<   2012年 03月 ( 22 )   > この月の画像一覧

トルコ的男子ごはん?*簡単・魚のオーブン料理<トルコ料理レシピ・その11> ◆ by アン@トルコ

ジュネーブもすっかり春だね。こっちもかなり春っぽくなったといえ、つい2~3日前、雪がちらついたよ。ふぅ。
桜、きれいだね。お花見したいねー。
そしてジュンちゃん作・和菓子!すごい!美味しそう。抹茶寒天がハート型なのも粋な演出。
私も久しぶりに和菓子が食べたくなりました。今度作ってみよう!


さて、アンからまた、ごはんの話。
今日は簡単・魚のオーブン料理です。
これは、うちの夫の黒海地方(魚が豊富♪)出身の従兄弟から教わった料理。
まさに男子ごはん、って感じで、簡単で美味しいです。
今回使った魚はサーモン。オーブンで料理できる魚だったら何でもいけると思います。
d0227344_3221760.jpg
作り方はいたって簡単。
材料は、魚、玉ねぎ、ジャガイモ、パセリにレモン。あと調味料。
天板にベーキングシートを敷いて切った魚を並べ、軽く塩を振ります。
その上にスライスした玉ねぎを満遍なく並べ、その上から薄くスライスしたジャガイモを重ねます。
ここでも軽く塩を振って・・。お水をカップ1~2入れます。
ジャガイモの上に、スライスしたレモン、パセリのみじん切り、kekik<タイム>をパラパラとかけて。
最後にオリーブオイルをたら~りと回しかけて、あとはオーブンでしっかり焼くだけ。
d0227344_3302046.jpg
出来ました!


我が家ではだいたい、炊飯器で炊いた普通の白いご飯と一緒にいただきます。
魚のうまみと、玉ねぎの甘み、こんがりパリッと焼けたジャガイモ・・モリモリと食べられる美味しさです。
d0227344_3355836.jpg


by アン@トルコ
[PR]
by bayswater92 | 2012-03-31 03:42 | 食*トルコ | Trackback | Comments(0)

和菓子な気分 byジュン@フランス(スイス)

ロンちゃんのお手製カーテン、王朝時代のフランス貴族っぽい絵柄だよね。
ちょっとベルバラっぽい?
ボルドーの房と調和が取れて、重厚感もあってお部屋が暖まりそう!!
来年の冬は防寒対策バッチリね。

ジュネーブ周辺も、先週末から暖かい陽気が続いています。
今度こそ春到来か!!、という感じで、あちこちで満開の桜を見かけるようになりました。
とはいっても、民家の庭に1本とか所々なので、日本の花見の名所のように華やかではないのですが、それでもやはり心が和みます。
d0227344_762625.jpg
d0227344_764756.jpg

さて、桜の季節だからというわけではないのですが、和菓子を作りました。
私はどちらかと言うと甘いものが苦手なのですが、たま~に急に和菓子が食べたくなるときがあります。
とはいっても海外で食べられる和菓子は限られているんですよね。
でも、日本食料品店で材料は手に入るので、家にあったもので作りました。

まずは、いちご大福。
今回は白玉粉で作りました。
切り餅で作ったこともありますが、私は白玉粉の方が胃に軽いし、もちもちして好きかな。
実はあんこもあまり得意でないので、今回はその代わりにヌテラを入れてみました。


d0227344_78575.jpg
ヌテラだと形がうまく作れず不恰好ですが、ご愛嬌ということで。
和と洋の融合で、味はなかなかでしたよ。



次は抹茶寒天の黒蜜がけ。

d0227344_6471711.jpg
バニラアイスを添えましたが、他の味を消してしまったのでこれはミス。
シンプルに黄な粉と黒蜜だけかけて食べた方が美味しかったです。


というわけで、ちょっとジャポネスクな気分の私でした。
あ~、お花見したい!!


byジュン@フランス(スイス)
[PR]
by bayswater92 | 2012-03-30 07:44 | 食*フランス | Trackback | Comments(0)

手作りカーテン            by ロン@フランス

クッキーで作る数字は、アンちゃんのトレードマーク!
タルト焼くだけでも、面倒なのに・・エライっ!
娘ちゃんが16歳っていうのにも驚く・・・。あんなに小さかったのに・・。
成長しても、あの大きくてキラキラした目が、母の手作りケーキを喜んだことでしょう!

