<   2011年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

暑い日は、タブレ・サラダが食べたい<+レシピ> ◆by ロン@フランス

アンちゃんのホットケーキ、かわいい・・。おいしそうだから、私も食べたいな・・。
メープルシロップも美味しいけど、私も蜂蜜派!アンちゃんに対抗?!して、私のモーニングはコレ!
d0227344_534941.jpg「ゴーフル」Gaufreです。上に粉砂糖をふりかけただけですが、シンプルでおいしいですー。本当のこと言えば、
アイスやチョコレートソース、アーモンドスライスなどなどを乗せるのですが、今、私は少々病んでいて、ドクターから食事制限をうけているので、それはヤメです。
ちなみに「肥満」では、ありませんよ!<わははは>

というわけで、最近の私は食べ物の制限が多く、面倒なのですが、野菜と果物中心にしているので、
暑くなると必然的に「サラダ」メニューが増えます。
今日は特にフランスは猛暑で、どこもかしこも30度以上の気温。パリは35度ぐらいだったかな?!
とにかく、こんな日は「サラダ」です。
私が好きなサラダ菜はこの3種類。
d0227344_5193493.jpg

左上からバタビア、その下アイスバーグ、右がフリゼ。
フランスのサラダ菜はアイスバーグをのぞいたら全部、そのまま畑から来た状態で売っているので、
虫が多い!私は虫嫌いです。夏はこの虫を洗い流すことが私のミッション!
ちなみに秋から冬はナメクジとの戦いです!小さいのから大きいものまで、きっちりサラダについて
一緒に売られています。

さて、そんな虫達が嫌う、私の強い見方がコレ!
「ワインビネガー」です。コレを使うと上手に虫が除けます。
d0227344_527212.jpg

水をはったシンクに、食べる分のサラダ菜を一枚ずつ入れて、このビネガーを「ジャーッ」と
適当に入れてから、浮かんでいるサラダ菜を水に何度か沈め、そのまま5-10分ほっておきます。
すると、おもしろいように、虫がシンクの底に落ちているのです。
もちろん、ナメクジも!掃除のためにシンクから虫達を拾うのはスゴク苦痛ですが、
だいたいが死んでいるのでなんとかなります。
もちろん、ワインビネガーが、なくても日本の米酢でも出来ます。
その後は簡単。サラダ菜を水でザッと洗い流すだけです。
<あ、でも、ときどき、アブラムシみたいな、ちいさーい虫が、葉のひだで隠れてるときアリ!>

サラダと同じくらいにウチでよく食べるものが、
クスクス<couscous>を使った「タブレ」Tabouletです。
d0227344_5451919.jpg

入っている野菜は、きゅうり、トマト、レモン、オニオンブラン、シブレット、ミント、パセリ。
ときどき、ツナ缶やコーン缶も入れたりしていますが、これも美味しいです。
私は適当に目分量で作るので何ともいえませんが、
フランスで食材を買ったときのレシピは、

きゅうり 1本、
トマト 6コ
レモン 4コ <しぼり汁だけ使います>
オニオンブラン、シブレット、ミント、パセリ、 少々

を、少しミキサーにかけて

クスクスを、2カップほど入れてかき混ぜ、塩、コショウ、して冷蔵庫に冷やしておくと出来上がりです。
最低1時間は冷蔵庫へ入れて下さい。
ベストは食べる前日に作ると、味がすっぱ過ぎず、まろやかでおいしくできます。

というわけで、私の
食事制限は9月まで続くので、しばらくこのメニューとお付き合いすることが多そうです。
健康はお金で買えないので気をつけないと・・ですね!

by ロン@フランス
[PR]
by bayswater92 | 2011-06-28 06:11 | 食*フランス | Trackback | Comments(0)

お手軽おやつ*Pancake ◆ by アン@トルコ oishii

無性~~に食べたくなって久々に作ったパンケーキ。
パンケーキなんてミックス粉でしか作ったことなかったズボラ~さんな私ですが(笑)、
小麦粉で簡単にできました。そりゃそうか。^^;
d0227344_194359.jpg
いい感じに焼けたんだけど・・ちょっとドラ焼きみたい?(あ・・もうドラ焼きにしか見えなくなってきた)
d0227344_1954419.jpg
直径10センチもないミディアムサイズ。なのでバターもちっちゃくカット。
d0227344_19730100.jpg
メイプルシロップは常備してないので、蜂蜜をたら~り。
d0227344_1994913.jpg

d0227344_1911421.jpg
では、いただきます♪ 
久々のパンケーキ。新鮮な感じで美味しかったです。これだったら簡単だし子供のおやつにも最適。
次はアイスやフルーツもトッピングしてゴージャスパンケーキにしてみたいな。
トルコは今フルーツが美味しい季節。生の果物ふんだんにトッピングして・・むふふ♪ 既に妄想。笑


