フランスぼったくり話 ◆ by ロン@フランス

ジュンちゃんの皮のワンピにジャケットは、確かに直せそう!
フランスは、お裁縫どころか、ミシンさえ使えない人が、多いからねー。

きのう、お友達とパリ郊外にある、とあるイタリアンレストランへ行ってきました。
本釜で焼いた、美味しいピザが食べられて、とっても幸せ・・・。と、思っていたら、
会計でひと悶着が?!


d0227344_7451557.jpg

         ↑スペイン・メリダにある、ローマ時代の「ミラグロ水道橋」

私達が、「3人の会計は、別々にお願いします。」と、言ったにもかかわらず、お店のギャルソンは、
わざわざ一人ずつ支払ったお金を、ごっちゃにしてしまったようで・・。
お友達の一人は、「おつりが、1ユーロ足りない・・。」と。

でも、ギャルソンは、当然ながら、間違えを認めず。私達のほうが、間違えていると、言い出した。
もう、面倒になったお友達は、「1ユーロは、小さいお金だから、もういいわ」と、寛大な心で、お店を出たのです。

一人、12.5ユーロで、20ユーロ札+2.5ユーロ<22.5ユーロ>出したのにもかかわらず、
9ユーロしか戻らず?あれ?
あのときは、10ユーロ札がおつりで来るはずだ!と、
言い張っていたので、あまり考えませんでしたが、ギャルソンは、こんなことを言っていました。
「僕は、ここで長く仕事しているけど、計算を間違えたことがない!あなたが出したお金は、20ユーロ札だけだった!」

ちょっと、待って?!
仮に20ユーロ札を渡したら、おつりは、7.5ユーロでは???
おいおいおい、そこで、もう間違えてるぞ?!と、家に戻ってから気がついたロン。
とんちんかんな、ギャルソンだったけど、4.5ユーロ損でなく、1ユーロ損しただけで、
まだ、よかった!と、思った。

それを、パリで仕事をする夫に話したら、「イタリアンレストランは、毎回、1ユーロとか2ユーロごまかす!」
「会社の皆で、ランチによく行ったけど、毎回ごまかすから、嫌気がさした。今は、誰も行こうとは言わない。」と、聞いて、なーるほど!イタリアンレストランは、小さな金額の「ぼったくり」らしい。


d0227344_7461160.jpg

         ↑反対側から見た「ミラグロ水道橋」

そういえば、スペインの「メリダ遺跡群」(文中写真)近くでもそうだった。
みんなのお茶代をまとめて払うとき、スペイン人の友達J に、いくら?と、聞いてもらった。
確か、8ユーロぐらいだったと思う。20ユーロ札を出したら、まず、小銭を返してくれた。
「ありがとう」と、言ったものの、「あれ、お札は?」と思って、手を広げて待っていたら、
お店の人「20ユーロ札だったっけ?」と、とぼけた?ように見えた。「イエス」と、言ったら、
10ユーロ札がやっと来た。

夫が払ったときもそうだったらしい。やはり、メリダ近くのカフェバーで、支払って、すぐさま友達J の夫が、おつりを確認すると、違っていた!
彼が、店の人にそれをスグ言ったら、ちょろまかされた分は、戻ってきた。


d0227344_7472493.jpg

         ↑「ミラグロ水道橋」の上に巣を作るコウノトリ

スペインでの車に入れるガソリンのぼったくり話も有名?で、外国ナンバーの車がスタンドに止まると、建物の中にいる店員が、1リットル単位の値段をわざと引き上げるらしい。<どうやって操作するのかナゾだけど。>だからなのか、ポルトガル系フランス人が、車でポルトガルへ行くとき、
スペインでは止まらない・・と、いう話はよく聞く。

ポルトガルで思い出したが、義理の妹のお父さん<ポルトガル人>の話。通常カフェバーでビールを1杯飲むと、なんと0.50ユーロなんだそう。
安くていいね!なんて言いながら、聞いてると、8月は観光客が多いから0.80ユーロになるんだ!
だから、8月は行かないほうがいい!と、アドバイスを頂いた。
日本円にしたら、1杯50円のビールが、80円・・。大したことないかも・・なんて思っても、実際にぼったくられると、楽しい気分が一気に崩れるので、負けたくないな。<笑>

イタリアンレストランから始まって、スペイン、ポルトガルは、太陽のように人々が陽気で、気さくだけど、ぼったくりが、普通にあるので、あの人柄にごまかされないように、要注意!
なのかもしれません?!