さーて、ウチの話ですが・・。
去年末からペンキ塗りをしたりして、少しずつ内装を変えています。
今回はカーテン!ウチには、薄いカーテンしかなかったのですが、今年の冬が寒くて寒くて。
隙間風を防ぐために、ようやくカーテンをこしらえました。

布は、バーゲンのときに買ってあったので、とにかく縫うだけ。
こんな柄の↓生地を選びました。

d0227344_449129.jpg


d0227344_450316.jpg


カーテンを縫った後、ボルドーカラーのリボンをつけたかったので、
ベルトを作る要領でやってみました。どうでしょうか?ちなみに、カーテンを束ねている紐は
私の作品ではありません。買いました!
d0227344_4534656.jpg


そして、両脇にカーテンをつけたら、こんな感じに出来上がりました。
気に入っています。ま、たぶん、私自身が作ったからでしょうね・・。ははは。

d0227344_4573639.jpg


ようやく、このカーテンが出来たおかげで、寒いときは重宝しています!
でも、もうパリは日中の温度が20℃・・。
カーテンなんて、いらないんじゃ?!<笑>

by ロン@フランス
[PR]
by bayswater92 | 2012-03-29 05:14 | 日々の暮らし*フランス | Trackback | Comments(0)

16才のBirthday Cake* ◆ by アン@トルコ

駐禁、結構いたいよね・・。その国によっていろんな法則があるんだね。
スイス事情も知らなかったし、ひとつ勉強になったよ、ジュンちゃん。
トルコは、え?どうしてこんなところに!?っていうところ(歩道とか!)に車が止まってることも多いんですよ・・。やっぱりお国柄ですかねー。


d0227344_113136.jpg
先日、長女の16才の誕生日でした。
次女の誕生日と1ヵ月も違わないので、毎年、次女の誕生日が済んだら長女のバースデーケーキの妄想が始まります。笑


今年の長女用のケーキ、
ガレット・デ・ロワを作った時のヘーゼルナッツクリームが美味しかったので、それでタルトを作ることに。
今回は、ヘーゼルナッツをFPに入れて回しただけ。
振るうこともせずに、焼きタラコくらいの粒のまま使いました。笑
d0227344_1151612.jpg
デコは、全卵カスタードクリームと苺。焼いたビスケットとお菓子をちょっと。

d0227344_1155480.jpg
食べるまではお決まりのケーキドームに入れて・・。ケーキドーム、いい仕事してくれます。何を入れてもかわいく(?)見えてしまう017.gif

ケーキのお味は・・
ヘーゼルナッツクリームのこのタルト、カスタードクリームとの相性もバッチリ。
カスタードがなかったらちょっと物足りなく感じたかも。みんなでペロッといただきました。

d0227344_1253379.jpg

ちょっぴり苦手なデコ、今回は苺でごまかしてみました。 ・・って、ごまかせてるのか!?



誕生日ケーキ関連記事
8才のBirthday Cake* ◆ by アン@トルコ
シャルロット風?な9才の誕生日ケーキ。 ◆ by アン@トルコ
デコロール!な17才の誕生日ケーキ。◆ by アン@トルコ
10才の誕生日ケーキはショートケーキ♪ ◆ by アン@トルコ


by アン@トルコ
[PR]
by bayswater92 | 2012-03-28 01:42 | 日々の暮らし*トルコ | Trackback | Comments(0)

ジュネーブ駐車心得 byジュン@フランス(スイス)

ロンちゃんがエッグスタンドをコレクションしてるのは知らなかった。
たくさん集めてそうだよね。
ちなみに家には1つもないので、今度買って朝食に半熟ゆで卵を食べてみようかなぁと思っています。

ジュネーブ市内には屋内の有料パーキングが至るところにありますが、料金が結構高いです。
東京並みでしょうか。
しかしそれとは別に屋外や路上には、白ラインとブルーライン2種類の駐車スペースが設けてあります。

白ラインは有料ですので、近くに立っている駐車料金のマシンで予め駐車しておく時間分の料金を払って、出てきたチケットを車内のフロントのところに外から見えるように置いておきます。
それでも一定の時間内で制限時間が設けてあったりするので、近くに立っている看板で要確認。

ブルーラインは無料の駐車スペースですが、制限時間が1時間。

d0227344_1935392.jpg
そしてディスクと呼ばれる、
駐車開始時間と終了時間を示したカードのようなもの
<←写真>を、これもまた車内フロントのところに
置いておきます。



さて、私は先日久しぶりに車でスイス在住の友人を訪ねました。
1年以上スイス国内を運転していなかった私は、ブルーラインに駐車したのにこのディスクを車内へ置いてくるのをすっかり忘れ、車に戻った時、目の前のフロントガラスにワイパーに挟まれた駐禁の紙を目にしました。

「しまった!!」と思ったけど、もう後の祭り・・・。
しかし、紙を手にとって内容をみてみたものの、罰金の料金が書いていない。
普通は書いてあるものなので(最低40.00CHF)、おかしいなぁと思い、
家に帰ってから旦那にその紙を見せたところ、
「あっ、これDénonciationだからだよ。」
「Dénonciation・・・。Dénonciationって・・・・密告 ?!!!(紙にはちゃんとその言葉が書いてあった)」

ジュネーブでは他国同様、通常駐車違反の取締りは警察が行いますが、特定の職業に就いている市民もこうやって駐車違反している車を警察に密告できるシステムになっているようです。
今まで3カ国の国に住んできましたが、そんなシステムは聞いたことがなかったので、ビックリ!!