◆ by アン@トルコ
[PR]
by bayswater92 | 2011-06-27 19:18 | 食*トルコ | Trackback | Comments(0)

友達におススメしたい<食>の巻*トルコ・フランス生活情報*

そろそろ夏休み・・日本から友達が訪ねて来たら、知って欲しい味ってトルコにもフランスにもあるよね。
今回は、そんな知ってもらいたいおススメの<食>をご紹介したいと思います。


◆私がおススメするトルコの朝食屋さんとアイス◆ by アン@トルコ

d0227344_633592.jpgまずは美味しい朝食が食べられるお店。
ここはアンカラではないんだけど、
イスタンブルに行ったら必ずと言っていいほど
寄るお店「KALE Cafe&Pastane」です。
このお店はボスポラス海峡に面した場所にあります。
すごく景色がきれいな場所。
とても繁盛してるのか、
このお店の並びにもう一軒同じお店があります。

d0227344_6361923.jpg
お店の目の前はこんな感じです。お天気がいいとほんとに気持ちいい!

さっそく朝ごはんをいただきましょ♪ ジャジャーン!!
d0227344_7369.jpg
d0227344_733015.jpg
いろんな種類のパン、チーズ各種、蜂蜜に浸かったカイマック(トルコ版クロテッドクリーム)、オリーブに生野菜・・
そして、焼いたヘルミチーズ、サラミと卵、パストゥルマ(パストラミ)とチーズ入りの揚げパイ・・。
そしてもちろんチャイ・・。うーーん、美味しすぎるぅ~、ここの朝食♪
実際、ここには母と叔母を連れて行ったことがあります。アンカラには日本からの直行便はないため
イスタンブルには絶対寄らなくてはいけないんだけど、特に叔母は、帰る時もここで朝食を食べることを
リクエストしたくらい。とっても気に入ってくれました。
場所もイスタンブルの喧騒からちょっと外れたところなので、旅の疲れを癒すにもいい場所かもしれません。

「KALE Cafe&Pastane」
Yahya Kemal Caddesi No:16
34470 Rumelihisar -istanbul
web→ www.kalecafe.com


さて、お次はアイス。
いくつか前の記事で紹介したトルコアイス専門店「MADO」。ここには一風変わったアイスがあります。
それはナイフとフォークで切って食べるケスメアイス。それ程しっかりした硬さのあるアイス、濃厚でとっても美味です。
d0227344_7273269.jpg

d0227344_7292810.jpg「MADO」はトルコ国内だったらどこにでもあると思うけど
アンカラだったらここがおススメです。
クズライにある一軒家風店舗です。
3階建てでインテリアもオシャレ。
庭もあって、庭にもテーブルが並んでいます。
トルコ人は外が好きなので、
いつも庭はいっぱいです。冬もね♪
(冬でも外でアイスを食べてるかは未確認。笑)
アイス専門店だけど、もちろんホットドリンクもあります。

トルコアイスは伸びるっていうのが有名だけど
こんな切って食べるアイスも食べてみる価値ありです。
これは絶対おススメ♪

web→ www.mado.com.tr

by アン@トルコ


*****

◆私の友達が「フランスへ来てくれたとき」ご用達レストラン◆   by ロン@フランス

フランスには、美味しいレストランが山ほどありますが、値段も山ほど。
そのなかで、私のオススメは「魚介類専門のレストラン」「正統派フレンチ」「気軽に行けるフレンチ」
の三つのレストラン!

魚介類専門のレストランは「la criée」
チェーン店なのでフランス中にあり、パリに4つぐらいあります。
d0227344_16302275.jpg

そこでのオススメは、やはり、「生カキ」と「ムール貝のマリネ」です。
生カキは何種類かあるので、私はよくダンナが頼んだカキとは違う種類のカキを頼んでシェアしています。
手前にあるカキと奥にあるカキの種類+大きさが違います。
d0227344_16272539.jpg

d0227344_16282453.jpg
d0227344_16284557.jpg
「レモン汁」か「ワインビネガー+エシャロット」どっちをかけて食べても美味しいです。



なぜ、あのパンに塩バターをつけて
カキと一緒に食べるのかは疑問ですが、
トラディッショナルなので、私もとりあえず、そうやってマネして食べています・・。
<でも、カキしか、いらないし・・。>

そして、ムール貝は日本人の子供から大人まで好きな人が多いです。
これは、日本では絶対、食べられないメニュー!
しかも、フランスのムールは美味しい!
何度か、大きいスペイン産のムールも食べましたが、なぜでしょう・・味が薄いのです。
料理の味付けの問題ではなくて・・。
それでいて、フランスのは小さいくせに、
味がしっかりあって、とても、おいしいのです。
写真がなくて残念なのですが、次回、撮影して載せますね!

