カテゴリ:食*トルコ( 255 )

シガラボレイとパチャンガボレイ<トルコ風春巻き>*トルコ料理レシピ・その5 ◆ by アン@トルコ

ザルツブルグのカフェのデザートに目が釘付け~~!
あのスフレの山々のお菓子、初めて見ますよ!!
口溶けが想像できて、とっても美味しそう!!ザルツブルグに行ったら食べてみたいね。

さ、またまた食の話題なんですが(失笑)、今回はスナック感覚?で食べるシガラボレイとパチャンガボレイ<トルコ風春巻き>をご紹介します。スナック感覚と書いたのは、これは晩ご飯のメインのおかずでは絶対ないと思われること・・です。
d0227344_4361639.jpg
見た目は春巻きでしょ?我が家では朝ごはんに食べることが多いかな。

まずはシガラボレイ。シガラとは、トルコ語でシガー(葉巻タバコ)のことです。ボレイは、ボレキ(ペストリー)の語尾が、前にシガラという単語がついて<~の>という意味に変化してボレイとなっただけで、ペストリーの意味です(トルコ語薀蓄?)。 シガラボレイの中身は、一般的には白チーズ(フェタチーズ)とパセリが多いですが、ジャガイモをマッシュしたものもあります。今回はチーズのシガラボレイを作りました。
パチャンガボレイは、我が家ではシガラボレイと同じようにシガーの形で作りますが、これも家庭によっていろんな形のものが存在するようです。中身はスジュク(サラミのようなもの)、カシャールチーズ(チェダーチーズ)、ビベル(細長ピーマン:ピーマンで代用可)、パセリ、です。
それをユフカと言われる春巻きの皮のようなものに巻いて揚げるだけです。
d0227344_4463963.jpg
ユフカは普通のスーパーで売っています。↑これはスーパーで買ったもの。だけど、ちゃんとしたユフカ屋さんもあります。出来たての生地を売っていて、もちろんユフカ屋さんのユフカの方が美味しいです。ユフカは直径50センチくらいの円形です。右の写真はシガラボレイの中身の白チーズとパセリを混ぜたところ。
d0227344_4492618.jpg
これは、パチャンガボレイの中身。スジュクとチーズは1センチくらいの角切りに、その他は粗みじん切りに。

これらをユフカに巻きます。ユフカはビザ(または傘の骨?)のように放射線状に8等分します。
d0227344_4513330.jpg
こんな感じにクルクル~と巻いてシガーの形に。最後は水で溶いた小麦粉でしっかりつけます。
d0227344_453184.jpg
これを油で揚げれば完成。揚げてる最中にチーズが溶けて爆発することもあるので、特にシガラボレイに使う白チーズは水分が多いため、揚げる時は注意が必要です。

シガラボレイの白チーズとパセリの組み合わせは、日本人には馴染みのない味かもしれませんが、慣れてくととても美味しいです。私も最初はちょっと苦手でしたが、今では大好物。
そしてパチャンガボレイは、中身からして重そう~~~、って感じだけど、このピーマンが程よく味を中和していていい塩梅。重く感じず美味しいです。
どちらも中身を炒めたり、な工程がないので、結構簡単に出来ますよ。


by アン@トルコ
[PR]
by bayswater92 | 2011-09-14 05:31 | 食*トルコ | Trackback | Comments(0)

Caramel Apple Tart ◆ by アン@トルコ

へ~~!!オーストリアの山でエメラルドが探せるなんて知らなかった~~。
山登り+そういった違ったことも出来て楽しいね。私だったら必死で探しそうだな・・。笑
こういうお宝探し系って結構真剣になっちゃうのよね。

さて、わたくしアンですが、只今、お菓子焼きたいモード、入ってます。笑
前回のカップケーキに続き、またお菓子を焼きました。
今回焼いたのは・・キャラメルアップルタルト。
なぜこれをチョイスしたかというと・・夫実家の庭でとれた青りんごが届いたからです。
届いたといっても、車で20分の距離の実家・・。夫が顔を出したついでにもらってきました。
d0227344_18554154.jpg
庭の青りんごって感じでしょ?中身も薄緑でかわいかった。


d0227344_18581893.jpg私はいつもアップルタルトを作る時は、
アーモンドクリームではなく、カスタードに近い感じのクリームで作ってたんだけど、
今回は、アーモンドプードルもGetしたし、是非このレシピで!と思って、
初めてアーモンドクリームのアップルタルトを作ってみました。
レシピは、稲田多佳子さんのレシピ本「“毎日のように焼き続けてやっと見つけ出した”
ぜったいおいしく作れる焼き菓子レシピ」
から。



