カテゴリ:トルコ・フランス生活情報( 7 )

チョコを使ったお菓子の巻<レシピ付> *トルコ・フランス生活情報*

今年も早いもので、もう2月に突入ですね。
2月といえば、バレンタイン!
今日は久々のトルコ・フランスの合同記事、行ってみたいと思います!
バレンタインにちなみ、簡単に出来るトルコとフランスのチョコ菓子のレシピを紹介しますね。


トルコのアンからは、トルコのカフェならどこにでも置いてるかな、って感じの「モザイクケーキ」の作り方を紹介したいと思います。カフェにも置いてあるけど、実は家でも簡単に出来る焼かないケーキです。


「トルコのチョコ菓子・モザイクケーキ」

【材料】
ビスケット(プレーン) 200g
★チョコレート 80g
★牛乳 100ml
★ココアパウダー 大さじ2
★砂糖 大さじ1.5
★バター 60g
d0227344_361475.jpg
【作り方】
1. ビスケットを砕く。
2. ★を小鍋に入れて弱火で溶かし、混ぜる。
3. 1で砕いたビスケットと2を混ぜる。
4. パウンド型にラップを敷いて、3を入れる。
5. ラップをして冷凍庫で最低2時間冷やす。
6. 型から出し、お好みでナッツなどをトッピングして完成。
d0227344_361869.jpg
出来ました!
d0227344_362234.jpg
カットしたら、こんな感じ。
カットするまでドキドキでしたが、モザイクがかわいく出たと思います。
焼かないケーキでお手軽に出来ます。ビスケットのサクサク感と濃厚チョコのドッキングで
結構美味しいですよ~。子供にも人気です。


チョコつながりな、おまけ。

d0227344_362673.jpg
先日、Kocatepe KahveEvi(コジャテペ・カフヴェエヴィ)というチェーンの珈琲屋さんに行った時に
チョコテイストのトルココーヒーが置いてあったので、頼んでみました!
3種類くらいのフレーバートルココーヒーが置いてあったけど、チョコ星人の私は迷わずチョコ味!
初めてフレーバーのトルココーヒー飲みましたが、違和感なく美味しかったです!
カフェモカのトルココーヒー版ですね♪
トルココーヒーはこんな風に一口おやつとお水と一緒にサーブされます。
ちなみに一口おやつはロクム(ターキッシュデライト)のチョココーティングでした。
トルコ、結構チョコ系のお菓子、多いです。笑

by アン@トルコ




フランスのロンからは、チョコレートのメレンゲ。簡単すぎで、説明するまでもないのですが・・。
作り方は、フランス流で、砂糖の量は、日本人風の良いとこどりにしています。笑


「フランスのチョコ菓子・メレンゲ・オ・ショコラ」

【材料】
★卵白 4個分
★グラニュー糖 100g
★粉砂糖 100g
★板チョコ 200g
d0227344_204637.jpg
 
1. 卵白をボールに入れて、ハンドミキサー<根性があれば、泡だて器>で、メレンゲを作り始めつつ、
2・ グラニュー糖を3回ぐらいに分けて、まぜていく。
3. その後、粉砂糖を3回ぐらいに分けて、さらにまぜていく。すると、メレンゲが重くなってきます。
4. 写真のようにメレンゲをすくっても落ちきらない状態にします。 
5. ようするに、写真右上のようにメレンゲの入ったボールを、逆さにしても落ちてこない状態にする。
6. 絞り袋で好きな形をクッキングシートに、搾り出し、100℃のオーブンの上段に入れます。
7. オーブンに入れる時間は、厚さによりますが、厚さ2-3cmで、45分。
8. オーブンの火を止めて、余熱で15分そのままオーブンに入れておきます。
9. オーブンから出し、冷まします。
10. 湯せんで溶かしたチョコレートをつけて、焼くときに使ったクッキングシートの上に並べ、
   好きなトッピングをしてから、チョコレートを乾かします。
d0227344_20351125.jpg

薄ければ、薄いほどオーブン時間が短縮できるのも、メレンゲの良いところです~。
d0227344_2036362.jpg

食べきれない分は、ビンに入れておきました。
d0227344_20422943.jpg

チョコレートを全部コーティングしたら、チョコレートが美味しすぎて、
メレンゲの味が無くなってしまったので、一部分にチョコレートコーティングしました。

しかーし、チョコレートがミルクチョコレートだったり、カカオがあまり入っていないブラックチョコレートなら、
メレンゲ全体にコーティングしたら、逆に良かったりするかも!?ですね。

d0227344_20514845.jpg




おまけ・・と、いうかストック自慢です。笑
今現在、ウチにあるチョコレート達です。
バレンタインにチョコを買う必要は、まったくないです!




by ロン@フランス


と、いうわけで、日本ほどバレンタイン商戦は、激しくないですが、それなりに私達も便乗して、
チョコレートの物を作ってみました~!
これで、夫のハート?と、子供のハートをさらに、射止めることが出来たかも?!です。笑
[PR]
by bayswater92 | 2016-02-05 23:52 | トルコ・フランス生活情報 | Trackback | Comments(22)

お土産・手土産の巻*トルコ・フランス生活情報*

お友達の家にお邪魔する時、何を手土産に持っていこうか・・?
日本に帰省するとき、お土産は何にしよう・・?
はい!今回の合同ネタは、ずばりお土産。
今までもらって嬉しかったお土産や、喜ばれたお土産、手土産あれこれをちょこっと紹介したいと思います。


◆ トルコの手土産事情 ◆ by アン@トルコ

トルコで一般的な手土産といったら、やっぱりお菓子。日本でも、どこでもそうかな・・?
だいたいトルコ菓子や、ケーキ、クルパスタと呼ばれるビスケットのようなものが一般的と思います。
私もトルコ人家庭にお邪魔するときは、だいたいトルコの伝統的甘~いお菓子にする事が多いです。
日本人の友達宅の時は手作りお菓子だったり・・。チョコの詰め合わせなんてのもよくあります。
d0227344_2302154.jpg
こんな風にきれいにラッピングされたものを手土産にもらったり、ドカーンとホールケーキを持っていったり。
ちなみに、トルコではこういった箱詰めの箱は別売なことが多いです。でも素敵でちょっとワクワク。
写真にもあるクルパスタ(ビスケット風)はだいたい計り売りで、塩系と甘い系の味があります。美味しいよ。