とにかく、ランチもディナーもわりと混んでいるので開店早々に行くか、
それが無理なら予約したほうが確実です。
場所はいろいろあるので、サイトで確認を!
www.lacriee.com 


次に、正統派フレンチは、    
「A LA BONNE TABLE」
d0227344_16541016.jpg


フランス語が分からなくても、メニューが分からなくても、問題ありませーん。
とても、やさしい日本人シェフのいるレストランだからです!
しかも、ミシュランのレストランガイドにも掲載されています。
メインは日替わりがオススメで、デザートはやはり、シェフもオススメの「スフレ」です。
これは作る時間と出す時間のタイミングが重要なのでメニューを頼むときに一緒にオーダーです。
場所はパリの南、メトロ4番線の終点ポルトデオルレアンから歩いて5分ぐらいです。
d0227344_1722850.jpg



最後に気軽に行けるフレンチ[Le petit baigneur]
d0227344_17111628.jpg

ここはお友達と何度かいきました。
ランチはやはり混むので、
少し早めか遅めに行くのがいいと思います。
ここでも、オススメは日替わりです!
場所は、同じくメトロ4番線ですが、終点の一つ手前アレジアから歩いて7分ぐらいです。
d0227344_17151958.jpg


3つのおすすめレストラン、値段は色々ですが、
ランチで25から35ユーロぐらい出せる時にオススメです。


by  ロン@フランス
[PR]
by bayswater92 | 2011-06-24 18:03 | トルコ・フランス生活情報 | Trackback | Comments(0)

野菜たっぷりのランチ    by ロン@フランス

アンちゃん、リバーシブルの服、いいね! あの柄もキッドソン系でかわいい。
いつか娘ちゃん、コレ着たら写真、忘れずにね!そして、こっそり見せて・・。

しかし、娘ちゃんの洋服では、寒いぐらいの気温が本日のパリ近郊。
でも、ギリギリ雨は降りませんでした。<よかった!>
そして、今日、フランスは「父の日」。

娘は学校で作ったプレゼントをあげていましたが、私は今年、何にも用意していなかったので
「父の日メニュー」を作ることに!

そこで、考えたのは、自家製野菜をとことん使ってのメニューです。もちろん、Bio<無農薬>!
まず、収穫した野菜は・・。
d0227344_5573549.jpg

その中に赤いジャガイモもありますが、芋ほり、楽しかったです!
d0227344_613179.jpg

収穫は12kg。でも、小さすぎる芋もあるので、皮むきが面倒だ・・。
でも、この赤いジャガイモは日本食の煮物・・たとえば「肉じゃが」などに使うと便利。
なぜなら、そのまま肉と煮込んでも、煮崩れしないのです!
d0227344_624646.jpg

それから、ズッキーニ。
ズッキーニは「かぼちゃ科」というのは、知っていましたが、やはり、心のどこかできゅうりのように実が
なるような気がしていました。でも、本物が出来ている姿をみて、初めて納得!
やっぱり、かぼちゃ科だった!
d0227344_653315.jpg

ズッキーニの花をよく見ていると、茎が細いものと太いものがあって、そこで実になるか、ならないかが
分かる。義理の父曰く、この実のない花は摘んで食べるそうで・・。
d0227344_611086.jpg

そう言われてみれば、以前、France3<フランスの国営チャンネル>のジョエル・ロブションの料理番組、
「Bon appétit bien sur」で、そんなレシピあった!と、思い出したのでした。
でも、今回は、1時間で料理しなければならなかったので、この、ズッキーニの花の料理は次の機会に!

これらの野菜を使って1時間で料理・・。
思い浮かんだのは、<また?!>ココットで作る煮込みでした。
でも、これだけでは、寂しいので前菜もつけることに。
夫の好きな「アボカド」と「えび」+マヨネーズです。
それと、上に乗ってるのは収穫したシブレット。
d0227344_6172945.jpg

その後、メインの収穫野菜ズッキーニ、パセリ、オニオン、えんどう、シブレット+買った野菜、トマト、
たまねぎ、ピーマン、マッシュルーム、そして子牛肉を
加えてコンソメ<キューブ>を入れました。あ、ワインも少々。
付け合せには、自家製いんげん。
d0227344_6335496.jpg

いんげんは茹でた後、フランス家庭定番の塩バターを食べる前にのせました。
味?!それは、もう、美味しかったです。
夫も大満足でした!