駐禁の疑いのある車をチェックして、用紙を書いて、その控えを警察に封書で送るという作業をしなければならないわけで、暇がないとできないと思うのですが、我が家の車はフランスナンバーなので、目をつけられていたのかもしれません。

そしてこの後、何ヶ月か後に正式な請求書が警察から送られてくるそうですが、料金はいくらになるかその時までわからず・・・。

急いでいて数分間だけ路駐した間に、電話で警察にナンバーを通報され、請求書が数ヵ月後送られてきたという友人談もあります。

d0227344_19352621.jpg


というわけで、ジュネーブまたはスイスで車を駐車する機会がある方は、くれぐれも以上のことにお気をつけください。


byジュン@フランス(スイス)
[PR]
by bayswater92 | 2012-03-26 23:10 | 日々の暮らし*スイス | Trackback | Comments(0)

コクティエ・coquetier<エッグスタンド>いろいろ  by  ロン@フランス

かわいいシルバーアクセサリーが、トルコで見つかる?!
それは、興味深いわね。美味しいものも、たくさんあって、かわいいものまで
見つかるなら、やっぱりいつか、アンちゃん家へ行かねば!!!

今日は、コクティエ<エッグスタンド>のコレクションをお披露目します。
と、いうのも、フランスは、もうすぐパック<キリストの復活祭、イースター>なので!
ケーキやパン屋、チョコレート専門店などのディスプレイが、
卵+鶏+ウサギ+鐘のチョコレートだらけになってきています。

ところで、このコクティエ<エッグスタンド>たちは、手持ち全部ではありませんが、
これだけ載せれば充分だろう・・とセレクションしてみました。
いかがでしょうか?!

まずは、スプーンつきエッグスタンド。これは、スーパーで、ゲットしたものです。
ちょうど、パック<イースター>の時期に、卵型チョコと一緒に売っていました。
d0227344_7544613.jpg


これもやはり、スーパーで卵型チョコが乗っかった状態で購入!
d0227344_7551460.jpg


そして、こちらも。
d0227344_7562778.jpg


これも!同様。
d0227344_757049.jpg


左はパリの雑貨やさんで。右はANAのお土産?エッグスタンドの裏に全日空のANAのロゴが・・。
夫のものですが、本当はエッグスタンドではなくお酒とか飲むものですよね・・。<笑>
d0227344_7574977.jpg


フランスのキャンペール地方のもの。
d0227344_7582926.jpg


これは確か、スーパーで一つ2ユーロ。
d0227344_7591035.jpg


これも。
d0227344_805139.jpg


前回も登場したエッグスタンド。
d0227344_8141440.jpg


解説も大して入れずに写真を載せてしまいましたが、
見れば分かると思うので、たまにはこんな感じもいいのでは?!と、
勝手に思った私なのでした・・。

by ロン@フランス
[PR]
by bayswater92 | 2012-03-25 08:09 | お気に入り*フランス | Trackback | Comments(0)

トルコのシルバーアクセサリー ◆ by アン@トルコ

カルージュという町にある手作りカード屋さん、町の雰囲気にぴったりのカワイイお店だね。
手描きの絵がなんともカワイイし、額に入ったモノクロの絵も素敵。
そして、オーナーさんの生活スタイルにも憧れてしまいますねー。


さて、いつだったか、トルコのアクセサリー屋さんの話をしましたが、今回は第2弾。
トルコには、かわいいシルバーアクセサリーがあります。
既婚女性はゴールドを身につけることも多いので、シルバーは若者向けなのかな。
先日、こんなかわいいネックレスをいただきました。(長女が)
d0227344_4285895.jpg
カワイイでしょ~?5つのハッピーモチーフがついています。アップ↓
d0227344_431315.jpg
天使にトンボ、トルコの魔除けのナザール・ボンジュウ、雪の結晶にチューリップ。