ところで、この手土産なんですが、未だに慣れないトルコの風習があります。
それは、手土産を手から手に渡さないことが多いのです。皆さんで召し上がってください~、とか
つまらないものですが~、なんて一言言って渡すのが日本では当たり前だけど、ここでは何も言わないでサッと部屋の片隅のテーブルに置いたり、玄関の靴箱の上に置いたり・・なことが多いのです。なのでこれが手土産なのか、はたまたお客様の荷物なのか・・判断に困ることが私は多い。(トルコ人からするとそれは普通に手土産と判断するみたいだけどね。)
なので、お礼を言うタイミングがわからなかったり、サッとテーブルに置いて行ったものを勝手に開けていいのか、とか、どうも来客中、私は落ち着きがない人になってしまうのです。笑
いつだったか、コーヒーカップ&ソーサーを手土産に持ってきてくれた人がいて(結構高級品)触っていいのかさえ躊躇したことがあります。お土産だったらお礼を言わなくちゃいけないし、知らん顔をしてるのも失礼だし、とか、もうそんなことがいつまでも頭の中でグルグル・・。あああーーーこの風習には慣れることはなさそうです・・うう。

by アン@トルコ


*****


◆ フランスの手土産事情 ◆ by ロン@フランス

ラデュレ、ピエールエルメ、メゾンドショコラ、ダロワイヨ、ジャンポールエヴァン、もっともっと
ある有名なフランスのお菓子たち。
確かに手土産には、もってこい、です!

でも、フランス家庭での食事に招待されたとき、
一般的に、持って行くものは「花」です。鉢植えでもブーケでも・・。
でも、おじゃまするお宅にお子さんがいるときは子供にも何か持って行ってあげると
喜ばれます。ただ、すでに花もあるなら、子供の値段は5-10ユーロぐらいにしています。
それか、やはり、ブランドのチョコレートやマカロンでしょうか。
ちなみに私はベルギーチョコ「ジェフドブルージュ」を買うことが多いです。
<趣味のいいパッケージデザインは日本人のデザイナーさんのものらしいです。>


d0227344_736426.jpg

どうせ、チョコを買うなら、子供のいる家庭は美味しい+数もあったほうがいいに決まっています。
同じ値段でジャンポールエヴァンを買ったら少なすぎっ!ですから・・。
そうそう、ケーキは止めておいた方が無難です。
招待してくれる側は、もちろん、デザートも用意してくれているからです。
ただ、「デザート持っていこうか?」と、聞ける間柄なら、その返事しだいで、手土産として
ケーキを訪問先へ持参するというのも喜ばれます。そうすれば、デザート作る手間も省けるし・・。

ところで、私が買う日本への手土産は、
マリアージュ。コレは軽いし、日本では高いし・・って、フランスでも高いけど日本で買うよりは安い!
お茶の種類はあまりにも多いのでどれを買うか迷いますが、日本へもって行く場合は
あまりにも有名なマルコポーロだけは、買わないようにしています。<なんとなく・・・>
私が個人的に好きなのは緑茶ベースの「Montagne de Jade」モンターニュ・ド・ジャッドです。
甘い香りがしてピンクの花びら入りで透明の瓶に入れてもキレイです。
お友達の評判もとてもいいです。これはやっぱり、女性向けのお茶だと思います。
が、実はウチのダンナもコレが大好きなので、結果、香りのいいお茶が好きな方には、だれにでもok。


d0227344_7415350.jpg


d0227344_7422767.jpg

そして、評判がいいのが、パン!
これは、もうほとんど出来た状態で、あとは、きつね色にするだけ。
バゲットやレストランのパンみたいな小さいパンもあります。
袋を開けなければ、パンにもよりますが、1ヶ月ぐらいもつので、すぐ渡せないとき助かります。


d0227344_748413.jpg
フランスパンを日本で食べられるというのは、
私が日本のお米をフランスで食べられる
喜びに近いのかもしれませんね。

by ロン@フランス
[PR]
by bayswater92 | 2011-07-01 08:10 | トルコ・フランス生活情報 | Trackback | Comments(0)

友達におススメしたい<食>の巻*トルコ・フランス生活情報*

そろそろ夏休み・・日本から友達が訪ねて来たら、知って欲しい味ってトルコにもフランスにもあるよね。
今回は、そんな知ってもらいたいおススメの<食>をご紹介したいと思います。


◆私がおススメするトルコの朝食屋さんとアイス◆ by アン@トルコ

d0227344_633592.jpgまずは美味しい朝食が食べられるお店。
ここはアンカラではないんだけど、
イスタンブルに行ったら必ずと言っていいほど
寄るお店「KALE Cafe&Pastane」です。
このお店はボスポラス海峡に面した場所にあります。
すごく景色がきれいな場所。
とても繁盛してるのか、
このお店の並びにもう一軒同じお店があります。

d0227344_6361923.jpg
お店の目の前はこんな感じです。お天気がいいとほんとに気持ちいい!