P.S
写真は、スペイン旅行に行ったときのものです。

by ロン@フランス
[PR]
by bayswater92 | 2013-01-30 16:52 | 日々の暮らし*フランス | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : http://bayswaters.exblog.jp/tb/17722952
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by sherry-3310 at 2013-01-30 20:44
こんばんは~!
そんなことがあったんですね。
スペインでそういう目に遭ったことないな~と思いながら、
読んでいたのですが、気づいていなかっただけかも!?
海外に旅行に行った二日目くらいまでは、
小銭が使いこなせないことも多く……
細かくは見ていないことも多いです。
今後は気をつけたいと思います!
ポルトガルも行ってみたいですし!
Commented at 2013-01-30 21:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by s_helga at 2013-01-30 23:06
頑張ってチビチビくすねてるんですね〜。
最近のフランス(パリだけ?)子供窃盗団が増えているみたいですね。中東系の子供(12、3歳?)が集団で観光客を狙ってバッグをひったくったり、叩いて来たりもするって聞いて驚きました。そんなのよりはずっとマシだけど・・・
小さいな、ギャルソン君よ。
Commented by bayswater92 at 2013-01-31 17:25
★sherryさん、
おはようございます!そうなんです、実は、まだ他にも、思い当たることが、あるくらいです。 小銭が使い慣れていないときは、なおさら怪しいですね、sherryさんも、どこかで、ぼられていたかも?しれませんね・・。ポルトガル!私も行ったことないんです。フランス系も多いらしく、フランス人には、すごく楽しめるって、聞きました。と、いうことは、日本人も楽しめそうです!
from ロン
Commented by bayswater92 at 2013-01-31 17:42
★s_helga さん、
そうそう、チビチビ・・らしいです!<笑>パリでの子供の話は、よくありますね。子供窃盗団は、ほとんど東ヨーロッパ系の子です。ユーロになって国境に入国審査がなくなってしまったのが、きっと、最大の原因ですよね。最近聞いた話では、普通の人が道沿いの現金引き出し機で暗証番号を入れたとき、子供に足蹴りをくらい、怒っている間に、反対側から別の子供が、引き出し機の300ユーロボタンを選び、お金を持って行かれた・・と、いう話を聞きました。叩かれないように、盗られないように、近くに寄らないことが、ポイントですよね!ホント、ギャルソンは、まだ、かわい気あるかも。from ロン
Commented by jiroemon0310 at 2013-02-01 23:25
日本でおつりが少ない時はだいたいが店員さんの計算間違いです。
イタリアンrestaurant、スペインのガソリンスタンド・・・なんかビックリしますね
日本のように相手任せにしていたら絶対に大損します・・・
ま!日本人の平和ボケは日本以外では通用しないと言う事ですね~(^_-)-☆
Commented by bayswater92 at 2013-02-02 19:57
★治郎右衛門さん、
日本は、店員さんが間違えても、一言「申し訳ありません」と、
付け加えるところも、大人ーーー!ですよね。それが、すぐ口から出るような、日本の教育はエライな、と思います。でもスペインなどで、店員さん任せにしていると、確かに損することが多いかもしれませんね!と考えると、日本から旅行する方は、要注意だけど、帰るときは、癒しの国です!from ロン
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


ロンドン・ベイズウォーターで出会った元スタントンスクール生のアンとロン、そしてジュンの3人が発信するトルコ、フランス、スイスの生活情報、日々の暮らし。*コメント大歓迎!お気軽に♪


by Bayswaters

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新の記事

フランボワーズのタルト&シャ..
at 2017-06-22 07:24
おうちイフタール会*2017..
at 2017-06-17 05:23
王妃マルゴに関係ある場所を巡..
at 2017-06-13 18:27
最近行ったカフェ。 ◆ by..
at 2017-06-08 05:16
Bo Bun・ボブンに初挑戦..
at 2017-06-04 19:38

カテゴリ

プロフィール
トルコ・フランス生活情報
3カ国(土・仏・瑞)生活情報
食*トルコ
食*フランス
食*スイス
お気に入り*トルコ
お気に入り*フランス
お気に入り*スイス
日々の暮らし*トルコ
日々の暮らし*フランス
日々の暮らし*スイス
日々の暮らし*フランス・スイス
旅*トルコ国内
旅*フランス国内
旅*スイス国内
旅*外国
里帰りニッポン
座談会

タグ

(446)
(406)
(330)
(222)
(162)
(85)
(85)
(83)
(74)
(74)
(67)
(66)
(59)
(56)
(54)
(41)
(38)
(32)
(30)
(22)

最新のコメント

なんとも!羨ましい! ..
by M at 09:24
◆francanaさんへ..
by bayswater92 at 04:43
◆helgaさんへ。 ..
by bayswater92 at 04:34
◆kashさんへ。 ..
by bayswater92 at 04:30
◆namicoさんへ。 ..
by bayswater92 at 04:27
◆nekoyamaさんへ..
by bayswater92 at 04:14
◆うひひさんへ。 ..
by bayswater92 at 04:08
◆Mさんへ。 わぁ..
by bayswater92 at 04:04
恒例の行事ですね。 お..
by francana at 16:45
久しぶりにブログのぞいて..
by s_helga at 16:33

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

検索

フォロー中のブログ

ろんどんらいふ
*Happy Tea T...
お茶の時間にしましょうか...
トルコ子育て生活
ヤマザキマリ・Seque...
黒パグ CHAPPYの成...
Lush Life
a&kashの時間。
うひひなまいにち
lotus pond 上...
cafe de ke*
ぶどう畑ぐらし。
kaorainne日記
ミニろんどんらいふ
がびあーの家の毎日
アクデニズ。
パリからのバレエ便り
London Scene
ビーズ・フェルト刺繍Pi...
ドキx2 わくx2 @ ...
un_voyage♪♪
北欧・スウェーデンよりシ...
FReeTraveLer
ねこ旅また旅
die Elfen im...
サンフランシスコ食堂 
Kuechennachr...
風と花を紡いで
イタリア夫に作るご飯 
Photolog fro...
カスタムニットBy* s...
Sweets and B...
ビーズ・フェルト刺繍作家...
Cache-Cache+
ふらんすさんぽ
~East meets ...
FREE TRAVELER
リタイア夫と空の旅、海の...
ぷくぷ日記
子供と楽しむ北欧生活
kaorainne日記Ⅱ
がびあーの家の毎日2

外部リンク

ファン

bayswater92

↓メールはこちら


素材お借りしています。


A.SLASH


mytaste.jp

**当ブログに掲載されてるお店情報等は、記事掲載時時点のものです。**

**当ブログは、PC版用に写真等の編集をしております。**

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
おうちごはん

画像一覧