p.s けっこう量が多かったので、ジャガイモは夕食のサラダ用にまわしました。

by ロン@フランス
[PR]
by bayswater92 | 2011-06-20 07:35 | 食*フランス | Trackback | Comments(0)

一目惚れしたカワイイ服 ◆ by アン@トルコ

ロンちゃんの美味しいものレポに釘付け!ほんとにパリって何でもあるのね~。串焼き羨ましい~~!!
特にフォアグラの串焼きってのに興味津々。

さてさて。
先日、家から車で10分くらいのところにある、割と最近出来たショッピングモール「KentPark」に行ってきました。
アンカラにもモールはたくさんあるけど、どこもだいたい同じ感じ。テナントなんかも似たり寄ったり。
けどここは、他のモールとはちょっと違ったオシャレ感漂うモール。見たことのないようなオシャレなバーガー屋さんとか
ただっ広い書店、それに、イギリスのHarvey Nicholsとか、English Home、
ドイツの電気屋さんMedia Marktに、コンビニ風のお店ROSSMANN・・。
地下にあるスーパーはトルコのCagdas(チャーダシュ)だけど、どこか外国風でオシャレ。
同じく地下にあるトルコの洋服屋さんのLC.Waikiki。どこにでもあるお店なんだけど、ぷらっと入ってみたら
置いてるものが他の店舗と違う!って思った。なんなんだろ・・このモール。笑 いや、楽しいの。
で、その洋服屋さんで長女がカワイイ服を発見。私もひと目で気に入る可愛さ。長女用にお買い上げしてきました。
d0227344_7485132.jpg

d0227344_7582935.jpg
手に取った感じ、ちょっと重かったんだけど、流行?の2Wayでチュニック風にもスカートにもなるし、何より可愛い。
チラッとすそから覗くレースもツボ。
d0227344_7593750.jpg
で、ついてたこのタグを何気に見てたら・・もしかして!?と思ってひっくり返してみたら!リバーシブルでした。
d0227344_862153.jpg
めちゃくちゃカワイイでしょ~~!?こっちはジャージー素材の3段スカート、レース付き。
皮素材のサスペンダーもオシャレです。

お得感いっぱいのこの服、どんな着こなしをしてくれるのか、お手並み拝見!ってところでしょうか。笑


by アン@トルコ
[PR]
by bayswater92 | 2011-06-17 16:51 | お気に入り*トルコ | Trackback | Comments(0)

パリの日本食レストラン、修 <restaurant shu>paris

「トルコの新宿」?!一瞬、新宿にあるトルコレストランを思い出してしまった。
アンちゃんの食べたメニュー、おいしそうだねー。
じゃ、「パリの新宿」ってどこ?!やっぱり、サンミッシェルの噴水前かしら?!

実は、この噴水前からスグのところにある日本食レストラン、私の行きつけです。
噴水から1分という場所にありながら、めっちゃ、隠れ家的なレストランです。

と、いうのも、道は静か。
店の入り口はあまりにも小さくて気をつけていないと通りすぎてしまう為です。
お友達は、このドアのことを「アリスのドア」と、呼んでいるくらい。
<不思議の国のアリスに出てくるドアみたい・・っていうことです。>
頭を下げてドアをくぐって入る感じです。

店内も落ち着いた大人な雰囲気です。子供はほとんど見かけません。
でも、もし、お子さんが一緒の場合は開店6時半に行くのがオススメです。子供の為にも
他のお客さんの為にもベストだと思います。

食事ですが、ココのレストランは「串揚げ」のお店で、
その名も「shu」。
d0227344_755888.jpg揚げ物好きの私には、もう、たまりませんっ!
確か、パリ・・というか、フランスでは始めての
「串揚げ専門店」と、オーナーから聞きました。
メニューにもフランスならではの、
「フォアグラの串揚げ」があります!美味しいです!絶品です!

フランス人にもウケがいいです。
ときどき、私もフランス人のお友達と一緒に行きますが、あの、衣の「カリカリッ」という
歯ごたえがいいのでしょうか?
皆、串揚げを気に入ってくれます。
お寿司とラーメンしか知らないようなフランス人の方にも、紹介してあげたら
メ二ューの幅が広がるので、きっと喜ばれると思います。
しかも、小出しで3本ずつ持ってきてくれるので、
他のレストランとは違ってちょっと新鮮な感じがするはず!
デートはもちろん、接待にも向いているお店です。
芸能人や有名人も来ているようです。

予算はコースで38ユーロからです。
少し高い気もしますが、あのメニューで前菜からデザートまでついて
この値段は満足できます。

このサンミッシェル界隈は学生の街なので、
夜遅くなっても、いつも人がたくさんいるので怖くありません。大道芸人やミュージシャンも
いて楽しいぐらいです。
ノートルダム大聖堂へも近くなので、レストランの後、この辺を散歩するのもステキです。
d0227344_7291192.jpg