さっそく朝ごはんをいただきましょ♪ ジャジャーン!!
d0227344_7369.jpg
d0227344_733015.jpg
いろんな種類のパン、チーズ各種、蜂蜜に浸かったカイマック(トルコ版クロテッドクリーム)、オリーブに生野菜・・
そして、焼いたヘルミチーズ、サラミと卵、パストゥルマ(パストラミ)とチーズ入りの揚げパイ・・。
そしてもちろんチャイ・・。うーーん、美味しすぎるぅ~、ここの朝食♪
実際、ここには母と叔母を連れて行ったことがあります。アンカラには日本からの直行便はないため
イスタンブルには絶対寄らなくてはいけないんだけど、特に叔母は、帰る時もここで朝食を食べることを
リクエストしたくらい。とっても気に入ってくれました。
場所もイスタンブルの喧騒からちょっと外れたところなので、旅の疲れを癒すにもいい場所かもしれません。

「KALE Cafe&Pastane」
Yahya Kemal Caddesi No:16
34470 Rumelihisar -istanbul
web→ www.kalecafe.com


さて、お次はアイス。
いくつか前の記事で紹介したトルコアイス専門店「MADO」。ここには一風変わったアイスがあります。
それはナイフとフォークで切って食べるケスメアイス。それ程しっかりした硬さのあるアイス、濃厚でとっても美味です。
d0227344_7273269.jpg

d0227344_7292810.jpg「MADO」はトルコ国内だったらどこにでもあると思うけど
アンカラだったらここがおススメです。
クズライにある一軒家風店舗です。
3階建てでインテリアもオシャレ。
庭もあって、庭にもテーブルが並んでいます。
トルコ人は外が好きなので、
いつも庭はいっぱいです。冬もね♪
(冬でも外でアイスを食べてるかは未確認。笑)
アイス専門店だけど、もちろんホットドリンクもあります。

トルコアイスは伸びるっていうのが有名だけど
こんな切って食べるアイスも食べてみる価値ありです。
これは絶対おススメ♪

web→ www.mado.com.tr

by アン@トルコ


*****

◆私の友達が「フランスへ来てくれたとき」ご用達レストラン◆   by ロン@フランス

フランスには、美味しいレストランが山ほどありますが、値段も山ほど。
そのなかで、私のオススメは「魚介類専門のレストラン」「正統派フレンチ」「気軽に行けるフレンチ」
の三つのレストラン!

魚介類専門のレストランは「la criée」
チェーン店なのでフランス中にあり、パリに4つぐらいあります。
d0227344_16302275.jpg

そこでのオススメは、やはり、「生カキ」と「ムール貝のマリネ」です。
生カキは何種類かあるので、私はよくダンナが頼んだカキとは違う種類のカキを頼んでシェアしています。
手前にあるカキと奥にあるカキの種類+大きさが違います。
d0227344_16272539.jpg

d0227344_16282453.jpg
d0227344_16284557.jpg
「レモン汁」か「ワインビネガー+エシャロット」どっちをかけて食べても美味しいです。



なぜ、あのパンに塩バターをつけて
カキと一緒に食べるのかは疑問ですが、
トラディッショナルなので、私もとりあえず、そうやってマネして食べています・・。
<でも、カキしか、いらないし・・。>

そして、ムール貝は日本人の子供から大人まで好きな人が多いです。
これは、日本では絶対、食べられないメニュー!
しかも、フランスのムールは美味しい!
何度か、大きいスペイン産のムールも食べましたが、なぜでしょう・・味が薄いのです。
料理の味付けの問題ではなくて・・。
それでいて、フランスのは小さいくせに、
味がしっかりあって、とても、おいしいのです。
写真がなくて残念なのですが、次回、撮影して載せますね!

とにかく、ランチもディナーもわりと混んでいるので開店早々に行くか、
それが無理なら予約したほうが確実です。
場所はいろいろあるので、サイトで確認を!
www.lacriee.com 


次に、正統派フレンチは、    
「A LA BONNE TABLE」
d0227344_16541016.jpg


フランス語が分からなくても、メニューが分からなくても、問題ありませーん。
とても、やさしい日本人シェフのいるレストランだからです!
しかも、ミシュランのレストランガイドにも掲載されています。
メインは日替わりがオススメで、デザートはやはり、シェフもオススメの「スフレ」です。
これは作る時間と出す時間のタイミングが重要なのでメニューを頼むときに一緒にオーダーです。
場所はパリの南、メトロ4番線の終点ポルトデオルレアンから歩いて5分ぐらいです。
d0227344_1722850.jpg



最後に気軽に行けるフレンチ[Le petit baigneur]
d0227344_17111628.jpg

ここはお友達と何度かいきました。
ランチはやはり混むので、
少し早めか遅めに行くのがいいと思います。
ここでも、オススメは日替わりです!
場所は、同じくメトロ4番線ですが、終点の一つ手前アレジアから歩いて7分ぐらいです。
d0227344_17151958.jpg


3つのおすすめレストラン、値段は色々ですが、
ランチで25から35ユーロぐらい出せる時にオススメです。


by  ロン@フランス
[PR]
by bayswater92 | 2011-06-24 18:03 | トルコ・フランス生活情報 | Trackback | Comments(0)

スーパーで選ぶ食材の巻*トルコ・フランス生活情報*

フランスに来てから「マヨネーズは何、使ってる?」
と、日本人の友達から質問されることが、しばしばあります。
その後、続くのは「やっぱり、キューピーが1番、美味しいよねー!」。
確かに・・・。
パリ駐在員妻のお友達は、キューピーマヨを日本で買って、わざわざ持ってきています。
なくなってしまったらパリの日本食スーパーなどで買っています。

しかし、
私のウチはパリ郊外。
キューピーマヨネーズをパリまで1時間かけて買いに行くのは、バカバカしいのです。
日本から持ってくるのも面倒だったので、
行きつけのスーパーで色々なメーカーのマヨネーズを数年にわたり、順々に試していきました。
そこで、「これは美味しい!」と、思ったマヨネーズを紹介します!
味はキューピーに近いと思います。と、いうより、キューピーより美味しいかも?!
コレです! 「Bénédicta」というメ-カーのマヨネーズ
d0227344_5232748.jpg