こういったシルバーアクセサリーはどこでも買えると思うけど、アンカラ一の繁華街・クズライにあるシルバー街が面白いです。シルバー街といっても狭いパッセージ。駅のそばにあるKaranfil Pasaj<カランフィル・パッサージ>がそれ。ところ狭しとシルバーアクセサリー屋さんが並んでいます。店頭にネックレス類がぶら下がっているお店の造りもどこも同じ。売っているものも同じようだけど、よく見ると違ったりします。なので一軒一軒見るのも楽し。シルバーの他にも、ヘアアクセサリーなどが売ってるお手頃アクセサリー屋さんも同じパッセージ内に軒を連ねていたりします。そういうところには、子供にも人気のアクセサリーも売っています。
d0227344_4404822.jpg
こんなのもカワイイでしょ?ターコイズ色の蝶々はプラスチック。チャームがたくさん付いていて、自転車や鍵、手袋なんてのもカワイイね。


トルコのアクセサリー、結構カワイイと思います。アクセサリー屋さんに入ると掘り出し物が見つかる確率高いです。特にこのシルバー屋さんは面白いし、何時間でもいられそう。ネックレスもトップもいろんなモチーフがあって、トルコ国旗の月と星をかたどったものや、鍵、天使、猫に蝶々などなど、らぶりーです。
d0227344_4481911.jpg

アンカラにお出掛けの際は是非♪ ちょっと穴場的な場所ですよ。


by アン@トルコ
[PR]
by bayswater92 | 2012-03-23 05:55 | お気に入り*トルコ | Trackback | Comments(0)

PERCHO  ハンドメイドカードのお店@カルージュ<Carouge> byジュン@フランス(スイス)

読み応えのあるパリでのSalon du livreレポ。
ロンちゃんおつかれさま~ !!
日本人作家も20人ほど招待とは、フランスでの日本文化の人気度が伺えますね。
パリはこういった大規模なイベントが沢山あって本当に羨ましい限り・・・。

お久しぶりです、ジュンです。
ちょっとお休みをいただいてましたが、今週復活!!

先週数日間、ジュネーブの方も気温が上がって春っぽい陽気だったので、散歩がてらジュネーブ中心地より南に少し下がったところにある、カルージュ<Carouge>という町に行ってきました。

ここは18世紀にイタリア様式の建築で作られた町で、ジュネーブの他の地区とは雰囲気が違います。北イタリアっぽいこじんまりした町で、晴れた日は本当に気持ちがいい場所です。
d0227344_234183.jpg


ブラブラ歩いていると、一軒のお店に目が留まりました。
d0227344_19242274.jpg
カラフルに彩りされた可愛らしい絵のカードやカップがたくさん飾られたお店。

d0227344_19155689.jpg
店の奥のカウンターで、一人の女性が下を向いてカップに色を塗っていました。
私が中に入ると、すぐそのお店の人の知り合いらしき人が数人入ってきて、皆で話をしていたので、その間私は店内を一回りしてじっくり商品を眺めていました。

d0227344_19442317.jpg
d0227344_19354585.jpg
絵が細かくて、色使いがかわいい~ !! 
カップ&ソーサーなんかも素敵だったけど、とりあえずはカードを数枚買おうと思ったのですが、目移りしてどれにしようかなかなか決まらず・・・。

そうこうしているうちに、その知り合いの人達が帰ったので、お店の人としばしお喋りしました。
このお店は開店して10年、お一人でやっているそうです。
週4日だけお店を開けて、その他の日はアトリエで絵を描いているそう。アトリエでは一人黙々とお仕事をしているので、こうやってお店に出ているときは、お客さんとお話したりするのがとても楽しいそうです。

カウンターの上に置かれた一冊の分厚いノートには、開店当初からのお客さんのコメントがかき寄せられていて、その文字からいろいろな国の人が来店してるのがわかります。
日本語のコメントもいくつかありました。

私がこのお店のことをブログに載せたい、と言ったら喜んで承知してくれました。
日本語はわからないけれどもアドレスを是非教えてほしいということ。
また、3カ国の情報を載せるというこのブログのコンセプトも気に入ってくれました。
今頃、見てくれているかなぁ・・・。

d0227344_19171221.jpg
結局、今回私が買ったのはこの2枚のみ。写真だとちょっと判りづらいですが、実物は何とも言えなくチャーミングで素敵なカードなんですよ。♪

カルージュは職人の町で、こういった可愛いくてお洒落なお店がありますので、今後町並みと共に少しずつご紹介していけたらと思っています。

PERCHO
Rue Ancienne 6
1227 Carouge
Suisse
http://www.percho.ch/
”galerie”や”vos photos”のページで商品がいろいろ見られます。


byジュン@フランス(スイス)
[PR]
by bayswater92 | 2012-03-21 20:04 | お気に入り*スイス | Trackback | Comments(2)