場所は、セーヌ川を背にして、サンミッシェルの噴水正面に立ったら右側方面です。
右斜め前にお土産やさんがあるので、そのお店の左側の道を入るとスグ看板が見えてきます。
週末は混むので予約をオススメします。


<注>2011年-2012年にかけての年末年始の休日は、
   12月25日<日>、26日<月>、1月1日<日>、2日<月>になるそうです。


Restaurant shu
8 rue suger 75006 paris
01.46.34.25.88

詳しくはコチラ。
www.restaurant-shu.com 

その他、shuに関する記事
2012年5月13日 「レストラン修・shuのランチ」
2012年2月22日「レストラン 修・Restaurant shu」
by ロン@フランス
[PR]
by bayswater92 | 2011-06-16 16:48 | 食*フランス | Trackback | Comments(0)

「Zerdali」*ランチレポ ◆ by アン@トルコ

うわん。ロンちゃんのロンドンで買ったフリフリのついたブルーの傘、是非開いたところを見てみたいわ!!
そしてM&Sのショートブレッド!缶がだぶるでっかー(笑)でロンドンお土産にはピッタリだね。私も欲しいわん。

さて、食のアンですが。
先日お友達とランチに行ってきました。場所はクズライ。例えるなら、アンカラの新宿です。
クズライのYKMというファッションビル前(ここはまさにアンカラの新宿アルタ前でっす。)で待ち合わせ。
行き先は前から目をつけてたケーキ屋さんの「Zerdali」。ここの支店は食事も出来るようになっています。

おなかペコペコでオーダーしたのはこちら。
d0227344_765470.jpg
d0227344_773220.jpg
「Tavuk dolama」というもの。くるくる巻かれた生地の中にチキンが入っています。
真ん中にヨーグルトがあって、トマトソースがかかってます。見るからに美味しそう!実際美味しかった♪
こういうトマトソース系にはプレーンなヨーグルトがよく合う!まさにトルコ料理!って感じ。
ヨーグルトも自家製?って感じで美味しかったです。こういうの、ぺロっと食べちゃうんだよねぇ・・。

ボリュームもたっぷりでお腹いっぱいになったので、ケーキは諦めて、暑かったので冷たい飲み物でも・・。
とオーダーしたのはアイスコーヒー。私はホワイトチョコアイスコーヒー(↓手前)、お友達は、キャラメルアイスコーヒー。
d0227344_7113615.jpg
トルコでアイスコーヒーなんて以前はあまり見かけなかったけど、今はスタバとか人気だから、っていうのもあるのかな?
ストローがやけに太くて長いのが気になるが、美味しくいただきました。

お腹いっぱいでケーキを食べなかったのはケーキ屋さんなだけに残念だけど、次のお楽しみに取っておきます。
(帰ってから夫に「食べて来ればよかったのに~」と言われ、余計悔しさがいっぱい・・。笑)

d0227344_7225445.jpg

「Zerdali」
Tuna Caddesi No:5-B KIZILAY ANKARA

www.zerdalipasta.com

アプリコットの絵が目印。カワイイ♪





by アン@トルコ
[PR]
by bayswater92 | 2011-06-12 07:27 | 食*トルコ | Trackback | Comments(2)

初めて開けたロンドンみやげ   by ロン@フランス

前々回のアンちゃんが話していた「oyaスタイルのスカーフ」すっごくカワイイー!
しかも、なぜに安い?!
フランスで刺繍ものっていったら高いのに。羨ましい・・。トルコって掘り出し物がたくさん、ありそうだわ。

ところで、こちら、フランスです。
といっても、4月に「ロンドンで買った物」のことです。
実は、やっと、雨が続いたのでハロッズで買った傘を使うことになりました!
もー、かわいいです!値段?忘れてしまいましたが、20-30ポンドぐらいだったと思います。
d0227344_5131589.jpg

娘も欲しがってます。「でも、あげなーい!」
コレはかなり、ウチの近所では目立っている傘に入るはず・・。
ちなみに、この折りたたみ傘を開いて写真を撮ってないのには理由があります。
「家の中で傘を開くと悪運がやってくる!」と、夫がいうので、開けていません。<笑>
しかし、傘などの小物?とか文房具は絶対にイギリスの物がカワイイと思ってしまいます。