レシピ通りだと、うちの深型22cmのタルト型ではちょっと中身が足りない感じ。
だったので、りんごを気持ち多めに、そしてレーズンも放り込んでみました。
それでも生地に中身を流し込んだときに、まだ中身が足りない感じだったけど、そのまま焼きへGO!
d0227344_1933298.jpg
焼き始めてから・・いつもは中身を流し込んでから高さ部分の余分な生地は切り落としてたのに
今回はすっかり忘れて焼いてしまった・・。ちょっと向日葵っぽい出来になってしまったかな。笑

d0227344_19111158.jpg
切ってみたら、案外中身がぎっしり。
さてさてお味見・・。いやぁ、これ、美味しい!何で今までこうやって作らなかったんだろう!って思うくらい。
しっかりとしっとりと焼けた感じがいいし、味に一体感がある。何気にりんごとレーズンも合うね。
もっと手軽にアーモンドプードルが買えたら常備するのになぁ。(大型スーパーの量り売りにしかないっぽい)
でも次からアップルタルトを焼く時はこれでやろう!・・と決めました。
これは、ちょっと定番お菓子になりそうです。美味しかった♪
d0227344_1985233.jpg


by アン@トルコ
[PR]
by bayswater92 | 2011-09-07 19:19 | 食*トルコ | Trackback | Comments(0)

Deco Cup Cake ◆ by アン@トルコ

ロンちゃんの旅行記、オーストリアの素晴らしい景色、見惚れちゃうな~。のどかでいいね。
そして、ジュンちゃんの国境の話、私も欧州・車の旅でいくつもの国境を越えたけど、
ほんと、同じ道なのに国が変わると景色が変わるのが面白いな~、と思ったよ。
スイスとフランスも隣接しててもやっぱりその国のカラーっていうのがあるよね。
そういうのを肌で感じることができるのは、やっぱり大陸に住んでるから、なのかもね。

さて、わたくしアンは定番の食の話題です。というより、先日久々にお菓子を焼きました。
焼いたのはカップケーキ。カップケーキのデコを前々からやってみたかったんだけど、
家にマフィン型がないので、保留状態でした。

d0227344_20281646.jpgでも、これで出来るんじゃ?
と思って取り出してきたのは、小さいタルト型。
それに紙マフィンカップを入れて作ることにしました。
この日作ったのはダブルチョコのマフィン。
中にたくさんチョコチップが入ってます。







焼きあがって、冷まして、早速デコしてみました。
d0227344_20362814.jpg
d0227344_20364423.jpg
生クリームにフランボワズのジャムを混ぜてピンク色に、
パラパラとデコ用のふりかけみたいなの(笑)をかけて、
焼いたビスケットをトッピング。
ほんとはフルーツとか、カワイイお菓子をトッピングをしたらもっとカワイイのが出来ただろうけど、
家にあったもので作ってみました。

d0227344_20414947.jpg
クリームはお砂糖を入れないでジャムを入れたので、程よい甘さに、
ベリーの甘酸っぱさもあって、チョコのケーキにバッチリ合いました。
色的にもチョコ色とピンクという組み合わせがラブリー?

デコがやりたかったと言いつつ、見た目的にまだまだな仕上がりだったけど、
次はもうちょっとかわいく凝ったものに挑戦してみたいな~。


by アン@トルコ
[PR]
by bayswater92 | 2011-09-05 20:58 | 食*トルコ | Trackback | Comments(0)

ヨーグルト作ってます。 *トルコ料理レシピ・その4 ◆ by アン@トルコ

ロンちゃんのオーストリアの旅、景色も空気も良くて素敵だね。
滞在型の旅、っていうのにもちょっと惹かれるわ。うちはいつも駆け抜ける旅だから・・。爆
オーストリアの牛乳のパッケージにも興味津々。続き楽しみにしてます♪