どこのスーパーでも売ってます。
他のメ-カーのマヨネーズに比べたら少々高い気がしますが、パリでキューピーを買うよりは
ぜんぜん、お得な値段です。

それから、日本食を作るときに欠かせないものが、白米
やはり、マヨネーズ同様に、お米も試してみました。
お寿司や、五目ごはん、おにぎり用にもちょうどよかったのが「Taureau Aile」というメーカーの
「Riz Méditerranée de camargue」
d0227344_5521751.jpg

この、お米は南仏のカマーグ地方のものです。

ついでに、にんじんの話をしてもいいでしょうか?
フランスのにんじんは、甘くて美味しいので、よく買います。
ただ、夏場は冷蔵庫に入れて置いても、早く腐ってしまうのが悩みでした。
<ちなみに私は1週間に1回まとめて買い物をしています。>
でも、ある日、「葉っぱつきのにんじん」が普通のにんじんと同じ値段だったときがありました。
<普段は「葉っぱつき・・」のほうが、高いのです・・。>
そこで、試しにコレを買ってみたところ、1週間どころか、もっと長持ちしたのです!
もちろん、邪魔な葉を切り落として冷蔵庫へ入れておきましたが・・。
コレは意外な発見でした。
言うまでもなく、その日から、にんじんは「葉っぱつき」で買うようになりました。
d0227344_6143416.jpg

少し高いとは言っても、0.50ユーロから1.00ユーロぐらいの値段差です。
もし、私と同じようなことを考えていた方!是非、マヨ、お米、にんじん、試してみてくださいね。


by ロン@フランス


*****


トルコに越してきてから、癖のある小麦粉に悪戦苦闘・・。いろんな人に、トルコ小麦粉の文句ばかり言ってました。
小麦粉なんてどれも同じ!って思ってたけど、そういえば、こっちでは薄力粉、強力粉って表示がない・・。 
そうしたら、小麦粉のパッケージに書いてあるProtein含有量で薄力粉と強力粉を区別するらしいことがわかった。
Protein含有量が少ない方が薄力粉、多いのが強力粉。だいたい7~11くらいの値です。
私が好んで使ってるのはKalecikというメーカーのもの。Protein含有量は7。
d0227344_263766.jpg
日本の小麦粉のように白くないし、しっとりもしてない。けど、これが一番お菓子が上手く行くかな。スコーンもこれで。
日本のレシピでお菓子を作るから、トルコの小麦粉だとやっぱり上手く行かないこともあるけど、でもちょっとした一手間で美味しくなるとわかってきた昨今です。ちなみに、トルコの小麦粉で作ったスコーンは、割とビスケットに近い感じ。日本の小麦粉で作ったスコーンは、パンに近い感じ・・。使い比べも面白いです。(あと大手スーパーMigrosのミグロスブランドの小麦粉もお菓子に向いてるらしいです。)
この小麦粉は5kgパック。トルコはなんでも大量です。ヨーグルトも1パック2000g~2250gが家庭サイズ。バケツのようなパッケージです。

で、私もお米の話。ロンちゃんの写真を見てビックリ!1kgパック~~~ゥ?うちは25kg入りだぜぃ。笑
d0227344_2153835.jpg
ま、少し実家に分けたりもしますが。でもこっちでも我が家の晩ご飯の主食はご飯が多いです。美味しく白いご飯が炊けるお米を私も見つけました。
トルコにも結構たくさんお米の種類があります。街の小さなスーパーでも普通に見かけるのは
Baldo、Osmancik、Pilavlikの3種かな・・。ひと口に3種といっても、この3種でさえもいろんな種類があったりもします。
ちなみにBaldoはハイクオリティ米、Osmancikは土地の名前、Pilavlikはピラフに合うお米ってことらしいです。
Baldoは日本のお米の形に似てるけど、粒が大きいのもあり。OsmancikはBaldoより小さめ、かな。Pilavlikはちょっと細長い系。お米によっては匂いが気になるものもあったりしますが、今使ってるGelgorというメーカーのOsmancikはいい感じです。でもこのお米は実際はスーパーというよりマーケットで売ってたものなので、普通のスーパーで気軽に買えるお米としては、Cifciという会社のTrakya BaldoReisという会社のTrakya Baldoも美味しかったです。
※追記。お勧めのお米を切らしてReisのOsmancikを買ったら、これがまた良かった!時間がたってもそれなりに美味しいお米でした。
そして、これが重要。私は日本製の海外用炊飯器を使ってますが、お釜の目盛り通りには決して炊かないことです。
ここは東京より標高が高いので、水の量を多くする必要があります。カップ1くらい多めにいれると美味しく炊けます。(お米2カップだったらお水は3カップ弱、という具合に。)
日本から持ち込んだ正真正銘の日本米とさほど味は変わりませんでした。けど日本で食べると、ご飯がつやつやして
甘くて美味しい・・。お水や気候などによっても例え同じお米を使っても味は変わるのかもしれないですね。

by アン@トルコ
[PR]
by bayswater92 | 2011-06-08 02:33 | トルコ・フランス生活情報 | Trackback | Comments(7)

学校の巻*トルコ・フランス生活情報*

小学校での引率参加のススメ   by ロン@フランス

6月になったら娘が小学校を卒業します。
日本では5年生にあたりますが、その代わり中学校は4年間あるので結局同じですよね。

幼稚園から小学校まで子供はもちろん、私も勉強させてもらいました。
とは、いっても私の場合は学業ではなく「お母さん達とのコミュニケーション」や「精神的」に・・です。

その中でも一番、やってよかった!と、思うことが、率先して
学校の手伝い、「引率」に出かけたことでした。
フランスのお母さん達は仕事を持っているのが当たり前、でも私は仕事をしていないので
何かあるたびに学校へ出向きました。

最初のきっかけは娘が幼稚園、年長さんのときでした。
先生が子供のお迎えに来ている母親達、一人一人に声をかけていました。
「来週からプールが始まるので着替えなどのお手伝いをお願いできませんか?」と。
私にも声がかかり、何をどうするのか検討もつきませんでしたが、とりあえずokしました。