そして、ショートブレッド!
ときどき朝食に食べています。
また、この缶箱がかわいい!
d0227344_524863.jpg

私の大好きなマークスアンドスペンサー物です。
これは、ロンドンからユーロスターでパリへ戻るとき、改札の手前にある
マークスアンドスペンサーで見つけました。確か5ポンドぐらいでした。
ちなみにクイーンズウェイ、オックスフォードストリート、これらのどこにもなかった。
売り切れていたのでしょうか?!
中にはベーシックな丸型ショートブレッド、チョコ生地の丸型ショートブレッド、
ベーシックな丸型ショートブレッドにチョコチップが入ったモノの3種類が入っていました。

イギリスでフランス人用のお土産を買うときは必ず「ショートブレッド」にしています。
やはり、お菓子系は、どう見ても、食べても、フランスのほうが美味しいと思うのです・・。
でも、この「ショートブレッド」はバターがたっぷり入っているのでフランス人の友人達も
「これ、美味しいね。」と、言ってくれるのです!あー、よかった。

さて、さて、話は全く変わりますが、
6月11日のイベントのお知らせがあります。
私の「アリアンスフランセーズ」時代のお友達が、
東日本大震災から、ちょうど3ヶ月目にパリでの「セレモニードロー」を企画しました。
彼女は、子育てをがんばりながら、パリで「ビジューティエ」をしています。
詳しくは<http://www.ceremoniedeleau.com>まで、どうぞ!



by ロン@フランス
[PR]
by bayswater92 | 2011-06-10 05:48 | 旅*外国 | Trackback | Comments(0)

スーパーで選ぶ食材の巻*トルコ・フランス生活情報*

フランスに来てから「マヨネーズは何、使ってる?」
と、日本人の友達から質問されることが、しばしばあります。
その後、続くのは「やっぱり、キューピーが1番、美味しいよねー!」。
確かに・・・。
パリ駐在員妻のお友達は、キューピーマヨを日本で買って、わざわざ持ってきています。
なくなってしまったらパリの日本食スーパーなどで買っています。

しかし、
私のウチはパリ郊外。
キューピーマヨネーズをパリまで1時間かけて買いに行くのは、バカバカしいのです。
日本から持ってくるのも面倒だったので、
行きつけのスーパーで色々なメーカーのマヨネーズを数年にわたり、順々に試していきました。
そこで、「これは美味しい!」と、思ったマヨネーズを紹介します!
味はキューピーに近いと思います。と、いうより、キューピーより美味しいかも?!
コレです! 「Bénédicta」というメ-カーのマヨネーズ
d0227344_5232748.jpg

どこのスーパーでも売ってます。
他のメ-カーのマヨネーズに比べたら少々高い気がしますが、パリでキューピーを買うよりは
ぜんぜん、お得な値段です。

それから、日本食を作るときに欠かせないものが、白米
やはり、マヨネーズ同様に、お米も試してみました。
お寿司や、五目ごはん、おにぎり用にもちょうどよかったのが「Taureau Aile」というメーカーの
「Riz Méditerranée de camargue」
d0227344_5521751.jpg

この、お米は南仏のカマーグ地方のものです。

ついでに、にんじんの話をしてもいいでしょうか?
フランスのにんじんは、甘くて美味しいので、よく買います。
ただ、夏場は冷蔵庫に入れて置いても、早く腐ってしまうのが悩みでした。
<ちなみに私は1週間に1回まとめて買い物をしています。>
でも、ある日、「葉っぱつきのにんじん」が普通のにんじんと同じ値段だったときがありました。
<普段は「葉っぱつき・・」のほうが、高いのです・・。>
そこで、試しにコレを買ってみたところ、1週間どころか、もっと長持ちしたのです!
もちろん、邪魔な葉を切り落として冷蔵庫へ入れておきましたが・・。
コレは意外な発見でした。
言うまでもなく、その日から、にんじんは「葉っぱつき」で買うようになりました。
d0227344_6143416.jpg

少し高いとは言っても、0.50ユーロから1.00ユーロぐらいの値段差です。
もし、私と同じようなことを考えていた方!是非、マヨ、お米、にんじん、試してみてくださいね。


by ロン@フランス


*****


トルコに越してきてから、癖のある小麦粉に悪戦苦闘・・。いろんな人に、トルコ小麦粉の文句ばかり言ってました。
小麦粉なんてどれも同じ!って思ってたけど、そういえば、こっちでは薄力粉、強力粉って表示がない・・。 
そうしたら、小麦粉のパッケージに書いてあるProtein含有量で薄力粉と強力粉を区別するらしいことがわかった。
Protein含有量が少ない方が薄力粉、多いのが強力粉。だいたい7~11くらいの値です。
私が好んで使ってるのはKalecikというメーカーのもの。Protein含有量は7。
d0227344_263766.jpg
日本の小麦粉のように白くないし、しっとりもしてない。けど、これが一番お菓子が上手く行くかな。スコーンもこれで。
日本のレシピでお菓子を作るから、トルコの小麦粉だとやっぱり上手く行かないこともあるけど、でもちょっとした一手間で美味しくなるとわかってきた昨今です。ちなみに、トルコの小麦粉で作ったスコーンは、割とビスケットに近い感じ。日本の小麦粉で作ったスコーンは、パンに近い感じ・・。使い比べも面白いです。(あと大手スーパーMigrosのミグロスブランドの小麦粉もお菓子に向いてるらしいです。)
この小麦粉は5kgパック。トルコはなんでも大量です。ヨーグルトも1パック2000g~2250gが家庭サイズ。バケツのようなパッケージです。