さて、わたくし、久々に食の話題、いってみたいと思います。笑

週に一度、牛乳屋さんがやって来ます。
牛乳屋さんと言っても日本の牛乳配達を想像してはいけません。
牧場の取れたて牛乳を売りに来る牛乳屋さんです。
d0227344_250347.jpg
d0227344_301320.gif水色の縞々のパラソルを掲げてやって来ました。大きなタンクの中に冷たいフレッシュな牛乳が入っています。一緒にメロンなんかも売っています。
この時は4リットル買いました。1リットル1.5TL(≒70円)今は円高なので安く感じますが、スーパーで買う牛乳と比べても、それほど安い訳ではありません。が、やっぱりフレッシュなので、美味しいと思います。でも、フレッシュなので、飲む時も一度沸かす必要があります。
さて、我が家ではこの牛乳をヨーグルトにしました。
ヨーグルトと聞くと、思い浮かべるのはブルガリア、っていう人も多いと思いますが、
ヨーグルトはトルコが発祥です。明○トルコヨ~グルト~♪・・じゃ語呂が合わないもんね。違

*2.5キロ分のヨーグルトの作り方*
用意するもの:牛乳2.5リットル、プレーンヨーグルト1カップ
d0227344_341133.jpg
牛乳を鍋に入れ火にかける。時々かき混ぜて下が焦げ付かないようにする。
d0227344_353897.jpg
牛乳が沸騰して鍋から吹きこぼれる直前で火を止める。そのまま人肌まで冷ます。
d0227344_374025.jpg
適当な容器に牛乳を移す。
d0227344_3111262.jpg
別容器にカップ1のプレーンヨーグルトを入れ溶いてなめらかにしておく。
そして、人肌に冷めた牛乳の中に溶いたヨーグルトを入れ、よくかき混ぜて、蓋をして
バスタオルなんかにくるんで一晩そのまま置いておく。
朝になったら、ヨーグルト、出来てます。ジャジャン↓
d0227344_315101.jpg

この、自分で作ったヨーグルトをカップ1杯分残しておけば、
次の牛乳2.5リットルでまたヨーグルト2.5キロ分作れます。
やっぱり、フレッシュな牛乳で作る手作りヨーグルトは美味しさが違います。
牛乳によっても出来は違ってくるかもしれないけど、基本的にスーパーで売ってるものより軽く、
口の中でシュルッと消えていく感じ・・。それでいて味わい深い・・かな。

トルコではヨーグルトは欠かせないので、いつも我が家の冷蔵庫にはキロ単位のヨーグルトがあります。
簡単に作れるし、ヨーグルト好きな方は是非手作りヨーグルト、おススメです。

by アン@トルコ
[PR]
by bayswater92 | 2011-09-02 03:24 | 食*トルコ | Trackback | Comments(0)

断食月*Ramazan <ホシャフ*トルコ料理レシピ・その3> ◆ by アン@トルコ

ジュンちゃんの住むところはほんとに素敵なところだね。景色がきれいで・・。
スイス!って感じのところだし、山も空気がきれいなんだろうなぁ。写真見てても癒されます。

さて、わたくし、旅行記途中ですが、今日はちょっと生活ネタを・・。
8月1日からイスラームのラマダン<断食月>に入ります。(注※トルコ語ではラマザン)

毎年恒例、ラマザンにはホシャフを作ります。ホシャフとはコンポートのこと。
我が家はいつも、干し葡萄とドライアプリコットで作ります。
d0227344_4302327.jpg
イフタール(1日の断食明けのごはん)の時に、冷た~~くしたこのコンポートが食卓に並びます。


d0227344_4321526.jpg作り方はいたって簡単。

大きめの鍋にお湯を沸かして、
最初に干し葡萄を煮ます。ぐつぐつと
ぷっくりと葡萄が丸くなるくらいに。
←こんな感じね。




そして、アプリコットを入れてぐつぐつ。
アプリコットもくったりとなるまで煮込みます。
←こんな風ね。




そして、お砂糖を入れます。
好きな甘さに加減しながら。
これで完成。



あとは、冷めてから、冷蔵庫に入れてキンキンに冷やします。水分多めで食べるというより飲む感覚。
甘くて冷たくて・・なんとなく断食したあとの食事のときに胃が落ち着く感じがします。
d0227344_4375639.jpg