萩尾望都氏&ヤマザキマリ氏 in パリ2012 by ロン@フランス

チョコレートバナナパイとは、大穴レシピだわ!
バナナが残っていると、ついついタルトを作ってしまうけど、
コレなら、時間も短縮出来ていい考え!だよ。アンちゃん。

さて、さて、前回、エッグスタンドのお話をしたときに、「次回は、私のコレクションを・・」。
なーんて、書きましたが、写真事情で急遽内容変更します!<近いうちにアップ予定>

それで、今日は、「salon du livre・サロンドゥリーヴル」
<パリ国際ブックフェアまたは国際書籍見本市?>のレポを!
これは、3月16日から3月19日までパリ・parisのポルトドヴェルサイユで開催中。

フランスの作家はもちろん、海外の作家もやってきます!
きっと日本でも話題になったと思いますが、今年は日本人作家がごっそり招待されていて、
20人だとか、22人だとか?!とにかく、すごい人数です。
これは、行くしかない!日本でさえ、こんなチャンスは滅多にないのでは?!
と、思い、fnacでチケット購入。
たまたまFnacのメンバーズカードを持っていたので、通常入場券9.5ユーロが、8ユーロに!

私が選んだ日は、3月17日<土>。
一番の目的は、やはり、Moto Hagio・萩尾望都先生の講演会。
2月のポンピドゥーセンターの講演会も行きましたが、今回は、先生の話題作、福島のことを描いた
「なのはな」発売後ということもあって、興味がありました。
萩尾先生は、なんと言っても、私が、尊敬しているマンガ家さんです。

もう一つ、日本で映画公開も決定している、Mari Yamazaki・ヤマザキマリ先生の
講演会も要チェック。
いつの間にか、フランス語版のマンガ、「テルマエロマエ」が発売されていたのは知らなかった。
実は、私。「モーレツ!イタリア家族」の愛読者でした。ギャグ漫画です。
そして、ヤマザキ先生のブログも愛読者の一人。時々、お腹をかかえて笑って読んでいます。

まず、この日は、娘に頼まれた、ベルギーのBD<漫画>作家のサインをもらうために
店頭発売前らしい「Schtroumpfs no.30」をお買い上げ!
d0227344_2158049.jpg


13時からのサイン会に並びました。ちょっと見えにくいですが・・。こんなふうに各出版社の
ブースでは、だれかしらサインをしていました。
d0227344_21585918.jpg


すごいところでは、作家5人いっぺんに並んで、
狭そうにサインしている場面も見ました。
ところで、この私が並んだ列は、たまたまなのか?サインをもらう人達が、
わりとあっさりしていて、名前も書いてもらっていませんでした。
が、私は、娘+夫がこの漫画の大ファンなので、二人の名前を入れてもらいました!

「名前を入れて頂けますか?」という私のフランス語の問いに、彼はガサガサと胸ポケットから、たたんである紙を取り出し、それを裏にして、「ここに名前を書いて」と、
ペンを渡してくれました。イヤー、なんか緊張しました。
私の書いた娘と夫の名前が、何気にヒョロヒョロ文字・・<笑>最後の握手も忘れずに!
買った本などを、まとめて下の写真<1>に一緒にしてしまいましたが、
この左にある↓本です。
d0227344_2264266.jpg


その後、日本書籍コーナーで、何気に本を見ていたら、あ!五味太郎先生、発見っ!
すぐさま絵本を手にレジに向かったけど、「ご本人は、すでに撮影へ行ってしまった・・・。」
と、編集の女性・・。ガクッリ。
でも、5分で戻る。とのことだったので、待ちました。で、頂いたサインですが・・。ええッ?!
と、驚く、日本語に見えない日本語でした。何ていうか、とても、アーティストらしい字です!
d0227344_2210148.jpg


講演会会場に向かう途中、「世界一小さい本」という看板のブースに目が釘付けに!
本当に豆本ばかり。どうやら、会社はペルーから来ているようです。英語で接客していました。
そこで、娘が大好きな「不思議の国のアリス」を発見してしまった私・・。
娘は「不思議の国のアリス」だけは、見かければ、必ず読む!
というほど今、入れ込んでいるので、甘い私は買ってしまいました・・。
サイズは縦6.5cm、横5cm、厚さ2cm。
ちゃーんと、内容もあれば、絵も入っています!上の写真<1>中央にあるので、大きさ確認を!
d0227344_22103596.jpg