お手伝いは簡単なものでした。水泳用の帽子をかぶせてあげることと、着替えの手伝い、道を歩くとき
車道にはみ出さないように見ていてあげる。これだけです。
<プールが学校にないので市民プールまで歩いて行きます。>

じつは、このお手伝いと引き換えに、母親にとって、とても大きな利益が隠れている?!
ことも知りました。

まずは、自分の子供がクラスの中でどういう存在なのか、だれと仲良しなのかがわかります。
クラスの中の「困った君」や「困ったちゃん」が、だれなのかもすぐに察しがつきます。
そして、引率の回数を重ねると、クラス全員の名前も知らずに覚えています。
なので、娘が学校の友達の話をしてるときも顔と名前が一致しています。
しかも、先生と話も出来るので色々なことを聞ける。

私が娘の母親だということが、子供達に知ってもらえたおかげで、引率しているとき以外でも
顔をあわせるたびに、私の名前を呼んでくれることは嬉しいです。
今では、クラスの女の子達ほとんどが私の名前を知っています。
ついでに、娘がケガをして泣いて帰ってきたとき、クラスのお友達が私に
「oo君が押したせいで、ooで、ころんじゃったんだよー。だから、泣いちゃったんだよー。」と、
先生より詳しい報告をしてくれたことが何度もありました。

男の子で、他の子を蹴ったり、たたいたりする子には「何でもいいから話しかける」と、そのときだけは
何も悪いことをしない。ということも学びました。
私がよく使っている話題は、クラスで人気のあるアニメの話やDS,Wiiで気をひきます。
特に人気がある日本のアニメのことは、私が最新情報を伝えることで子供は「まだ、フランスにはない
情報」を聞いたことを喜び、質問もしてきます。
そうなれば、しめたものです。
その子は、すっかり、友達にちょっかいを出すことを忘れてしまっているからです。

クラスでイジメがあったときも、私は「いじめられた子の母親」の次に知った、母親でした。
このときは、娘が3年生のときでした。

どうしてイジメが始まったのかを話すと長くなるので、結果だけ報告します。
イジメというか、シカトされていた一人の女の子は、朝「学校に行きたくない」と
お母さんに、こぼしていたそうです。お母さんもお迎えの時間になると「お腹が痛くなる」と
私に言いってました。<基本的に小学校中は誰かが子供を迎えに行くことになっています。>
そこで、担任の先生や校長先生がクラスで注意しても、
イジメの女番長2人はビクともしていなかったらしい。

そんなとき、クラスのお母さん達の顔を知っている私は下校時、どんどん、この「イジメ」のことについて
色んなお母さん達に話していきました。どのお母さんも皆、知らなかったです。
でも、たったそれだけですが、2日ほどで、もう、効果が出てきました。
それぞれの家で子供に話してくれたのだと思います。
イジメられていた子に笑顔が戻り、彼女のお母さんは涙目になって喜んでいました。

たかが、引率、されど引率です!

学校には一人も日本人のお母さんはいなくて、少し消極的気味ので私したが、
年長さんの先生に声をかけてもらったおかげで、
今ではたくさんのママ友も出来ました。
「引率」やって損は、ありません!

by ロン@フランス


*****


あっと驚く?トルコの学校事情  by アン@トルコ

ロンちゃんの学校情報とはちょっとだけ趣向を変えて、私はトルコの学校のちょっとしたエピソード的なことを
書いてみたいと思います。小ネタ的なね♪

うちの娘は小学1年生と中学3年生。妹は公立へ、お姉ちゃんは私立の学校へ通っています。

去年の9月、小学校1年生始業の日・・。数日前に学校に念のため時間を確認したら月曜の朝9時~、と。
月曜の朝。早起きして、制服に着替えて、家の前で写真を撮ったり。今日から1年生!な気分が盛り上がり・・。
トルコの制服って、ポロシャツにパーカーです。スカートも、前から見るとスカートだけど、実はキュロット。
紺色のパーカーにグレーのキュロットでいい感じです。特に小学生にはこれくらいで充分かなと思う。
で、家から歩いて5分とかからない学校に着いたら・・。
がら~~~~~~ん。
誰もいない!?おっかしいなー。と思いながら校舎に入って行くと、掃除をしている婦人が・・。
「今日からじゃないの?」って聞いたら、「明日からよ」と。なんでも全国的に開校が火曜に変更になったらしい。
それも、ニュースで放送したらしい。

・・見てない、っつの!笑

なんだよー、といそいそと家に戻り。なんだか拍子抜け。笑

で、翌日。この日も早起き、さあ、今日から学校!って出掛けたら・・。
プチがら~~~~~ん。
え?何?ってまた校舎に入って行ったら、そこにいた学校職員の男性に「早いよ~」って言われた・・。
「じゃあ何時から?」「10時11時?・・かな」「だから何時?」「知らない」おいおい~~~。
で、上階の校長室に聞きに行って、「10時半集合」となった。それまで約一時間半校庭で暇つぶし。
10時半が近づくにつれ、校庭内にバンバン車が入ってくる・・。校庭で遊んでる子もいるのに、何で?
危なくないの?って思ったり・・。それも車で来るのが先生だったり、生徒一家だったり・・。
ところ変わればだなー、と思いました。(ま、そんなのも初日だけだったけど。)
それに始業の日が変更になる事も日本じゃまずありえないよ~。時間が曖昧なのもね~。と思ってみるも、
夫がよく発する言葉・・「ある意味日本が特別」・・っていうのも一理ありかな。
「トルコってこうだよ」とも言ってた。そう思ったら私もなんだか気楽になったりして。
郷に入っては郷に従え。ってことですね。
ちなみに、担任の先生がお休みを取ると、そのクラス自体が休校になったりします。
やっぱりトルコってゆるいわ~~。笑