8月のラマザン、暑い最中だけど、良い時間が過ごせるといいな~。


by アン@トルコ
[PR]
by bayswater92 | 2011-08-01 15:50 | 食*トルコ | Trackback | Comments(0)

お手軽おやつ*Pancake ◆ by アン@トルコ oishii

無性~~に食べたくなって久々に作ったパンケーキ。
パンケーキなんてミックス粉でしか作ったことなかったズボラ~さんな私ですが(笑)、
小麦粉で簡単にできました。そりゃそうか。^^;
d0227344_194359.jpg
いい感じに焼けたんだけど・・ちょっとドラ焼きみたい?(あ・・もうドラ焼きにしか見えなくなってきた)
d0227344_1954419.jpg
直径10センチもないミディアムサイズ。なのでバターもちっちゃくカット。
d0227344_19730100.jpg
メイプルシロップは常備してないので、蜂蜜をたら~り。
d0227344_1994913.jpg

d0227344_1911421.jpg
では、いただきます♪ 
久々のパンケーキ。新鮮な感じで美味しかったです。これだったら簡単だし子供のおやつにも最適。
次はアイスやフルーツもトッピングしてゴージャスパンケーキにしてみたいな。
トルコは今フルーツが美味しい季節。生の果物ふんだんにトッピングして・・むふふ♪ 既に妄想。笑


◆ by アン@トルコ
[PR]
by bayswater92 | 2011-06-27 19:18 | 食*トルコ | Trackback | Comments(0)

「Zerdali」*ランチレポ ◆ by アン@トルコ

うわん。ロンちゃんのロンドンで買ったフリフリのついたブルーの傘、是非開いたところを見てみたいわ!!
そしてM&Sのショートブレッド!缶がだぶるでっかー(笑)でロンドンお土産にはピッタリだね。私も欲しいわん。

さて、食のアンですが。
先日お友達とランチに行ってきました。場所はクズライ。例えるなら、アンカラの新宿です。
クズライのYKMというファッションビル前(ここはまさにアンカラの新宿アルタ前でっす。)で待ち合わせ。
行き先は前から目をつけてたケーキ屋さんの「Zerdali」。ここの支店は食事も出来るようになっています。

おなかペコペコでオーダーしたのはこちら。
d0227344_765470.jpg
d0227344_773220.jpg
「Tavuk dolama」というもの。くるくる巻かれた生地の中にチキンが入っています。
真ん中にヨーグルトがあって、トマトソースがかかってます。見るからに美味しそう!実際美味しかった♪
こういうトマトソース系にはプレーンなヨーグルトがよく合う!まさにトルコ料理!って感じ。
ヨーグルトも自家製?って感じで美味しかったです。こういうの、ぺロっと食べちゃうんだよねぇ・・。

ボリュームもたっぷりでお腹いっぱいになったので、ケーキは諦めて、暑かったので冷たい飲み物でも・・。
とオーダーしたのはアイスコーヒー。私はホワイトチョコアイスコーヒー(↓手前)、お友達は、キャラメルアイスコーヒー。
d0227344_7113615.jpg
トルコでアイスコーヒーなんて以前はあまり見かけなかったけど、今はスタバとか人気だから、っていうのもあるのかな?
ストローがやけに太くて長いのが気になるが、美味しくいただきました。

お腹いっぱいでケーキを食べなかったのはケーキ屋さんなだけに残念だけど、次のお楽しみに取っておきます。
(帰ってから夫に「食べて来ればよかったのに~」と言われ、余計悔しさがいっぱい・・。笑)

d0227344_7225445.jpg

「Zerdali」
Tuna Caddesi No:5-B KIZILAY ANKARA

www.zerdalipasta.com

アプリコットの絵が目印。カワイイ♪





by アン@トルコ
[PR]
by bayswater92 | 2011-06-12 07:27 | 食*トルコ | Trackback | Comments(2)

トルコ的朝ごはん。 ◆ by アン@トルコ

ロンちゃんのダイエットスープ!セロリ!!いやん、セロリ!!笑 私も痩せなくてはいけないので
セロリも頑張って入れて作ってみようかな・・。嵐のステップも効果ありなのね!