この本の中は、こうなっています!
d0227344_221146100.jpg


14時30分から15時30分までは、「ヤマザキマリ」先生の講演会。
d0227344_21503011.jpg


話題は、テルマエについてと、お風呂のこと。漫画を描くことになったワケや、
今までの外国暮らしのことなどありましたが、ヤマザキ先生って、漫画だけでなく、
ご本人もおもしろいですねー。楽しかったです!
講演会後半、会場が「ざわざわうるさいなー」と、思っていたら、

なるほど!その後、15時30分から16時30分までは、「コスプレショー」でした。
かわいいフランス人がコスプレしていると写真撮影の嵐がおきていました・・。
私は、この場は必要ないので、熱い若者へ席を譲り退散。<笑>

この会場の席を出たところで、いつもお世話になっているEさんと合流。
二人で立ち話をしていたら、近くにいた日本人の方から、「
テルマエ」の本をどこで買ったか聞かれ・・。「家から持ってきたんですー。」などと、
話してる間に、ヤマザキ先生のサイン会が別の場所である!と、サプライズが!
ヤマザキ先生+近くにいたヤマザキファンはゾロゾロと、大陸大移動!

会場のプログラムには、なーんにもサイン会のことが書かれていなかったので、
私は、ないものだと、思っていました。
でも、ちょうど、「テルマエ1巻」を持参していたのでラッキー!
<ふふ、万が一、と、思って・・。>写真<1>の右下です。

ところで、私達と会話していた、この日本人女性、M子さん。
なんと、ヤマザキ先生のお友達だということが発覚。おおっ!

サインの列に並び始め、なぜか、「フランス語バージョンの単行本を買わないとサインはもらえないのかも?!」と、いう不安にかられた私。
本を探しにウロウロ出ていったら、M子さんが、「サイン20人限定だって!とりあえず、並んでおいたほうがいいよ。」と、教えてくれたので並んでみたが・・。
二人一緒に「ガーン!」なんと私の前にいた、M子さんの前の女の子が、最後の20人目だという!
そうなんです、M子さんが、21番目。私が22番目だったのです!

書店ブースのスタッフが、私達に厳しーく、「1時間だけしか時間がなく、一人3分。20人しかサイン出来ない」と!そこで、M子さん、「彼女は日本から来ているから・・。」と、とっさに嘘を。
私<ロン>だけでも・・と、スタッフに交渉してくれたけど、あえなく玉砕。
ところで、なぜ、サインに3分もかかるのか?!と、いうと、
イラスト入りサインだったからでした。

で、やはり、きっちり1時間たったところで、M子さんの前にロープを引かれてしまった・・。
ダメか・・と思った。
が、M子さんは、負けない!「マリさん・・」と、直接ご本人に声をかけて・・・。
「絵はいらないから、彼女に名前だけでも・・」なんと、自分より、
私のサインを頼んでくれたのです!感激。
M子さんは美人の娘さん達と来ていて、何冊かサインを頼みたかったらしいのに・・。<涙>

結局、ヤマザキ先生があと、30分時間がある・・ということが判明して、
先生は膝を床にした姿勢で、イラスト入り<ルシウスがお風呂に入っている!>サインを、
22番目だった私に描いてくれたのでした!感動!もちろん、M子さんもサインをもらっていました。
しかし、これは、まぎれもなくM子さんのおかげです。
本当にありがとうございました!

さて、話を講演会へ戻します。
16時30分から17時30分は、待ちに待った萩尾望都先生の講演会です。
前半は、当然ながら、先月のポンピドゥーでの講演会とダブる内容もありました。
ご両親に漫画家になるのは反対されていた・・とか、
どうやって漫画家になった・・とか、etc・・。
d0227344_21512995.jpg


少女漫画が出てきた当時、
「女の子と男の子のキスシーンを描くことが、禁止だったというのは、本当ですか?」
という、質問がなんとも、「フランスじゃ考えられない」・・というニュアンスが、
感じられました。そりゃ、愛の国ですもんね。

萩尾先生いわく、当時は、「ボーイフレンドを出すのもダメ。」「清らかでないとダメ。」
だったそう。でも、「西谷祥子<よしこ>さんが、恋愛物を描いて大評判になりましたけど、
学校や母親達は怒った・・」とも・・・。
「編集部は、デートは、いい。ラブレターは、いい。キスは、いい。と、だんだん・・」と、徐々に許容範囲が広がっていったらしいです。

ところで、この講演会会場が、笑いに包まれた瞬間がありました。
司会者が、「先生は女子美大学で教えていらっしゃいますが、学生に対して何を話すのか、そして、教えるということは、あなたにとって何が大切ですか?」と、いうような質問に、
萩尾先生、「うーん、学生達に講義は、まだ、1回しかしてないんです。」
そこで、ドッと、笑いが!