で、私もお米の話。ロンちゃんの写真を見てビックリ!1kgパック~~~ゥ?うちは25kg入りだぜぃ。笑
d0227344_2153835.jpg
ま、少し実家に分けたりもしますが。でもこっちでも我が家の晩ご飯の主食はご飯が多いです。美味しく白いご飯が炊けるお米を私も見つけました。
トルコにも結構たくさんお米の種類があります。街の小さなスーパーでも普通に見かけるのは
Baldo、Osmancik、Pilavlikの3種かな・・。ひと口に3種といっても、この3種でさえもいろんな種類があったりもします。
ちなみにBaldoはハイクオリティ米、Osmancikは土地の名前、Pilavlikはピラフに合うお米ってことらしいです。
Baldoは日本のお米の形に似てるけど、粒が大きいのもあり。OsmancikはBaldoより小さめ、かな。Pilavlikはちょっと細長い系。お米によっては匂いが気になるものもあったりしますが、今使ってるGelgorというメーカーのOsmancikはいい感じです。でもこのお米は実際はスーパーというよりマーケットで売ってたものなので、普通のスーパーで気軽に買えるお米としては、Cifciという会社のTrakya BaldoReisという会社のTrakya Baldoも美味しかったです。
※追記。お勧めのお米を切らしてReisのOsmancikを買ったら、これがまた良かった!時間がたってもそれなりに美味しいお米でした。
そして、これが重要。私は日本製の海外用炊飯器を使ってますが、お釜の目盛り通りには決して炊かないことです。
ここは東京より標高が高いので、水の量を多くする必要があります。カップ1くらい多めにいれると美味しく炊けます。(お米2カップだったらお水は3カップ弱、という具合に。)
日本から持ち込んだ正真正銘の日本米とさほど味は変わりませんでした。けど日本で食べると、ご飯がつやつやして
甘くて美味しい・・。お水や気候などによっても例え同じお米を使っても味は変わるのかもしれないですね。

by アン@トルコ
[PR]
by bayswater92 | 2011-06-08 02:33 | トルコ・フランス生活情報 | Trackback | Comments(7)

オヤ(Oya)スタイルのスカーフ ◆ by アン@トルコ

ロンちゃんちのホットサンドマシンって、貝殻の模様に焼けるの?カワイイ!!
そしてフォンテーヌブローの森ってロッククライミングの名所なのね・・。都会のそばにロッククライミングが出来る場所があるなんて素敵だね。

さて、やっと天気も良くなってきて、夏を感じられるようになってきたアンカラです。
土曜日は、ちょこっと近所をぶらぶらと・・。玄関を出たら、隣の家のバラがフェンスを越えて顔を出してました。
カワイイ小さいバラもそろそろ満開かな。
d0227344_20233223.jpg
d0227344_20235719.jpg
けどまだまだ蕾もたくさん。ピンク色で可愛いバラです。人のうちの花ながら、楽しませてもらってます。

d0227344_20354443.jpg歩いて5分ぐらいのところにあるショッピング通り。
週末は人出も多く、夜も遅くまでにぎわってる場所です。
この日、買いたかったものは・・スカーフ。
こないだふとすれ違った婦人が素敵なスカーフをしていて・・。
ああいうのがあったら便利かも♪
とアクセサリー屋さんを物色しに行きました。
一緒に行った長女も服を物色したりしてたので、
気付いたら既に2時間経ってました。びっくり。
こういう時間って早く過ぎてしまうのよね。
で、久しぶりにスタバでキャラメルフラペチーノなんて買って飲みました。
おいしっ。




d0227344_20365810.jpg
この日買ったスカーフ。素材も軽めで夏でも大丈夫そう。
どうしても襟元の開きが気になる服を着るときにいいかな、と思って欲しくなりました。
そして、このレースが、オヤスタイル。でもこれは機械で作ったもので、手作りのオヤではありません。