さて。お次は私立中学の、日本とのギャップの話。
うちのお姉ちゃんが通ってる学校はしっかり家庭訪問があります。だいたい下校の時に先生と一緒に帰ってきます。
そして、そこはトルコのホスピタリティ、晩ご飯をお出しします。(絶対ご飯を用意しなくてはいけないわけではないです。)
この、トルコのお客様を大切にする習慣、どんなお客様にも、何時に訪問しようがご飯を出すことが多いです。
これはトルコの習慣というより、イスラームから来るものらしいです。
日本で家庭訪問というと、お茶とお茶菓子。最近はお茶は飲んでもお茶菓子には手をつけなかったり、
お姉ちゃんが日本で通ってた小学校の5・6年生の時の担任の先生にいたっては
玄関先での立ち話でお願いします、と予め言われてました。・・結構ギャップがあるね。
この日も先生方は、5時前に来て、話をして、ご飯を食べて、帰って行ったのが7時過ぎ。
家庭訪問もこんな感じだと、先生と親の距離感も縮まって、いいかもしれません。
私は夫の隣で頷くばかりだったけどね・・。あー、トルコ語どうにかしなきゃ。

と、最後は話がそれてしまいましたが、どっちにしてもトルコってゆるいわ、ということでしょうか。違
でもこのゆるさ、私は嫌いではないです。笑

by アン@トルコ
[PR]
by bayswater92 | 2011-05-21 07:19 | トルコ・フランス生活情報 | Trackback | Comments(0)

パッケージレシピの巻*トルコ・フランス生活情報*

くく~~~~ぅ。いいなあ、ロンちゃんのロンドン旅行。そしてアフタヌーンティ!それもリッツ!!
私のスコーンとは全然違うわ(当たり前)!!こうやって見るとクロテッドクリームはカイマックより
ちょっと色がクリーム色よね。ふむふむ・・。

さて、今回のトルコ・フランス合同ネタは、パッケージレシピの紹介です。
いろんな食材のパッケージの裏などに載ってるレシピ。作ってみたら美味しかった、とか
これ作ってみたかった~、なんていうのを紹介します。

------------------------

トルコレシピ ◆ Dr.Oetkerのベーキングパウダーより 

いつも使ってるDr.Oetkerのベーキングパウダー。裏にはレシピが掲載されてます。
トルコのレシピは分量が多く、砂糖やバターの量も半端ない・・。
けど今回選んだのは、お砂糖もバターも少なめ、簡単で美味しそう♪ 初挑戦です。
d0227344_225677.jpg

ELMALI DiLiMLER <スライスりんごのデザート> 4~5人分

【材料】
・りんご 2コ
・グラニュー糖 30g
・バニラシュガー 5g(なくてもOK)
・シナモン 小さじ1/2
・砕いた胡桃 30g
・卵 1/2コ
・バター 25g
・生クリーム 70g
・牛乳 70g
・粉砂糖 30g
・小麦粉 55g
・ベーキングパウダー 5g
・シナモンシュガー 適宜
(↑上の写真のレシピの半分の量です。りんご4コと書いてあった時点で半量で作ること決定。笑
 残った半分の卵は晩ご飯のお味噌汁にでも入れちゃいましょう。ふふ。)

【作り方】今回使った型は直径17×25cmの楕円形の深さのある耐熱皿です。
※ オーブンは160度に余熱を入れておく。
1. 型にバター(記載外)を塗る。りんごの皮を剥いてスライスし、型に並べる。
2. グラニュー糖とバニラシュガー、シナモンを混ぜて1の上からかける。
3. 砕いた胡桃を2にかける。オーブンに入れ20~25分焼く。
4. 卵、柔らかくしたバター、生クリーム、牛乳、粉砂糖をボールに入れる。
5. ふるった粉とベーキングパウダーを4のボールに入れ、2分ミキサーで混ぜる。
6. オーブンから出したりんごの上に5をかけて、再び160度のオーブンで15~20分焼く。焼けたら冷ます。
  冷めたらシナモンシュガーをかけて、切ってサーブする。
d0227344_34552.jpg
d0227344_343516.jpg

お味はですね・・最初は、うん、普通。って思ったんだけど、タルトやパイではなく
スポンジとりんごの相性があとを引く感じで、食べていくうちに美味しいかも!!って思えるレシピでした。
完全に冷めた方が美味しい。けど、焼きたてにバニラアイスを添えて食べるともっと美味しいかも。
これはリピート決定だな♪


by アン@トルコ


*****


フランスレシピ ◆ PRESIDENTのバターより 

何年か前に、プレジデントというメーカーのバター2こセットを買ったとき、チョコレートケーキ
レシピが入っていました。
チョコレートケーキはフランスの子供が好きなケーキ、NO.1!と、
言っても間違いないほどメジャーです。

幼稚園や小学校で、ほぼ毎月、クラスで誕生日会をやるときに担任の先生から
ケーキを持ってきて欲しいといわれることがよくあります。
そのため、チョコレートケーキは何度も作りました。
そこで、一番シンプルで、美味しく、しかも、失敗しなかったこのレシピをご紹介します!
とは言っても私が少しアレンジしています。
しかし、準備から焼き上がりまで1時間以内で終了という、すごい簡単なケーキ。
外はサクッ、中はしっとり、そんな、ケーキです。
しかも、おいしいからフランスの子供にも大人にも人気があります。
是非、チャレンジしてみてください!しつこいですが、本当に簡単でびっくりするはずです。

d0227344_624367.jpg


Fondant au chocolat<フォンドン・オ・ショコラ>6人分

<材料>
チョコレート  200g<お菓子作り用の板チョコ。なければ普通の板チョコで>
卵      3個 
バター    120g  
グラニュー糖 120g 
バニラシュガー 1袋<7.5g>なければ省く
小麦粉    60g