さて、食べ物ブログと化してるBAYSWATERですが(わ、わたしのせい!?)
みなさんは、朝ごはん何食べてますか?我が家はブランチ的な時間になることが多いけど、
それもあって朝ごはんは割としっかり美味しくいただく習慣になってます。
今日はトルコの典型的(と思われる)朝ごはんを紹介しますね。

うちのこの日の朝ごはんは↓こんな感じでした。

d0227344_3223389.jpgこれはトルコのEkmek(パン)です。トルコ人の主食。
このパンが、知る人ぞ知る、とても美味しいのです。
焼きたてはほんとに美味しい。
トルコのパンは世界一、っていう人もいるくらい。
そして、我が家ではだいたい手でちぎっていただきます。
オシャレにナイフで切るなんてことは滅多にしない・・。笑
でもそれが、美味しさを引き立ててる気も無きにしも非ず・・。
d0227344_2573913.jpg
トルコの朝ごはんに欠かせないのは、オリーブとチーズ、トマトなどの野菜。あとは日替わりって感じかな。
d0227344_311423.jpg
左上は、ペクメズという葡萄のシロップと、タヒンという胡麻ペーストを混ぜたもの。これはパンにつけて。
これ実はすっごく私的には美味しくて、危うくトルコパン1本食べてしまいそうになったことも・・。笑
右上はオリーブ。トルコはブラックオリーブが多いかな。1月にパリのガラクタ市で買ったお気に入りの
プロヴァンスのオリーブ皿に入れて毎日ニヤニヤしてます。トルコのオリーブ、かなり塩味ですよ。
左下はカシャールペイニル。チェダーチーズです。
右下はただのゆで卵。卵も、茹でたり、スジュクというサラミだったりパストゥルマ(豚じゃないパストラミ)なんかと一緒に半熟卵焼きにしたり、はたまた野菜と一緒にスクランブルエッグにしたり、といろんな食べ方があります。
d0227344_3141295.jpg
左上、これはヘルヴァというもの。これもタヒン(胡麻ペースト)から作られたもので、甘く、サクッとした食感。
右上は、生野菜たち。この日はきゅうりにトマト、スプリングオニオン。スマックというゆかりみたいなのと、オリーブオイル、塩、レモン汁の即席ドレッシングをかけて。
左下は、これは子供たちが大好きなチップス。揚げたピーマンとトマトソースを一緒にかけたりもします。
右下は、焼いたヘルミチーズ。塩がきいてて美味しいです。

d0227344_3483472.jpgそして飲み物はトルコのチャイ。
トルコのチャイはBlack Teaです。
チャイ用の腰がきゅと締まった小ぶりのグラスがあるけど
朝は大きめのグラスで飲むのが我が家的。
朝はたくさん飲むからねー。
たくさん飲むので、最近は白砂糖を入れずに
蜂蜜を入れています。
私はやっぱりチャイは甘くして飲みたい派なのです。

朝からこれだけ食べたら、かなりのパワーがつくね。笑
でもやめられない、トルコ的朝ごはん。です。
(もちろん和食な朝ごはんも大好きだけどね ^_- ♪)


by アン@トルコ
[PR]
by bayswater92 | 2011-05-24 03:39 | 食*トルコ | Trackback | Comments(4)

Cinnamon Tea Cake ◆ by アン@トルコ

ロンちゃんの南仏の旅行記に登場する美味しい玉葱に興味津々だわ。いつかありつけるかしら・・?

さて、先日、家にあるお気に入りのレシピ本からシナモンティケーキを作ってみました。
レシピでは、シナモンティマフィンでしたが、私はマフィン型を持ってないので、クグロフ型を使いました。
d0227344_4395862.jpg
実はこれ、次女が学校に持っていくお弁当用です。お弁当といっても軽食。おやつ感覚で食べるもの。
トルコの小学校は全日制もあるけど、子供の数が多いので午前の部と午後の部に分かれてる学校もまだあります。
1年生の次女の通う学校は1年生と2年生は午後の部で、登校はお昼の12時40分、下校が夕方5時45分。
なんだけど、しっかりおやつ時間があるのです。曜日によってメニューが決められていて、親が作って持たせます。
この日は、ハムルイシの日。ハムルイシとは、小麦粉で作った生地から作るもの・・パンでもケーキでも、
ペストリー系のものでも、極端な話、春巻きでも餃子でもマカロニでもOK(・・た、たぶん、、笑)。
ここのところ、スコーンやシフォンケーキばかりだったので、何か違うものが作りたいな、と思って
パラパラとレシピ本をめくっていたら、家にあるもので出来るこのレシピが目に入りました。

