日記
ミニろんどんらいふ
がびあーの家の毎日
アクデニズ。
パリからのバレエ便り
London Scene
ビーズ・フェルト刺繍Pi...
ドキx2 わくx2 @ ...
un_voyage♪♪
北欧・スウェーデンよりシ...
FReeTraveLer
ねこ旅また旅
die Elfen im...
サンフランシスコ食堂 
Kuechennachr...
風と花を紡いで
イタリア夫に作るご飯 
Photolog fro...
カスタムニットBy* s...
Sweets and B...
ビーズ・フェルト刺繍作家...
Cache-Cache+
ふらんすさんぽ
~East meets ...
FREE TRAVELER
リタイア夫と空の旅、海の...
ぷくぷ日記
子供と楽しむ北欧生活
kaorainne日記Ⅱ
がびあーの家の毎日2

外部リンク

ファン

bayswater92

↓メールはこちら


素材お借りしています。


A.SLASH


mytaste.jp

**当ブログに掲載されてるお店情報等は、記事掲載時時点のものです。**

**当ブログは、PC版用に写真等の編集をしております。**

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
おうちごはん

画像一覧