そうこうしているに講演会が終わったとたん、
萩尾先生の本を持った人たちがステージ裏に並び始めた!
そうです、サインです。そこで、また、場所を変えてサインデスクへ!大陸大移動!<笑>

まさか、萩尾先生まで人数制限は、ないだろう・・と思い込んでいましたが、
なんと、ここでもサプライズが!

萩尾先生の本を買って、サインをもらうと、プレゼントとして「なのはな1話のみ。フランス語バージョン」が、30人限定で、配られると!それは、何か買わねば!
そして日本語が読めない娘に、「なのはな」を読ませたい。と、強く思ったのでした。
もちろん、私は、JUNKU堂パリ店で日本語版をすでに購入済み。
なので、そこでは、まだ持っていない「春の小川」<写真<1>右上>を購入して、
サインと「なのはなフランス語版」をいただきました。

その後、19時から21時までは、萩尾望都先生+ヤマザキマリ先生の対談がありました。
d0227344_21521720.jpg


そこでもやはり、BL<ボーイズラブ>について、話があがり、司会者から質問が・・・。
毎回、ここで萩尾先生は「トーマの心臓」について説明されていますが、
今回はプラスアルファ・・。

司会者が、「日本で人気のあるBL・・、フランスには、まだありませんが・・」と、言ったところで、会場から「ある、ある!」の声。そこで、萩尾先生が、「どうですか?」と会場へ逆質問。
フランス人男性が「フランスの若い女の子達にとても人気があります。この会場にもBLを扱っている
スタンドがありますよ。」と回答していました。

萩尾先生はこんなこともおっしゃっていました。「ものすごく、ドラマチックな恋愛物を、読みたくなるときがあるんです。そのときは、ハーレクインロマンスを読むか、ボーイズラブを読みます。」そこで、また、会場が笑いに!

同じ質問がヤマザキ先生へも向けられ・・。
「私は<ボーイズ>描けないと思います。」「って、さっき言ったけど、ごめんなさい!他で描いている漫画が、そういう気配の漫画なんです!ぜんぜん、そういう漫画描いていました!ごめんなさい!本当にすいません!」と、これまた会場が、大爆笑!

その後、萩尾先生の作品「なのはな」の話になりましたが、印象に残った言葉がありました。
福島の原発事故のことで「テレビでも、新聞でも、大丈夫、大丈夫、大丈夫と、ずっと言い続けていました・・」と。実はそれ、私の両親が電話で言っていたことと同じでした。

「なのはな」後記にも書かれていることを、会場で話していましたが、
「福島の人たちは、いったいどうすればいいんでしょうね?」という、先生の問いに、ご友人が、
「チェルノブイリでは、汚染された土壌をキレイにするために、菜の花や麦やひまわりを植えていると、教えてもらって・・・希望がひらけてきて・・」と、おっしゃっていました。

とても楽しい対談の中にも、震災のことが入ってくると、急に身構えてしまいますが、
「なのはな」を読んで、また、講演会を聞いてみて、漫画というのは、悲しんだり、
勇気をくれたり、いろいろな役目を果たしてるな・・と、改めて、実感しました。

今思えば、私も小学生のときに読んだ漫画のおかげで、おとなしい性格から脱出できた
出来事がありました。大人になった今、それがスゴク大事なことだったな・・と、
思ったし、そのとき漫画に夢中だったからこそ、今の私があるんだなぁとしみじみ感じました。

萩尾先生は、7月のジャパンエキスポ参加も決まっているようなので、
まだ、まだ、先にも楽しみが残っています!

今回は、長ーい、長ーい記事になってしまいました。
根気よく最後まで読んでくださった方、
どうもありがとうございました!

萩尾先生のサイト  http://www.hagiomoto.com/
ヤマザキ先生のブログ  http://moretsu.exblog.jp/

by   ロン@フランス
[PR]
by bayswater92 | 2012-03-19 22:49 | 日々の暮らし*フランス | Trackback | Comments(0)

Chocolate Banana Pie* ◆ by アン@トルコ

まーーっ。またまたカワイイものを見させてもらったわ、ロンちゃん。
エッグスタンド、蓋付きなんておしゃれでカワイイ!! 結構蓋ものに弱い私・・。
ちなみに我が家のエッグスタンドはカフェオレボールみたいな形。パリで買ったお気に入りです♪