ちょうどレシピの分量が、このクグロフ型にピッタリ。直径約14cmの型です。
シナモンと紅茶のいい香りがオーブンから漂ってきました。ぐふ♪
d0227344_4513955.jpg
いい感じに焼けた♪ このクグロフ型、大きさもちょうどいいし、カワイイし。そして何よりきれいに焼ける。

冷めるのを待って切ってみました。
d0227344_4535245.jpg
切らないと何のケーキかわからないけど、切ってみるとプチプチと紅茶葉が見えます。
トルコの小麦粉は曲者で・・小麦粉をたくさん使うお菓子は、もっそりと重たくなってしまう・・と
常々思っていました。が、このケーキは、外側はこんがりと焼けて、中はふっわふわ。
自分が今までトルコの小麦粉を使いこなせてなかっただけで、作り方さえちゃんとすれば上手くできる・・。
ちょっとした一手間なのかもしれないけど(いや、レシピ通りに作っただけですー。笑)。
お味のほうも、シナモンと紅茶の風味がきいていて、とても美味しかったです。リピ決定♪


d0227344_56036.jpg*おまけ*
↑このケーキを作る前の晩、
ふと、明日のお弁当何にしよう・・とつぶやいたら、
中3の長女までもが「お弁当作って!」と急なリクエストが・・。
長女は普段は食堂か、売店で何か買って食べるんだけど
よっしゃ!久々に作るか!と、いつもより30分早起きして
作ったのが、この海苔巻き弁当。
ツナマヨにきゅうり、レタスのサラダ巻きです。
プラス卵焼き、の超質素なお弁当だけど、
お腹いっぱいになるよ♪ 笑

ご飯はトルコのお米だけど、いろいろ試して
日本のものに近いのが見つかりました。
ここは東京より標高が高いので、
カップ1くらい水を多めに入れて炊くと、
美味しいご飯が炊けます。
それでも日本で食べる日本のご飯には敵わないけれど・・。


by アン@トルコ
[PR]
by bayswater92 | 2011-05-18 05:21 | 食*トルコ | Trackback | Comments(0)

「トルコ風ズッキーニと挽肉のトマト煮」*トルコ料理レシピ・その2 ◆ by アン@トルコ

フランスの地方も素敵~。行ってみたいな。教会の入り口のアイアンワークに目を奪われたよ・・カワイイ!
イカリのマークにハートなんて、なんて洒落てるのかしら。旅行記続き、楽しみにしてます~。
と、ここで私が割って入って(^^;)、トルコご飯のレシピをご紹介します。

今回ご紹介するのは、私も最近知ったレシピです。ズッキーニを使った料理なんだけど、トルコで一般的なのは
ズッキーニの肉詰め。でも今回は、一風変わった煮物のレシピです。

                「トルコ風ズッキーニと挽肉のトマト煮」
d0227344_5285870.jpg
はい。またまたトルコ料理の定番、トマトペーストを使った料理です。

d0227344_5325630.jpg【材料:2~3人分】
・ズッキーニ 2本(約480g)
・玉葱 1/2コ
・ピーマン 2コ
・トマト 1コ
・牛挽肉 100g
・トマトペースト 大さじ1.5
・サラダ油 大さじ1
・ディル 少々
・熱湯
・塩 小さじ1~1.5



【作り方】
1. ズッキーニは皮を剥き一口大の半分の大きさに切る。玉葱・ピーマン・トマトは1cm弱の角切りにする。
2. 鍋に油を入れ熱し、玉葱・ピーマン・トマトの順に炒める。野菜が炒まったら挽肉を入れ更に炒める。
3. トマトペーストを入れ、炒める。そこにズッキーニを投入し、混ぜ合わせる感じでざっと炒める。(その図↓)
d0227344_5473417.jpg
4. 熱湯を少し注ぎ、軽く混ぜて蓋をして蒸し煮状態にする。(火加減は中火~弱火)
 焦げやすいので、時々蓋を開けてチェックし、かき混ぜる。水分がないようだったら再び熱湯を少し入れ、混ぜ、
 蓋をする。これを繰り返す。(↓こんな感じ)
d0227344_554118.jpg
5. ズッキーニが充分に蒸し煮され、トマトペーストの色も変わってきたら、熱湯をひたひたまで注ぎ、
 塩、粗みじん切りにしたディルを入れて蓋をして煮込む。
6. ズッキーニが柔らかくなって、汁がトロ~リとしてきたら完成。(↓こんな風)
d0227344_604566.jpg