オヤスカーフとは、こっちのお嫁入り道具のひとつで、コットンガーゼの柔らかいスカーフの縁を
ぐるっと一周レース編みのモチーフをつけたものです。その色とりどりのレース編みをオヤと言います。
d0227344_2041394.jpg
オヤにもいろいろあって↑これはイーネオヤと言って、縫い針で作ったものです。モチーフは花が多かったりしますが、この苺のモチーフも可愛いでしょ?
d0227344_21771.jpg
これは、頭に被る用ではなくて、首に巻くタイプのショールです。このオヤはトゥーオヤと言って、かぎ針で編んだもの。
私の義姉妹もかぎ針編みは得意でよくやってます。ちなみに私のオヤスカーフはすべてもらい物です。

さて、この日買ったスカーフ。ちょっと首に巻いてみましょう。モデルは7才の次女です。笑
d0227344_2110043.jpg
なかなか素敵でしょ?この夏、大活躍間違いなしかしら・・?これのお値段は・・8.5TL(約500円)でした。


+オヤスカーフ関連記事:
トルコのElisi<エルイシ> ◆ by アン@トルコ


by アン@トルコ
[PR]
by bayswater92 | 2011-06-05 21:13 | お気に入り*トルコ | Trackback | Comments(2)


ロンドン・ベイズウォーターで出会った元スタントンスクール生のアンとロン、そしてジュンの3人が発信するトルコ、フランス、スイスの生活情報、日々の暮らし。*コメント大歓迎!お気軽に♪


by Bayswaters

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新の記事

フランボワーズのタルト&シャ..
at 2017-06-22 07:24
おうちイフタール会*2017..
at 2017-06-17 05:23
王妃マルゴに関係ある場所を巡..
at 2017-06-13 18:27
最近行ったカフェ。 ◆ by..
at 2017-06-08 05:16
Bo Bun・ボブンに初挑戦..
at 2017-06-04 19:38

カテゴリ

プロフィール
トルコ・フランス生活情報
3カ国(土・仏・瑞)生活情報
食*トルコ
食*フランス
食*スイス
お気に入り*トルコ
お気に入り*フランス
お気に入り*スイス
日々の暮らし*トルコ
日々の暮らし*フランス
日々の暮らし*スイス
日々の暮らし*フランス・スイス
旅*トルコ国内
旅*フランス国内
旅*スイス国内
旅*外国
里帰りニッポン
座談会

タグ

(446)
(406)
(330)
(222)
(162)
(85)
(85)
(83)
(74)
(74)
(67)
(66)
(59)
(56)
(54)
(41)
(38)
(32)
(30)
(22)

最新のコメント

なんとも!羨ましい! ..
by M at 09:24
◆francanaさんへ..
by bayswater92 at 04:43
◆helgaさんへ。 ..
by bayswater92 at 04:34
◆kashさんへ。 ..
by bayswater92 at 04:30
◆namicoさんへ。 ..
by bayswater92 at 04:27
◆nekoyamaさんへ..
by bayswater92 at 04:14
◆うひひさんへ。 ..
by bayswater92 at 04:08
◆Mさんへ。 わぁ..
by bayswater92 at 04:04
恒例の行事ですね。 お..
by francana at 16:45
久しぶりにブログのぞいて..
by s_helga at 16:33

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

検索

フォロー中のブログ

ろんどんらいふ
*Happy Tea T...
お茶の時間にしましょうか...
トルコ子育て生活
ヤマザキマリ・Seque...
黒パグ CHAPPYの成...
Lush Life
a&kashの時間。
うひひなまいにち
lotus pond 上...
cafe de ke*
ぶどう畑ぐらし。
kaorainne日記
ミニろんどんらいふ
がびあーの家の毎日
アクデニズ。
パリからのバレエ便り
London Scene
ビーズ・フェルト刺繍Pi...
ドキx2 わくx2 @ ...
un_voyage♪♪
北欧・スウェーデンよりシ...
FReeTraveLer
ねこ旅また旅
die Elfen im...
サンフランシスコ食堂 
Kuechennachr...
風と花を紡いで
イタリア夫に作るご飯 
Photolog fro...
カスタムニットBy* s...
Sweets and B...
ビーズ・フェルト刺繍作家...
Cache-Cache+
ふらんすさんぽ
~East meets ...
FREE TRAVELER
リタイア夫と空の旅、海の...
ぷくぷ日記
子供と楽しむ北欧生活
kaorainne日記Ⅱ
がびあーの家の毎日2

外部リンク

ファン

bayswater92

↓メールはこちら


素材お借りしています。


A.SLASH


mytaste.jp

**当ブログに掲載されてるお店情報等は、記事掲載時時点のものです。**

**当ブログは、PC版用に写真等の編集をしております。**

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
おうちごはん

画像一覧