<作り方>
・オーブンを180℃にしてあたためておく。
・湯せんかレンジでチョコレートをとかす。バターも同じようにとかす。
・ボールに卵を全部割り入れて、ほぐしながらまぜる。そこへグラニュー糖、バニラシュガー、チョコレート、バターを入れて混ぜる。最後に1回ふるった小麦粉を少しずつ入れながらまぜる。
・型の底にクッキングシートをひいて上記のものを流し入れる。
・20分焼いてオーブンの火を止め、出さずに5分間そのままにした後、オーブンから取り出す。
・冷めたら食べごろ。<でも、あたたかくても美味しいです!>

ポイントは焼き加減。レシピの焼き時間は目安にして、自分のケーキの表面が硬くなったころが
オーブンの火を止めるサインです。そして5分後に取り出して下さい。
ちなみにウチのガスオーブンだと焼き時間が40分かかります。
ケーキの型は丸型で直径18-20cmのものを使っています。

d0227344_6262391.jpg


by ロン@フランス
[PR]
by bayswater92 | 2011-05-04 12:00 | トルコ・フランス生活情報 | Trackback | Comments(2)

郵便局の巻*トルコ・フランス生活情報*

LA POSTE ◆ フランスの郵便局  

-日本へ小包みを送る-

「ダイエーに行っても、もう、小さいローソクしか売ってないのよー。」
東日本大震災の影響で東京での計画停電がはじまったときの母親の言葉。
その後、同じ東京に住む弟の家へ電話したら留守番中の10歳の姪が出た。
「一人でいるとき停電になったらどうしてるの?」と、聞いてみたら
「懐中電灯あるから大丈夫だよ・・。」
「ランプはこの前、パパが買いに行ったけどもう売り切れてたんだって・・。」
まだ、電車も動くか動かないかで両親の出勤、帰宅でさえあやふやなときに。

さすがに私もそのときは荷物を送ろうと思い、すぐに、郵便局へGO! 
そこで、まずは日本のゆうパックのような箱を買って帰った。
私がいつも使っているこの箱は紫色がポイントになっていて
「POSTEXPORT Monde Entier」と書いてある。
重量が1kgまでと2kgまでのものがあります。
値段は1kgが14.20ユーロ、2kgが・・正確な値段は忘れましたが、19ユーロぐらいです。
もちろん、航空便です。しかも、早いときは5日で日本へ着きます。
ただ、保障がないのであんまり高価なものは入れないほうがいいかと思います。
少し値が張るようなものはわざと安い値段を記入したりもしますが。
最近のLA POSTE は全国的に内装が変わりいちいちカウンターに並ばない。
以前は現金引き出しから送金、切手購入、荷物を送ることまで
何でもかんでも長い列に並ばなければいけなかった。
が、今ではこの折りたたんである箱を棚から手にしてその辺にいる局員にコレ欲しい。
みたいなことを言えばすぐ買えるようになりました。
ついでですが、2kg以上のときは赤オレンジっぽい色のcolissimoのXL、
インターナショナルの箱を買っています。
これだと7kg入れられて、確か43ユーロです。もちろん、航空便です。
どの箱だか分からなければ局員さんに日本へ・・と言えば一発です。

記入の仕方は簡単です。
表にあて先、日本の住所と名前を。
箱の裏のExpéditeur< xになっている所 >にフランスの自分の住所を記入。
それと、四角い枠の「Formalités Douaniéres」にプレゼントなら「cadeau」の前に
印を入れて、「Quantité et description・・・・<1>」に中身の内容。
poids<2>には全部で何キロか入れ、valeur<3>に中身の値段を記入。
最後に、一番下「Date et signature de l'expéditeur<8>」へ
日にちと自分のサインを入れておしまい。

d0227344_19283252.jpgちなみに郵便局には船便がないらしい。
「送っている途中で紛失してしまうことが多いから。」と、
10年くらい前に局員のおじさんが言っていた。

ただ、以前に普通のA4サイズの茶色書類封筒で出産祝いの洋服を日本へエコノミーで送ったとき、
3ヶ月たっても日本に着いていないことが分かりあせりました。<エコノミーは通常2週間ぐらいかかる>
きっとフランス国内でだれかに盗られたのだろう・・。と、すでに、あきらめていました。
ところが、半年後、それが、ウチに戻って来たのです!
封筒をみると移転先不明の日本のハンコウが!なぜに?!
実は、京都に住むいとこが、東京へ里帰り出産していたので、小包みは「彼女の実家住所+oo様方+oo様」をきちんと日本語で書いていたのに!
まさしく、初の日本側のミス!でした。こんなことってあるのですねー。わざわざ海外から送ったのに
この結果にはガッカリでした。

そう、考えると、やはり、早い確認が出る「prioritaire」プリオリテーが
一番いいですね。それに重量が重くなるとエコノミーの値段と「postexport」の値段が、あまり
変わらなくなるので、しっかり計算して決めたほうがいいです。

コリシモなどに追跡する保障をつけると料金も違ってくるので考えてから決めたほうがいいです。
ちなみに私は、郵便局の箱を買って送る荷物には1度も保障をつけたことがありませんが、
この15年間、全部問題なく日本へ届いています。

郵便局の話題ついでにもう一つ!
日本から荷物を送ってもらったときに一度、税関で止められたときがありました。
理由は、内容を書く欄に「おもちゃ」と書いてあったかららしいです。
おもちゃ・・は電子ゲームからぬいぐるみまで幅が広すぎなので、きちんと書いたほうが
いいようです。でも、電子機器類は税金がかかるものなので送ってもらわないほうが無難です。
きっと税関で引っかかるのでは・・と。
私達は、たまたま、あかちゃん用のおもちゃだったのですぐに引き渡してもらえましたが、他のものだったら
どうだったのか?は、分かりません・・・。

さて、話を戻しますが。
私が震災後、送ったものは言うまでもなく、
ろうそくとキャンプ用ライトを。
その隙間にはお菓子たちでした。

                                
by ロン@フランス


*****

Ptt ◆ トルコの郵便局

ロンちゃんの素早い行動に拍手。
うちの東京の実家には、災害時のための防災バッグが玄関に置かれてる。
たぶん・・阪神大震災以来?かもしれない・・。
というわけで、こちらから荷物も送ることもなく、日々過ぎている・・。
(早く日本に日常生活が戻りますように・・。)