さて、今回アンからはバナナ救出作戦、いや、手作りお菓子の話。

d0227344_17315564.jpg
家にそろそろ危険な感じのバナナが数本・・。これ、何とかせねば。
ふむふむ・・家にあるもので簡単に出来るものといえば・・パイ!と思い、
チョコレートバナナパイを作ることにしました。
けど、板チョコは常備してないので・・
d0227344_17344639.jpg
これ。パンに塗るチョコクリーム。
家にあるのは、こんなの。ミルクとカカオのヘーゼルナッツクリーム。デュオよ、デュオ。笑
そしてこれまた気に入って冷凍庫に常備してあるBiMというスーパーのMilfoy<冷凍パイシート>。
d0227344_17394473.jpg
パイシートの上にチョコクリーム塗って、スライスしたバナナのせて、周りに卵塗って
あとはオーブンで焼くだけ!超簡単。
d0227344_1742537.jpg
完成! 思った以上にバナナが熟しきってたのか、じゅくじゅくとバナナ汁(?)があふれてきた。焦
お味のほうは・・もうこれはチョコとバナナというデザートの王道!美味しくない訳ないです。


これで、バナナも無駄にせず救出できて、ほっ。
主婦のお役目無事に果たせました~。


by アン@トルコ
[PR]
by bayswater92 | 2012-03-17 17:59 | 食*トルコ | Trackback | Comments(2)


ロンドン・ベイズウォーターで出会った元スタントンスクール生のアンとロン、そしてジュンの3人が発信するトルコ、フランス、スイスの生活情報、日々の暮らし。*コメント大歓迎!お気軽に♪


by Bayswaters

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

苺のシャルロットとルリジュー..
at 2017-04-28 04:49
フォンテーヌブロー&ロックク..
at 2017-04-24 15:51
フルーツを使ったおやつ、いろ..
at 2017-04-20 02:42
Pâques・パック(イース..
at 2017-04-16 17:57
トルコの朝ごはんじゃないおう..
at 2017-04-12 03:24

カテゴリ

プロフィール
トルコ・フランス生活情報
3カ国(土・仏・瑞)生活情報
食*トルコ
食*フランス
食*スイス
お気に入り*トルコ
お気に入り*フランス
お気に入り*スイス
日々の暮らし*トルコ
日々の暮らし*フランス
日々の暮らし*スイス
日々の暮らし*フランス・スイス
旅*トルコ国内
旅*フランス国内
旅*スイス国内
旅*外国
里帰りニッポン
座談会

タグ

(440)
(399)
(321)
(222)
(161)
(84)
(83)
(81)
(73)
(73)
(67)
(66)
(58)
(56)
(54)
(41)
(37)
(32)
(30)
(22)

最新のコメント

フランス菓子ばかりで嬉し..
by M at 07:55
◆Yukochanさんへ..
by bayswater92 at 04:08
★Mさん、 ロッククラ..
by bayswater92 at 23:35
★arareさん、 こ..
by bayswater92 at 23:17
★arareさん、 ロ..
by bayswater92 at 22:56
旦那さま、ロッククライミ..
by M at 07:23
こんばんわ☆ 菜の..
by arare719 at 23:36
↑iPadの調子悪くて、..
by arare719 at 23:12
こんばんわ! フルーツ..
by arare719 at 23:00
★ kaorainneさ..
by bayswater92 at 07:15

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

検索

フォロー中のブログ

ろんどんらいふ
*Happy Tea T...
お茶の時間にしましょうか...
トルコ子育て生活
ヤマザキマリ・Seque...
黒パグ CHAPPYの成...
Lush Life
a&kashの時間。
うひひなまいにち
lotus pond 上...
cafe de ke*
ぶどう畑ぐらし。
kaorainne日記
ミニろんどんらいふ
がびあーの家の毎日
アクデニズ。
パリからのバレエ便り
London Scene
ビーズ・フェルト刺繍Pi...
ドキx2 わくx2 @ ...
un_voyage♪♪
北欧・スウェーデンよりシ...
FReeTraveLer
ねこ旅また旅
die Elfen im...
サンフランシスコ食堂 
Kuechennachr...
風と花を紡いで
イタリア夫に作るご飯 
Photolog fro...
カスタムニットBy* s...
Sweets and B...
ビーズ・フェルト刺繍作家...
Cache-Cache+
ふらんすさんぽ
~East meets ...
FREE TRAVELER
リタイア夫と空の旅、海の...
ぷくぷ日記
子供と楽しむ北欧生活
kaorainne日記Ⅱ
がびあーの家の毎日2

外部リンク

ファン

bayswater92

↓メールはこちら


素材お借りしています。


A.SLASH


mytaste.jp

**当ブログに掲載されてるお店情報等は、記事掲載時時点のものです。**

**当ブログは、PC版用に写真等の編集をしております。**

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
おうちごはん

画像一覧