ズッキーニを使った料理にはディルがよく合います。そしてこの煮物、ご飯にもパンにも合うかな。
ズッキーニをキャベツに替えても美味しくできると思います。是非、お試しあれ♪


by アン@トルコ
[PR]
by bayswater92 | 2011-05-13 06:14 | 食*トルコ | Trackback | Comments(2)


ロンドン・ベイズウォーターで出会った元スタントンスクール生のアンとロン、そしてジュンの3人が発信するトルコ、フランス、スイスの生活情報、日々の暮らし。*コメント大歓迎!お気軽に♪


by Bayswaters

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

夏はやっぱりフルーツ♪ ◆ ..
at 2017-08-16 05:35
麺類いろいろ。 ◆ by ア..
at 2017-08-09 04:06
東京観光 1◆ by ロン ..
at 2017-08-04 00:56
念願のキッチンリフォーム<後..
at 2017-07-28 02:19
秋葉原のガンダム カフェ ◆..
at 2017-07-23 08:57

カテゴリ

プロフィール
トルコ・フランス生活情報
3カ国(土・仏・瑞)生活情報
食*トルコ
食*フランス
食*スイス
お気に入り*トルコ
お気に入り*フランス
お気に入り*スイス
日々の暮らし*トルコ
日々の暮らし*フランス
日々の暮らし*スイス
日々の暮らし*フランス・スイス
旅*トルコ国内
旅*フランス国内
旅*スイス国内
旅*外国
里帰りニッポン
座談会

タグ

(452)
(410)
(337)
(222)
(163)
(87)
(85)
(83)
(74)
(74)
(67)
(66)
(59)
(56)
(55)
(41)
(39)
(32)
(31)
(22)

最新のコメント

★kashさん、 おは..
by bayswater92 at 09:02
★arareさん、 そ..
by bayswater92 at 08:53
★nekoyamaさん、..
by bayswater92 at 08:42
★Mさん、 おはようご..
by bayswater92 at 07:59
◆Yukochanさんへ..
by bayswater92 at 03:51
◆うひひさんへ。 ..
by bayswater92 at 03:44
◆nekoyamaさんへ..
by bayswater92 at 03:41
◆カシュカシュさんへ。 ..
by bayswater92 at 03:38
◆Mさんへ。 軽量..
by bayswater92 at 03:33
こんばんわ☆ フル..
by arare719 at 22:23

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

検索

フォロー中のブログ

ろんどんらいふ
*Happy Tea T...
お茶の時間にしましょうか...
トルコ子育て生活
ヤマザキマリ・Seque...
黒パグ CHAPPYの成...
Lush Life
a&kashの時間。
うひひなまいにち
lotus pond 上...
cafe de ke*
ぶどう畑ぐらし。
kaorainne日記
ミニろんどんらいふ
がびあーの家の毎日
アクデニズ。
パリからのバレエ便り
London Scene
ビーズ・フェルト刺繍Pi...
ドキx2 わくx2 @ ...
un_voyage♪♪
北欧・スウェーデンよりシ...
FReeTraveLer
ねこ旅また旅
die Elfen im...
サンフランシスコ食堂 
Kuechennachr...
風と花を紡いで
イタリア夫に作るご飯 
Photolog fro...
カスタムニットBy* s...
Sweets and B...
ビーズ・フェルト刺繍作家...
Cache-Cache+
ふらんすさんぽ
~East meets ...
FREE TRAVELER
リタイア夫と空の旅、海の...
ぷくぷ日記
たのしみラボ  ***楽...
kaorainne日記Ⅱ
がびあーの家の毎日2

外部リンク

ファン

bayswater92

↓メールはこちら


素材お借りしています。


A.SLASH


mytaste.jp

**当ブログに掲載されてるお店情報等は、記事掲載時時点のものです。**

**当ブログは、PC版用に写真等の編集をしております。**

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
おうちごはん

画像一覧