トルコ暮らしも丸3年が過ぎた。けど日本から荷物が届いたのも数えるほど・・。
こっちから日本に荷物を送ったことは・・ない。
というのも、結婚後、日本在住が10年以上だったので、日本にトルコ人の友達や、
親戚がいたりする。なので、荷物を送ってもらわなくても誰かしらこちらに来たり、その逆も。
その時に持ってきてもらったり、持っていってもらったりしてる。
私が郵便局に出掛けるのは、手紙を出す時。その手紙も、今はEメールが主流で
あんまり手紙を書かなくなってしまった。すっごく筆まめで、ロンドンにいた頃は
10枚くらい平気で書いてて、友達に「小説家にでもなる気?」って言われたほど。笑
でも年末には郵便局へ。そう、年賀状を出しに♪

ここ最近、トルコもめまぐるしく発展してて、郵便局も変貌を遂げた。
昔は誰も列を作らず、我先に、と、ごった返してた。
気の小さい人はいつまでたっても順番は来ない・・みたいな。<これアタシ。
それが最近は日本のように、項目別に番号札が発券されるようになっている。
これがあれば気の弱い私でも、言葉があんまりわからなくても、安心♪
(ちなみにトルコ語で手紙はMektup、切手はPul、荷物はKargo。日本はJaponya)
d0227344_193586.jpg昨年末、郵便局に行った時。
番号取って窓口前で待ってたら。その手紙を送る窓口だけ順番も何もない!後から来る人が私より先に・・。これは一言文句でも言いたくなってドキドキしてきた。
そして!この私が文句を言ったの、トルコ語で。すごい画期的!!笑
この番号は意味ないんですかねえ。って。一人で対応してるから仕方ない、って言われて納得は出来なかったけど、
文句を言った、ということで自分が満足したので別にいい。違
そう、こんなこともあった。
民間じゃないのに、お釣りがないとまけてくれる時がある。
たかが数円・数十円だけど、これにはビックリ。
さすがトルコ。このゆるさがトルコ。そもそもお釣りがないのが有り得ない。笑

あんまり役立つ情報でもないけど、トルコの郵便局はこんな感じ。(あ、うちの近所だけ?)

by アン@トルコ
[PR]
by bayswater92 | 2011-04-12 12:53 | トルコ・フランス生活情報 | Trackback | Comments(0)


ロンドン・ベイズウォーターで出会った元スタントンスクール生のアンとロン、そしてジュンの3人が発信するトルコ、フランス、スイスの生活情報、日々の暮らし。*コメント大歓迎!お気軽に♪


by Bayswaters

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新の記事

bodum:ボダムのcale..
at 2017-11-19 00:07
2017・イスタンブル旅④<..
at 2017-11-13 03:16
Pierre Hermé・ピ..
at 2017-11-08 08:49
おいしい!秋の味覚2017 ..
at 2017-11-02 02:56
フランス国立図書館「Rich..
at 2017-10-28 00:08

カテゴリ

プロフィール
トルコ・フランス生活情報
3カ国(土・仏・瑞)生活情報
食*トルコ
食*フランス
食*スイス
お気に入り*トルコ
お気に入り*フランス
お気に入り*スイス
日々の暮らし*トルコ
日々の暮らし*フランス
日々の暮らし*スイス
日々の暮らし*フランス・スイス
旅*トルコ国内
旅*フランス国内
旅*スイス国内
旅*外国
里帰りニッポン
座談会

タグ

(460)
(419)
(340)
(222)
(169)
(89)
(87)
(86)
(77)
(76)
(67)
(66)
(62)
(56)
(55)
(41)
(39)
(34)
(31)
(23)

最新のコメント

★Mさん、 一人用のコ..
by bayswater92 at 06:52
bodum:ボダム懐かし..
by M at 12:54
アンさんこんにちは 奇..
by uhihihihi at 11:30
★kashさん、 こん..
by bayswater92 at 06:24
アンさん、こんばんは。 ..
by kash-w at 22:13
ロンさん、こんばんは。 ..
by kash-w at 22:08
◆peanutsさんへ。..
by bayswater92 at 20:35
◆カシュカシュさんへ。 ..
by bayswater92 at 20:32
◆francanaさんへ..
by bayswater92 at 20:28
◆nekoyamaさんへ..
by bayswater92 at 20:22

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

検索

フォロー中のブログ

ろんどんらいふ
*Happy Tea T...
お茶の時間にしましょうか...
トルコ子育て生活
ヤマザキマリ・Seque...
黒パグ CHAPPYの成...
Lush Life
a&kashの時間。
うひひなまいにち
lotus pond 上...
cafe de ke*
ぶどう畑ぐらし。
kaorainne日記
ミニろんどんらいふ
がびあーの家の毎日
アクデニズ。
パリからのバレエ便り
London Scene
ビーズ・フェルト刺繍Pi...
ドキx2 わくx2 @ ...
un_voyage♪♪
北欧・スウェーデンよりシ...
FReeTraveLer
ねこ旅また旅
die Elfen im...
サンフランシスコ食堂 
Kuechennachr...
風と花を紡いで
イタリア夫に作るご飯 
Photolog fro...
カスタムニットBy* s...
Sweets and B...
フェルタート™・オフフー...
Cache-Cache+
ふらんすさんぽ
~East meets ...
FREE TRAVELER
リタイア夫と空の旅、海の...
ぷくぷ日記
たのしむラボ  ***楽...
kaorainne日記Ⅱ
がびあーの家の毎日2
some day

外部リンク

ファン

bayswater92

↓メールはこちら


素材お借りしています。


A.SLASH


mytaste.jp

**当ブログに掲載されてるお店情報等は、記事掲載時時点のものです。**

**当ブログは、PC版用に写真等の編集をしております。**

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
おうちごはん

画像一覧